次のタグが付いている話題の回答:

7

今風のWebシステムの場合、Webサーバー側でHTMLを完成させてからブラウザーに送り付けるのではなく、ブラウザー側でAjaxを使用して必要なデータを取得しHTMLを構築するものもあります。 その場合、 textを保存する場合、データベースの容量は抑えられますが、本文を表示する際に毎回URLを検出してaタグリンクをつけるという処理が発生し、サーバーへの負荷は(比較すると)大きいはずです。 こういった負荷はブラウザー側に分散できるため、textで保存するのが適切かと思われます。(通信時間やUIのレンダリングコストに比べれば、文字列操作は微々たるものです。) そうではなく、旧来のWebサーバー側でHTMLを完成させる実装の場合、Webサーバーの出力キャッシュを適切に構成し、整形回数を減らす方法もあります。 ...


7

開発者の経験上、NULL を格納する必要のない項目には NOT NULL 制約を付与する方がメリットが多いと感じています。 ご質問はSQLアンチパターンで言う所の「フィア・オブ・ジ・アンノウン(恐怖のunknown)」に通じる内容ですね。 (手元に資料がないのでうろ覚えですが)フィア・オブ・ジ・アンノウンでは、NULLが必要な項目にNOT NULL制約を入れるアンチパターンについて言及していたはずです。 例えば男性=1 女性=2のカラムに未入力=unknownを設定していたところ、ある日入力欄に「不詳」が追加されて不詳=unknown 未入力=nullにする設計変更が入ったため、本番環境のデータ更新を余儀なくされるケースなど、ひと手間かかるアンチパターンです。 別のアンチパターンとして、NOT ...


6

デフォクトスタンダードは無いでしょうね。 書かれているように概念モデルに合わせて設計するべきとは思いますが、それがスタンダードとして確立していれば、メリットやデメリットで指摘されている事は判断基準にならないはずですが、実際のシステムの実装を考えると、速いとか重いとかは重要で軽視出来ませんので、実装重視の設計も「あり」だと思います。 概念モデルでは判明しないかどうかですが「ユーザ一人ひとりが持つ属性」なのか「『ある特定のユーザ一覧』という属性」なのか等で判明するのではないでしょうか。 例えば、ニコニコ動画のNGユーザという機能は後者のような気がします。(憶測です) 例として書かれている、ユーザごとの設定項目の有効、無効の場合を考えますと、「設定項目が無効という状態」...


5

例えばこの場合データベースのインスタンス(MySQL等)を1つのポートで1台たちあげると、そのインスタンスを利用できるのは1つのWebサーバーのみとなってしまうと考えられます。 これがおかしいです。RDBMS(に限らずほとんどのネットワーク越しに利用なサーバソフトウェア)は単一のポートで複数の接続を提供できます。Webサーバが80/tcpで多数のコネクションを同時に提供できるのが良い例です。 なので、何も難しいことは無く、 ・DBサーバ一台 ・Web/APサーバ 2 台 (DBの接続先指定はすべて同じ) ・リバースプロキシ1台 +--Web/APサーバ--+ --リーバースプロキシ--+ +--DBサーバ ...


5

日付に限らず、型が用意されているのであればそれを使うのが大原則です。文字列として保存してしまうと、計算や比較をするのにいちいちややこしい処理が必要になります。無意味ですしバグのものとです。 文字列型を使うのは、データの都合などでそうせざるを得ないなど消極的な理由の場合のみです。西暦和暦が混在していてそのままの形で保存しないといけないとか、n月0日みたいな無効日に特別な意味があるとか。 文字列型が使用されるもう一つの理由として、「なんでも文字列型」にしたがるおかしな人が一定います。ひどい人になると数値ですら文字列型で保存しろという主張をしてたりします。


4

(これかなというのを見つけてしまいましたので自己回答です...) save, save!, destroyのコールバック群はトランザクション内で処理されるからです ActiveRecordのコールバックの順番・コールバック内のロールバック処理 - Hack Your Design! ドキュメントにはこう書いてある The entire callback chain of a save, save!, or destroy call runs within a transaction. That includes after_* hooks. If everything goes fine a COMMIT is executed once the chain has been completed. ...


4

もとのソース(たとえばMarkdownフォーマット等)を保存しておき、変換負荷が問題になる場合は変換後のデータをキャッシュしておく、というのが一般的な手法です。 オリジナルのフォーマットを保存する大きな理由は、再編集を行わせるにはソースが(ほぼ)必ず必要だからです。 逆に言うと、再編集が必要でない場合、HTMLを保存しておくのも選択肢となり得ます。この場合、 キャッシュの管理が不要 変換ロジックを変更したら過去データの出力が壊れた、ということが起きない というメリットがあります。後者は非常に気付きにくいタイプの問題なので、案外大きなメリットです。 検索については、検索対象としてHTMLのタグと同一のキーワードを精度良く検索しなければならない、という状況で無い限り、どちらでもさほど差はないでしょう。 ...


4

2.の場合のデメリットをもう少し追加しておきましょう。 ワーストケースでは1.とデータ量が変わらない データ変更を繰り返した場合フラグメントを起こしやすい user_idをキーにしてオフのデータを検索した場合は遅くなる 1.の実装は「データ量が多い」以外にデメリットがないという点で優れています。逆に2.の実装は欠点が多く、ワーストケースでは1.と変わらないデータ量で1.よりも遅くなるリスクをはらんでいます。私なら迷わず1.の実装にするところです。


4

utf8mb4 はすべての絵文字が入ります。 「?」になってしまうということは、テーブルやカラムの charset がちゃんと utf8mb4 になっていないか、クライアントからの接続が utf8mb4 になっていないということが考えられます。 接続の charset は SHOW VARIABLES LIKE '%char%' クエリで確認できます。 接続の charset は接続毎に設定されるので、mysql コマンドで接続したときの charset がちゃんと utf8mb4 だったとしても、PHP アプリケーションからの接続では異なっている場合があります。 自分は PHP には詳しくないのですが、PHP アプリケーション内で MySQL 接続用の charset ...


4

まずは、きちんとしたリファレンスから見てみましょう。 8.5. 日付/時刻データ型 簡単にまとめると、(タイムゾーンやら浮動小数点表現やらのことは無視しておきます) timestamp 日付と時刻両方 date 日付 time 時刻 と言うことになります。 さて、ここで日付のみを表したい項目にtimestamp型を使用した場合、どうなるでしょう。当然比較などの場合、時刻部分を勘定に入れずに日付が同じであれば「一致」と判断したいわけです。 2つの対応方法をすぐに思いつくでしょう。 時分秒以下を表す部分は必ず0を入れることにする 比較の際は必ず時分秒以下を切り捨ててから比較する このような一種の「ルール」による回避は、...


4

scene_indexが5~10までのデータを取り出したい であれば、scene_indexの値で絞り込むのではなくLIMITとOFFSETを使用して5行目から6行を表す LIMIT 6 OFFSET 5 を指定することで実現できますので、scene_indexの値にこだわる必要はないかもしれません。


4

従来からのRDBMSについて「テーブルにカラムを追加した場合には、関連するビューは全て再作成する必要はあるのでしょうか?」という質問の答えは「必要ありません」になります。ViewはTableへのフィルタでしかなく、Viewで定義しているSelect文に不具合が発生しなければそれで良いです。 一方、Amazon RedshiftのViewは参照元のテーブル定義にバインドされるようですね。私も知りませんでした。 https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/redshift/latest/dg/r_CREATE_VIEW.html https://dev.classmethod.jp/cloud/aws/amazon-redshift-check-view-create-definition/...


3

あなたが記述されているのはおそらく「サブクラス化」と言われる、DB設計では一般的な技法で、記述からわかる範囲では特に危惧するような点はないように思います。「DB設計 サブクラス化」などで検索されれば、あれやこれや情報が見つかるかと思います。 私自身は学生時代にRDBの基礎理論を学習した後、ん十年を経て実際にDB設計に携わることになるまで(なった後も)「DBの設計パターン集」的なものを参照したことがないので、残念ながらこれが良いというアドバイスはできません。(「サブクラス化」なんて言い方も後付けで他の人から教えらられたものです。)


3

もし私が実装するなら、ユーザーは複数の電話番号を持てるのかどうか、仕様確認すると思います。 複数持てるとするならば、「ユーザー、番号、電話帳」の3つが実体を持つデータで、それぞれを中間テーブルで繋げば良いのかと思いました。


3

AWSのデータセンター(DC)内部に悪意のある人間が紛れ込んだ場合への対応、としては穴があることになります。 一例なのですが、バックアップの入ったディスク(またはイメージ)が流出した、EC2インスタンスが繋がるハブに特殊な機器を接続され流れるパケットを盗み見られた、そういったケースへの対応です。DC外部からでも、実装時には未知だった脆弱性により、そういう内容が漏れることが考えられます。 もちろんサービスの内容、保存するデータの重要度によっては「そういうことならしかたないよね」で済む場合もあるでしょう。逆に言うと、データの重要度が高ければ、できたはずの暗号化を実施していなかったことが責任上の大きな問題になる場合もあります。 いずれにせよ、「取れない/見れないから大丈夫」ではなく、「万が一見られても大丈夫」...


3

用語質問がこのサイトにふさわしいかどうかは甚だ疑問なのですが、前半ざっくりと済ませて、後半コーディングに関わる話をさせてもらいます。用語そのものに関して調べたいのであれば、Wikipediaなり、各種の技術用語集なりに直接当たられたほうが良いでしょう。ここではそれらへのリンクや引用も控えておきます。 DBMSと言うのはDatabase Management Systemの略で、「データベースを管理するシステム」と言うことですね。細かいことにこだわりだすとキリがありませんが、概ねMySQL, PostgreSQL, SQL Server, DB2...などのソフトウェア(パッケージ・スイート)を表す時に使われている言葉だといって良いでしょう。 それに対して「DB」(「データベース」「database」...


3

ポイントは 名前 でグルーピングする事ですね。 同じ列値がない状況であれば、 select 名前 ,max(住所) ,max(電話番号) from 顧客DB group by 名前 で良いと思います。 もし同じ列値があるのなら、 select 名前 ,group_concat(住所) as 住所 ,group_concat(電話番号) as 電話番号 from 顧客DB group by 名前 とすれば、住所や電話番号が , 区切りで連結されて出力されます。


3

-hlocalhost 指定時はUNIXソケット接続で、mysqld のユーザーも username@localhost になります。 -h127.0.0.1, -h::1 指定時はTCP/IP接続になりますが、この時どのユーザーになるかは、mysqld の skip-name-resolve の設定に依存します。 skip-name-resolve=false の時(デフォルト)は、IPアドレスからホスト名を得ようとするので、127.0.0.1, ::1 はどちらも username@localhost ユーザーになります。 skip-name-resolve=true の時は、IPアドレスをそのまま使用するので、username@127.0.0.1, username@::1 ユーザーになります。


3

こんな方法はどうでしょうか? 2つのテーブルが結合可能な状況であるならば、直接結合して以下のように確認する。 キー項目 + 異なる項目 が一致するものを検索して0件になること キー項目 + 同じ項目 が一致するものを検索して元の件数と一致すること 2つのテーブルが結合不可能な状況であるならば、それぞれCSVファイルに出力して以下のように確認する。(※出力する際は、キー項目でソートしておく必要があります) キー項目 + 異なる項目 に絞ってCSVファイルに出力して、全行異なること キー項目 + 同じ項目 に絞ってCSVファイルに出力して、全行一致すること #結合方法や、出力、比較方法はDBMSや環境によって異なるので割愛します。


3

実際に効果があるかどうかは、 RDB の実装次第であるとは思いますが、基本的に、今回のインデックスが COL_A, COL_B, COL_C の3つの列に関する複合インデックスであり、かつ、例示されている select 文を実行するのであるならば、モダンな RDB であるならば高速な動作は期待出来ると思います。 具体的には、 index は基本的に BTREE でその指定されたカラムを辞書順的に保持していると考えられますが、その BTREE 上で取得しやすいクエリであるならば、高速な検索が行われることが期待できます。 以下、普段自分が用いている MySQL について動作を検証しました。 CREATE TABLE `test` ( `COL_A` int, `COL_B` int, `COL_C`...


3

「ほしい詳細情報が変わる」ということですが、中身がころころ変わるようなテーブルでは、一貫性のあるデータベースになりません。 どのように事件に関する情報を整理するかが定まっていないという事だと思われますので、事件の報告などの実務に詳しい先輩に教えを乞うのが良いと思います。 事件の種類によって必須となる項目がある程度定まるかと思います。 傷害、恐喝、殺人、事故だと「加害者」「被害者」「被害状況/加害状況」「死者数、怪我人数、緊急搬送人数」といったように主たるものをリストアップしていってはどうでしょうか。


2

RealmはMySQLのようなリレーショナルデータベースではなく、どちらかというオブジェクトデータベースに近いので、あまりリレーショナルデータベースのような設計を適用しようとするとかえって使いにくくなります。 Realmの場合は、スキーマの定義で関連を表現することができるのと、関連を取得するコストは低く、使い方もプロパティにアクセスするのと同様の方法で関連を辿ることができるので、あまり凝った構造にせず、表示に必要なデータ構造をそのまま表現するのがいいです。 モデル定義 なので、スキーマの定義は最初はNoteとTagだけで十分だと思います。 そして、各NoteにTagが複数つけることができるので、NoteはTagの関連としてtagsというプロパティを持ちます。 構造はScuttle法に似たものになります。 ...


2

KoRoNさんの説明で十分と思いますが、ちょっと違う方向からの回答を。 保管するデータはバックアップも含めすべて暗号化されている システム内のコンポーネント間の通信は全て暗号化されている という要件を満たすべきデータというのが世の中には存在し、その実現のため、AWSがサービス提供してくれているわけです。もちろんコストがかさみますが、要求されている以上は必要経費です。 クレジットカード業界が策定しているPCI DSSをはじめとしたセキュリティ基準が要求しています。話題のマイナンバーなんかも同等の要求はされるべきと思われます(詳しくないですが)。


2

私の場合は、 ユーザー通知可否以外にもコードや名称などのユーザー情報があり、まだ設計段階であるのならば 既存のユーザーマスタに通知可否フラグの列を追加して真偽値を登録します。 カットオーバー後に気軽にDBの列を加えられない状態であれば、 やむを得ずコンスタントマスタに フィールド:"TUCHIOKFLG"(=通知可フラグを意味するもの)、 キー:"(ユーザーID)" で登録してレコードの有無で判断します。 ステータスが考え中であり既存のユーザーマスタがあるのであれば"1"かなぁと思います。


2

フォームの入力内容にhtmlを許可しないのであればテキストでの保存を選択すべきです。 テキスト処理にかかる負荷は本当に微々たるものです。 入力内容への検索を行うのであれば、DBに保存されたhtmlタグはノイズでしかありません。 XSS対策などのセキュリティ上の観点からも、テキストで保存されたものを、画面への出力時にタグ変換+エスケープ処理を行う方が安全です。 セキュリティ関連については 安全なウェブサイトの作り方:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構 からダウンロードできるPDF「安全なウェブサイトの作り方」をご覧になることをお勧めします。


2

上記のコードが action=delete 自の処理だとした場合、中でechoしてしまうと php はヘッダを出力してしまいます。 つまり後から header("Location: ./home.php"); を実行しても移動しなくなってしまいます。また削除の prepared statement が作られているのに if の中だけでしか実行していないのも気になります。 if ($_POST['action'] == 'delete') { $stmt = $db->prepare("DELETE FROM table WHERE url = :url"); $stmt->bindValue(":url", $url, PDO::PARAM_STR); $stmt-&...


2

自己解決しました。Google画像検索を使い探した所、見つかりました。 以下のツールのようです。 SQLEditor: https://www.malcolmhardie.com/sqleditor/index.html


2

user.getUserで参照すべき個所をgetUserで参照しているのではないでしょうか。 このページを読むと、以下のような記述がありますが、 SQLMap定義ファイルにて、以下のようにuseStatementNamespaces属性に“true”が指定されている場合は、 DAOでSQLIDを指定する際に、SQL設定ファイルの名前空間を付与する必要がある。 ・SQL設定ファイル <sqlMap namespace="user"> <!-- 指定したIDのを取得する --> <select id="getUser"  … ・SQLIDの指定例 queryDAO.executeForObject("user.getUser",...


2

日付型が提供されているなら、日付型を使うのがベストと考えます。文字列型での格納はパフォーマンスでもデメリットが大きいです。大小関係の比較などについては、インデックスも使われません。経過日数を計算するような関数が提供されていても、前段で型変換をおこなう必要が生じます。 文字列型で格納するメリットは殆どありません。無理に上げるなら移植性の高さです。データベースが異なれば、日付型でも有効桁数や格納可能な範囲など、随分と扱いが異なります。また文字列型ならロケールの設定によって挙動が異なると言った事もありません。異なるデータベース間での互換性を重視して最小公約数的な機能しか使わないという制約下なら、文字列型格納するメリットもあるでしょう。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります