次のタグが付いている話題の回答:

2

そのまま引き算のように記述すると というのがどの言語を念頭に置いているのかわかりませんが、配列同士の引き算ということ自体が、例えば Java では元々やらない発想ですね。あと、.toFloat() については、値に f を付ければいいのは Java と同じかと。 var array1 = floatArrayOf(10f, 8f, 5f) var array2 = floatArrayOf(4f, 3f, 2f) var array3 = Array(3){array1[it] - array2[it]} array3.forEach{f -> println(f)} for ループ的にやってみましたが、想定されているもの(配列同士の引き算)とは違うかもしれません。


1

public void myTest() {}の() の中に引数を書いたり、{} の中に具体的な処理を書いたりすることができるかという質問ですね。そうでしたら、引数とメソッドの処理のどちらも、特定のポイントカット式を記述した場合のみ書くことができる、というのが答えになります。 この部分は(Springフレームワークを使っていても)AspectJというライブラリが処理しており、そのドキュメントに説明があります。 https://www.eclipse.org/aspectj/doc/released/adk15notebook/ataspectj-pcadvice.html まずメソッド引数について書きます。上記webページから抜粋します。 The parameters of the method ...


1

"No value present" といったエラー これは Optional#get() メソッドを実行し、値が無かった場合に送出される NoSuchElementException のメッセージだと思います。 このメソッドを利用しているのは、質問コード中では1箇所なので、該当の例外はここで発生していると考えます(違うのであれば、その旨質問文に追記してください): @PostMapping(path = "update", params = "update") String update(@RequestParam String id, @ModelAttribute CreateForm createForm) { Optional&...


1

zipして、計算。 $ kotlinc >>> val array1 = floatArrayOf(10.toFloat(), 8.toFloat(), 5.toFloat()) >>> val array2 = floatArrayOf(4.toFloat(), 3.toFloat(), 2.toFloat()) >>> array1.zip(array2).map{(a, b) -> a - b} res12: kotlin.collections.List<kotlin.Float> = [6.0, 5.0, 3.0]


1

Java の文字列比較は ==( や != )でなく String#equals() メソッドや Objects.equals()メソッドを用います。 おそらく意図している実装は次のものではないでしょうか。 import java.util.Objects; // ... @AssertTrue(message = "PASSが一致しません") public boolean isCheck() { return Objects.equals(pass, reenter); } 関連: Javaの文字列の比較について String型を==で比較したときの挙動が予想と違う


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります