次のタグが付いている話題の回答:

6

環境設定→Java→Compiler→Javadoc Process Javadoc Comment を有効に Malformed Javadoc comments を Warnning 以上に Validate tag arguments を有効に これで Javadoc 内で引数名が誤って記述されている場合 Eclipse 上で確認できるようになると思います。これ以外の設定には、Javadoc のチェックをどの範囲で有効にするかなどがあります。


6

Git はバージョン管理のためのソフトウェアです。特に多人数でもひとつのソフトウェアを開発できるように設計されています。使い方としては、開発者個々人のローカルな環境にそれぞれソースコードを保存しつつ、互いのソースコードを比較・統合していくことで次のバージョンを作っていくという形式です。 Git を使ったソフトウェア開発の典型的なやり方では、ソースコードが置かれているあるひとつのサーバーをメインのサーバーとして、そこに最終的な変更を集積するのが簡単です。更に、メインサーバーでの Git による管理の様子は GUI で綺麗に見えた方が便利です。そこでそのような、ソースコードを置くサーバーとなりつつ管理の様子を表示するサービスとして、GitHub や GitLab、Bitbucket などが存在します。更にこれらは ...


5

TL;DR 求められている回答とは違うかもしれませんが、SQLをリソースファイルとして別に切り出す方が良いのではないでしょうか。SQLをソースに直接文字列で埋め込む方法はメンテナンス性から言って正直お勧めしません。 ファイルを切り出す利点としてはたとえば次のようなものが挙げられます。 Java文字列のエスケープ処理に煩わされなくて済む Eclipse DTP 等のSQL用エディタが使えるのでシンタックスハイライトや入力補完機能の利用が期待できる git等のバージョン管理において差分が見やすくなる ファイルを分けることでSQLとJavaソースを独立して管理できる(複数人での開発時など) 実装例: 一例としてプロジェクト構成が /src/main/java/foo/Foo.java /src/main/...


5

①バージョン管理でしか、普通は使わないものですか? 基本的にはバージョン管理でしか使いません。 一度設定が完了すると比較的少ない労力でソースを持ってこれることから 簡易デプロイ用途して使う場面もないことはないです。 ②「Git」を使うには何か登録が必要なのでしょうか?また、登録情報を忘れてしまったらどうすればいいのでしょうか? Gitは単にインストールして使うツールです。 ダウンロード&インストールのためにどこかに会員登録するというようなものではありません。 ③「GitHub」「GitLab」と何か関係があるのでしょうか? Gitは複数人で開発をすることに向いています。 その部分をもっと推し進めてコラボレーションしやすくしたものが「GitHub」というWebサービスです。 GitHubは、...


4

「Aプロジェクト」はJavaプロジェクト(JavaのWebアプリケーションでも可能)であることが前提ですが、Javaのビルドパス -> 「プロジェクト」タブを選択 -> 必要なプロジェクトをチェックボックスで選択すればできるかと思いますのでお試しください。 なお、WTPをお使いのようですので、Webデプロイメントアセンブリーに追加する方法があります。 他プロジェクトを参照する側(インポートする側)のプロジェクトを選択 -> プロパティから、デプロイメント・アセンブリーを選択します。 ※Eclipseのバージョンによっては現れません。4.xなら表示されるはずです。 デプロイメント・アセンブリーを表示後、追加 -> プロジェクト を選び、インポートしたいプロジェクトを選択すると、...


4

Android Studio は、Eclipse 用の形式のプロジェクトを Android Studio 用に変換する 機能を持っているので変換すればビルド自体はできるかもしれません。 自動変換がうまく行かなくても、NDK を使ったビルドの構成自体は作ることは可能です (build.gradle を手動でいじることにはなりますが)。 ただし。現状の Android Studio は C++ のコードのビルドをする機能はあってもコーディングを サポートする機能はほとんどありません。 このような状態なので開発自体は不可能ではないですが、cocos2d-x の開発環境として 採用するにはまだ早いのではないかなというのが正直な感想です。 一応 NDK を使う場合の構成方法についても書いておきます。 基本は、 ...


4

mattn様ご指摘の通り、Class.forName()を追加すれば問題なく読み込めるかと存じます。 念のためmysql-connector-java-5.0.4.jarで検証はしました。 Connection conn = null; String url = "jdbc:mysql://localhost/oo"; String user = "root"; String password = "oo"; try{ Class.forName("com.mysql.jdbc.Driver"); conn = DriverManager.getConnection(url, user, password); Statement stmt = conn....


4

argusさんのコメントの通り、adapterパターンを使ってビューとモデルをつなぐところに問題がありました。質問者の方がfacebookでこちらにヘルプを求められていたのと、以前Eclipseプラグインを作っていたことがあるので、少し解説を加えさせてください。 Eclipse上の多くのモデルはPlatformObjectを継承し、IAdaptableインタフェースを実装しています。このIAdaptableはプラグインを実装する上でとても重要なインタフェースです。 今回getElement()で取得できているIJavaProjectはJavaのプロジェクトを示すJDTのモデルです。多分PackageExplorerビューでJavaプロジェクトをクリックした時に取得できているのではないでしょうか?...


4

(対応としては既に書かれている手順で問題無いと考えますが、若干不正確かなと思いましたので補足します。) プラグインのインストール方法が変わったわけではなく、インストール方法の選択肢が増えた、というのが正確ですね。 pluginsディレクトリにファイルを配置する方法が使用できなくなったわけではありません。 ではなぜ質問文記載の手順でプラグインが認識されなかったかというと、単純にそのプラグイン Sysdeo Tomcat Plugin がNeonに対応していない、というだけですね。 マーケットプレイスから入手できるEclipse Tomcat Plugin は This project is the successor of the original Sysdeo Tomcat Plugin. (...


4

git pullはgit fetch + git mergeを行うので、pullの代わりにgit fetchを使いましょう。 (fetchは履歴情報だけを取得して、自動でのmergeは行いません) pullまたはfetchのどちらを使う場合でも、なるべくリモートからの同期を行う前に作業ディレクトリはクリーンな状態にしておきましょう。 コミット前であればgit stashで退避を 頻繁に競合が発生しそうなら、予め作業ブランチを切っておく 競合が発生した場合には、mergeでもrebaseでも競合箇所がマークされるはずなので、競合した個所を適切に修正すればrebaseでもコミットできるはずです。 (今現在実行されている手順だと、競合が発生した場合に「競合を解消するためのコミット」を作っているということですよね?)...


3

Eclipse WTPをお使いのようですね。 WTPではサーバの設定をまずTomcatからコピーしています。そこでサーバごとの環境依存となる設定をServers>Tomcat v8.0Serverの中へ直接記載します。Eclipse上で修正したものは、インストールされているTomcatの設定ファイルは直接上書きせず、あくまでWTPで動作するときの設定としてEclipseが扱えるようになっております。 また、catalinaBaseに配置されるのはWebアプリケーション(warファイルの中身)だけです。 サーバの設定は展開されません。 なお、外出ししたxmlファイルはTomcatの設定を記載したものなのでしょうか、それともWebアプリケーションで参照するものなのでしょうか。...


3

圧倒的にUnityを使った方が簡単で早いです。 Eclipseで0からゲームを作ろうと思ったら自分でUnity相当の機能を実装する必要があります。


3

Checkstyle pluginで出来ませんでしたっけ?


3

Eclipseタグが追加されていますが、ADT(Android Development Tools)とAndroid SDK(Software Development Kit)と、IDEであるEclipseはそれぞれ別のものです。 質問の意図は、「ADTがバンドルされたEclipseが今後配布されるか?」かと思いますが、 http://developer.android.com/tools/help/adt.html のNoteに、「もしADTと一緒にEclipseを利用している場合、現在の公式IDEがAndroid Studioであることを認識し、全ての最新のIDEアップデートを受け取るために、Android Studioへ移行しなければならない」とありますので、今後はAndroid ...


3

Tomcat の Which Version のページに Tomcat と Java の関連表があります。 これを見る限り、Java8 で開発する場合に Tomcat7 でも問題ないと思います。 Java8 で開発するので準拠レベルも 1.8 で良いはずです。


3

doGet() 内で、getWriter() よりも前に setContentType() を呼ぶ必要があります。 現在のコード: response.getWriter().append("Served at: ").append(request.getContextPath()); response.setContentType("text/html; charset=UTF-8"); 修正案: response.setContentType("text/html; charset=UTF-8"); response.getWriter().append("Served at: ").append(request.getContextPath());


3

(U+3000) is not a valid identifier start char がヒントになります。 function updRenew に全角スペースが含まれています。


3

該当行に U+3000 全角スペースが含まれていることを Eclipse が警告しているのだと思われます。 ですが実は規格上は全角スペースを使っても構いません。ECMA-262 では以下の文字が空白として使えることになっています。 U+0009 CHARACTER TABULATION U+000B LINE TABULATION U+000C FORM FEED U+0020 SPACE U+00A0 NO-BREAK SPACE U+FEFF ZERO WIDTH NO-BREAK SPACE Zsカテゴリの任意の文字 U+3000 は Zs カテゴリの文字なので、空白として使えます。 ただ、古いブラウザの対応や文字コード誤認した場合のトラブルを考えると、U+3000 ...


3

競合が発生しない場合は変更内容が維持されてブランチが切り替わるのでしょうか? その通りです。 この場合、ブランチを切り替える際は必ずコミットをするという運用にするしか回避する方法は無いのでしょうか? git stashで一時的に変更を退避するというのが解決策になるかと思います。 また、今回の事象はブランチ切替時にリポジトリの状態を確認していれば防げた事だと思われますので、git statusで状態を確認する癖をつけるというのが大事な気がします。


2

説明 念のため、ゼロから説明させてもらいます。以前のEclipse ADTはAndroidアプリを開発するためのEclipseプラグインでしたが、現在Android StudioというのがIntelliJ IDEAをベースとしたAndroid向きのオフィシャル開発環境になっています。移行することがおすすめです。 プロジェクトを移行する際はAndroid Studioでインポートすることができます。 Welcomeスクリーンから: 1.「Import Non-Android Studio Project」をクリック。 Eclipseからエクスポートしたプロジェクトを見つけて開き、build.gradleファイルを選択し、OKをクリック。 次のダイアログで「Use gradle wrapper」...


2

JDKの設定なら、Android Studioが日本語入力中に落ちるみたいな話が***あった***そうです。AndroidはまだJavaSE8相当のソースコードはライブラリ等使わないとコンパイルできないのでAndroidStudioの開発には不要と存じますが、Eclipseで開発していた場合、JDK7とJDK8の併用は問題となるのではないでしょうか……今年の四月で7のサポートが切れることを今思い出しました。 AndroidStudioは安定版がリリースされましたが、開発は日々進んでおります。英語にご堪能であればAndroidStudioのリリース状況やissueを直接ご確認いただけば、現在の最新SDKバージョン、エラー解決方法など掲載されておりますので、不安解消の材料に繋がるかと存じます。


2

共存自体は可能で、そのまま開発を続けることも出来ます。 私の経験上では、Android Studioで使うAndroid SDK(及び当該SDKを入れるためのManager)はEclipseで使用していたものと同じものを使うことが多いかと思います。(勿論、別々に入れても平気です。) 万が一既存のEclipseへの影響を絶対に与えたくない、ということで安全策を取るために別々のSDKなどを使用されるのであれば、パスの設定に気をつけてくださいね。(わかりやすい別の名前でパスを設定する、など) それと、注意すべき点が一つあります。 Android Studio Ver.1がリリースされたタイミングでフォルダの構成として、 Android StudioとAndroid SDKのフォルダを別にしなければいけなくなりました。...


2

Eclipseの場合、ActionBarActivityを使うには同じワークスペースのプロジェクトに、v7 support libraryが必要です。詳細についてはリンク先を参照して下さい。 ADTの以前のバージョンでは新規プロジェクトを作る度に、自動で最新版をインポートして新規プロジェクトと紐付けていたのですが、現在は手動でインポートしてビルドパスの解決を行う必要があるみたいですね。 android-sdk>extras>android>support>v7>appcompat をImport>Existing Android Code Into Workspaceからインポートして、新規に作成したプロジェクトのProperties>Android>...


2

ウィンドウメニューの設定から、 「実行/デバッグ」>「起動」の中にある一般オプションの、 「起動時に(必要に応じて)ビルド」 がたしかそのような設定ではなかったかと思います。


2

@へろっぱ さんが御利用中の OS 、キーバインド設定 (Windows か、Emacs か) がないので 一旦 Windows 用で回答します。 デフォルトのキーバインドから 2 箇所変更する必要があります。 Next Column のキーバインド変更 Eclipse のメニューから Window => Preferences を開きます。 サイドメニューから General => Keys を選択しキーバインドのメニューを開きます。 Filter を入力するテキストボックスに Next Column を入力し、そこに出てきた Next Column に Enter キーを設定します。 これで一応候補が出てきた時に Enter キーで候補をスルーすることができます。 これだけだと Enter ...


2

masayukiさんコメント: 自己解決しました!ありがとうございました。 以下のサイトを参考にmacの設定でIPV6の設定を切るようにしたらうまくいきました。http://webessentials.biz/osx-customize/ipv6disable/


2

Eclipseでもunityでもマニュアルやヘルプを読んで、分からない等具体的な問題が発生してから聞くといいと思います。 googleはandroidStudioを薦めていますので、そちらも調べたほうが良さそうです。 ついでに「スタックオーバーフロー」のマニュアルも読んだほうがいいと思います。


2

確かに日本語版のドキュメントではURLの記載が抜けていますね。 英語版のドキュメントには下記URLの記述がありますので試してみてください。 http://businessrules-updates.ng.bluemix.net/


2

Eclipse IDE for C/C++ Developers です。 http://www.eclipse.org/downloads/ から、お使いの環境に応じて Linux 32bitか64bitをダウンロードしてください


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります