次のタグが付いている話題の回答:

2

PHP: set_time_limit - Manual PHPのドキュメントを参照すると このスクリプト自体の実行時間にのみ影響を与えます。 system() を用いたシステムコール、ストリーム操作、 データベースクエリ等のスクリプト実行以外で発生する処理にかかった時間は スクリプトが実行される最大時間を定義する際には含まれません とあります。PHPのスクリプトにかかった時間だけ計測されてtimeoutが発生することになります。 sleepはCPUも使わないし、リソースの消費がないのでタイムアウトからは除外されることになります。 そこで大事なことは本番のスクリプトではsleepをしてタイムアウトを検出することはないと思います。 ...


1

fuel1.6以降セキュリティの懸念からHTTP_X_系のヘッダーの利用は allow_x_headers を trueに設定することで利用できるようになっています。 デフォルトはfalseです。 そのためreal_ipの結果にHTTP_X_FORWARDED_FORに書き換えたいのであれば allow_x_headers を trueにしてください。 HTTP_Xヘッダーは偽装できてしまいますので、きちんとロードバランサ以下のところからしかアクセスできないなどのネットワーク側の設定をした上で利用してくださいね 参考サイト http://fuelphp.jp/docs/1.7/general/configuration.html http://developer.wonderpla.net/entry/...


1

https://www.php.net/manual/ja/function.curl-setopt.php Fuel::Request の中で curl ライブラリを読んでるみたいで set_option(CURLOPT_HEADER, true) という curl にわたすオプションを追加したところ $response->headers の方に中身が入るようになり header 情報が取得できるようになりました


1

Str の random メソッドが使えるのではないでしょうか。 http://fuelphp.jp/docs/1.8/classes/str.html // uuid (バージョン 4 - 擬似乱数) Str::random('uuid'); // 返り値: f47ac10b-58cc-4372-a567-0e02b2c3d479


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります