次のタグが付いている話題の回答:

4

別ユーザでプログラムを実行することにより、ファイル書き込みでエラーにすることができます。 $ ls -l testfile -rw-rw-r-- 1 tst tst 19 Jul 15 23:47 testfile $ cat testfile テストデータ testfileの所有者はtstで、otherの書き込みパーミッション(w)がないため、tstユーザ以外のユーザはこのファイルに書き込むことができません。 testfileに書き込むプログラムprg.shを別ユーザ(tst2)で実行してみます。 【prg.sh】 #!/bin/sh id echo "BUG" > ./testfile prg.shの実行結果 $ su tst2 ./prg.sh Password: uid=...


3

rmdir コマンドは空のディレクトリを削除するためのコマンドです。むしろディレクトリの下にファイルがあった場合削除しないのが正常動作で、そのような場合の誤削除を防ぐためのコマンドです。 再帰的にディレクトリの中身も削除したい場合は rm コマンドを使ってください。 rm -r folder


3

ISOファイルは常に読み取り専用でマウントされます。アクセス権限を変更したいファイルが有る場合には、別のディレクトリにコピーしてから chmod 等を実行してください。 また、必要であれば変更を加えたディレクトリを元に新しいISOファイルを mkisofs で生成することも可能です。 参考: Unable to mount ISO in write mode - Ask Ubuntu


2

一番シンプルな方法は ページャ の more や less を使えばよいのかなと思います。 (対象のディレクトリにテキストとして表示できるファイルのみが存在すると仮定した場合) $ more *.txt or $ less *.txt more はファイルの終端に来たら自動で次のファイルに移動します。 less の場合は :n で次のファイルへ移動します。


2

Docker のイメージにはユーザー空間向けのファイルやデータしか含まれません。カーネルイメージ (/boot/vmlinuz*) に相当するものは含まれません。コンテナ内のカーネルサービスはホスト OS 環境が提供するものを利用します。 コンテナとはホスト OS の各種リソース (プロセス ID、ファイルシステム、ネットワークなど) を分離してコンテナ専用の OS 環境を用意するものです。コンテナ内には OS のサービスとしてユーザー空間もカーネル空間は存在するし、当然どちらも利用できます。 docker exec ... すると Docker はコンテナを作成しますが、それはそのコンテナ用の名前空間 (namespaces(7)) を作成して隔離された OS 環境一式を作成し、その中で指定のコマンド (...


2

アドバイスを参考にして raspi-config の "Boot Options" を "Console" にしたところ、pi ユーザで起動しなくなりました。どうやら、起動時にX Windowに pi ユーザでログインする設定になっていたようです。 この投稿は @StackDestroyer さんのコメント の内容を元に コミュニティwiki として投稿しました。


1

更新された質問文を見てもいまいち意図を掴みきれていない可能性があるのですが、 一応質問文の内容に基づいて回答します。(やりたいことと違うのであればコメントください。) カレントディレクトリをdirectory(数字)のあるディレクトリにして、 カレントディレクトリにあるmain.cをdirectory(数字)に一括コピーするには次のようにします。 $ find . -type d -name directory\* | xargs -n1 cp -p main.c 以下実行結果です。 $ ls -lA 合計 4 -rw-rw-r-- 1 hidezzz hidezzz 25 8月 10 12:28 main.c $ seq 1 10 | xargs -I@ mkdir directory@ $ ls -...


1

("OSのカーネルと対話するものですよね" 辺りの文章の意図するところを理解できていませんが、タイトルの疑問に関しては) 単にシェルと呼ばれるプログラムがあらかじめコンテナイメージにインストールされているから動く、というだけです。 httpdのイメージ というのは https://hub.docker.com/_/httpd のことだと思いますが、 このページからリンクされているGitHub上のリポジトリに登録されているDockerfileを見ると、ベースはDebianかAlpineであることがわかります。 Debianであればdashが、Alpine Linuxであれば(busyboxの)ashが、 /bin/sh として入っています。 (...


1

「OSのカーネルと対話」というのはシステムコールと呼ばれるものだと思いますが、 コンテナ内部のプロセスも、システムコールはホストOSのカーネルが処理します。 (これはホストOS上にあるプロセスのシステムコールをホストOSのカーネルが処理するのと同様です) ちなみに質問にあるシェルに限らず、インストールされるコマンドやアプリケーションもすべてシステムコールを処理するカーネルが無いと動作することが出来ません。 ※コメントを受け追記 ホストOSから見ると、ホスト上で動作する通常プロセスもコンテナ内に入っているプロセスも両方共管理下に置かれていてそれほど大きな区別がありません。この点はVirtualBoxなどのOSをまるごと仮想化する場合との違いだと思います。 ...


1

自己解決しました: desktop-file-installを使ってdesktopファイルを登録し、 その後でupdate-desktop-databaseでデータベースをupdateする必要があるみたいです。 .desktopファイルが~/app.desktopにあり、 ~/.local/share/applicationsにデータベースを登録したい場合下記のようになります。 desktop-file-install --dir=~/.local/share/applications ~/app.desktop update-desktop-database ~/.local/share/applications


1

質問の使われ方例とはちょっと違うようですが、zshが起源らしいです。 記事のタイトルでは「再帰globパターン」、中の英文では「recursive directory search」となっています。 再帰globパターン **/ の元祖は zsh なのか、調べてみた 最初は ..../ だった! Zsh-2.1 で ****/ に変わった Zsh-2.2 で **/ になった 時に、1992/05/14。 ここまでの経緯を見るに、zsh が元祖ではないか?と私には見えました。 他の記事で「recursive globbing」と記述されたのもありました。 recursive globbing **/* and */** I am learning the wildcards recursive ...


1

ファイル名、行番号付きで表示するならprがよいと思います。 find . -type f | xargs pr -n -f | less find . -name "*.c" | xargs pr -n -f | less


1

zshですと、 ** で複数段のディレクトリにもマッチするワイルドカードが書けるので、たとえば $ wc **/*.h とやると、カレント以下の奥深い所にあるものも含めて、 "*.h" なファイルだけ wcすることができます。 [以下投稿後編集] ファイルの中身を単純に表示するのであれば、catはもちろん、moreやlessなどのコマンドも使えます。


1

find . -type f | xargs tail -n +1 や find . -type f -exec cat {} \; が良さそうです。 参考資料 cat - How to display contents of all files under a directory on the screen using unix commands - Stack Overflow command line - Show contents of many files - Unix & Linux Stack Exchange


1

awk の -v オプションを使ってください。 awk -v N="$N" 'NR>N' 理由 他に考えられる方法として、シェルの変数展開を使う方法もあります。 awk "NR>$N" しかしこの方法には 2 つ欠点があります。 一般には可読性が落ちます。awk スクリプトを書く際は内部での無駄なエスケープを避けるため、全体をシングルクォートで囲いたくなることがあります。その上でこの方法を使おうとするとシングルクォートとダブルクォートが入り乱れ可読性が落ちてしまいます。 変数の中身が awk スクリプトとして解釈されてしまう可能性が排除されます。シェルによる展開を使うと変数の中身を使った文字列がそのまま awk の引数として渡されるため、...


1

なるべく易しい言葉で説明してみたいと思います。 大事なのは、シェルというのは C 言語(あるいは他の言語でも)で書ける普通のプログラムである、ということです。OS (カーネル)から見ればシェルは特別でも何でもなく、 ls や、 httpd と同列のプログラムなのです。シェルのプログラムとしては代表的には bash 、他には sh、csh、dash などがあります(これらの区分については若干注意が必要ですがここでは略します)。 言いかえるならば、シェルというのは、他のプログラムを起動するために使うプログラムということです。シェルの中でシェルを起動することもできます。シェルが入れ子になっている回数は SHLVL という環境変数に入っていますから、以下のようなことができます。 $ echo $SHLVL 1 $ ...


1

詳しい使い方は man ext4magic や オンラインマニュアル も必ず参照してみてください。 一番シンプルな条件を当てはめると パーティションはスワップ等を除けば / の /dev/sda3 復元対象の /home/Documents/target はファイルと仮定 今回のケースでは以下のような実行方法になりそうです。 $ sudo ext4magic /dev/sda3 -f "home/Documents/target" もし日付や時刻に当たりが付いているなら、-a や -b オプションも併用する ターゲットがディレクトリの場合は -r も追加する 復元先のディレクトリに注意! (元のパーティションとは別の保存先を用意しておく)


1

Macであれば、Transmission の transmission-show コマンドで確認できます。 インストール ※ Homebrew が必要です。 brew install transmission 確認 $ transmission-show amd64cd-5.1.2.iso.torrent Name: amd64cd-5.1.2.iso File: amd64cd-5.1.2.iso.torrent GENERAL Name: amd64cd-5.1.2.iso Hash: e30c05f2330ba4869eefb90bf5978a505303b235 Created by: Created on: Sun Feb 5 01:31:29 2012 Piece ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります