次のタグが付いている話題の回答:

11

こんな感じでできるんじゃないかと思います。 SELECT * FROM _table WHERE _tag LIKE '%新幹線%' OR _schedule LIKE '%新幹線%' OR _memo LIKE '%新幹線%' ORDER BY _tag LIKE '%新幹線%' DESC, _schedule LIKE '%新幹線%' DESC, _memo LIKE '%新幹線%' DESC; LIKE は適合すると 1, 適合しないと 0 を返します。1→0 の順に並べるために DESC を使用しています。


10

1番目 sprintf("SELECT * FROM table WHERE id = %d", $value); $valueにどのようなデータが入っていようが、PHPの「親切な」型変換により数値に変換されます。escape()が無くても問題ありません。 "123" => 123 " 123" => 123 "123abc" => 123 "abc" => 0 " " => 0 "" => 0 null => 0 ただし、4つめ以降の例はアプリケーションとしては意図しない動作になるでしょうから、その観点では事前にバリデーションが必要です。 2番目 sprintf("SELECT * FROM table ...


9

SQL Serverではbinary値を0xABCDEF0123456789のように引用符なしの0x付き16進数で記述することが出来ます。


8

きちんとトランザクションを管理していますか? SQLiteはデフォルトでは一件更新毎にコミットが走るため、遅いです。 2000件程度ならば一気にselectしたものを一回のトランザクションで済ませれば質問者さんのロジックで5秒もかかりません。 言語の指定がないのでPythonで書くならこんな感じです。 connection = sqlite3.connect(DBファイル, isolation_level='EXCLUSIVE') # selectしてリスト化 connection.execute('BEGIN IMMEDIATE') connection.executemany(insert文, タプルのリスト(全件分)) # または一件ずつinsert connection.commit() ...


8

Microsoft Jet 4.0の既知の不具合です。 簡単に言うと、Access以外からクエリを発行した場合にがの内部表現がか゛のように二文字になるため、ワイルドカードの直前が清音の場合に濁音も該当してしまうという現象になります。 SQLで除外したいのであれば、 InStr(1, [ふりがな], 'おが', 1) <> 1 のような条件を追加する必要があるかと思います。


8

COUNT(*) が何を意味しているのかわからないです。 「*」はテーブルの全カラムを表すので、以下のようなイメージで考えるといいと思います。 基本的に、グループ化した場合はどちらも同じ行数になりますが、@payaneco さんが仰るように、nullの扱いに気をつける必要があります。


7

一般的にこう言う操作はピボット(PIVOT)と言いますので、そういうキーワードで調べれば答えが見つかります。SQLでなくてもflattenとかflatMapとか、よくある操作です。 ご希望の結果とは若干違うかもしれませんがMySQLであればGROUP_CONCATを使うと、SELECTしてきた文字列をカンマ区切りの文字列に変換できます。SEPARATORを指定すればカンマ以外の文字を指定することもできます。 組をcls,名前をname,時限をperiodとして、テーブルを作成して、実験した結果です。 create table t1 ( cls varchar(1), name varchar(1), period varchar(1) ); このテーブルにデータを入れて insert ...


7

いろいろ質問への回答では無いことも書きますが、お許しください。 とりあえず、一番簡単なのはWebSQLをやめてLocalStorageを使いkeyを分かりにくい名前にすることです。まずローカルでSQLを使わないと管理できないほどのものを扱っているのでしょうか。あとWebSQLはW3Cの標準からは抜けたので今後どれだけメンテされるか怪しいです。 また データベースを暗号化して使用する場合、データベースの中身は分からない というのは正しくありません。ローカルでデータベースを読み書きしている以上鍵もローカルにあるので少し頑張ればデータは読めてしまいます。 なのでJavaScript内のSQLクエリを難読化することに意味があるかというと、自分は努力に見合う効果は無いと思います。...


6

window関数を使うといいと思います。 SQL Fiddleにサンプルコードを載せました。 http://sqlfiddle.com/#!6/e30e7/7 参考までにコードを転記しておきます。 create table some_log ( CreationDate datetime ) insert some_log values ('2014-12-02 00:10') insert some_log values ('2014-12-02 00:20') insert some_log values ('2014-12-02 00:30') insert some_log values ('2014-12-02 01:10') insert some_log values ('2014-...


6

質問にあるテキストをコピーして、ファイルに保存し od -x foo.txt してみてください。 半濁音部分が合成文字になっていると思います。おそらく Mac OS X で作成されたテキストかと思います。 合成文字の無い utf-8 で保存すると正しく検索できると思います。


6

READ UNCOMMITTED なら 2つの投稿トランザクションが同時に処理された場合、どちらかが先に2つめのSQLを実行した時点で、もう片方はトランザクション中に3番めのSQLにてそのコミットされていない値を取得して、 最大投稿数以上投稿してしまうことを防げると思ったからです。 この前提は誤りです。 READ UNCOMMITTEDは「他のトランザクションによって変更されCOMMITされていないデータを読む可能性がある」のであって、「COMMITされていないデータを必ず読む」ではないのです。 999件のデータが登録された状態で2つのトランザクションが同時に走ったときに、 掲示板テーブルの トータル投稿数更新(サブクエリではなくcount:=count+1で) と 最終投稿時間を更新(...


5

TL;DR 求められている回答とは違うかもしれませんが、SQLをリソースファイルとして別に切り出す方が良いのではないでしょうか。SQLをソースに直接文字列で埋め込む方法はメンテナンス性から言って正直お勧めしません。 ファイルを切り出す利点としてはたとえば次のようなものが挙げられます。 Java文字列のエスケープ処理に煩わされなくて済む Eclipse DTP 等のSQL用エディタが使えるのでシンタックスハイライトや入力補完機能の利用が期待できる git等のバージョン管理において差分が見やすくなる ファイルを分けることでSQLとJavaソースを独立して管理できる(複数人での開発時など) 実装例: 一例としてプロジェクト構成が /src/main/java/foo/Foo.java /src/main/...


5

そもそもスレッドセーフでは無いのでは…と思い込んでいたのですが、どうも仕様ではスレッドセーフであることを要求しているようですね。古い(urlから察するにjdk1.2時代)&オフィシャルかどうかよくわからないドキュメントしか見つけられませんでしたが… http://www.cs.mun.ca/~michael/java/jdk1.2-docs/guide/jdbc/spec/jdbc-spec.frame9.html 9.2 Multi-threading We require that all operations on all the java.sql objects be multi-thread safe and able to cope correctly with having ...


5

OracleではCOUNT(*)とCOUNT(age)の結果は異なります。 ageにnullが入っているとCOUNT(age)では件数にカウントされません。 グループ化していても同様で、ageがnullのグループのみ0件となります。 COUNT(*)ではageにnullが入っていてもレコードの件数をカウントします。 COUNT(*)ではレコードの内容を取得するため、COUNT('X')やSUM(1)を使った方が高速化できると教わったことがあります。(10年ほど前に聞いたノウハウなので現在も適用されるのかは不明ですが…)


5

table_bを外部結合するのに、table_bに関する条件が十分書かれていないのでは、期待する結果は得難いと言うのを意識しておかれた方がいいでしょう。 Query Cのサブクエリーはtable_aに依存した相関サブクエリーですから、table_aの行ごとに異なる値となります。最終的にA.no in (1, 2)で絞り込むのでそこ以外は省くとこんな感じ。 MAX(B.timestamp) (1) 1 2018-01-01 2018-01-01 (2) 1 2018-01-04 2018-01-02 (3) 1 2018-01-05 2018-01-02 (4) 2 2018-01-01 NULL (5) 2 2018-01-03 2018-01-02 (6) 2 ...


4

なぜ自分は原因調査を深く追えないのか、その理由を考えてみてはどうでしょうか。 恐らく、あなたは自分と向き合う時期に立たされているのではないかと思われます。 頑張っているはずなのに、うまくやれないという心理状態は 本当は心の奥ではやりたくないと思っていることが多いです。 人が何か行うとき、本来「必要だから行う」のであって 「行わなければならない」というものではありません。 もしあなたが「行わなければならない」という心理状態になっているのだとしたら 現在の自分の状況や立場、これからの自分について深く考察し 「必要だから行う」という思考に切り替えていく必要があります。 一人で考えて迷ったり悩んだりした場合には、できるだけ大きな書店に足を運び 目に止まった本をかたっぱしから読むことをおすすめします。 最後に、...


4

どうしても SQL だけでということなら、 create table tbl_new ( id integer, name text, price integer, idx integer primary key autoincrement ); insert into tbl_new (id, name, price) select id, name, price from tbl_test; alter table tbl_test rename to tbl_old; alter table tbl_new rename to tbl_test; という方法もあります。カラムの型が若干変わってしまいますが。 手元では1秒かからず一瞬で完了しました。


4

個人的な意見ではありますが、テーブル名で"商品"を示しているので、商品の属性であるカラム名には、"商品"をつけないで定義します。 商品テーブル コード 名称 単価 という感じでしょうか。 ただしRDBを使う都合上、1つのテーブルに他のテーブルのコードを持つこともあるでしょうから、その時は"他テーブル名"+"コード"としています。 テーブル名に「テーブル」をつけるか否かについては、私は「つけるべき」と思っており、RDBを使うシステムでは、たいていテーブル以外にもビューを使うことも少なくありませんので、つけております。 ご参考になれば幸いです。


4

PKeyとなりうる商品コードは他のテーブルに外部キーなどで値がコピーされていくため、 テーブルと独立して識別できるべきものです。省略はしません。 テーブル名:商品 フィールド:商品コード, 商品名, 単価 とします。


4

データベースとは大量のデータを正確に扱うことを目的としています。 2つとも投稿処理が失敗する可能性(お互い、更新後にセレクトしたら)  → そのぐらいべつにおk 最新投稿時間がもう片方の投稿の時間になる可能性(セレクト順だけ逆転する)  → とは言えど、同時に発生した処理のためその差は数ミリ秒程度なのでおk のように不正確でも構わないという条件ですと、READ UNCOMMITTEDかどうかという議論の前提に立っていないと思います。というのもREAD UNCOMMITTEDにおいてもデータベースエンジンは正確性を保証するよう動作するからです。 トランザクション トークテーブルに投稿を格納(insert) 掲示板テーブルの トータル投稿数更新(...


4

SELECT は UNION で複数繋ぐことができるので、これを指定すればいいと思います。 INSERT INTO tbl (col1, col2) SELECT col1, col2 FROM tbl WHERE ... UNION ALL SELECT col1, col2 FROM tbl WHERE ...


4

書籍SQLアンチパターンの記述に沿って説明を試みてみます。 前置き Issue, Bug, FeatureRequestクラス(p.52 5.1節 図5-2)をクラステーブル継承(p.62 5.3.3節)でテーブルへマッピングすると、Issues, Bugs, FetureRequestsで構成された次の形になります(p.78, 6.5.6節 図6-5)。 図5-2 Issueクラスツリー 図6-5' Issueクラスマッピング(クラステーブル継承戦略) ここで登場するBugsに複数のコメントが付けられるようにするには、BugsとCommentsを1対多で関連付ければ良い(p.67 6章 図6-1)のですが、更にFeatureRequestsに対してもCommentsを付けたい場合にはどうしよう、...


4

副問い合わせにHAVING句を使えばいいのでは。 SELECT * FROM tableA WHERE DATE IN ( SELECT DATE FROM tableA GROUP BY DATE HAVING COUNT(*) > 1 ) 上記のSQLについて解説すると、まずWHERE DATE IN (...)と副問い合わせを用いることで「レコードの表示」の前に重複するDATEをあらかじめ検索することを考えます。 次に「重複するDATEの検索」ですが、これにはGROUP BYとHAVINGを併用します。HAVING句の条件はグループ化の後に評価されるため、COUNT(*)はGROUP BY DATEの各グループのレコード数を表します。...


4

論理的な処理としてはJOIN~ONの評価は以下の三段階に分かれています。 JOIN句のテーブルを評価し、直積を求める。(≒CROSS JOIN) ON句の条件に該当しない行を除外する。 OUTER JOINである場合は必要な未結合の行を追加する。 ですので評価の開始はかならずJOINが先なのですが、完了順では遅くなる場合があります。またこの場合はONの評価に使用した行とは異なる結果が出力されます。TechNetの記述はバインド順についての言及であるので、結果セットの確定タイミングを踏まえてJOINを後ろにしているのではないでしょうか。 なお詳細な評価プロセスはMicrosoftが出版しているリファレンスである『T-SQL Qerying』で説明されています。...


4

「最大日のレコードを抽出したい」のであればNOT EXISTSやLEFT OUTER JOINを使うのではなく素直に集計関数MAXを使用することをお勧めします。「昨日以前のデータ」とのことでしたが昨日の定義があいまいなのでとりあえずCURDATE()との比較にしておきました。MySQLの動作環境でのタイムゾーンにお気を付けください。 SELECT food_id, MAX(buy_date) FROM food AS f1 WHERE company_id=200 AND buy_date < CURDATE() GROUP BY food_id これでfood_idごとの最大のbuy_dateが得られます。これを自己結合すれば SELECT f2.* FROM (SELECT food_id, ...


4

MySQLのリファレンスには順序保証の記載がないので保証はされないと思います。ORDER BYをつけるべきです。 (何度テストしても問題の無い結果が得られることはよくあります)


3

恐らくですが、 select last_insert_rowid(); でよいことがわかりました。 お騒がせいたしました。 これ以外に良い回答がございましたらお教えいただければ幸いです。


3

stackoverflow.com の方に それっぽい回答 がありました。 SELECT @id:=@id+1 increment_id, Y.id, Y.hoge, Y.piyo FROM (select @id:=0) as id, ( SELECT A.id, A.hoge, A.piyo FROM A UNION ALL SELECT B.a_id, "", B.piyo FROM B ) Y; (実行結果)


3

どのようにAccessで接続したかわかりませんが、ODBCデータソースからリンクテーブル経由でクエリを実行した限りでは問題なく取得できました。 参考になるかわかりませんが、詳細を書いておきます。 SQL Azure 照合順序 - Japanese_CI_AI 接続クライアント Windows 8.1 Ms Access 2013 ODBC データソース プロバイダ SQL Server Native Client 11.0 Native Clientであれば問題ないと思います。 Change the default database to:を目的のデータベースに変更した以外は標準のまま テーブル Azure 管理ポータル上で以下のsqlで作成 create table 顧客基本情報 (...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります