次のタグが付いている話題の回答:

2

パスワードを平文のまま保存するのは良くないので "ハッシュ化した結果 = パスワードハッシュ" を代わりに保存するのが一般的ですが、ここでハッシュ化とは 一方向に変換するアルゴリズム なので、パスワードハッシュから元のパスワードを取り出すことは出来ません。 認証が必要な場面では「保存されたパスワードハッシュ」と「ユーザーが入力したパスワードを元に (同じ手順で) パスワードハッシュを生成」した値をそれぞれ比較して一致するかを見ています。 PHP であればこの辺りの操作を password_hash や password_verify を使うことで簡単に実装出来ます。 password_hash ( string $password , mixed $algo , array $...


2

そもそも論として「ハッシュ化したパスワードのみを保存」している以上は web server / application server 側でもパスワードを復元できないわけです(そのためのハッシュ化)。そのため「「現在のパスワード: ****** 」というようにアスタリスクで表示」すること自体ができませんし、できたら脆弱性です。


2

まず、PHPのタグをつけて質問されていますが、これはJavaScriptのコードと思われます。 元のコードに改行が少なく見づらいため、改行とインデントを加えてみます。 template.push(` <span class=" font-size-20 ${ getColorTextMonthCurrentYear( parsePotentiallyGroupedFloat( numeral(averageArr[0]).format(isTableStar ? '0,0.0' : '') ), parsePotentiallyGroupedFloat( ...


1

設定画面などでパスワードを変更する時は ・現在のパスワードを再入力。 ・新しいパスワードを入力。 ・確認用に新しいパスワードを再入力。 入力欄が3つは必要。 現在のパスワードの情報は一切表示しなくていい。 入力した現在のパスワードと保存している暗号化したパスワードで変更して大丈夫か確認。 さらに新しいパスワードと確認用が一致するかも確認。 パスワード変更なんて危険な箇所は二重に確認が必要。 セキュリティリスクとしては「ログインしたままのブラウザを他人が操作してるかもしれない」 なので危険な箇所では正しいパスワードを再度入力させて確認しないといけない。 ↑はログインできてる場合。 パスワードを忘れてログインできない時用にメールでのパスワードリセット機能も必要。 ...


1

編集ページのform内に「現在のパスワード: ****** 」というようにアスタリスクで表示させたい場合、 この方法自体が慣例的ではないです。 アスタリスクで表示させていても実際はValueに数値を入力する必要がありXSSやその他の脆弱性よってパスワードを横取りされる可能性があります。 コメントにある通りフォームでパスワードを見えなくするためだけの機能になるので実際はデータ自体はそのまま置く必要があります。 パスワード周りの基本的な方法としては ・パスワード情報に関するものはハッシュ化したデータ以外持たない ・パスワードが推測されるようなデータも持たない ・パスワードの再設定についてはリセットを基本として、その際は別の認証方法を使う 別の認証方法についてはメール認証、電話番号認証などあります。 ...


1

そのためにuniqueでは「このIDだけは除外する」指定ができる。 $rules['email'] = 'required|email|unique:users,email,'.$this->user()->id; 簡単に書くためのRuleクラスもある。 use Illuminate\Validation\Rule; $rules['email'] = ['required', 'email', Rule::unique('users')->ignore($this->user()->id)];


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります