次のタグが付いている話題の回答:

3

Fuelphp1.7系はPHP5系でしか使えないようです。PHP7系で使いたいならば1.8以降を利用しましょう。 https://github.com/fuel/core/wiki/Changelog-v1.8.1 The code has been scanned for new warnings emitted by PHP 7.1. おそらく発生しているエラーはPHP7系から標準で宣言されるようになったクラスとfuelphpで宣言しているクラス名がかぶってしまっているから起こるエラーです。


2

モデルでのコネクションはtest_connectionですが、テスト中のトランザクションはコネクションの指定がないため、たぶんdefaultになります(正確にはdb.phpでの設定によりますが)。 ということで、トランザクションはdefaultでしか開始されていません。 モデルでの処理をロールバックしたい場合は、test_connectionでもトランザクションを開始してロールバックする必要があります。 DB::start_transaction()は引数にコネクションを指定できます。 http://fuelphp.jp/docs/1.8/classes/database/db.html#/method_start_transaction


2

FuelPHPに限りませんが、ほとんどのPHPでのオートローダはクラス名からファイルを探すので、 Hoge\Hoge_Utilクラスがあれば、それに対応したファイル名のファイルを探し、そのファイル をロードします。しかし、このケースではそういうファイルは存在しないのでオートロードでき ません。 1ファイル1クラスにするのが通常です。 FuelPHPでのコントローラの名前空間の指定方法は、以下の公式ドキュメントの翻訳にあります。 http://fuelphp.jp/docs/1.8/general/modules.html#/module_namespace デフォルト設定であれば、モジュール名の名前空間に Controller_クラス名 という 命名規則になりますので、現状でよいように思います。


2

FuelPHPには詳しくないことはあらかじめお断りしておきます。 さて、FuelPHPの公式フォーラムに以下の質疑を見つけました。 ORM Transactions - FuelPHP » Forums 質問: Is it possible to use transaction with ORM. I need to do a "select ... for update" transaction but can't really find a way to do this with ORM. 回答: ORM doesn't have any built-in transaction methods, other then on save(), to put related updates ...


2

表示整形用の処理を置いて表現(デザイン)とロジックを分離するために使います。 FuelPHPのPresenter/ViewModelはMVPのPでもMVVMのVMでもなく、MVCでいえばVです。 FuelのViewはSmartyやTwig、生PHPなどの、テンプレートエンジン用のテンプレートファイルを置くための場所となっています。 Webアプリケーションの開発ではHTML出力に関わるテンプレートを書く部分と、ビジネスロジックを書く部分を分離して作るのがよくあるやり方です。 超ざっくり分けると、なんかクラスとかメソッドとか使ってゴチャゴチャ処理する奴はMやC、Vのテンプレートでは変数の出力や単純なループ/分岐くらいで済ます、という感じになります。 デザイン修正で処理を壊したり、...


2

PHP: set_time_limit - Manual PHPのドキュメントを参照すると このスクリプト自体の実行時間にのみ影響を与えます。 system() を用いたシステムコール、ストリーム操作、 データベースクエリ等のスクリプト実行以外で発生する処理にかかった時間は スクリプトが実行される最大時間を定義する際には含まれません とあります。PHPのスクリプトにかかった時間だけ計測されてtimeoutが発生することになります。 sleepはCPUも使わないし、リソースの消費がないのでタイムアウトからは除外されることになります。 そこで大事なことは本番のスクリプトではsleepをしてタイムアウトを検出することはないと思います。 ...


1

fuel1.6以降セキュリティの懸念からHTTP_X_系のヘッダーの利用は allow_x_headers を trueに設定することで利用できるようになっています。 デフォルトはfalseです。 そのためreal_ipの結果にHTTP_X_FORWARDED_FORに書き換えたいのであれば allow_x_headers を trueにしてください。 HTTP_Xヘッダーは偽装できてしまいますので、きちんとロードバランサ以下のところからしかアクセスできないなどのネットワーク側の設定をした上で利用してくださいね 参考サイト http://fuelphp.jp/docs/1.7/general/configuration.html http://developer.wonderpla.net/entry/...


1

https://www.php.net/manual/ja/function.curl-setopt.php Fuel::Request の中で curl ライブラリを読んでるみたいで set_option(CURLOPT_HEADER, true) という curl にわたすオプションを追加したところ $response->headers の方に中身が入るようになり header 情報が取得できるようになりました


1

Str の random メソッドが使えるのではないでしょうか。 http://fuelphp.jp/docs/1.8/classes/str.html // uuid (バージョン 4 - 擬似乱数) Str::random('uuid'); // 返り値: f47ac10b-58cc-4372-a567-0e02b2c3d479


1

typeのmysqliとPDOではconnectionの書き方が違います。 PDOの場合はdsnで記述が可能ですが、mysqliの場合はdsnの記述はできず、項目ごとに変数を設定する必要があります。 mysqliの場合 'connection' => array( 'hostname' => 'localhost', 'port' => '3306', 'database' => 'personal', 'username' => 'root', 'password' => 'root', 'persistent' => false, ...


1

マニュアルにもありますがController class を拡張する必要があると思います。 http://fuelphp.jp/docs/1.8/general/controllers/base.html class Controller_Friend2 extends Controller { まずは詰まったらググる前にマニュアルを確認してみるといいと思います。


1

FuelPHPの枠内で考える場合と、FuelPHPの枠に捉われずに配置する2つの方法が考えられます。 FuelPHPの枠内で考える場合 質問1は、packagesです。 FuelPHPでのパッケージというのは再利用するライブラリということですから。 http://fuelphp.jp/docs/1.8/general/packages.html 質問2は、modelです。純粋なビジネスロジックはMVCで考えるならモデルだからです。 また、もともとFuelPHPの標準のModelクラスは空のクラスであることからわかるように、FuelPHPはモデルを広く捉えています。 FuelPHPの枠に捉われない場合 いずれも、PSR-4 に従い、任意のわかりやすい場所に配置し、...


1

要約 pthreads拡張で作ったスレッドでは、クラスの別名やオートローダがリセットされます それとは別に、FuelPHPはpthreads拡張に対応していません DB クラスの実体は Fuel\Core\DB なのですが、FuelPHP の起動時に別名登録を行うことで DB で使えるようになっています。で、これを新しいスレッドに引き継げないために、クラスが見つからないというエラーになっているようです。クラス定義自体は引き継がれています。 FuelPHP の内部でもこの別名を使っていますから、他のコアクラスも含め、別名を定義しなおす必要があります。幸いこの別名は規則的ですから、Thread か Worker の run() の最初に以下のコードを書けば一括処理できそうです。 foreach (...


1

http://blog.madewithlove.be/post/thread-carefully/ オートローダで読み込んだクラスは生成したスレッドに引き継がれないので、スレッド内部でオートローダの読み込みのような初期化を別途行う必要があります 追記:「オートローダで読み込んだクラスは生成したスレッドに引き継がれない」は間違いでした。くわしくはunaristさんの回答を参照。「初期化を別途行う」で動くというのは間違ってもいないので、サンプルを追記しときます。静的プロパティの初期化は必要なのでそこそこ面倒くさいです <?php namespace Fuel\Tasks; class Threadtest { public static function run() { ...


1

friend2.phpファイルの先頭あたりで、require_once等でControllerクラスが定義されているphpファイルを指定してみてください。 require_onceの詳細については以下を参照してください。 http://php.net/manual/ja/function.require-once.php


1

ドキュメントルートが/Users/■■■■/Desktop/fuel.7/public/hello/で、対象のファイルが/Users/■■■■/Desktop/fuel.7/public/hello/hello.phpであるなら、アクセスする際のURLは localhost/hello.phpではないでしょうか?


1

自己解決しましたので、解決策を書きます。 調べていくといろいろ勘違いしていた部分が分かったのですが、 私のやりたかったことはJava(djUnit)でいう バーチャルモックをPHPUnitでどうやって実装するかということでした。 いくつかのテックブログで 依存関係があるメソッドを置き換えてくれるライブラリは PHPUnitには存在しないと書かれていたので AspectMockを導入することで解決しました。 https://github.com/Codeception/AspectMock


1

APCの空き容量がない場合や リクエストが多い時に同時書き込みや書き込みと削除が同時に起きた時などに出たことがあります あとは、apacheかphpののエラーログにも何らかのメッセージが入ってるかもしれません


1

サブクエリ、もしくはカスタムSQLで対処するという選択ではダメでしょうか!? http://fuelphp.jp/docs/1.8/packages/orm/crud.html あとは、FuelphpのDBクラスを使用して書くのもありかと思います。 http://fuelphp.jp/docs/1.8/classes/database/db.html


1

$('#profileImg')のvalueには最初に選択した画像が残っていると思います。 キャンセルする場合は、処理の最後に、それを空にする必要があるのではないでしょうか?


1

$validate->run() の場合、POSTからデータをとりますので セッション等から任意の値をバリデーションする場合は $validate->run($inputs) とします または、配列データに任意のバリデーションをする場合 http://fuelphp.jp/docs/1.8/classes/validation/validation.html#extending_validation 独自にバリデーションを作る方がいいかもしれません


1

phpstormで試してみました。phpstorm 10.0.3なら、以下のようにするとローカルマシンのインタプリタでブレイクポイントを指定しての実行などができるようです。もっと賢い設定方法もあるかもしれません。 phpstorm用に設定したインタプリタのphp.iniでxdebugを読み込むようにする メニューのRun > Edit Configurations... を開く Fileにoilのパスを指定 Argumentsにr [デバッグしたいタスク名](:起動メソッド名 ※run以外のメソッドで起動する場合のみ必要) わかりやすいよう、Nameにデバッグしたいタスクのファイル名なり+起動メソッド名なりを入れておく OKで設定を保存 デバッグしたいタスクのファイルを開き、...


1

同様の問題でどっぷりハマり解決したので共有します。 fuel/vendor/opauth/twitter/Vendor/tmhOAuth/tmhOAuth.php の最終行付近で \Log::debug(__METHOD__.' '.__LINE__.' $this->response = '.print_r($this->response, TRUE)); してresponse内容を確認すると [error] => SSL: CA certificate set, but certificate verification is disabled [errno] => 35 と出ているのではないかと思います。 下記に記しているのは、このエラーを解決した内容です。 ...


1

FW的に言うと、継承を使うこと自体に問題はありません 継承利用時一般にいえる注意として、LSPだけ気を付けた方がよいです なお、 子で共通の$_propertiesや$_observersをserviceに入れたい かつ子は子で独自の$_propertiesや$_observersを追加で持ちたい といった場合、_init()でオートロード時にserviceとその子のプロパティをマージするといった工夫は必要となります


1

routes.phpにどのような定義をされているかが分からないため確認になりますが、 http://example/inquiry にアクセス(実ファイルは public_html/inquiry/index.php)すると、 /fuel/app/classes/controller/index.phpのaction_indexメソッド が実行され、 http://example/function にアクセス(実ファイルは public_html/function/index.php)すると、 /fuel/app/classes/controller/function.phpのaction_indexメソッドが実行されるようにしたいのでしょうか? /fuel/app/classes/contoroller/...


1

$.ajax( { url: '<?php echo Uri::base();?>'+'bookmark/add.json', type: 'POST', contentType: 'application/json', dataType: 'json', data: {offer_id: offer_id}, ... $.ajax() のオプションのうち、 dataType はレスポンスの形式を、 contentType はリクエストの形式を指定するものです。今回 JSON を使われているのはレスポンスだけのようなので、 contentType: 'application/json' ...


1

こちらが参考になるのではないでしょうか。 before()を使ったチェックのサンプルも載っています。 FuelPHP Authパッケージ – Simpleauthの使い方 | hrendoh's memo


1

DbUnitでももちろん可能ですが、複雑なので自作する方法を http://d.hatena.ne.jp/Kenji_s/20111110/1320922825 で解説しています。


1

はじめに - Relations - Orm Package - FuelPHP ドキュメントからの抜粋で回答いたします。 relatedを使った場合は一括読み込みとなります。 // eager loading, using joins: $post = Model_Post::find('all', array('related' => array('comments'))); // or $post = Model_Post::query()->related('comments')->get(); // $post->comments is available without any further querying after this relatedを使わなくても、...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります