次のタグが付いている話題の回答:

3

エスケープ文字は\とは限らず言語ごとに異なります。 一例としてWindowsのバッチファイルの場合、 <、>、|、&、!などの記号は^でエスケープします。^自身も^でエスケープします。 変数を表す%は%%と重ねることでエスケープされます。


3

異なります。 Javaに関しては、ここの「Escape Sequences」のセクションに記載されています。 The Java™ Tutorials - Characters 「"Escape Sequences" ruby」のようなキーワードでググってみれば、他の言語についても分かると思います。


2

エスケープ文字およびエスケープシーケンスは、各種言語において「文字」あるいは「文字列」の中で、ソースコードの見た目と違う機能を引き出す処理と考えていいでしょう。 んで c も java も python あるいは ruby も、エスケープ文字として逆斜線文字を採用し、エスケープシーケンスも似通っています(同一でないので要注意:各言語の仕様書なり解説書なり参照のこと)何か理由なり根拠なりありそうです。 これは妄想ですが、各種言語は、古くからある c 言語のユーザーを自分の陣営に取り込みやすくするため、移行中の c ユーザーが混乱しないよう c 言語に似せたエスケープ文字(エスケープシーケンス)を採用したと個人的には思います。なので、エスケープ文字として「決まった文字」があるわけではないけれど、...


2

memos[5] = new Memo(new Time(11, 10), "Go to sleep :)"); の後ろに memos[6] = new Memo(new Time(0, 0), "false"); でしょうか。


1

閉じ括弧が足りていないせいです。 class Assignment2_1 { public static void println(int[] seq) { System.out.println(seq[0]+" "+seq[1]+"\n"); } static void swap(int[] seq) { int temp = seq[0]; seq[0] = seq[1]; seq[1] = temp; } // ここ public static int[] copy(int[] seq) { int n = seq.length; int[] result = new int[n]; for(int i= 0; i&...


1

いったんint型に変換されてから演算が行われるからですね。 s = (short)(s + 1); とか s += 1; とか s++; であれば、コンパイルは通りますね 参考: https://www.javadrive.jp/start/cast/index5.html


1

ぱっと見での回答になりますが、1つ目のSQL(getEmployeesName)で複数件のレコードが取得できるのに対し、それらのレコードを検索条件にする2つ目のSQL(getCreateUser)は1件しか想定していないWHERE句(=での比較)になっています。そのため、 query = "SELECT r FROM Report AS r WHERE r.employee = :employee" は、 query = "SELECT r FROM Report AS r WHERE r.employee IN :employee" のようにしなければ、動作しないと思います。


1

もともとDB操作をやりたかったSpringBootのプロジェクトはまた別にJPAプロジェクトを新規作成し、Repositoryファイルを作成していたため、上記のエラーが出ておりました。 本などを参考にして、もともとのSpringBootプロジェクト内にReposirotyファイルを作成して同様に記述したところ、エラーは発生しなくなりました。 supaさん、解決時の対処についてご指摘ありがとうございます。自分のコメントだと48時間後でないと解決済みマークができないようなので、後日解決済みにします。


1

文字列の比較に==を使っているからですね。全ての == hoge を .equals(hoge) に置換すれば、意図した動作をすると思います。ただし、この修正をした後も1、2、3以外の数値を入力すれば、以下の条件に入るのでNPEが発生します。 }else{ return null; それ以外にも直した方がいい箇所はいくつかあります。


1

本質的な問題としては、 model.addAttribute("S100601formList", new S161formList()); で属性名を S100601formList と設定しているので、これを意識する必要があります。 公式リファレンスとしては次のセクションが該当箇所になります: @ModelAttribute - 1.3.3. Handler Methods @ModelAttribute で検索すると日本語で解説されているサイトも多くヒットすると思います。 修正後の一例としてはこのような形になります。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります