次のタグが付いている話題の回答:

3

恐らくバックグラウンド実行をしていると思われるので、jobs と fg を使って止める方法が考えられます。 jobs コマンドでバックグラウンド実行しているジョブを確認します。 表示された結果のうち、先頭の [1], [2] が「ジョブ番号」になります。 $ jobs [1]- 実行中 nohup sleep 120 & [2]+ 実行中 nohup sleep 240 & 止めたいジョブを確認したら fg コマンドでフォアグランド実行に戻します。 $ fg 2 nohup sleep 240 Ctrl + C で中断してください。 追記を受けて別解: ps コマンドでプロセスの一覧が表示されるので、実行したコマンドを頼りに ...


3

回答にあらず単なる補足 この辺の話はブツが真にハードディスク(磁気メディア)である場合に限定です。いわゆる SSD フラッシュメモリデバイスである場合には「ファイルの削除」がファイルシステムの論理データの上書きで済まずに真に Trim つまりフラッシュメモリセルの消去を伴う場合があって、そうなるとファイル削除は即データ喪失になります。データが電気的消去済みなので復活のさせようがないわけです。 リードオンリーにマウントしなおして作業をしている最中であっても OS や操作員のあずかり知らぬところで SSD のメモリコントローラが wear leveling を行うこともあり得ます。そのため OS 上は書き込まない設定にしたつもりでもコントローラが同一論理セクタ番号を異なるフラッシュメモリセルに再マップする(=...


3

「ext4 だから復旧できた」ではなく、「extundelete を使って復旧した」方に注目してみましょう。 参照しているページから参考リンクを順に辿っていくと、例えば以下のページで解説があり、extundelete では "パーティションのジャーナルを元に復旧を試みている" 事がわかります。 extundeleteによる削除済みファイルの復元方法 より深い理解のために(上級者向け) (前略) しかし,ext4/ext3では,inode上のファイル本体を格納していたブロックのアドレスやファイルサイズの情報がすべてクリアされてしまうのです.したがって,未割りあてになっているinodeを強引に読んで目的のファイルを復元してしまうという方法がとれません. そのため,ext4/ext3では,(1)...


2

${EUID:-${UID}} = 0 は変数EUIDが未定義または値が空のとき、変数UIDの値と0を比較しています。 bashの例ですがmanマニュアルに詳しい説明があります。 https://linuxjm.osdn.jp/html/GNU_bash/man1/bash.1.html ${parameter:-word} デフォルトの値を使います。 parameter が設定されていないか空文字列であれば、 word を展開したものに置換されます。そうでなければ、 parameter の値に置換されます。


2

基本的にはpython3 my_script1.pyが終わった後にpython3 my_script2.pyを実行すれば良い であれば、; か && でコマンドを連結すれば良いでしょう。 (venv) username@user: ~$ python3 my_script1.py; python3 my_script2.py (venv) username@user: ~$ python3 my_script1.py && python3 my_script2.py ; は左のコマンドが終了したら右のコマンドを実行します。&& は左のコマンドが終了コード0で終了したら右のコマンドを実行します。


2

シェルのジョブ管理の機能を使えば良いと思います。 具体的には次のような操作になります。 python3 my_script1.py で起動するとフォアグランドで処理が起動します。 その状態でCTRL+Zを押してフォアグランドの処理を中断状態にし、bgコマンドでバックグランドで処理を再開させます。 そうすればシェルのコマンド待ちとなるため、そこで python3 my_script2.pyを実行させることができます。 以下、より一般化した説明をします。 シェルのコマンド待ち状態でコマンドを起動すると通常はフォアグランドで起動します。 $ foo-command コマンドの末尾に&をつけるとバックグランドで起動します。 $ bar-command & 実行中のジョブは、 $ jobs ...


2

「他にも動いているnohup処理」と「止めたいnohup処理」の違いを調べて、止めたい処理を特定する必要があります。  他にもあると思いますが、以下のような違いが分かれば止めたい処理を特定することができると思います。 起動コマンド、引数 起動時刻 実行時のディレクトリ 実行ユーザ 実行したターミナル(まだ閉じていなければ) 起動パラメータが違う場合は ps -efl を実行し、起動パラメータで止めたいプロセスのPIDを調べます。 子プロセスが生成されている場合に備え、調べたPIDで子プロセスのPIDも調べます。 ps -efl | grep プロセスID 後はkillコマンドに止めたいプロセスのPIDを指定してプロセスを終了します。


2

(1)について Linuxカーネルにはその仕組みがあります。 デバイスドライバーにとってはオプションなので, 実装しているとは限りません。(ちなみにドライバー作ったことありますがデスクトップ用だったので open/close read/write 程度の実装でした) suspend や resume といったエントリーを実装できるので, 実装し・その情報をセットするだけです。 ソースについては, Linux kernel標準のドライバーの中から実装してそうなのを探し出すしか無いと思います (ディスプレイドライバー辺り実装してそうな?) (2)資料について 4.19の Power Management資料 Device Power Management Basics 2.4のころのですが日本語資料です (...


1

AM335x Sitara™プロセッサのマニュアルの88ページにある、 表 5-11. AM335x Low-Power Modes Power Consumption Summary が参考になるのではないでしょうか? 表から、低消費電力モードには、Standby, Deepsleep1, Deepsleep0の3種類があり、それぞれについて ・保たれる情報、失われる情報が何で、それらをどのメモリに保存すべきか ・起動(Wakeup)の手順 が概説されています。 例えば、Deepsleep0だと、以下のように説明されています(括弧内は直訳です。あまり正確ではない可能性があります) ・PD_PER peripheral and CortexA8/MPU register information will ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります