次のタグが付いている話題の回答:

2

以下ではストロークサイズを変えて文字列を重ね書きしています。 <?php $im = new Imagick('penguin.jpg'); $text='画像に追加したいテキスト'; $draw = new ImagickDraw(); $draw->setFont('/usr/share/fonts/opentype/noto/NotoSansCJK-Regular.ttc'); $draw->setFontSize(32); $draw->setStrokeAntialias(true); $draw->setTextAntialias(true); // lower $draw->setStrokeColor('#fff'); // white $draw-&...


2

まあ既にコメントにある通りなのですが、混乱を避けるために用語定義を先にしておきましょう。 攻撃者:ラッキービジター詐欺を行う人物 被害者:閲覧者のうち、ラッキービジター詐欺でクレジットカード情報などを盗まれる人物 第三者:なんらかの web site を立ち上げ維持している人物 ラッキービジター詐欺ってのはそもそも 第三者の web site がある(改ざんされていなければ無害なサイト) 攻撃者がその「第三者の web site 」を改ざんする 閲覧者(攻撃者とも第三者とも異なる)が当該「改ざんされた web site 」を訪ねるとまれに本来のコンテンツ(第三者の書いた内容)でなくてラッキービジター(攻撃者の書いた内容)にすりかわります。 この時点で閲覧者がおかしいと思って web UA ...


2

/wiki/メインページ というパスが ?title=メインページ というクエリに変換されて /home/taro/mediawiki/index.php に引き渡されているのだと思うのですが、なぜそうなるのか分かりません。 実は REQUEST_URI から自動的に PATH_INFO に相当する部分(メインページ) を取り出しているのです。 リリースノート/1.20 - MediaWiki Configuration changes  $wgUsePathInfo = true; is no longer needed to make $wgArticlePath work on servers using like nginx, lighttpd, and apache over fastcgi. ...


2

nginx.conf の編集履歴から 2019/2/21 の時点でのスナップショットを参照してみます。  https://www.mediawiki.org/w/index.php?title=Manual:Short_URL/Nginx&oldid=3103792 $pagename に関係する部分は以下の通りで PATH_INFO に割り当てられています。 # Handling for the article path (pretty URLs) location /wiki/ { rewrite ^/wiki/(?<pagename>.*)$ /w/index.php; include /etc/nginx/fastcgi_params; # article ...


1

以下では、価格テーブル(PRICE::$priceTable)を作成して memoize(メモ化) しています。 class PRICE { private const TOKYO_AREA = [ [5, 6, 7], // EAST [1, 2, 4], // CENTRAL [8, 9, 10, 11], // SOUTH ]; private const GOODS_CODE = [12, 32, 33]; private const _PRICES_TABLE = [ [2200, 3200, 4400], // EAST [1700, 1900, 4000], // CENTRAL [ 440, 990,...


1

正規化を要する複雑なデータ構造ならばリレーショナルデータベース(RDB)を使用した方が良いように思います。 RDBを使うほど大掛かりにしたくないけれど第三者がコードリーディングした時の可読性を上げたいのならば連想配列やメソッド、コメントを使ってコードに意味を持たせつつ整形する方法が保守や拡張しやすい正攻法ではないでしょうか。 <?php class Price { //エリアごとに23区の区コードを振り分ける const AREAS = array('東' => [5,6,7], '中央' => [1,2,4], '南' => [8,9,10,11]); //...


1

サブコマンド provision が抜けています。 kusanagi-docker provision --dbname wordpress_test --dbuser nobu --dbpass tennis33


1

以下は PHP: preg_match を使う方法です。 <?php $sentence = '当サイトでは、コーディングや東京店など、主に大阪店に関する問題のサポートを目標としています。'; if (preg_match("/(東京|大阪)店(.*)$/", $sentence, $matches)) { echo "{$matches[2]}\n"; } else { echo "not found\n"; } // 実行結果 など、主に大阪店に関する問題のサポートを目標としています。


1

$result = preg_replace('/^.*?(大阪店|東京店)/', '', $source); これでどうでしょう。 $sourceに「大阪店」も「東京店」も現れない場合は$resultは$sourceと同じになってしまいますが。


1

$off の値を 0.15〜0.95 を変化させた場合の printf("%.1f", $v) と round($v, 1) の結果の違いを見てみます。 <?php $price = 5.0; $off = array(0.15, 0.25, 0.35, 0.45, 0.55, 0.65, 0.75, 0.85, 0.95); foreach ($off as $o) { $v = $price * (1 - $o); printf("%.20f, %.1f, %.1f, %.1f\n", $v, $v, round($v, 1), round($v, 1, PHP_ROUND_HALF_EVEN)); } 実行結果 $v ...


1

この辺「十進数による表記(人間に理解しやすい)」と「二進数による表記(コンピュータにわかりやすい)」との差にすぎないのですが、それだけに不慣れな人にはわかりにくいというか。この辺はコンピュータハードウエアの実装の話なので php に限らずほぼすべての言語で事情は変わりません。 以下で ^ はべき乗の意味とする 十進数表記 123.45 は 1*10^2 + 2*10^1 + 3*10^0 + 4*10^(-1) + 5*10^(-2) の略表記 二進数表記 101.11 は 1*2^2 + 0*2^1 + 1*2^0 + 1*2^(-1) + 1*2^(-2) の略表記 後者を10進数表記で計算してみると 1*4 + 0*2 + 1*1 + 1*0.5 + 1*0.25 = 5.75 っスね。...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります