次のタグが付いている話題の回答:

6

コマンドは定型的なクラスを自動で間違いなく作ってくれるだけなので、コントローラも、いわゆるモデル(エンティティ)も、手動で作ることはできますよ。(Bundleを作るのだけはコマンドに頼ったほうが楽だと思いますが、手動でできないことはないです) 例えばAcmeDemoBundleにHogeControllerというコントローラを作りたいとしたら、src/Acme/DemoBundle/Controllerディレクトリを作り、その中に下記のような内容でHogeController.phpという名前のファイルを作ってください。 <?php namespace Acme\DemoBundle\Controller: use Symfony\Bundle\FrameworkBundle\Controller\...


5

Symfony2でORMとして使われているDoctrine2における、エンティティの状態の扱い方に関連する問題ですね。最初は戸惑うポイントだと思います。 最初に注意が必要なのは、Doctrineでは「データベースのレコード」ではなく、「オンメモリのオブジェクト」を中心に考えなくてはならないということです。 Doctrineでのエンティティ管理の基本 アプリケーションの側から見ると、 アプリケーションのコード → Doctrineの世界 → DBの世界 というように、明示的にDBの世界との間にDoctrineの世界が設けられます。 この3つの世界間で、 新規エンティティ登録 既存レコードの読み込み 既存レコードの変更 は次のようになっています。 新規エンティティの登録時 $plan = new ...


4

普通にOOPのアプローチが使えますので、例えばコントローラであればプロジェクト用のベースクラスを作り、そこにユーティリティメソッドを実装する方法があります。Standard Editionの標準のコントローラの場合はFrameworkBundleのControllerクラスを継承していますから、この継承階層の間に1つ、プロジェクト用のコントローラを挟む形になります。 // src/AppBundle/Controller/BaseController.php use Symfony\Bundle\FrameworkBundle\Controller\Controller; /** * プロジェクト用ベースコントローラ */ class BaseController extends Controller {...


3

英語サイトでいただいた回答は下記のようなものでした。  Article と ArticleAttributes のリレーションに orphanRemoval オプションを加えてみなさい。 /** * @var ArticleAttribute[] * @ORM\OneToMany(targetEntity="ArticleAttribute", mappedBy="article", cascade={"ALL"}, orphanRemoval=true) */ private $attributes;  また、この記事を参照することを提案します。


2

flied onionさんの回答にもあるように、 どのバージョンを選択すべきかはプロジェクトが何を重きに置くかになるとは思います が重要だと思います。 たとえば、2015年3月以降も運用するプロジェクトであれば 2.6系で開発しつつ 2.7が出れば(2015年3月予定)アップデートするのが良いと思います。 数ヶ月だけのキャンペーンサイトの構築などであれば 2.3 でも全然問題ないと思います。 リリーススケジュールについては公式サイトの The Release Process ページで確認できます。 今のところほぼスケジュールどおりにリリースされています。 また、2.4以降でなければ利用できない機能も多々あります。 たとえば、2.6からはセキュリティコンポーネントも使いやすくなっています。 ...


2

もう解決されたようですが、参考のために書いてみます。 UnitOfWorkの中に、isScheduledForInsertという関数があるので、これを使うのはどうでしょうか。エンティティマネージャーを$emとすると、 $em->getUnitOfWork()->isScheduledForInsert($entity); で確認できると思います。 おそらくですが、エンティティマネジャーに管理されていない場合も、falseがかえってくると思いますので、そこら辺は気をつけるほうがいいと思います。


2

Symfonyであれば、DependencyInjectionコンポーネントのContainerクラスに、camelize()メソッドとunderscore()メソッドがあります(staticメソッド)。Symfonyのみで動作することが前提であれば、これを使うのが手っ取り早いです。 use Symfony\Component\DependencyInjection\Container; ... $foo = Container::camelize($bar); 自分のプロジェクトではなく、Symfony自体への機能追加・修正などの場合も同様です。 また、自分のプロジェクト固有の部分であれば、Stringyのように文字列処理一般に使えるライブラリがあるため、こちらへ寄せてしまう手もあります。...


2

PHPなので、欲しいサービスをどこかでグローバル変数にでも保存してしまえば、自由にどこからでもそれを使うことはできますが、これは希望する方法ではありませんよね。OOPの設計原則などから外れない方向でコードを整理していくのならば、Symfonyが提供するアーキテクチャに沿う形をとっておく方が良いです。 Symfonyは基盤にすばらしいサービスコンテナを有しており、自作のクラスなどもサービスコンテナの管理下におく方が素直です。今回質問されている「DoctrineのEntityManagerを使いたい」という目的の場合にかぎらず、サービスコンテナの管理下にすることで、自然とすべてがDependencyInjection可能な世界に属することになり、そこではDIP(依存関係逆転の原則)...


2

Symfony 2.3 以降、 parameters.yml は parameters.yml.dist から自動生成されるようになっています。 dist側で新しいものが追加されていればその値をユーザーに尋ねて設定 dist側でパラメータが削除されていれば parameters.yml からも削除する この処理が composer install 時に行われます。 このため、パラメータを追加する際はdist側にも追加しないと、そのような現象が発生するかと思います。 composer.json 内で extra.incenteev-parameters.keep-outdated を設定すればこの挙動は回避できるようですが、これは「パラメータが削除されたときにも値を残しておきたい」...


2

うーん、ちょっとどういうユースケースなのかイマイチ理解出来てないので、間違った事言ってしまったらすいません。 おそらくコントローラから引数を渡したい場合というのは、コントローラが実行されたタイミングで初めて値が決定するのかと思います。 しかしservice.ymlからオブジェクトが生成されるタイミングは、コンテナがビルドされたタイミングで値が決まります。 つまりコントローラ実行前に決まってしまうわけです。 なので、コントローラから値を渡したい場合は、サービス側にsetterを用意する必要があります。 <?php class HogeService { private $hoge;  public function setHoge($hoge) ...


2

サクラサーバー(スタンダードプラン)の環境でテストする機会をもらえたので試しました。 app/config.phpでみた結果、行けそうな感じでした。


1

↓contextを作成して引数に指定すればプロキシ経由できるようです。 ワンライナーでは難しいかもしれませんね。 http://php.net/manual/ja/function.stream-context-create.php#111032 cURLを使用するのではだめなのでしょうか? curl -L "http://symfony.com/installer" > symfony.phar


1

An exception occured in driver: SQLSTATE[HY000] [2002] Connection refused というエラーなので、MySQLに接続できていないのが原因なんだと思います。 %database_host%の値が127.0.0.1になっていたりしませんか? MySQL側にskip-networkingが設定されていると127.0.0.1で接続できません。(TCPコネクションを拒否しているので。) その場合はlocalhostを指定してと接続出来るかと思います(Unixドメインソケットでの接続になるので) Symfonyの問題ではなくMySQLの設定の問題なのでもう一度設定を見なおしてみるといいと思います。 参考記事: http://qiita.com/...


1

Bundle "AcmeRentacarBundle" does not exist or it is not enabled. Maybe you forgot to add it in the registerBundles() method of your AppKernel.php file? ということなので、AppKernel.php に AcmeRentacarBundle を記述していないのではないでしょうか。 $bundles = array()の要素に AcmeRentacarBundle を追加します。


1

EXECUTEはPL/SQLではなくSQL*Plusのコマンドだったと思います。 BEGIN dbms_stats.gather_table_stats(...); END; のようにすればよいのではないでしょうか。


1

Enforcing でうまくいっているサーバーと getsebool -a に違いはないでしょうか。 たとえば、setsebool httpd_can_network_connect_db on で許可を与えるとどうでしょうか。 /var/log/audit/audit.log に SELinux のポリシーに違反したもの("avc: denied") が記録されていますので、それを調べると何かわかるかもしれません。


1

自己解決したので記述します。 どうやらknp_paginator自体にパラメーターを渡す機能はなさそうでした。 アクションで以下のように実装し、 $param = array('year' => $year, 'month' => $month); $paginator = $this->get('knp_paginator'); $pagination = $paginator->paginate($query, $page, 3); return $this->render('Notice/index.html.twig', array('pagination' => $pagination, 'param' => $param)); テンプレには {% if ...


1

テンプレート(Twig)でparameter等を取得したい場合、自分でtwigのglobal変数に登録する必要があります。 英語ですが、この辺りが参考になります。 http://symfony.com/doc/current/cookbook/templating/global_variables.html もしくは自作のTwigExtensionを作成し http://docs.symfony.gr.jp/symfony2/cookbook/templating/twig_extension.html getGlobals()メソッドを実装するという方法もあります。 http://twig.sensiolabs.org/doc/advanced.html#id1 ...


1

requiredにしたいという動機がどこにあるのかで対応方法が変わると思います。 フォーム上(ブラウザ側)で制御したい場合は、Symfonyで行うよりJavaScript側で対応したほうがいいと思います。 もし「Aというフィールドが「Aというフィールドのvalueが1の場合のみ、Bというフィールドが空だったらバリデーションエラーにする」という条件なら、Callbackを使うことで対応できます。 Yaml側 # src/AppBundle/Resources/config/validation.yml AppBundle\Entity\Author: constraints: - Callback: [validate] Entity側 <?php use ...


1

app/config/routing.yml かアノテーションをどちらを選ぶかは、好みや慣れの問題だと思います。 それぞれのメリットは前者が俯瞰的に把握しやすく、後者はアクションとの対応関係が一目で把握しやすいことです。 アノテーションの表記に対して違和感や拒絶感が強く、思考停止して、作業が進まないというのであれば、無理をして使う必要はないと思います。 ルートの一覧は app/console から調べることができます。 php app/console debug:router 「会員登録」ということばの意味が Security コンポーネントによるユーザー認証と認可に該当するのであれば、ルーティング (@Route) とは異なる別のアノテーションが用意されています (@Security)。...


1

コメント欄の Symfony2.7 の勉強の進め方について回答します。現時点では古いバージョンを対象としたチュートリアルのコードが使えるかは自分で確かめるしかないです。 最初の段階ではちょっとしたミスでうまくゆかないことが多いので、こまめに質問してください。困っていることをことばで表現することで、何が問題なのかがはっきりすることはよくあります。 私が Symfony 2.7 で検証した内容の一覧は、こちらから見ることができます。 最小限必要な知識の例として次の内容を挙げます。 ルーティングの表記にアノテーションが使える。 HTTP ヘッダーやボディの読み書きに Request/Response オブジェクトを使う。 セッションの管理に Session オブジェクトを使う。 mysql/mysqli/...


1

Apache の設定ファイルのミスと見られます。末尾の </VirtualHost> が抜け落ちていませんか?Symfony を試すことが目的なら、バーチャルホストを設定しない方法もあります。 cd C:/xampp/htdocs php symfony new my_project でプロジェクトをつくり、http://localhost/my_project/web/app_dev.php/app/example にアクセスすれば「Homepage.」が表示されます。 Apache の設定に慣れていないと、ちょっとした設定ミスで Apache が動かないことはよくあるので、冷却時間をおいて、そのあいだは別のことに取り組むとよいかもしれません。


1

Symfony 2.7 LTS を前提とします。http://localhost:8000/app/example にアクセスして、Homepage の文字列が表示されますか? 日本語のドキュメントには反映されていませんが、Symfony 2.7 LTS で Symfony Installer によるプロジェクトのセットアップが推奨されるようになりました。 Symfony Installer のセットアップ方法はダウンロードのページで「install the Symfony Installer」の青いテキストをクリックすれば、表示されます。 Linux と Mac OS X は次のコマンドを実行します。私が自分の Mac OS X に導入したとき、sudo は使いませんでした。 $ sudo curl -...


1

親エンティティ側のフィールドでValid制約を使って下さい。 こうすると、関連する子エンティティのバリデーションが実行されます。 Valid


1

algorithm: sha1 iterations: 1 encode_as_base64: false と設定することで可能です。単純なsha1,sha256等は推奨されていないので、ドキュメントでの言及はないようです。(昔は ありました が、Symfony2.2以降で変更されました) ログイン失敗時のリダイレクト先は form_login failure_path: で設定できます。フォームログインのカスタマイズについては下記にドキュメントがあります。 http://symfony.com/doc/current/cookbook/security/form_login.html


1

プロファイラーの件 プロファイラーを表示しようとしている画面は<HTML>タグや<BODY>タグで囲まれていますでしょうか? Symfonyのプロファイラーは</body>タグの直前にjsで後からレンダリングするような仕組みとなっています。 プロファイラーが動いている(プロファイラーが有効な)状態なのであれば、HTMLでマークアップされたページを表示すればおそらく出てくるだろうと思います。 以下のように最低限のマークアップを行いプロファイラーが表示されるか試してみてください。 <html><body></body></html> AcmeDemoBundle削除の件 Attempted to call method ...


1

Issei.Mさんの回答と技術的には同じですが、内容を補足します。 Symfonyのバンドルという構造はソフトウェアのパッケージの単位ではありますが、1つのアプリケーション内で複数のバンドルを利用している場合に、パッケージをまたがる利用に制限はありません。どのバンドルのクラスをどこからでも利用可能です(オートロードが効くため)。 ただし、だからといって無制限にあちこちにエンティティが散らばると大変なので、通常はパッケージの依存の方向が1方向になるように、なるべく管理します。Issei.Mさんの回答のようにCoreBundleというところに共通で利用するのをまとめるのは、そのための1つの方法といった感じになります。


1

下記ファイルを編集する kriswallsmith/assetic/src/Assetic/Filter/CompassFilter.php 312行目付近 $pb->add('--sass-dir')->add('')->add('--css-dir')->add(''); to $pb->add('--sass-dir')->add($tempDir)->add('--css-dir')->add($tempDir); yuicompressor-2.4.8.jar を yuicompressor-2.4.7.jar に変更。 # Assetic Configuration assetic: debug: "%kernel....


1

References to related entities are only possible in the WHERE clause and using sub-selects. EBNFを読むと、FROM句の部分はもちろんのこと、SET句で指定する値もサブクエリを許容しないSimpleArithmeticExpressionになっていますね。前述の英文は「WHERE句の中でサブクエリを使う時だけ、関連エンティティを参照することができる」という意味合いなのでしょう。 だとすると下に書いた、サブクエリを使ったSQLもDQLで書き直すことはできないので・・・SQLを使ってはいかがですか? php - Doctrine Update query with a sub-query - Stack ...


1

目を付けられているように、セッションでのファイルロックが原因のようですね。 session_write_close()のページを見ると、PHPデフォルトのファイルベースセッション管理を使っている場合、何もしなければスクリプト終了時までセッションファイルがロックされます。このため、次のリクエストでは、セッションファイルの書き込みオープンのためのロック解放を待つことになります。 これを回避するには、コントローラでセッションに関連する更新処理が完了したら、その時点でsession_write_close()を呼び出すようにします。 Symfonyの場合、session_write_close()に相当するのは、コントローラでは次のコードになります。 $this->get('session')->...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります