次のタグが付いている話題の回答:

5

SpringのコアはDIコンテナです。DI(依存性の注入)を導入する目的は、利便性など色々ありますが、最大の目的はコンポーネント間の結合度を下げることにあります。 対して検査例外は、プロシージャ内部で発生したエラーが、回復可能であることを呼び出し元に通知する仕組みです。 呼び出し元コンポーネントが例外をハンドリングするということは、子コンポーネントの実装の詳細を知る必要があるということです。これはDIの概念と真っ向から衝突します。 分かりやすい例がSQLExceptionです。 Springを使う場合、データベースから業務データをBeanで取得するケースも多いと思いますが、一般的なJavaでデータベースを扱う場合、SQLExceptionのハンドリングは避けられません。しかし、...


5

Checked/Unchecked Exceptionと"Spring philosophy"との関係への言及は、Spring Framework Reference Documentationで見つけられます。 12.3 Understanding the Spring Framework transaction abstraction [...] Again in keeping with Spring's philosophy, the TransactionException that can be thrown by any of the PlatformTransactionManager interface's methods is unchecked (that is, it ...


3

Base64デコードするときはヘッダー部を除去しなければならないことを忘れていました。 @RequestMapping(value="/post", method=RequestMethod.POST) public String post(@RequestParam("file") String fileUri) { // 引数は "data:image/jpeg;base64,略//2Q==" という形式 InputStream byteStream = new ByteArrayInputStream( Base64.getDecoder().decode( ...


3

JPAでクエリの結果をエンティティオブジェクトに入れる方法はいくつかありますが、 Spring DataでJPAを使う場合となると、「コンストラクタを作り、クエリ(JPQL)で呼び出す」という方法しかなさそうです(独自実装コードを書かないという前提)。 public class Entity { public Entity(long id, String data) { this.id = id; this.data = data; } // 以下質問にあるコードと同じ } @Repository public interface Repository extends JpaRepository<Entity, Long> { @Query("select ...


3

私の環境でもチュートリアル通りに実施しても確かに動作ませんでした。 そこで、SpringSecurityCoreの認証方式を変更することで動作させることができることを確認しました。 まず、テスト用に、以下のコントローラを作成します。(アノテーションは必要ありません。) class HelloworldController { // /helloworld/indexで誰でもアクセスできる。 def index() { render "Hello world!?" } // /helloworld/index2でアクセス。ログイン必須。 def index2() { render "index2" } // /...


3

Object.hashCode()は ハッシュ値が等しい→等しい可能性がある(equals==true or false) ハッシュ値が異なる→必ず異なる(equals==false) だけを満たせばよいので public int hashCode() { return 0; } という実装も正しいです. (必ずハッシュ値が衝突するので、性能はとても悪くなります) http://www.ibm.com/developerworks/jp/java/library/j-jtp05273/ そのため、hashCode()の値からインスタンスを直接引き当てる実装は作れません. 無理に作るとすれば、ハッシュテーブルの連鎖法に似た実装をすることになると思います. http://d.hatena.ne.jp/...


3

in句に渡すパラメータをSetなどのコレクションにすると、その要素数分プレースホルダが作られて値がせっとされます。 Set<Integer> ids = new HashSet<>(); ids.add(1); ids.add(2); ids.add(3); MapSqlParameterSource parameters = new MapSqlParameterSource(); parameters.addValue("ids", ids); List<String> result = this.namedJdbcTemplate.query("select name from sampletbl where ...


2

こちらのページの転載にはなりますが、次の2つの方法があるようです。 コマンドライン引数をstatic変数に入れて、SpringのBeanから参照する コマンドライン引数をBeanFactoryに登録して、それをアプリケーションコンテキストに反映する 1の例です。次のようなクラスがあるとします。 public class MyApp { public static String[] ARGS; public static void main(String[] args) { ARGS = args; // 通常のアプリケーションコンテキスト作成コード } } このstatic変数は次のような設定で使用できます。 <util:constant static-...


2

メソッドの引数を2つにしたのがエラーの原因だったようです。 1つのBeanにまとめたらば、エラーが発生しませんでした。 @RequestMapping(value="/updateList") public ModelAndView updateList(Condition condition) throws IOException { @Data public class Condition implements Serializable { private String remaks; private List<Grid> grid; } @Data public class Grid implements Serializable { private ...


2

スタックトレースでViewControllerの29行目とあって微妙にViewController.javaの行数がずれているのですが、おそらく repository.findAll() の部分での NullPointerException だと思います。 @ComponentScan をつけると、Spring Frameworkがそのクラスと同じパッケージ配下のクラスを自動的にスキャンしてビーン登録などをしてくれます。 最新のSpring Bootであれば、@ComponentScan を含んだ @SpringBootApplication をmainメソッドのあるクラスにつけるのが普通ですが、そのクラスのパッケージとコントローラやリポジトリのコントローラが違っているので、...


2

次のように書き込んでおられるので、確実な回答ではないかもしれません。 ブレークポイントでコントローラーの処理が走ったか否かも確認しましたが、 リクエストは受理されているようでした。 ただ、気になるログがありました。 ブラウザなどでアクセスしたURLは"/contextpath/hello(http://localhost:8080 などで)"となっていますでしょうか?"/contextpath/WEB-INF/view/showMessage.js"になっていませんでしょうか? Springで"No mapping found for HTTP request"と出力されるとき、その後に表示されるURI(URL)にアクセスしたことととなります。つまり今"/contextpath/WEB-INF/...


2

SpringとMybatisを組み合わせる場合は、mybatis-springプラグインを使うのが一番簡単で、かつ確実です。トランザクション管理については、特に以下の公式サイトを参照してください。 http://mybatis.github.io/spring/ja/transactions.html mybatis-spring:トランザクション コンテナ管理のトランザクションも、手動トランザクションの方法も記載されています。 なお、Spring管理のBeanでトランザクション管理をfilterで行った場合、そのままでは正しく動作できません。もっと詳しく言いますと、filterでSpringのAutowiredを使おうとすると動作しないのです。対応方法については、...


2

上記コード、当方の環境では正常に実行されました。 これはカンなのですが、プロキシサーバーでtwitterへのアクセスがブロックされていたりしませんか? (ちなみにnullになっているのは以下のhandleRequestメソッドの戻り値かと思います) https://github.com/yusuke/twitter4j/blob/master/twitter4j-core/src/internal-http/java/twitter4j/HttpClientImpl.java#L82


2

結論としては、Tomcat8ではソースでJspConfigDescriptorをセットする方法はなさそうです。 TomcatにもServletContext実装クラスがorg.apache.catalina.core.StandardContextオブジェクトを保持しており、StandardContext#setJspConfigDescriptor(JspConfigDescriptor)メソッドがあります。このメソッドを呼び出せれば、Jetty同様にJspConfigDescriptorオブジェクトをセットできるのですが、残念ながらTomcatが生成したStandardContextオブジェクトを取得する方法がなさそうです。 WebApplicationInitializer#onStartup(...


2

ServletContextにaddServletメソッドが追加されたのはServlet3.0からになります。 ですので、利用されているServlet2.5ではメソッドが存在しません。 ただし、Tomcat8はServlet3.1のはずです。 Tomcatとは別のAervletAPIをパスに通しているのであれば、 TomcatのServletAPIと同じバージョンをパスに通すことをお勧めします。


2

TransportClient が利用するポートは、9300 であるような気がします。 https://www.elastic.co/guide/en/elasticsearch/client/java-api/current/transport-client.html Elasticsearch は、 http 用(9200)と Transport 用(9300)の2つの 通信ポートを用意していたはず。


2

もう解決されているようですが、一応回答しておきます。 dependency-managementプラグインは、MavenにおけるBOMを使ってバージョンを解決する仕組みをGradleに提供します。 dependencyManagement { imports { mavenBom 'io.spring.platform:platform-bom:1.1.4.RELEASE' } } などのようにBOMを指定して使います。 今回の場合はSpring Bootプラグインが提供するBOMが使われます。 Spring Boot 1.2.7であれば、以下から品揃えが確認できます。 http://docs.spring.io/spring-boot/docs/1.2.7.RELEASE/...


2

WEB-INF配下のファイルはクライアント(ブラウザ)から直接見ることはできません。 JSPファイルを直接表示(コントローラを作らずに)させたいのであれば、WEB-INFの外に置く必要があります。 webapp/index.jspに配置すれば質問に書かれているパスで表示できるようになります。


2

MyBatis で JDBC ↔ Java の型変換を行うのは TypeHandler です。 TypeHandler は基本的に javaType と jdbcType の組み合わせで登録および検索されますが、ARRAY の変換を行う ArrayTypeHandler はデフォルトだと java.lang.Object と ARRAY の組み合わせに対してのみ登録されているようです。 なので、以下のいずれかの方法で birthdays のマッピングに ArrayTypeHandler が使われるように指示する必要があります。 MyBatis の設定ファイルで java.util.Date[] と ARRAY の組み合わせに対して ArrayTypeHandler を登録する(date[] はエイリアス)。 ...


2

defaultTime: "${student.time}" ↓ defaultTime: /*[[${student.time}]]*/ "9:00" 参照: スクリプトのインライン処理


2

2については解決しているようなので、1について回答します。1のエラーの原因は、 import org.apache.commons.lang3.builder.ToStringBuilder; とすべき行で、 import org.junit.platform.commons.util.ToStringBuilder; としているからです。つまり、Apache Commons LangのToStringBuilderには、reflectionToString()というメソッドがありますが、JUnitのToStringBuilderには、reflectionToString()というメソッドが無いからです。 そういえばあまり気にしていませんでしたがapplication....


2

Method Arguments - 1.3.3. Handler Methods - Spring MVCの表の一番最後の説明が該当します。 it is a resolved as a @RequestParam. Otherwise, it is resolved as a @ModelAttribute. 今回の場合はリクエストパラメータでもないので @ModelAttribute です。 @ModelAttribute annotation on a method argument to access an attribute from the model or have it be instantiated if not present. なので /actor/create ...


2

ここで疑問に思ったのが、Kotlinを使った開発でspringが使用する最大メモリサイズも上記の規定に従うのでしょうか? Spring Boot(Java)を起動する際にJVMオプション-Xmx(Javaのヒープサイズの最大値を指定するオプション)を指定していなければ、参照されたページにもあるようにマシンの物理メモリなどによって最大ヒープサイズが決まります。 また使用メモリサイズを大きくしたい場合、どのようにすれば増やすことができますでしょうか? 前述の-Xmxで調整できます。 (起動は ./gradlew bootRun でさせていますが、これになにかオプションを渡すのでしょうか? ./gradlew bootRunで起動しているのであれば、build....


2

実行時に必要なクラスパスは実行時に指定するもので、ビルド時に指定するものではありません。 質問文に記載されている2つのリンク先は、実行時に指定することになるクラスパスに配置するファイル(を包含するディレクトリ)の指定についての説明です。 後者の"実はsrc/main/resourcesディレクトリはMavenのデフォルトのクラスパスの一つです。"という説明は誤っています。このディレクトリが即ちクラスパスというわけではありません。 という前置きをした上で、 Spring Bootのclasspathを知るにはどすればいいのでしょうか? について、実際に知りたいのはクラスパスではなくてクラスパスに配備される対象がどれか、ということだと考えました。 これについては、...


2

Hibernateにおいて、saveとflushは次のようなニュアンスです。 save: ユーザが生成したエンティティをHibernate管理下に置く(=永続化対象にする) flush: Hibernateが管理している状態をDBに書き出し、管理している状態とDBが保持する情報を同期させる。要は実際にSQLを実行する。 ユーザが参照するのHibernateが管理している状態であり、DBの状態は原則的には気にする必要がありません。 なのでflushを使う機会がない、というのは普通です。 ユーザが明示的にflushを行わずとも、必要に応じて(例: トランザクションcommit時に)Hibernateは管理している状態をDBに反映させます。 Hibernateのリファレンスの次の章が該当します: 5. ...


2

https://docs.oracle.com/javase/jp/1.5.0/tooldocs/solaris/jdb.html jdb のもう 1 つの使用方法は、すでに起動している Java VM に jdb を接続することです。jdb を使用してデバッグする VM は、次のオプションを使用して起動しなければなりません。 Option: -agentlib:jdwp=transport=dt_socket,server=y,suspend=n 目的: インプロセスデバッグ用ライブラリをロードし、接続の種類を指定する (中略) 次のコマンドを使用して、jdb を VM に接続できます。 % jdb -attach 8000 この場合、jdb は新しい VM を起動する代わりに既存の VM に接続されるため、...


2

@Queryを利用した場合、一般的に割れているようなSQLインジェクション対策は行われた状態になっていると考えてよいかと思います。 www.ipa.go.jp サイトに対策方法についていくつかの記事があります。一例として、 別冊:「安全なSQLの呼び出し方」 を挙げると、この中では、対策のひとつとして「動的プレースホルダ」(3.2.2節)があると記載されています。 @Queryを用いると、性質上、常にこの方式を利用することになります。 JPAネイティブクエリ/JPQLでSQLインジェクションが起こり得ることについては、次の記事で実証されていらっしゃいます: JPQLインジェクションを確認してみました - Challenge Engineer Life ! (@Queryを用いた場合、...


1

質問に記載した実装では、ファイルのヘッダ情報のようなものは受信可能でしたが、バイナリデータ自体は送信されていませんでした。 コントローラ @Controller @MultipartConfig(fileSizeThreshold=1024 * 1024, maxFileSize=10 * 1024 * 1024, maxRequestSize=10 * 1024 * 1024) public class maintnanceController extends CommonsExceptionHandler { とすることで、受信することができました。


1

@Query(value = "select e from Entity e " + "LEFT JOIN FETCH e.relation c " + "LEFT JOIN FETCH c.categoryFilter f " + "where e.deleteTs is null " + "and f.uid in (?1)", countQuery = "select e from Entity e ...") left join fetchしてるのにcountQueryが未指定なのが原因だと思います。


1

@RequestMappingのvalueは、antパターンでかけるから、 PathVariableを使わないのなら、/**で大丈夫のような気がします。 ただ、http://domain/ContextRoot/** 配下すべてだと、JavaScriptやCSSなどが 上手く解決できないです。 例えば @RequestMapping("/**") @Cotroller public class SomeController { @RequestMapping(value = "/**") public String index() { return "index"; } } とすると、 /js/some.jsや/css/style....


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります