次のタグが付いている話題の回答:

6

nekketsuuuさんが提案されているようにnc -lがベストだと思います。その上で参考までに… 歴史的にはinetdがその機能を提供しています。inetd.confにポート番号に対して応答を行う実行ファイル名を記述すれば、inetdが通信処理を引き受けます。更に受信したデータをオウム返しするechoプロトコル程度であればinetdが組み込み提供してくれる場合もあります。 詳しくはご利用のディストリビューションで提供されるinetdを確認ください。


6

簡易 TCP サーバーとして使える nc コマンドで待ち受けておくのはいかがでしょうか。 nc -l 〈ポート番号〉 改造例: nc コマンドで簡易HTTPサーバ あるいは Python のワンライナーで HTTP サーバーを立ててしまうのも OK そうです。 # Python 3 python -m http.server 〈ポート番号〉 他言語でもワンライナーでサーバーを立てられる場合があります: ワンライナーWebサーバを集めてみた


6

上書きは無いと仮定するなら、アーカイブに含まれるファイル一覧(tar tf)の出力結果を元に、 そのファイルを削除する方法はどうでしょうか。 $ tar tzf foo.tar.gz | grep -v '/$' | xargs rm リストの内、末尾が/で終わるものはディレクトリ名なはずなので、こちらは安全のため敢えて除外しています。中身が空な事を確認して不要であれば削除した方が良いかなと思いました。


5

tarの操作とそれ以前の操作に時間があいていれば、例えば直前の10分に変更されたファイルを削除することはできます。 $ find foo -cmin -10 -type f | xargs rm


3

本質的には、質問者様のやりたいことは、 「ファイルに記述された(ディレクトリ部分を含まない)ファイル名の一覧」と、実際に特定ディレクトリに含まれているファイルたちのファイル名の、共通部分の抽出である、と理解しました。 これを実装するにあたって、 @nekketsuuu さんもおっしゃっていますが、ある程度のファイル名についての前提が必要です。具体的には、 ファイル名に改行は含まれない が必要であると思っています。 逆に、これが達成できているのであるならば、 unix 系で「行の共通部分」を計算するイディオムである、 grep -Fxf が使えると思っています。具体的には: ( cd /usr/local/actualfilesdir/ && ls -1 ) | grep -Fxf ...


2

認証には(暗号化なしで)成功していますが、データポート(60016番)への接続に失敗しています。 以下の理由が考えられます。 (A) iptables または経路上のファイアーウォール等で 60001-60030 番ポートが拒否されている。 (B) FTPクライアントがデータポートへ暗号化通信しようとして失敗している。 (A)→FTPクライアントから接続した回数分、"iptables -nvL" の 60001-60030 番ポート許可ルールの pkts が増えていくようであれば、許可されています。 pkts が増えないのであれば、経路上のファイアーウォール等の可能性が考えられます。 (B)→ vsftpd のデフォルトでは ssl_enable=NO で SSL/TLS が無効になっていますので、...


2

unzipコマンドのパスがbinフォルダ内の /usr/bin/unzip でなく、linuxbrewの /home/linuxbrew/.linuxbrew/bin/unzip に置き換わっていたことが原因でした。 そのため、フルパスで/usr/bin/unzip を実行すれば、意図した通りにunzipが動作することが確認できました。


1

cxxabi.h は GNU CC の c++ に付属のヘッダなので clang/llvm には付属していないような気がします。 cygwin@winXP32bit では /cygdrive/c/cygwin/lib/gcc/i686-pc-cygwin/4.5.3/include/c++/cxxabi.h gcc-8.3.0@hppa2.0w-hp-hpux11.11 では /usr/local/include/c++/8.3.0/cxxabi.h にありましたのでまず間違いないでしょう。 その libc++ は clang だけでコンパイルできる代物であるか確認済みですか? もしかしたら GNU CC であればコンパイルできるのかもしれません(追加で GNU binutils が必要になる可能性大) ...


1

すべての打ち間違いを網羅することは難しいと思うので、あらかじめ把握しているいくつかのコマンドで注意を促す方法を考えてみます。 cmd.exeではdoskeyでマクロ、Linuxでのaliasのようなものを定義できます。 C:\> doskey ls=echo * Linuxじゃないよ! 必要なマクロを一通り設定した後、いったんテキストファイルに書き出しておき、cmd.exe起動時にそのファイルを読み込ませることで常に有効となるようにします。 C:\> doskey /macros > %USERPROFILE%\macros.txt C:\> doskey /macrofile=%USERPROFILE%\macros.txt cmd....


1

質問の意図とちょっとずれるかもしれませんが、良く打ち間違うコマンド名のバッチファイルを作っておいて、間違っても意図した動作になるようにする、というのが一つの手ではないでしょうか。 ls.batの内容 @echo off dir とか(コマンドラインオプションも必要応じて追加してもいいと思います)。


1

}だけの行を終端とし、終端の行以外の改行コードを,に置換すればよいと思います。 sed 's/^}$/}^D/' | tr '\n' '^E' | tr '^D' '\n' | tr '^E' ',' | sed 's/^,//' ^Dや^Eは制御文字です。入力に出現しない文字ならなんでもいいです。 以下実行結果です。不要な情報の削除はしてません。 「階層構造の形式で、括弧でくくられた1つの塊を1行にした」だけです。 ltm virtual /Common/vip-A {, destination /Common/192.168.1.1:80, ip-protocol tcp, mask 255.255.255.255, pool /Common/pool-A, ...


1

SysReqの機能自体を無効にする方法を紹介しておきます。 現在の設定状況を確認 (以下はCentOS7での確認結果。1以上の値だと何らかのコマンドが有効になっている。) $ cat /proc/sys/kernel/sysrq 16 SysReqの機能をすべて無効にする $ sudo sh -c "echo 0 > /proc/sys/kernel/sysrq" 上記コマンドではOS再起動で設定がリセットされるので、常に無効とするなら/etc/sysctl.confに設定を記述してOSを再起動する。 OS起動時に無効となるよう設定 $ sudo vim /etc/sysctl.conf kernel.sysrq = 0 参考: Magic SysRq Key の使い方と機能と実装 - ...


1

いくつかの前置き VirtualBox VirtualBoxのゲストOSとしてLinuxを使用している場合、Guest AdditionsをインストールするにはゲストOSで使用中のカーネルバージョンに対応したヘッダーファイル(=パッケージ)が必要になります。 ディストリビューションによってパッケージ名が異なりますが、Debian系だと "linux-image" がカーネルイメージ、"linux-headers" がカーネルヘッダになります。 (参考までに、RHEL/CentOSなどは "kernel-headers" がカーネルヘッダのパッケージ名) Kali Linux Kali Linuxに関してはローリングリリースを採用しており、パッケージの更新頻度が頻繁に行われるため、...


1

(コメントより) Understanding Systemd Units and Unit Files によると、ExecStartPre の場合は they can be preceded by "-" to indicate that the failure of the command will be tolerated. との事です。 EnvironmentFile については systemd.exec(5) に、optionally prefixed with "-", which indicates that if the file does not exist, it will not be read and no error or warning message is logged. ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります