次のタグが付いている話題の回答:

3

ls で表示される -rwxrwxrwx の部分は パーミッション (=アクセス権限) を表しており、右端から3桁ごとに区切って読み取ります。(10桁目の - のみ特殊で、ディレクトリを表すときのみ d になります) r, w, x で表す3桁は、それぞれ 4, 2, 1 の重み付けをすることで8進数の数値表記に置き換える事ができます。 --------------- rwx | rwx | rwx --------------- 421 | 421 | 421 --------------- chmod 755 FILE を実行した結果が rwxr-xr-x になるのは、以下の通りです。 --------------- rwx | r-x | r-x --------------- 421 | 401 | ...


2

何がわからないのかオイラにわからないので一般論です 共有ライブラリが共有するのは共有できる(=書き変わらない)ところだけ、すなわち「コード」です (x86 で言えば CS に関連するところ) 「データ」は共有されません。スレッドごとにスタックが作られるのと同様、プロセスごとにデータ領域は別に作られます (そのデータが EXE 由来であろうと DLL/so 由来であろうと) 。 ----shared.c---- int global_variable; // データはプロセスごとに違うものが作られる void set_func(int val) { global_variable=val; } // コードは共有される static データもデータのうちなのでプロセスごとに別々に作られる状況に違いはありません。...


2

$db->setAttribute(PDO::ATTR_EMULATE_PREPARES,false); をtry文の先頭に配置したところ、動くようになりました。


2

また、最初の実行と同じように、直ちにtest.shを終了するにはどうすればいいでしょうか。 伽語蓮弥の回答にあるとおり、P1には./test.sh && echo "yes"のPIDが格納されます。 ./test.shはP1の子のプロセスなので、 kill $P1 の代わりに pkill -P ${P1} #親プロセスを指定してkill とすることにより./test.shが終了します。


1

$!は最後に実行されたバックグラウンド (非同期) コマンドの プロセス ID に展開されます。 最後に実行されたのは./test.sh && echo "yes"であって./test.shではないので$P1に入るプロセスIDも別の値です。 なので、P1=$(pgrep test.sh)と変更すれば期待通りに動作すると思います。


1

環境変数とダイナミックリンクライブラリの間には特別な関連はありません。 DLLとして実装されている処理の中で環境変数を扱うことは、 exeとして実装されている処理の中で環境変数を扱うことと同義です。 なので質問者さんが理解したいのはWindowsとLinuxの環境変数の違いかと思います。 環境変数は基本的にはプロセス単位にその値が決まるものですが、 Windowsの場合は、その値をマシン内、同じユーザ内で共有することも可能です。 Linuxの場合は、原則プロセス間で値を共有することはできません。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります