次のタグが付いている話題の回答:

22

Macの場合、sayコマンドが使用できます。自分は長いmakeビルドなどが終わったことを知らせるのに、sayコマンドを使っています make && say Done 日本語の音声もつかえるので、日本語を喋らせても面白いです make && say -v Otoya "終わったよ!"


20

一度ビープ音を鳴らしたいのであれば次のようにすればよいかと思います. echo ^G 「^G」を入力するのには C-v C-g とタイプすればよいかと思います. またはターミナルエミュレータの機能で出力があれば知らせるものもあるようです(Konsoleなど). 追記: python test.py && echo ^G || (echo ^G; sleep 1; echo ^G) ワンライナーがお好きなら,こう書くと正常終了時には一回,異常終了時には二回ビープが鳴るようにできます.単に成功失敗問わず鳴らしたいということならば python test.py; echo ^G です.


16

Linux 限定ですが、比較的新し目の Linux カーネルと対応ファイルシステム(ext4,xfsなど)と util-linux パッケージがあるなら、fallocate(1) で一瞬で作成することができます。sparse file にはなりません。 以下の例では 1GB (1000000000バイト) のファイルを作ります: $ fallocate -l 1gb dummy.iso 以下の例では 1GiB (1073741824バイト) のファイルを作ります: $ fallocate -l 1gib dummy.iso または: $ fallocate -l 1g dummy.iso なおシステムコール fallocate(2) に対応していない NFS ※などのファイルシステムでは失敗します:...


12

テストが失敗した場合に音を鳴らすのであれば python test.py || echo ^G とします。^G は CTRL-V CTRL-G で入力します。


10

OSXのホスト名は3つあり sudo scutil --get ComputerName sudo scutil --get HostName sudo scutil --get LocalHostName で取得できます。どれかが設定されていないのかもしれません。 それぞれ設定するには sudo scutil --set ComputerName newName sudo scutil --set HostName newName sudo scutil --set LocalHostName newName です。私はいつも3つともドメインの含まない同じ名前にしていますが、 試してみてはいかがでしょう。


10

^G を出力する例ばかりですが、移植性を考慮するなら tput を用いるべきです。 $ python test.py; tput bel ベルを鳴らし続ける例: $ python test.py; while :; do tput bel;sleep 1; done bel など端末の機能名については Linux や *BSD ならオンラインマニュアル terminfo(5) の「Cap-name」あたりを見てください。 次のようなエイリアスを作っておくといいかもしれません。 $ alias alarm='e=$?; s=2; [ $e -ne 0 ] && { echo exit $e 1>&2; let s--; }; while :; do tput bel; ...


9

loginwindow プロセスを kill してみてはどうでしょうか。 sudo killall loginwindow この場合、ログアウトして、WindowServer プロセスも終了します。 その後、launchd が loginwindow プロセスを上げ直すはずです。 ちなみに loginwindow が起動し直すのは /System/Library/LaunchDaemons/com.apple.loginwindow.plist に <key>KeepAlive</key> <true/> の記載があるためです。


9

x86とはインストールするプログラムが使用している命令セットの通称です。 x86命令セットは正式にはIA-32という名前で、x86の名はIntelの8086および後継の80186、80286、80386、80486という「80x86」と総称されるCPUで採用されたことに由来しています。


9

yasuさんの回答でもありますが dd if=/dev/zero of=dummy.iso bs=1G count=1 dd if=/dev/zero of=dummy.iso bs=1M count=1K 等とすることで全バイトが zero で埋め尽くされたファイルが作成できます。前者は実行に1GBのメモリーを必要とするため手元のマシンではエラーになりました orz /dev/zeroの他に/dev/randomを使用して乱数で埋め尽くしたりもします。 BLUEPIXYさんの回答は少し異なります。 truncate --size=1G dummy.iso こちらはファイルのサイズを見かけ上1GBに変更するものです。Sparse fileと呼ばれるもので実際にはディスク消費しません。...


8

音を鳴らす方法は他の方にお譲りして、私は別の角度からコメントします。コマンドを実行してしばらくしてから「時間かかるなぁ、これが終わった時に音を鳴らしたいなぁ」と後から思うことがよくあります。でも実行を中断して; [音を鳴らすコマンド]をつけて実行し直すのは、これまでせっかく計算してきたのに時間が無駄になってしまいます。そういう時は、私はpsを使っています。プロセスIDをpsで調べてからそのプロセスがある間はwhileループを回します。 python tests.py # ... # 時間がかかるなぁ... # 中断するのもったいないなぁ... # 別の端末を立ち上げて ps # PIDを見る while ps PID >/dev/null; do sleep 1; done; echo "done" #...


8

https://stackoverflow.com/questions/6319421/do-all-mac-os-x-10-6-installations-have-perl-installed-by-default を読むにOSXでは、perlが使えると思いますので、 https://stackoverflow.com/questions/8795702/how-to-convert-uxxxx-unicode-to-utf-8-using-console-tools-in-nix の中段にある #!/usr/bin/perl use strict; use warnings; binmode(STDOUT, ':utf8'); while (<>) { s/\\u([0-...


8

アプリの信頼度とかは全く不明ですが、Finder BoostというのでGitのStatusを表示出来るようです。 http://hobbyistsoftware.com/finderBoost


8

i8086の流れを汲むIntelのCPUは、i8086, i80186, i80386 (通称 "386"), i486 のように末尾に "86" が付けられていたため、慣例的に "x86" アーキテクチャと呼ばれています。 ただし、最近では、32ビットアーキテクチャのみを指して "x86" と記載することが一般的です。(x64のCPUも32ビットアーキテクチャと互換性があり広義には "x86" に含まれます。)


7

最近のLinuxは Filesystem Hierarchy Standard (wikipediaより) に則っています。細かく定義されていますので、そちらを参照するのが良いでしょう。 これらの場所以外にバイナリやライブラリが入る可能性はありますか? ディストリのパッケージマネージャーを使ってる限りは、まず無いと考えてよいでしょう。しかし例外としての可能性までは否定できません。


7

様々なコマンドあります。 /dev/urandomを使う方法 strings /dev/urandom | grep -o '[[:alnum:]]' | head -n 30 | tr -d '\n'; echo opensslコマンドで openssl rand -base64 32 gpgコマンドで gpg --gen-random --armor 1 30 pwgenが人間のために覚えやすいパスワードを作成します。 pwgen 30 1 mkpasswdで mkpasswd


6

stackoverflow英語版のこの回答 https://stackoverflow.com/a/3717027/3474143?stw=2 が参考になると思います。 このアプリ http://www.coderebel.com/2010/08/31/iphone_simulator(実体は単なるシェルスクリプト)を使うと、複数セッションできるよう設定を変更した後、iPhoneSimulator を起動してくれ、ユーザ毎に個別の iPhoneSimulator を起動できるようになりました。


6

Pythonならhexとらなくてもdecode("unicode-escape")があります。 $ echo '\u30e6\u30cb\u30b3\u30fc\u30c9' | python -c 'from sys import stdin; print stdin.readline().decode("unicode-escape")' ユニコード 追記: ちなみにサロゲートペアにも対応 $ echo '\ud842\udfb7\u91ce\u5bb6' | python -c 'from sys import stdin; print stdin.readline().decode("unicode-escape")' 𠮷野家


6

arp-scanというツールを入手し試してみてください。 $ arp-scan --interface=eth0 192.168.0.0/24 Interface: eth0, datalink type: EN10MB (Ethernet) Starting arp-scan 1.4 with 256 hosts (http://www.nta-monitor.com/tools/arp-scan/) 192.168.0.1 00:c0:9f:09:b8:db QUANTA COMPUTER, INC. 192.168.0.3 00:02:b3:bb:66:98 Intel Corporation 192.168.0.5 00:02:a5:90:c3:e6 ...


6

Swiftでは、 "reloadContent:" のような文字列リテラルがSELとして扱われます。 このことから、「文字列=セレクタ」と誤解する向きがありますが、これはコンパイラによる特別扱いで、実際には文字列リテラルからSelector構造体が作られています。 Selector構造体の定義を読めば分かりますが、StringLiteralConvertibleプロトコルに準拠しています。ですので、文字列リテラルと比較することは可能です。 ただし、 if menuItem.action == "reloadContent:" { return true } のような処理で、StringLiteralConvertibleとしての比較が優先されるのか、"reloadContent:"...


6

元々実行権限を設定したファイルを Git リポジトリに入れた時点でファイルのアクセス許可が変わってしまったのが原因だと思います。 ファイルの実行権限を明示的に指定するには git update-index コマンドで --chmod=+x オプションを指定します。 $ git update-index--chmod=+x filename 逆に実行権限を外す場合は --chmod=-x を指定します。 $ git update-index--chmod=-x filename


6

Optionキーと¥キーを同時に押すと入力出来るようです。 Optionキーというのは、Mac向けキーボードに特有のキーです。 大抵の場合はキーボードの最下段(スペースキーのある段)に配置されています。 「Option」と刻印されていますが、「⌥」や「ALt」の刻印がある場合もあります。 Mac向けでないキーボードでは、Altキーが相当します。 参考: オプションキー (Wikipedia)


6

質問冒頭 bashで正規表現 という表現がそもそもの問題がどこにあるかを正しく理解できていないことを示しています。bashももちろん正規表現を扱うことがありますが、今回は無関係です。 今回、bashはgrepという外部プログラムを起動するだけです。 grepとしても$は行末を表すメタ文字ですので、この機能をキャンセルするためには\でエスケープする必要があります。つまりgrepが受け取るべき引数文字列は\$です。 次にbashにおいて、\はエスケープ記号、$は変数の接頭辞とどちらも特殊な機能を持つためそれぞれ\でエスケープする必要があります。つまりbashに入力すべき文字列はgrep \\\$となります。 この手のエスケープをエスケープしてわけがわからなくなることを傾斜爪楊枝症候群と呼ばれています。 ...


5

シェクスクリプトで実行してからechoでビープ音文字を出力すればよいと思います。 実行結果は$?に入るのでそれを判定して音を鳴らす回数を変える事も出来ます。 #!/bin/sh python tests.py if [ $? -eq 0 ]; then echo $'\a' #戻り値が0なら1回ビープ音 else echo $'\a\a\a' #それ以外では3回ビープ音 fi


5

前置き アクティビティモニタ プリインストールされているものでいえば、ユーティリティフォルダの「アクティビティモニタ」が使えます。 起動して、通信状況を確認したいアプリケーションの名称をダブルクリック(または ⌘-I)し、表示されるウィンドウで「開いているファイルとポート」タブを選択して暫く待つと、アプリケーションが開いているファイルのリスト、そして末尾の方にポート及び通信先IPアドレスなどが表示されます。 See What Files & Ports an Application is Using with Activity Monitor ただし。 非常に読みづらいです。 ネットワークユーティリティ 通信と言えば Netstat 。ユーティリティフォルダには以前 Netstat を含む「...


5

-W オプションと -G オプションを併用します。 以下のように起動することで、ログローテーションは60秒間隔 (-G60), ローテーション1回のみで終了 (-W1) となります。このため、結果的に60秒間で tcpdump は終了します。 tcpdump -i eth0 -w moemoe.pcap -W1 -G60


5

https://translationproject.org/PO-files/ja/ からバージョンに合ったpoファイルを取ってきて、それをmsgfmtコマンドでmoファイルに変換したファイルを/usr/share/locale/ja/LC_MESSAGES/に置くことで日本語化出来ました。 ただ、こういう事を自動でやってくれるようなツール類はMacには無さそうです。 MacPorts の bash は自動で日本語化されるんですね。 @heliac2001 さん、ありがとうございます。


5

入力したコマンドがわかりませんが、~\.bash_profile はコマンドではありませんので、 編集であれば $ vim ~/.bash_profile などとすることになります。


5

提示されたコードに必要なimportを追加しただけで試すと、GHC-7.10.1ではコンパイルエラーになります。 import Control.Applicative import Control.Monad.Trans.Maybe f :: String -> MaybeT IO String f x = MaybeT $ do s <- getLine case s of "y" -> pure . pure =<< getLine _ -> empty エラーメッセージは以下の通りです。 a.hs:21:14: No ...


5

回答は書かれているので、補足として、 [ 1 -eq 1] これはエラーになります。1 と ] の間に空白がないためです。 ] は単独の引数として書くようにしましょう。


5

Google Play開発者サービス(Google Play services)は非常に大規模であるため、ライブラリをまるごと依存関係に追加してしまうと、今回エラーとして出ている65K Methods Limitに引っかかりやすくなります。 質問文中の compile 'com.google.android.gms:play-services:+' が該当しますが、これを削除し、自分のアプリケーションが必要とするライブラリのみ依存関係に追加することで、おそらくエラーを除去できると思います。 Google Play servicesがどのようなライブラリに分割されているかは下記公式サイトを参照してください。 Setting Up Google Play Services   |   ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります