次のタグが付いている話題の回答:

3

404 Not Found なので、指定のアドレスにファイルが存在しないことを意味しています。 変更されたアドレスを指定したこちらのコマンドでお試しください。 wget https://files.phpmyadmin.net/phpMyAdmin/4.4.14/phpMyAdmin-4.4.14-all-languages.tar.gz


3

CakePHPとphpMyAdiminをバーチャルホストで分離してみました。CakePHPをhttp://localhost/で、phpMyAdminをhttp://localhost:8080でアクセスできるようにしています。 # phpMyAdmin server { listen 8080; server_name localhost; root /var/www/phpmyadmin; location / { index index.php index.html; } location ~ \.php$ { fastcgi_pass 127.0.0.1:9000; fastcgi_index ...


3

この手の管理ツールはセキュリティ侵害を受けた場合のダメージが大きいので、インターネットからアクセスできないようにしておくのが基本です。特にphpMyAdminは過去に致命的な脆弱性が何度も発見されており、インターネットにさらして利用するには向いていません。任意コード実行可能な脆弱性の事例もあり、DB以外にもリスクがあります。 内部ネットワークからしかアクセス出来ないようにしておきましょう。レンタルサーバのようなインターネットに孤立したサーバであっても、VPNの経路を作りそちらからしかアクセス出来ないようにしておくようにした方がよいでしょう。 IPアドレスによる制限は次善策です。アクセス元のIPアドレスが固定されており他人と共有していないならそれなりに安全になります。 ...


2

phpMyAdmin自身で保存しておく必要のある情報を入れておくのがそのデータベースです。わかりやすい例としてはSQLのブックマーク機能や実行履歴などでしょうか。 phpMyAdminが自由に使っていいDBとして作成するのですから、そのDBへの権限を一通り与えるのはそんなに珍しいことでもないかと思います。が、Wikiを見ると一応CRUDに限定していますね。 https://wiki.phpmyadmin.net/pma/control_user#To_use_pmadb_features ブックマークや履歴もそうですが、このDBには全体の管理に関わる情報を記録することになります。その辺を気にするのであればアクセスできるユーザーは限定したほうがよいのではないでしょうか。 ただそうでなくとも、...


2

Nginx での location 優先順位まとめ - tkuchikiの日記によると修飾子なしの前方一致は優先順位が一番低く、location ~ \.php$が優先されているものかと思われます。 とりあえず正常に動作してるAmimotoを参考に、Cake用のlocationディレクティブをlocation /で囲ってみるといいかもしれません。 server { listen 80; server_name localhost; #中略 location /phpmyadmin { alias /var/www/phpmyadmin; index index.php; #中略 } #中略 #...


2

外しているかもしれませんが、ユーザを追加された際のホスト名の設定はどうなっていますか? phpMyAdminを表示する際のURLのホスト名と、データベースに登録されたユーザのホスト名が違っているとアクセスできません。 同じサーバを指すとしても、自端末のhostsファイルにしか登録されていないエイリアスなどだと、接続できなくてよくハマります。


2

2つ目の設定についてコメントします。 「location ~ ^/phpmyadmin(.+.php)$」だと URL のパスが「/phpMyAdmin/」(大文字含む)にマッチしないので、FastCGI ではなく普通のファイルとみなされてしまいます。 「fastcgi_param SCRIPT_FILENAME」には PHPファイル名を "$1" で渡す必要があります。 したがって、location 箇所を以下のようにすればいいと思います。 location /phpMyAdmin { alias /usr/share/phpMyAdmin/; try_files $uri $uri/ /index.php; location ~ ^/phpMyAdmin/(.+\.php)$ ...


2

すでに remi-php70 リポジトリの php-common がインストールされているようです。 remi-php70 リポジトリが無効(デフォルト)のまま phpMyAdmin をインストールしようとして、phpMyAdmin に必要な PHP 関連パッケージのバージョンが、インストール済みの php-common と競合するためエラーとなっています。 remi-php70 リポジトリを有効にしてインストールしてみてください。 # yum --enablerepo=remi-php70 install phpMyAdmin


2

実際に運用しているサイトのログを見るに、URLを推測されにくいものに変更するだけで、不正アクセスの99%くらいは防げると思います。 あとは、IP制限は設定も簡単で効果は絶大なので、できるならやったほうが良いでしょう。 BASIC認証は利便性が悪くなるので、難しいところです。 社内ではIP制限でBASIC認証なし、社外ではBASIC認証を使うなどの合わせ技もあります。


2

自己解決できました。 見て検討頂いた方、ありがとうございました。 解決策を記載しておきます。 remi-php71 を見に行って欲しいのがうまく行ってなかったので、 それを解決する方法を探したところ、 /etc/yum.repos.d/remi-php71.repo このファイルの中に、 priority = 1 こんな感じに。 [remi-php71] name=Remi's PHP 7.1 RPM repository for Enterprise Linux 7 - $basearch #baseurl=http://rpms.remirepo.net/enterprise/7/php71/$basearch/ #mirrorlist=https://rpms.remirepo.net/...


2

自動で総当たりでアタックして虚弱性を見つけるツールなどでphpMyAdminはよく狙われます。 自動ツールのアタックから逃れる目的で、 URLを推測されにくいものに変更しておくのは割と有効です。 ポート番号を80以外に変更しておくのもいいと思います。 DIGEST認証やIPアドレス制限も有効です。 ですが基本的には 外部からphpMyAdminにアクセスできるようにはしない方がいいでしょう。 社内からしかアクセスできないようにするべきだと思います。 どうしても外部からも、というのなら上記の対策を行うとか VPNなど経由でしかアクセスできないようにするとか するべきだと思います。


2

printのあとに不要な文字列が入っているためそこで止まっているのではないでしょうか? print('接続しました。'); > おそらくPHPエラーが出力されないようになっていると思われるため、error_reportingをファイル先頭に追加してエラーを表示するようにすればエラーが出るかと思います。 error_reporting(E_ALL); // 全てのエラーを表示する


1

どのくらいのセキュリティ強度にするかは、扱っているデータや、流出した場合に失う信頼の度合いによって考えるものだと思いますので、リスクアセスメント次第だと思いますが、BASIC認証はセキュアとは言えませんので https 化したいところですね。


1

MySQLのユーザを作成する際に接続元ホストを指定してください。 指定したホストからの接続のみ許可されます。 ホスト名にはワイルドカード (% _) が使えますので次のようにすることも可能です。 CREATE USER 'myname'@'%.mydomain.com' IDENTIFIED BY 'mypass'; CREATE USER 'myname'@'192.168.0.%' IDENTIFIED BY 'mypass'; CREATE USER 'myname'@'%' IDENTIFIED BY 'mypass';


1

複数の結果を取り出すなら以下の様なスクリプトになります。(ぐるぐる回さないと) try { $pdo = new PDO('mysql:host=127.0.0.1;dbname=test;charset=utf8','root','root', array(PDO::ATTR_EMULATE_PREPARES => false)); foreach ( $pdo->query ( 'select * from test' ) as $row ) { echo $row['imgname'].'<br>'; } // fetchで回すなら // $stmt = $pdo->query("SELECT * FROM test");...


1

Exists 句の使用は相関副問合せとセットとなる事が多いのですが、そうするとパフォーマンスは悪化する事の方が多いです。それよりも OR を避ける事に注力する方が良いプランになるように思います。 ところで、インデックスは使用されているでしょうか。 (wp_postmetaは30万件) との事でネックは wp_postmeta の方だと思いますので、wp_postmeta に post_id 及び meta_key のカバリングインデックスを作成するとクエリパフォーマンスの向上が見込めると思います。


1

php-5.6.28 をインストールした際、remi, remi-php56 リポジトリを有効にして yum install したのではありませんか? yum --enablerepo=remi-php56 --enablerepo=remi install phpMyAdmin


1

自分もさっき全く同じものに引っかかりました。 #init-connect=\'SET NAMES utf8\' ですが、参考サイトに init-connect='SET NAMES utf8' の部分は「\」を除去しています とあるので、utf8\'をutf8'にしてよしOK,と思ったのですが、よくよくサンプルコードを見ると init-connect='SET NAMES utf8' ってなってるんですよね。という訳で、'SET NAMES utf8'にしなきゃいけないよ、取るべき'\'は二つありますよ、という話でした。


1

大文字小文字を間違えている可能性があります。 ディレクトリ名にもし大文字が入っている場合、例えば phpMyAdmin となっている場合は http://IPアドレス/phpmyadmin/ ではなく http://IPアドレス/phpMyAdmin/ でアクセスしてみてください。


1

phpmyadmin からの調べ方はわかりませんが、SHOW CREATE TABLE テーブル名 というクエリを実行すると表示されます。 変更するには ALTER TABLE テーブル名 AUTO_INCREMENT=999 のようにします。


1

コメントに書いたように、どう「うまくいきません」かさっぱりわからないので、他にもあるかもしれませんが、少なくともこの3行は修正が必要です。 $update->bindValue(':name','$name'); $update->bindValue(':email','$email'); $update->bindValue(':id','$id'); PHPは単独引用符''で囲まれた文字列は内部に$なんかの文字が存在しても、変数展開の対象にはなりません。従ってあなたのコードはid列の値が$ i dの3文字であるレコードのname列の値を$ n a m eの5文字に、email列の値を$ e m a i lの6文字に置き換える、というコードになっています。普通はid列の値が$...


1

$cfg['Servers'][$i]['host'] = '192.168.2.42'; $cfg['Server'][$i]['port'] = '10000'; phpMyAdminの設定は良くわからないのですが、後者がServersではなくServerになっているためにデフォルトポートの3306が使用されていて、SSHとは無関係に192.168.2.42:3306に接続されているのではないでしょうか。 それ以前の部分からいろいろおかしいので、一から設計を見直すことをお勧めします。 データベースmysqlサーバ(192.168.2.42)に対して別マシン(192.168.2.44)から接続をおこなおうとしております。 そこでポートフォワードの設定をおこないました。 ssh -f -...


1

(質問者さんのコメントより) fastcgi_param PATH_TRANSLATEDをコメントアウトし、かつfastcgi_param SCRIPT_NAMEがSCRIPT_FILENAMEの間違いでした。 /etc/nginx/nginx.conf server { ... location ~ ¥.php$ { fastcgi_param SCRIPT_NAME /etc/nginx/www$fast_cgi_script_name; #fastcgi_param PATH_TRANSLATED /etc/nginx/www$fastcgi_path_info; ### <- この行をコメントアウト fastcgi_pass unix:/var/...


1

このBuildpackのドキュメント HTTPD, Nginx and PHP configuration に従うのであれば、php5.5系の場合は.bp-config/config/php/5.5.x/php.iniを作成して設定を変更できるはずです。


1

この Buildpack で試したわけではないのですが、php.ini の環境変数は ini_set() 関数で変更することができる場合があります。 ini_set での変更が許可されていない場合は Buildpack 側で php.ini を設定する必要があるので、目的にあった環境の Buildpack を独自に用意した上で指定してランタイムとして使う、という必要があると思われます。


1

.phpファイルがダウンロードされるのだと思いますが、WebサーバーでMIMEを設定しないとダウンロードされます。apacheの場合はyum install phpすると適切に設定ファイルが作成されますがnginxの場合はphpを動かすために手動で設定が必要です。phpを動かす設定はいくつか有りますが php-fpm (FastCGI Process Manager) を使う場合が多い(?)と思いますのでその手順を書きます。 nginxでphpを動かす (php-fpmの場合) php-fpmをインストールします。 $ sudo yum install php-fpm デフォルトではapache向けなのでnginx向けに設定を変えます。 $ sudoedit /etc/php-fpm.d/www....


1

php -v というコマンドを入力してインストールされているかどうか確かめましょう。 インストールされていなければ、下記のコマンドでインストールしましょう yum -y install php php-pear php-mysql php-mbstring php-gd php-mcrypt php-pecl-apc


1

php.ini で session.use_strict_mode を Off にするか session.use_strict_mode = Off ブラウザのクッキー(PHPSESSID) を削除してみて下さい。 http://blog.tokumaru.org/2013/08/php-5.5.2-strict-sessions.html https://stackoverflow.com/questions/3185779/the-session-id-is-too-long-or-contains-illegal-characters-valid-characters-are


1

自己解決です。 location ^~ /phpmyadmin { alias /usr/share/phpMyAdmin; index index.php index.html; location ~ ^/phpmyadmin/(.+\.php)$ { alias /usr/share/phpMyAdmin/$1; fastcgi_index index.php; fastcgi_pass 127.0.0.1:9000; fastcgi_param SCRIPT_FILENAME $document_root$fastcgi_script_name; include fastcgi_params; } } ...


1

phpmyadminのcsvエクスポート機能は注意が必要で、記憶が正しければデータにカンマやクオートなどが含まれていると構造が破壊されるようなことがあったと思います。 一度、出力されたcsvを確認するか、公開できるデータを自作してエクスポートしたCSVデータとテーブルの構造を掲載してみてください。 思わぬ箇所でカラムの数が変わっていたりすることがあります。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります