次のタグが付いている話題の回答:

4

国際化を考慮した際に常にShift_JISが求められているのか、それとも利用者のデフォルト言語が求められているのかを判断する必要があります。 後者の場合、Encoding.Defaultを使用すべきです。 その上で、Encodingクラスのページにはshift_jisとあるためそれが妥当な選択肢と思われます。


3

Visual Studio 2019ではコードのクリーンアップが強化されています。 コードのスタイル設定にまとめられていますが、[オプション] ダイアログで詳細な書式設定が可能です。この機能自体はインテリセンスで変更が提案されるまでとなります。 その上で、コード スタイルの適用を実行すると、選択した書式設定について一括して適用されます。 両機能を組み合わせることでif文の書式も統一することができます。


3

全般的な説明はAbout Audio Mixersから辿れます。ただし、ここから辿れるAPIリファレンスはリンクが壊れているため、Windows Multimediaを参照することをお勧めします。またAudio Mixers in Windows Vistaを参照するとわかりますが、XP以前向けの機能はVista以降の新APIとマッピングされているため、正しく作ればそのままVista以降でも動作します。 「デフォルトの再生デバイス」とありますが、Vista以降と異なり、XP以前ではどのアプリがどのラインに出力し、どのスピーカーにつながっているか等と把握できないため、結局のところデバイスID 0に出力するしかない状況です。 基本的な操作方法としては mixerOpenで適切なミキサーを開く(...


2

このサイトで移行元/移行先の版数を指定して調べられるようです。 FROM .NET FRAMEWORK VERSIONとTO .NET FRAMEWORK VERSIONの両方をドロップダウンリストボックスで指定できます。4.8はまだ日本語化が追い付いていないようですが。 .NET Framework 4.0 から 4.5.2 への移行に関するランタイム変更 それぞれ、結構な量の記述があります。 該当するものがあれば、動作しないとか、動作が違うとか、あるでしょう。 ちなみに、移行先を最新版である4.8に指定すると以下になります。 回答時点では英語のままです。 Runtime Changes for Migration from .NET Framework 4.0 to 4.8 現時点で 4.0 -> ...


2

例えば、WNetAddConnection2の前にpingを打ってみるとか? まあpingを打ちあっても問題ない環境構築・設定を済ませている必要はあるでしょうが。 他には、WNetAddConnection2を行うだけの単機能の.exeを作成して子プロセスとして起動し、 それがタイムアウトと決めた時間内に終了してこない場合に、強制終了させるとか。 あるいは同一プロセス内でもTask.Runとかasync/awaitにすれば、同等のことが出来るのかもしれませんが。 ping系はこんな記事があります。 C#でPingしてみよう ネットワーク経由で「いる/いない」を確認する5つの方法 Windowsの「ping」コマンドでネットワークトラブルの原因を調査する (1/2) (2/2)は会員登録(無料)が必要 ...


2

ちなみに「AStyle Extension」は今 2種類あります。 まあ使っているVisualStudioの版数に合わせて検索されるでしょうから、迷わないと思いますが。 AStyle Extension : VS2010-VS2015,AVR Studio5,Atmel Studio6-7 AStyle Extension 2017 : VS2017 VS2019用の拡張機能にはまだ掲載されていないようです。VS2017用をダウンロードして入れてみるか、単独で動作するコマンドを外部ツールとして自分で組み込むかすれば出来るでしょう。 で、ご要望の使い方に相当するオプションは以下の2つの組み合わせになるでしょう。 ただし、2つ目の--add-bracesは、上記Extensionの中では --add-...


1

Visual Studio のバージョンによっては、ifに点線で下線が引かれます。カーソルを合わせると、右端に電球アイコンが出るので、クリックして「波かっこを追加します」。 あるいは、拡張機能の「AStyle Extension」を追加。


1

一応XMLとして有効な範囲で編集された場合は、ご質問のようにデフォルト値になるでしょう。 プログラム・初期configはVisualStudioのIDEで、プロジェクトのプロパティの「設定」タブで定義し、PropertiesのSettings.Settings(Settings.Designer.cs)およびapp.configに格納され、ビルドして正常に動作し、*.exe.configだけ編集するものとします。 例としては以下のようになります。 Settings.Designer.cs [global::System.Configuration.ApplicationScopedSettingAttribute()] [global::System.Diagnostics....


1

それ以前の問題として、app.configがXMLとして不正な状態(閉じタグが一致しない、ファイルが空など)な場合に例外が投げられます。 ですので、質問のような個別のパターンに対応するのではなく、根本的なエラー対策が必要です。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります