次のタグが付いている話題の回答:

3

C#のstringはUnicodeと定められています。つまり、外部とやり取りする際には常にエンコーディングの変換が行われます。Shift-JISのファイルを読むのであれば読み込みの際にエンコーディングを指定しますし、Oracleと接続する際にはOracle側とエンコーディングの整合が取られます。 後は、各々を正しく設定するだけの問題となります。


3

My Oracle Support で問い合わせ、サンプルコードを提示したところ、OracleParameter を使用する回答を得ました。。 using (var transaction = connection.BeginTransaction()) { var command = connection.CreateCommand(); var parameter = (OracleParameter)command.CreateParameter(); //parameter.DbType = DbType.String; parameter.OracleDbType = OracleDbType.NChar; parameter.ParameterName = "...


3

実際に効果があるかどうかは、 RDB の実装次第であるとは思いますが、基本的に、今回のインデックスが COL_A, COL_B, COL_C の3つの列に関する複合インデックスであり、かつ、例示されている select 文を実行するのであるならば、モダンな RDB であるならば高速な動作は期待出来ると思います。 具体的には、 index は基本的に BTREE でその指定されたカラムを辞書順的に保持していると考えられますが、その BTREE 上で取得しやすいクエリであるならば、高速な検索が行われることが期待できます。 以下、普段自分が用いている MySQL について動作を検証しました。 CREATE TABLE `test` ( `COL_A` int, `COL_B` int, `COL_C`...


3

もし私が実装するなら、ユーザーは複数の電話番号を持てるのかどうか、仕様確認すると思います。 複数持てるとするならば、「ユーザー、番号、電話帳」の3つが実体を持つデータで、それぞれを中間テーブルで繋げば良いのかと思いました。


2

フィールドをキャストすることで部分一致検索をすることができます。 SELECT * FROM テーブル WHERE CAST(整数フィールド AS TEXT) LIKE '%7%';


2

ArrayList メモリ消費量について (これと同じような問題がそのまま設問として実際の試験で出題されるんですかね。。文脈がごそっとない悪問ような気がしますが。。) 配列の方がメモリを多く使うケース: あらかじめ理論的な最大有効要素数だけ配列を用意しなければならず、実際にそこまで利用されなかった場合に無駄である。前提として「メモリ領域として何かしらのデータを蓄えておいて、そのうちで有効な要素の総数が増減する」ケースで、「同じインスタンスを使い回す」ケース場合について述べています。 ArrayList の方がメモリを多く使うケース: 利用する要素数が固定の場合に、配列と ArrayList を比べた場合には、動的なサイズ変更を可能にするためのメタ情報的なオーバーヘッドが生じているので、...


2

ご教示いただいた方法で無事できました!ありがとうございます! 一応 BigQuery StandardSQL 版も記載しておきます。 #standardsql WITH t_datelist AS ( SELECT FORMAT_DATETIME('%Y%m%d',DATETIME_SUB(CURRENT_DATETIME('+09:00'), INTERVAL 0 DAY)) as t_date UNION ALL SELECT FORMAT_DATETIME('%Y%m%d',DATETIME_SUB(CURRENT_DATETIME('+09:00'), INTERVAL 1 DAY)) as t_date UNION ALL SELECT FORMAT_DATETIME('%Y%m%d',...


2

SQL Fiddleで実際に動かしながらSQLを作ってみました。 http://sqlfiddle.com/#!4/fbec5/2 DDL CREATE TABLE GROUPS ( user_cd VARCHAR2(100), term_cd VARCHAR2(100), group_cd VARCHAR2(100), start_dt TIMESTAMP, end_dt TIMESTAMP ); INSERT INTO GROUPS VALUES ('A00001', 'xxxxxxxxxx', 'A100', ...


2

「異なる意味なのに同じ名前」がややこしさの原因なので、「異なる意味なら異なる名前」になるようにするようにすればよいわけですが、これをどうするかはアプリケーション全体を見ないと決められない話です。 groupsのgroup_idの名前を変えるのが自明で短絡的な方法ですが、group_idが真にIDなのであればリレーションをそっちに張るとか、それならidいらないのではとか、IDじゃないのであればgroup_idとは一体何者でそれにふさわしい名前は何かとか、別の視点でgroup_idが既存の名前付けルールにより決まる名前なのであればそのルール自体見直さないといけないのでは、とか、質問の内容だけでは考えようがないですし、考えられるための材料を質問に記載するのは難しいでしょう。


2

①9-17の ソフトウェア開発において配列ではなく、ArrayListを使用するとどのようなメリットがあるか C.メモリ使用量が少なくなる C. × (要素があらかじめ決まっている配列に比べて余分にメモリを必要とする) 内部的な処理でいうとArrayListはサイズが決まっていない場合はデフォルトで10のサイズを確保していたりするし、後からかってに1.5倍づつ増やしている反面、サイズの決まった配列と比べると、インスタンスの"メモリ使用量"が違いますよー。ってことですかね。 ②9-11の ArrayListを使用する利点はどれか A.メモリ消費を節約できる A. ○ (配列に比べて動的にサイズを変更できる為メモリ消費を節約できる) というのはArrayListの場合、...


2

基本的な1対1の外部結合を理解されておられるようですので、1対nの外部結合は外部テーブル(今回のテーブルAに該当)に複数のleft joinできることを応用すれば解決できるはずです。 第三者への有益な情報を目指して簡単なところから記載します。 記載されているSQLは質問と若干違います。MySQLのテーブル構成および実行結果はSQL Fiddleのリンク先を参照してください。 なお質問にある変換前のOracleのSQLは多重外部結合なのでOracle 11g以前では下記のエラーが発生して動きません。 ORA-01417: 表が少なくとも1つの他の表に外部結合されている可能性があります。 SQL Fiddleは11gが対象で例示できないため、冗長ですがwith句でテーブルを代用しています。 ...


1

まず、ややこしいと感じるかどうかは主観によるかな、と思います。 users.group_id が外部キーで、 groups のPKであるところの id 参照している、というのは私から見ると特に違和感はありません。 むしろ次のような場合だと違和感があります: idがPKでない groups.group_idやusers.user_idがPKである users.group_idが、PKではないgroups.group_idを参照している 主キーの意味でidという名前を使い、また他方でユニークな識別子(identifier)の意味でもidという名前を使っているのが違和感の根源かと思います。対応案としては: group_id -> group_name などにリネームする idといえば普通PKのことだろ派。...


1

ツールの制約もあるでしょうが、主キーは何を表すものかが分かるように修飾することをすすめます。 「ユーザーが見ることができる ID」は、name と同じくリレーションシップに意味のない文字列と受取りました。この名前を工夫すれば理解しやすくなるでしょう。 たとえば、下記のように変更してはどうでしょうか。 groups - group_id (←id) - id_friendly (←group_id) - name users - user_id (←id) - group_id - id_friendly (←user_id) - name


1

検証したわけではないですが、 No だと思います。 というのも、例えば mysql データベースでは、それぞれの select を実行する時に、各読み込む必要があるテーブルに対してどのインデックスでアクセスしたらいいかを決定して、その通りに InnoDB から読むというような動作をします。(そして where 条件に合致しないものを片っ端から落としていく)その時に複数方法でのインデックスアクセスを許容するような構造をしていないと思っていて、 explain などのフォーマット的にも、多分そのようなことは無理なのではないかと思っています。


1

あなたのご質問を読む限りでは、 SELECT No, Name, '' AS Address, Tel FROM the_table; のように書けば良いように思われます。何かこれではダメと言ったことがあればお知らせください。


1

手元のExcel 2010 + Oracle 11g Client環境で試したところ同一のエラーが出ましたが、以下の箇所を直したら動きました。 試してみてはいかがでしょうか。 ※参照設定の変更は行っていません。 conStr = "Provider=OraOLEDB;... ↓ conStr = "Provider=OraOLEDB.Oracle;... Sub test() Dim cn As Object Dim conStr As String Dim rs As Object Set cn = CreateObject("ADODB.Connection") conStr = "Provider=OraOLEDB.Oracle;Data Source=...


1

データ的には以下の4パターンですかね。 所属情報が全くないユーザ アカウント情報の開始日と所属情報の開始日が一致しないユーザ(終了日も同じ) 所属情報の2レコードの隙間が空いているレコード 所属情報が無い場合はNOT INで抽出できます。 SELECT t1.ユーザ , t1.開始日 , t1.終了日 FROM アカウント情報 t1 WHERE t1.ユーザ NOT IN (SELECT t2.ユーザ FROM 所属情報 t2) 開始日が一致しているかどうかはグループ化で所属情報の最小値と比較すればよいと思います。 SELECT t1.ユーザ , t1.開始日 , MIN(t2.開始日) 所属開始日 FROM アカウント情報 t1 INNER ...


1

別の回答にもありましたが、SQLトレースの取得して、PARSE, EXECUTE, FETCHのどのフェーズで時間を要しているか確認すべきでしょう。 なお、テーブルの結合数が多い、2回目のみ発生といった問題の状況から、ソフトパースに(想定外の)時間を要していることが疑われます。 Oracle Databaseの不具合の可能性も含めて調査を進めるべきでしょう。また、可能であれば最新のPatch Setで問題が回避できないか確認してください。


1

shopnameとtargetdateのあるべき組み合わせを直積で求めて、その組み合わせに該当するsalescountを結合する(無ければ0)、でどうでしょうか。 (以下PostgreSQL9.2の実行結果) create view myview(shopname, targetdate, salescount) as select t1.shopname, t2.targetdate, coalesce(t3.salescount, 0) from (select distinct shopname from mydata) as t1 cross join (select distinct targetdate from mydata) as t2 left join mydata as t3 on ...


1

前者のSQLはASが省略されていますが"Employee Number, Employee Name,Hiredate, Mgr Name."という50文字の識別子になっています。 Oracle 12.2以前では、30文字を超える識別子は付けられません。 12.2以降は128バイトまで識別子に使えるためORA-00972は出なくなります。 本家SOの回答 後者のSQLは私の環境ではエラーが再現できませんでした。 改行が入っておらずmgr.enameとfromがくっついていたり、全角スペースが混入していないでしょうか?


1

https://docs.oracle.com/cd/E11882_01/appdev.112/e13995/oracle/jdbc/OracleDriver.html こちらにある defaultNChar の値をtureに設定すれば解決するとおもいます。


1

Valid_capacityのreturnで返しているのが、「クラスは満員です。登録できません。」という文字列だからだと思います。 これをnullに変更してみてください。


1

できますよ。 Oracleのホームページのどっかにも書いてあると思うんですが、Oracleベース・ディレクトリを分けてやることで実現できます。 ただ、32bit版のdownload pathとかなかなか見つからなかったような記憶がありますね... また、登録されるassembly versionが32bitと64bitで異なってもまともに動かなかったような記憶があります。versionによっては32bit版が提供されてなかったりもします。 32bit版クライアントのversion指定が無く、かつ64bit版とversionを揃えたclientがあり、なおかつそのversionで新規に導入されるアプリケーションが動作するという前提ですが... 先に書いたようにOracleベースディレクトリ(...


1

マニュアルに記載されてますが、My Oracle Supportでノート1243374.1および781432.1を参照してください。 Oracle Database Clientのインストール前の作業 2.6.3 64ビット・プラットフォーム用の独立した32ビット・クライアント・ソフトウェア Oracle Database 11gリリース2(11.2)以降では、64ビット・クライアント・ソフトウェアに32ビット・クライアント・バイナリは含まれません。64ビット・プラットフォーム上で32ビット・クライアント・バイナリが必要な場合は、それぞれの32ビット・クライアント・ソフトウェアから、32ビット・バイナリをインストールできます。 32ビット・クライアントのバイナリを64ビット・...


1

設問が微妙に異なります。 黒本は配列とArrayListの比較を、白本はArrayListの一般的な特長を問うています。 同じ数の要素を収めるなら (この前提が設問から読み取りづらい) ArrayListは配列よりメモリを要するので「メモリの使用量が少なくなる」は×です。 任意の要素数に対応するプログラムでは (白本の設問意図と思われます) ArrayListならそのとき必要なだけのメモリを要するので配列よりも効率の上で有利だ、ということでしょう。


1

①9-17の ソフトウェア開発において配列ではなく、ArrayListを使用するとどのようなメリットがあるか A.コレクションAPIが実装される A. ○ (APIを理解していれば他の便利なクラスライブリを扱える) というのが、ソフトウェア開発において、障害対応や要件変更など、後から修正が容易に可能であることに加え、コレクションAPIの実装を意識してコーティングすることによって、やりたいことが容易に実現できますよー。 っていうメリットがあるように思います。 ②9-11の ArrayListを使用する利点はどれか B.コレクションAPIを実装している B. × (ArrayListの利点と言うわけではない) ArrayListを単体で見たときの利点てなんなのー?...


1

遅延バインディングですかねぇ。 参考URL: http://urashita.com/archives/1760#C http://ufcpp.net/study/csharp/sp4_dynamic.html#late_binding WinFormsでExcelを扱う際に、複数バージョンのExcelに対応しようとして 遅延バインディングを使ったことがあります。 ASP.NETでも使えると思います。 ただ、遅延バインディングにするとVisual Studio上でIntelliSenceが効かなくなるので、 開発がちょっとやりづらくなりますね。


1

申し訳ありません。自己解決しました。 最後の\"の前に;を書いてしまっていたのが原因でした。他のSQLからコピペしてきたときに残してしまっていたみたいです。 expdp UserID/PASSWORD@TNSNAME ^ TABLES=A_TBL ^ DUMPFILE=A_TBL_2014.dmp ^ LOGFILE=A_TBL_exp2014.log ^ QUERY=A_TBL:\"WHERE SNO IN (SELECT SNO FROM B_TBL B WHERE '2014-01-01' <= B.DATE AND B.DATE < '2015-01-01')\"


1

リターンコードに限定すると8ビットでマスクされると記述されているので不可能でしょう。 検索してみると幾つかのUNIX系のOSも同様のQ&A記述がありますね。 無理に負数ビットを立ててもマスクされると255辺りになってしまうようです。 リターンコードとしては無理ですが、シェルの標準出力や select句の実行結果としてなら無理やり返せますね。 set ret=`sqlplus -S user/pass@sid ` << END set head off; set termout off @DATA.SQL set termout on select '-1' from dual; exit; END の後で echo $ret するとかね。 追記 : ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります