次のタグが付いている話題の回答:

3

metropolisさんの回答を参考にsharpモジュールを使うことで解決しました。 const sharp = require('sharp') 中略 const image = await page.screenshot({ type: 'jpeg'}); await sharp(image).toFile('ss.jpg') ・puppeteerでjpgの生成、ファイルの保存 をしていたところを ・puppetterでjpgの生成、バッファーへ一旦格納 ・sharpでファイルの保存 としたらICC_PROFILEを含まない画像として保存できました。


2

puppeteerでscreenshotを作成した時点ではICC_PROFILEありで、それをjavascript上でICC_PROFILEなしのjpgに変換する rsms/node-imagemagick: Imagemagick module for NodeJS を使う方法があります。 Install $ npm i imagemagick Code Imagemagick の convert コマンドで convert ss.jpg +profile icc ... を実行すると ICC profile データを削除します。 const puppeteer = require('puppeteer'); const im = require('imagemagick'); (async () =&...


2

簡単のため、要素が文字列で、それぞれは一致するか不一致か、だけが類似度に寄与すると考えます。(似ている文字列が2つあっても、不一致であれば、それは単に不一致として扱う) また、要素は文字列なので、数値的な(配列をベクトルと見立てる、のような)取り扱いを求めているわけではない、という理解の下、配列に対して定義されるレーベンシュタイン距離(aka 編集距離)をベースにするのは、妥当そうだ、と考えます。レーベンシュタイン距離は、ある2つの配列があったときに、一方の要素を削除/挿入/置換していくと、何回その操作を行えばもう一方の配列と一致するか、の値として定義されています。これを用いる良いところは、レーベンシュタイン距離を効率的に求めるアルゴリズムが広く知られていることです。 また、類似度なので、おそらく、完全一致で1,...


1

qiitaIdがメタ情報以外の別で使用された場合にも対応したいと思い ---[\s\S]*? を使用しました。それでも上から見ていって最初にマッチする qiitaIdなので可能性としてかなり低いので確かに必要ないかもしれないです。 先読み(look-ahead)と後読み(look-behind)を使って以下の様に書くことができます。 input.replace( /(?<=---[\s\S]*?\nqiitaId:\s*').*?(?='[\s\S]*?---)/, '1hhss11'); ※ ブラウザによっては RegExp engine が後読みに対応していないかもしれません。少なくとも2017年以降で V8 を搭載しているブラウザ(Chrome, Firefox)であれば問題ありません。


1

replaceしている行を下記のように書き換えると目的を達成できるかと思います。 //const output = input.replace(/---[\s\S]*?qiitaId: {\'\'} [\s\S]*?---/, '1hhss11') const output = input.replace(/(---[\s\S]*?qiitaId: )'{2}( [\s\S]*?---)/, '$11hhss11$2') なお\w{4,}の意味は「任意の文字列が4文字以上連続している」の意味です。 これを'{2}に書き直すことで「'(クォーテーション)が2文字連続している」の意味に変えています。 $1と$2は正規表現にマッチする範囲のうち括弧でグループ化された範囲に置き換えられます。 ...


1

プログラムの書き方の問題というよりアルゴリズムの問題かと思います。 タイトルには「配列の正誤確認のやり方」とありますが、 実際は「配列の存在確認のやり方」になるかと思います。 現在書かれているIDPW一致プログラムは以下のようですが、 //ID PW一致チェック for(let i=0; i<usernum.length; i++){ let item = usernum[i]; if(item[0] === id && item[1] === pw){ window.location.href='html トップ画面.html'; }else{ alert("IDとパスワードが一致しません"); } } このプログラムを説明すると ・...


1

jpgには、ICC_PROFILEを含むjpgと、ICC_PROFILEを含まないjpgがある(ICC_PROFILEというのはメタデータで、jpgファイルに必須のものではない)という認識で合っているでしょうか? 認識は合っているでしょう。こんな記事があります。 4.2 Color profile - JPEG - Wikipedia Many JPEG files embed an ICC color profile (color space). Commonly used color profiles include sRGB and Adobe RGB. 「多くの」JPEGファイルには、となっているので必須では無いでしょう。 カラースペースの変換と一般的なマーカー - JPEG ...


1

半分解決したので自己回答。 下記リンクを参考にICC_PROFILEをICC_PROFILXに書き換え。 Windowsフォトビューアーでss.jpgが開けるようになりました。 https://www.pcreview.co.uk/threads/windows-photo-viewer-can%E2%80%99t-display-this-picture-because-there-might-not-be-enough-memory-available-on-your-computer.4075896/ 具体的な手順 ・Visual Studio CodeにHex Editorというプラグインをインストール ・Visual Studio Codeでss.jpgを右クリック > Open With > Hex ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります