次のタグが付いている話題の回答:

7

ELB 配下のサーバに対しては、 CloudWatch で HTTPCode_Backend_4XX, HTTPCode_Backend_5XX というメトリックが取得できるので、Alarm を作成することができます。


6

設定するのは正確には「IPアドレス」ではなくCIDR; Classless Inter-Domain Routingと呼ばれる「IPアドレス範囲」です。 0.0.0.0/0 は 0.0.0.0~255.255.255.255 つまりIPv4全体を表し、 113.52.16.113/32 は 113.52.16.113~113.52.16.113 つまり113.52.16.113のみを表します。


5

現状で問題なく利用できているのであれば、無理して VPC に移行する必要はないと思います。 VPC にするメリットは下記があげられます。 VPN や Direct Connect で社内LANと接続することができる。 (いわゆる、プライベートクラウドとして利用) インターネットから直接接続できないサブネットを作成することができる。 (例: Webサーバーを公開ネットワークに、DBサーバーを内部ネットワークに置く) サブネットごとのルーティングや ネットワークACL を設定することができる。 セキュリティグループで inbound だけでなく、outbound も設定できる。 EC2インスタンスのローカルIPアドレスを固定にすることができる。 EC2インスタンスにローカルIPアドレスを複数設定できる。 (...


5

server_name でIP AddressとFQDN両方指定してください。 server_name 52.69.43.128 www.triplor.co;


5

EC2/RDSインスタンスは削除したということなので、恐らく、ELB x3つで60ドル/月弱、あとは、EBSボリューム、EIP で請求が発生してると思います。まずは、「請求書」のページで請求額の明細を確認してみてください。 請求額を安くするポイントですが EC2のインスタンス:使い終わったら止めるまたは消す。 RDSのインスタンス:使い終わったら削除して最終バックアップを残す。再び使うときはリストアする。(結構面倒なので操作手順をスクリプト化しておくのがお勧めです) ELB:使い終わったら消す EBSボリューム:不要なボリュームを削除。作るときは容量は必用最低限の少なめで作る。(足りなかったら後から拡張できます) EIP:未使用状態で保有すると若干ですが請求が発生するので、...


4

残念ながらS3ではできないですね。 S3の手前にCloudFrontを利用してはどうでしょうか?CloudFrontは独自ドメイン名の証明書を割り当てる仕組みもあります。 この場合の注意点は、CloudFrontのデフォルトキャッシュ期間は24時間のため、そのままですと24時間以内の変更が反映されない場合が出てきます。S3に保管したファイルにキャッシュヘッダを指定すればCloudFrontがキャッシュする時間も指定することができます。 補足として CloudFrontのSSLは、「専用 IP 独自 SSL」の場合 月額 600USドル 掛かります。 「SNI 独自 SSL」の場合は、別途費用は掛かりませんが、古いブラウザはサポートしていません。


4

まず、RAIDの話は忘れてください。基礎を知っていると納得できますが、似ているだけで異なるものなので、逆に理解が難しくなります。 次に、ロードバランサーとは何か?について、お調べ下さい。参考にある qiita にあるものは使い方でした。使い方よりも、それが何なのか?どう使うものなのか?の方が重要です。 今さら聞けない「ロードバランサの基本」 (1) ロードバランサの基本的な役割についてあらためておさらい | マイナビニュース Elastic Load Balancing(クラウドネットワークのロードバランサー) | アマゾン ウェブ サービス(AWS 日本語) 色々メリットはありますが、ざっくり言うと、 1. 1台が壊れても2台(複数台)あれば、安心 2. 沢山のアクセスが来ても、2台(複数台)...


4

大量のデータソースがデータストアに直接アクセスしていると、 データストアに変更を加えるのが非常に困難 パフォーマンスがデータソース次第になり管理できない 少量のデータを多数回処理するのはオーバーヘッドが大きい データソース側の処理が肥大する 複数ソースのデータをまとめなければならない場合データストア側でも処理が発生する などなどたくさんの問題生じます。データソースとデータストアの間にバッファとなる何かがあればこれらの問題は解消しやすくなります。 データストアのありかを知っているのはバッファ側なのでそこだけ変更すれば良い バッファからの出力によってパフォーマンスが管理できる データストアごとにオーバーヘッドの少ないデータ投入方法が使える データソース側はバッファにデータを送るだけに特化できる ...


4

SPFは"Sender Policy Framework"の略ですから、送信者(Sender)の情報を設定します。 v=spf1 ip4:198.51.100.1 include:example.com -all リンク先のブログに解説が書いてありますが、 ip4 はそのレコードが設定されているドメインでメールを送信するサーバのIPアドレスの宣言 includeはそこに指定されたドメインのSPFレコードを参照する宣言 -allは無条件で認証を失敗させる宣言 になります。 203.0.113.1からexample.netドメインを発信者とするメールを送信する(そしてそれ以外のサーバからメールを送信することがない)場合、example.netに対するTXTレコードとして v=spf1 ip4:203....


4

バージョンを有効にしたS3バケットを削除する際は、ライフサイクル設定により全バージョンファイルが消えるよう設定する必要があります。 https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonS3/latest/dev/delete-or-empty-bucket.html#delete-bucket-lifecycle S3コンソールのbucketのプロパティからライフサイクルの設定でprefixを空欄(バケット全体でもたぶんOK)、日数1でオブジェクト生成後1日たっているファイルがすべて削除されます。 ※以前のバージョンは上書き実行日/有効期限終了日から 1 日後 このライフサイクル設定はコマンドラインからも設定可能です。 http://docs.aws.amazon.com/...


4

ファイルシステムのデフォルトチューニングの性能比較であれば結果の通りでしょう。 ファイルシステム自体の性能比較であれば、適切にチューニングを行わなければ意味がありません。わかりやすい値としてブロックサイズを適切に設定する必要があります。EXT4はtune2fs、XFSはxfs_infoで各パラメーターを確認できます。ベンチマークが-bs=16kとのことなので、どちらのファイルシステムも16kにすべきでしょう。 なお、XFSはジャーナルログを別デバイスに設定できます。パフォーマンスを求めるのであれば別ディスク(≠別パーティション)に設定すべきでしょう。


4

https://docs.aws.amazon.com/lambda/latest/dg/vpc.html https://docs.aws.amazon.com/AmazonVPC/latest/UserGuide/VPC_Internet_Gateway.html 上記ドキュメントより: 普通の ec2 インスタンスが、 InternetGateway で直にインターネットに接続できるのは、以下の条件を見たすとき。 EIP を持っている。 (Private IP <-> EIP の NAT 変換を行うのは Internet Gateway.) VPC の Lambda は、対象のサブネットに ENI を作って、 Private IP アドレスのみを持つ。 なので、 EIP を持たず、 ...


3

GandiというのはAmazonの上位レジストラ(ドメインの卸問屋のような物)のようです。 ですから、Amazonで購入したばかりで何も設定をしていないと、ここのサイトのIPアドレスを指すようになっているのでしょう。 一般にドメイン名をWebサーバなどに結びつけるには、2つの事をする必要があります。どちらかを忘れているか、設定した直後のため世界中のDNSサーバまで浸透していないのだと思います。 DNSサーバの設定 そのドメイン名でIPアドレスを引くのに使うDNSサーバを指定します。ドメインを購入したレジストラのWebインターフェイスを使えるはずです。 Amazonで購入したドメインの場合、Route 53のサーバを使うようデフォルトで設定されているかも知れません。 IPアドレスの設定 ...


3

.NET SDKのリファレンスは英語のみですが、S3のドキュメントは日本語になっているので、読みやすいと思います。以下のURLにC#でのファイルアップロード方法の説明やサンプルが載っています。 http://docs.aws.amazon.com/AmazonS3/latest/dev/HLuploadFileDotNet.html S3 はパーミッションで公開する設定をするか、Bucket Policyで公開する設定をすれば、単純にURL指定でHTTP GETするだけでアクセスできるWebサーバのように動作します。公開されるURLがどのようになるかは、ドキュメントも参考になると思いますし、マネージメントコンソールでファイルをアップロードして、"Make Public (ファイルを公開)"...


3

AWSのデータセンター(DC)内部に悪意のある人間が紛れ込んだ場合への対応、としては穴があることになります。 一例なのですが、バックアップの入ったディスク(またはイメージ)が流出した、EC2インスタンスが繋がるハブに特殊な機器を接続され流れるパケットを盗み見られた、そういったケースへの対応です。DC外部からでも、実装時には未知だった脆弱性により、そういう内容が漏れることが考えられます。 もちろんサービスの内容、保存するデータの重要度によっては「そういうことならしかたないよね」で済む場合もあるでしょう。逆に言うと、データの重要度が高ければ、できたはずの暗号化を実施していなかったことが責任上の大きな問題になる場合もあります。 いずれにせよ、「取れない/見れないから大丈夫」ではなく、「万が一見られても大丈夫」...


3

・容量が小さなRDSインスタンスを作成 ・現在のRDSインスタンスからmysqldumpでエクスポート ・新しいRDSインスタンスにインポート で行うことができます。 また、追加で下記の手順を実施することで、新旧のインスタンスのIdentifierを同じにすることができます。 ・現在のRDSインスタンスのIdentifierを変更 (Ex: mydb -> mydb-old) ・新しいRDSインスタンスのIdentifierを現在のRDSのものに変更 (Ex: mydb-new -> mydb) ・不要になったRDSインスタンスを削除


3

自己解決しました。 KinesisのようにArnのサポートがない場合は下記のようにFn::JoinでArnの文字列を生成することでResourceの指定ができました。 "Resource":[{ "Fn::Join": [":", [ "arn:aws:kinesis", { "Ref" : "AWS::Region" }, { "Ref" : "AWS::AccountId" }, { "Fn::Join": [ "/", ["stream", { "Ref": "LambdaSqsConsumerStream" } ] ] } ]] }] SQSのようにArnのサポートがある場合は下記のようにFn::GetAttでResourceに指定ができます。 "...


3

404 Not Found なので、指定のアドレスにファイルが存在しないことを意味しています。 変更されたアドレスを指定したこちらのコマンドでお試しください。 wget https://files.phpmyadmin.net/phpMyAdmin/4.4.14/phpMyAdmin-4.4.14-all-languages.tar.gz


3

画像を見る限りあきらかにElasticIPが設定されているので、関連付ければよいのでしょうか? これは、必要であれば Elastic IP を関連付ける感じです。 インスタンスをリスタートする度に毎回 Public IP が変わってしまうのは困るという場合は Elastic IP を関連付けます。変わってもいい場合は 特に必要ありません。 関連付ける際、インスタンスかネットワークインターフェイス どちらに関連付ければよいのでしょうか? インスタンスのネットワークインターフェースが1つのようですので何方でも大丈夫です。 インスタンスに関連付けると eth0 にElastic IPが関連付けられます。 ...


3

<RequestTime>Thu, 28 Jan 2016 02:48:21 +0900</RequestTime> こっちはJSTで、 <ServerTime>2016-01-28T02:48:22Z</ServerTime> こっちはUTCなので、JSTの時差分の9時間ずれています。 ntpdを普通に動かしただけでは大きなずれは補正されません。


3

曖昧だったり明らかに誤っている記述が複数存在しており、意図や設定内容が文章に正しく反映されているか疑問があります。また、いずれの質問についても 想定する攻撃シナリオ それに対する対策方法 それを実現する具体的な設定 のどれかに不明確な点があります。これらが明確になってないと、トンチンカンで無意味な「対策」になっていたり、考慮漏れによりわかりやすい大穴が残っていたりすることがままあります。 したがって、安全かどうかの判断はできません。 「極めて」という修飾が何を比較対象としているのかについても明確になっておらず、一般的に想定されるセキュリティレベルより遙かに高いことを意図しているとも考えられ、なおさら安易に判断できません。


3

セキュリティグループが設定されたインスタンスに対してアクセス制御ができます。 例えば Inbound: SSH(TCP/22) , Source=sg-00000001 というルールは sg-00000001 を設定したインスタンスからのSSH接続を許可します。


3

CloudWatchにそういった機能は無いと思いますので 別のツールを使うか作り込むかになると思います。 ご希望のものとは違うかもしれませんが AWS SDK や CLI を使ってアラームの状態を取得してSNS トピックスをパブリッシュするスクリプトを定期的に動かせば実現できる気がします。 アラームの情報は describe-alarms で参照できます。 $ aws cloudwatch describe-alarms --alarm-names rds-cpu-credit-balance { "MetricAlarms": [ { "EvaluationPeriods": 1, "AlarmArn": "arn:aws:...


3

あるドメインに対するメールをどこのメールサーバーに配送するかは、そのネームサーバーからMXレコードで提供する情報です。GoDaddyのネームサーバーを利用していた時は必要なレコードを自動的に追加してくれていただけなので、ネームサーバーを変更したらそれらを自分で追加しなければいけませんし、さもなくばそのドメイン宛のメールの配送ができなくなります。 そこで本来はOffice365の方で必要なレコードが調べられるはずですが、それが管理画面に出てこないということは、GoDaddy専用版だから表示していない、と考えるのが妥当ではないでしょうか。「ドメイン」メニューを含んだ管理画面の例は、例えば公式の「Office 365 の [ドメイン] ページに移動する - Office 365」...


3

"replyToken": "\"" + jsonTest[0].replyToken + "\"", この部分がおかしいです。 "replyToken": jsonTest[0].replyToken とダブルクオーテーションでくくってやらなくてもJSON.stringifyがうまくやってくれます。 エスケープしたダブルクオーテーションを含めてしまうと、余計なものがついてしまい無効なtokenが生成されてしまいます。 var replyToken = "aaabbbccc" var request_body = JSON.stringify({ "replyToken": "\"" + replyToken + "\"", "messages":[ { ...


3

「AWSのマネージドサービスで」という前提で考えると無さそうです。 Classic Load barancer の Health Check は 5-300秒間隔で HTTP GET リクエストを出せますので それをトリガーに処理を走らせるアイデアを思いつきましたが、厳密な制御はできないと思いますので、素直に秒単位で処理を繰返すスクリプトを開発して デーモンプロセスとして動かすのが良い気がします。


3

EC2 インスタンスに eth0, eth1 と 2つのネットワークインターフェース(ENI)が存在していて、おそらく、eth0:プライベートIPアドレスのみ、eth1:プライベートIPアドレス+EIP となっていて、ルーティング設定により eth0 から outbound パケットを出そうとしているのだと思います。 eth1 を優先するようルーティングを設定するか、eth1 を削除し eth0 のみとし、eth0 に EIP を付けるといいと思います。 eth0 のグローバルIPアドレスが固定でなくてもいいならば、EIP ではなく、起動時に自動的で設定されるグローバルIPアドレス/パブリックIPアドレスを使ってもいいです。


3

aws configure --profile PROFILE get aws_access_key_id aws configure --profile PROFILE get aws_secret_access_key でしょうか。


3

特定の IP アドレスへのアクセスの制限にも例がある通りであり、質問文に記載された範囲では問題なさそうです。1点、質問文に記載されていない範囲で気になりました。IPアドレス条件演算子の説明に IP アドレス条件演算子では、キーと IPv4 または IPv6 アドレスまたは IP アドレス範囲の比較に基づいてアクセスを制限する Condition 要素を構築できます。 これらを aws:SourceIp キーと合わせて使用します。値は、標準的な CIDR 形式でなければいけません (例 : 203.0.113.0/24 または 2001:DB8:1234:5678::/64)。 とあります。"xx.xx.xxx.xxx/24" と値が伏せられていますが24bit CIDRであれば "xx.xx.xxx.0/...


3

「正常に接続できるインスタンス」にアタッチしたということですが、「正常に接続できるインスタンス」に「問題のあるボリューム」をマウントしてみてください。 マウントができれば、必要なファイルを「正常に接続できるインスタンス」にコピーできるので、それを使って「正常に接続できるインスタンス」の方で復旧できます。(マウントできれば、「問題のあるボリューム」のファイルを修復することも可能ですが、それよりも必要なものだけコピーした方が早いと思います。) この不具合は、SSHサーバーに関連するファイルが壊れたためだと思います。インスタンスの方は立ち上がっていると思うので、AWS側のマシンの不具合とはいえないので、再起動等いろいろ試していますがそれでは復旧できないと思われます。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります