次のタグが付いている話題の回答:

4

Composerを使ってgoutteをインストールする形にするのが良いのではないでしょうか。 Requireする必要もなくパスを解決してAutoloadが行われます。 App:importはCakePHP1などで好まれた古い命令です。 Vendor以下のファイルをどうしても直接読むならば App::usesを使います。 GoutteはPSRに準拠した構造なのでrequireやApp::importなどに頼る必要は無いです。 http://book.cakephp.org/2.0/ja/core-utility-libraries/app.html#vendor とはいえComposerを使えば何もする必要がありませんのでそちらがオススメです。 開発中のアプリのトップディレクトリにあるcomposer....


4

Vagrantの共有フォルダ設定が行われていれば、ホスト側でcomposer installしてもゲスト(Virtualbox)側で行っても結果は変わりません。 ホスト側で実行するのであれば、composer.phar自体もディレクトリ内に存在する必要はありません。 ただし、共有フォルダ設定がrsyncタイプの場合は、ホスト側でcomposer install後に、vagrant rsyncでファイルを同期する必要があります。


3

リポジトリに含めた場合のメリット 各環境にComposerをインストールする必要がなくなる 依存パッケージに変更があっても git pull するだけで済む 場合によっては自分で composer install するより、リポジトリごと clone/pull した方が速い デメリット リポジトリのサイズが増えてディスクを圧迫する。 (依存パッケージを削除・変更しても、過去のコミットと一緒に残り続けます) フレームワークなどではファイル数が数千といった規模で増えるので、普段のGit操作が遅くなる可能性があります(主にWindows)。 依存パッケージを変更した際、大量のdiffが生まれます。GithubやBitbucketのようなツールで履歴を見たいときや、マージの確認をする時などには邪魔かもしれません。 ...


3

install、update前であれば、pre-install-cmd, pre-update-cmdを install、update後であれば、post-install-cmd, post-update-cmdを 利用することで可能なようです。 https://getcomposer.org/doc/articles/scripts.md 以下ドキュメントからそのまま抜粋しています。 composer.jsonを以下のようにして { "scripts": { "post-update-cmd": "MyVendor\\MyClass::postUpdate", "post-package-install": [ "MyVendor\\...


2

Symfony 2.3 以降、 parameters.yml は parameters.yml.dist から自動生成されるようになっています。 dist側で新しいものが追加されていればその値をユーザーに尋ねて設定 dist側でパラメータが削除されていれば parameters.yml からも削除する この処理が composer install 時に行われます。 このため、パラメータを追加する際はdist側にも追加しないと、そのような現象が発生するかと思います。 composer.json 内で extra.incenteev-parameters.keep-outdated を設定すればこの挙動は回避できるようですが、これは「パラメータが削除されたときにも値を残しておきたい」...


2

FinderからPHPStormのパッケージ内容を表示して、 /Applications/PhpStorm.app/Contents/Info.plist こちらを下記のように編集してみてください。1.6*になっているかもしれません。 YosemiteにシステムインストールされているJDKを参照している可能性があります。 <key>JVMVersion</key> <string>1.8*</string>


1

ユーザー名やプロキシサーバーの情報が以下の場合、 ユーザー名:USER パスワード:PASS プロキシサーバ:PROXY_SERVER ポート番号:PROXY_PORT 以下のフォーマットで入力してみてください(<>は要らないです、念のため)。 http://<USER>:<PASS>@<PROXY_SERVER>:<PROXY_PORT>


1

CakePHP3.xをmariadb/mysqlで動かすために必要なものは、例えばLinux版は以下になります。 apache類 ・httpd ・mod_rewrite.so php類 ・php ・php-devel ・php-mbstring ・php-pdo ・php-gd ・php-intl ・php-xml ・php-mysql mariadb/mysql類 ・mariadb-server その他(Composer利用に必要) ・git ・unzip Xampp版はそれぞれdllで同伴されていますが、いくつかがデフォルトで読み込まれません。 以下のように設定ファイルに記述されているか確認し、適宜修正してください。 また、Composerも用意してあげましょう。 xampp\apache\conf\...


1

それぞれの処理内容は次のようになっています。 php -r "copy('https://getcomposer.org/installer', 'composer-setup.php');" php -r "if (hash_file('SHA384', 'composer-setup.php') === '669656bab3166a7aff8a7506b8cb2d1c292f042046c5a994c43155c0be6190fa0355160742ab2e1c88d40d5be660b410') { echo 'Installer verified'; } else { echo 'Installer corrupt'; unlink('composer-setup.php'); } echo ...


1

composer require で生成される composer.json とパッケージの composer.json composer.json はパッケージの名前やバージョン、どんなパッケージに依存しているかというメタ情報を記載するものです。Composerはこれを見て、必要なパッケージをダウンロード・インストールします。 例えば TwitterOAuth に依存した HogeApp を作ることを考えます。composer require abraham/twitteroauth を実行すると次のようなファイル構成になるでしょう。 HogeApp/ |-- composer.json (1) |-- vendor/ |-- autoload.php (2) |-- ...


1

$ php composer.phar require holt59/cakephp3-bootstrap3-helpers:dev-master ./composer.json has been updated Loading composer repositories with package information Updating dependencies (including require-dev) Nothing to install or update Package holt59/cakephp3-bootstrap3-helpers is abandoned, you should avoid using it. Use holt59/cakephp3-bootstrap-helpers ...


1

composerのことは良くわからないので直接的な回答にはなりませんが、 vagrantに関して言うと、Vagrantfileに config.vm.synced_folder <ホストOS側のディレクトリ>, '/vagrant' という記述を加えると、指定したホストOS側のディレクトリをゲストOS側の/vagrant と共有させることができます。 この記述がないと単にvagrant upコマンドを実行したディレクトリ(端的に言うとVagrantfileのあるディレクトリ)が/vagrantとして割り当てられます。 ゲストOS側をウェブサーバーとして扱い、ウェブブラウザでゲストOSにアクセスするやり方でWebページ等の開発をする場合、ホストOS上でソースコード編集をするのなら、...


1

updateに--dry-runオプションを指定すると、実際のupdateを行わずに、update処理をシュミレーションすることができます。結果的に、古くなったパッケージの情報を取得することが出来ます。 $ composer update --dry-run


1

composerのコマンドでという回答ではありませんが、composer.lockファイルから依存パッケージを調べて、それを登録しておくと古くなったものなどを通知してくれるサービスがあります。 https://www.versioneye.com/ トライアルアカウントでもプライベートリポジトリ1つまでは無料で使えるようです。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります