次のタグが付いている話題の回答:

6

こうしたAPIキーを他者に参照された場合、どのようなリスクがありますか? APIキーを手に入れた他者が、あなたに成りすましてAPIを呼び出すことができてしまいます。 その結果考えられる問題としては あなたのアプリしかアクセスできないはずの情報にアクセスされる 他者がそのAPIキーで悪事を働いた場合、あなたのアプリが悪さをしたと思われる あなたのアプリと関係のないところで多数の呼び出しが行われることで、APIの呼び出し回数制限や従量課金に引っかかる などが挙げられますが、実際にはそのAPIキーで何ができるのか次第です。 例えば Twitter の Consumer Token で言えば、これ単体を盗んでできることはそのアプリに成りすまして悪事を働いて風評被害を狙うぐらいでしょう。しかしユーザーごとの ...


4

懸念されているフローは、 1. ユーザーは意図せずメールや様々な手段でサイトBに誘導された 2. サイトBは"サイトAになりすまし"、OPの認可画面を要求するリクエストを送る 3. ユーザーは"サイトAに対して"自分の情報に対するアクセスを許可 4. ユーザーはサイトBに戻され、ID Tokenを取得される というような認識であっていますでしょうか? 基本的に、意図しない戻り先URLにユーザーが戻されるかどうかは、OPのclient管理の実装に依存します。 OPへ送られるリクエストのパラメータにclient_id, redirect_uriの値が含まれています。 RPがOPに事前にアプリケーションを登録するのが一般的であり、この際にredirect_uriを設定します。 ...


4

Caused by: android.content.ActivityNotFoundException: No Activity found to handle Intent { act=android.intent.action.VIEW dat= } 指定されたIntentに対応するActivityが見つからない、というエラーですが、datの値が空になっているように見えます。対応するソースコードを読むと・・・ public void onClickBtnLogin(View v){ String authUrl=""; try{ authUrl = oauthProvider.retrieveRequestToken(oauthConsumer,AppConstants....


4

はっきりと答えることが難しい質問ですね。歴史的経緯として僕が思っていることを答えてみたいと思います。 まず、ユーザ認証のためのプロトコル(OpenIDとか)と、認可のためのプロトコル(OAuthとか)は、明確に分けて説明されることが普通です。これらに詳しい人であればあるほど、区別して説明したがりますので。OAuthを「認証のため」とか言うと過剰反応する人もいるでしょう。ただし、OAuthを提供する側と、それを利用する側で、「認証」という行為についての捉え方は大きく異なります。 OAuth1.0が登場した背景には、Facebook PlatformやOpenSocialといった「ソーシャルアプリ(特にソーシャルゲーム)」の流行とセットで考えると良いかと思います。ソーシャルアプリは「...


3

結論から述べると、自分のブックマーク一覧を取得するには、OAuthのAPIではなく以下のAPIを使うとよいようです。これはRSSによるAPIなので、特別な認証なしにURLにアクセスするだけで利用できます。 はてなブックマークフィード ただし、これはユーザー名が分かっていないと使用できませんので、先にユーザー情報APIで自分のユーザー情報を取得します。こちらはOAuth認証が必要です。 ドキュメントにある「ブックマーク情報」が何のことか分かりにくい問題については、データの書式ページがヒントになるようです。そのAPIで取得できる「ブックマーク情報」とはこのページに載っているブックマークデータのことで、それによるとあるユーザーが行った「1件のブックマーク」についての情報が取得できるものです。...


2

JavaScript SDKを使って、Webブラウザから「何らかのServerに頼らず」直接APIを叩きたい、という話であれば、APIのClientとなるアプリがどれだけコードが見られてしまう可能性が高いか、という観点になると思います。Client IDとClient Secretがばれてしまえばクライアント詐称もできるよね、という指摘は正しいです。EvernoteのQuick Startを見るとCordovaを使った例だったので、Serverの存在なくAndroid/iOSアプリから直接Evernote APIを使うという話になりますね。そうなると、おっしゃる通り「そのアプリがどれだけコード見られちゃうか問題」が勃発します。そして、それを完全に隠すことは無理なので「できるだけ読まれないようにしようね」...


2

実際に利用したことがないのですが、friendship/lookupで、あるユーザ(100人までまとめて指定可能)と自分の関係を参照できるようです。 https://dev.twitter.com/rest/reference/get/friendships/lookup ユーザごとに、connectionsに以下の値の配列が入っているので、 following following_requested followed_by none blocking muting この中のfollowed_byがあるか否かをチェックすれば、対象のユーザが自分をフォローしているかどうかが分かりそうです。 別の方法としては、followers/listで自分の全フォロワーのIDリストを配列に変換しておき、(...


2

Communityによって上がってきたので現状の回答を…… GooglePlusを用いたAPIサービスは、2019年3月7日を以って終了いたしました。 https://developers.google.com/+/api-shutdown?hl=ja ですので、現在の回答としては実装は出来ないということになります。


2

Web Extensionでしたらドキュメントのデスクトップで使う場合の手順でいけると思います。implicit flow(https://stackexchange.com/oauth/dialog)でredirect_urlをhttps://stackexchange.com/oauth/login_successにすれば、リダイレクト後アドレスのハッシュにアクセストークンが入るはずです。 またWeb ExtensionならStack Exchangeが提供しているJavascriptのライブラリが使えると思います。認証の機能しか無いので、inboxへのアクセスなどは自分でAPIを打たないといけませんが。 追記 ブラウザで以下のアドレスにアクセスすると(idは伏せてます) https://...


2

なんでエラーになるかだけを回答します。 TypeError: request_authorization() missing 4 required positional arguments: 'CK', 'CS', 'AT', and 'AS' これは request_authorization関数に 引数 CK, CS, AT, ASが足りないという意味です。 def request_authorization (request_status_url,CK,CS,AT,AS): try: api_response = twitter.get(request_status_url) except: twitter = OAuth1Session(CK,CS,...


2

OAuth1.0については知らないので前者についてだけですが: Twitter が OAuth2 に対応したのはいつからですか? 2013年3月11日からのようです。 https://stackoverflow.com/a/19040860/4506703 参照されているblogエントリの現在のリンク


2

OAuth1.0(a)が考え出された当時は、適用されるシステムが「Client Credentialを安全に隠せるWeb Serverがあって、そのWeb Serverが最終的に保護リソース(=API)を利用する」というユースケースのみがサポート対象でした。つまり、APIを叩くために必要となる【AccessTokenはWeb Serverのみが入手して利用する】、ということですね。まずこれが大前提です。 OAuthの発想が「User Credential(パスワードとか)はユーザ認証を行うDomainでしか扱わせない」なので、一旦アプリのDomainからユーザ認証のDomainに移動しなければなりません。ユーザ認証が完了した後にアプリに戻す際に、...


2

自己解決しました。 GCPの認証情報から「APIキー」や「OAuth 2.0 クライアントID」などをいろいろ試しましたが、 シンプルに解決・・・(投稿前にやってたつもりだったけど) headersにScriptApp.getOAuthToken()を使用すれば通りました。 var payload = { // 省略 }; var param = { 'method' : 'POST' ,'headers' : { 'Authorization' : "Bearer " + ScriptApp.getOAuthToken() } ,'payload' : payload }; var response = ...


1

That’s an error. Error: invalid_request Permission denied to generate login hint for target domain. については、 おそらく https://stackoverflow.com/questions/36020374/google-permission-denied-to-generate-login-hint-for-target-domain-not-on-localh の回答である https://stackoverflow.com/questions/36020374/google-permission-denied-to-generate-login-hint-for-...


1

省略可能なのかも知れませんが、parameters: parameters, encoding: JSONEncoding.defaultの様に、encoding指定が必要では無いでしょうか? また、JSON形式のテキストをPOSTするので、httpHeaderは、 let headers = [ "Content-type": "application/json", "ACCEPT": "application/json" ] と、送信形式がJSONであることを明示しなければいけないのではないでしょうか?


1

OAuth2 では(httpsを前提にしているので)access_tokenをリクエストに付与するだけでいいのですが、OAuth 1.xではシグネチャを生成してやる必要があります。(非暗号化通信で漏れても正当性が検証できるため) 一方で、 OAuth 1.x にはトークンの更新という概念は存在しない (かったはず)なので、Refresh tokenに該当するものは存在しません。 Facebookの場合は OAuth 2 を採用しているのでフローがシンプルですよね。 [PHP] ライブラリに頼らないTwitterAPI入門 - Qiita


1

開発用ということであればそれでいいと思います。


1

ソースが無いので、憶測ではありますが、ぱっと思いつくのは ユーザがアプリの認可を取り消した tokenの有効期限が切れた とかでしょうか。 Quotaはあまり見てなかったですが、僕も7/1より後は表示されてないですね。 Googleのサポートを受ける方法ですが、 https://cloud.google.com/support/ にあります。 無料だと、 https://stackoverflow.com/questions/tagged/google-app-engine で質問するという手順になります。


1

curl_exec()も実行する必要はありますが、あとはご想像の通り TwistOAuth::get() を改造するか、あるいは・・・というところかと思います。 GithubやTwitterで作者の方に相談してみるといいかもしれません。


1

同様の問題でどっぷりハマり解決したので共有します。 fuel/vendor/opauth/twitter/Vendor/tmhOAuth/tmhOAuth.php の最終行付近で \Log::debug(__METHOD__.' '.__LINE__.' $this->response = '.print_r($this->response, TRUE)); してresponse内容を確認すると [error] => SSL: CA certificate set, but certificate verification is disabled [errno] => 35 と出ているのではないかと思います。 下記に記しているのは、このエラーを解決した内容です。 ...


1

OAuth1 exchange fails due token secret being URL encoded. · Issue #140 · OAuthSwift/OAuthSwift おそらく上のIssueでの修正漏れですね。ここでの修正に従うなら self.client.credential の中身はURLエンコードされていない文字列になるべきですが、Authorization時のコールバックでクエリストリングをURLデコードせずに self.client.credential に格納してしまっているようです。 https://github.com/OAuthSwift/OAuthSwift/blob/0.5.0/OAuthSwift/OAuth1Swift.swift#L54-L69 ですから ...


1

ビルドできない状態で公開するのは、ビルドできない理由とその解消方法を別途解説する必要が出てきますし、個人的には不親切に感じます。  一般的かどうかはわかりませんが、APIキーのみを定義したxmlファイルをリソースとし、プログラム側で参照する方法は如何でしょうか。  この場合、対象のxmlファイルは公開せず(リポジトリに含めず)、リソースが存在しない時にはダミーのAPIキーを用いるロジックを実装する事で、APIキーを非公開としながらもビルドが通る環境を公開できると考えます。


1

上記の3つの値はどの程度のセキュリティのもとで扱われるべきなのか?例えば、アプリケーション側のサーバーがSSL(https)を使用していない場合(つまり、図中のClient→Serverの通信が暗号化されていない場合)でもこの値をやりとりすることは問題とならないのか? access_tokenは、ユーザが認可した保護リソースへのアクセス(=API呼び出し)が実現可能になる「非常に重要な値」です。これが第3者に漏れた=そのユーザが認可した範囲内で本来保護されていたものが保護されていない状況になる、ということを意味します。そのため、厳重に扱うべき対象になります。アプリ側からGoogle APIを利用する際にAccessTokenを指定することになりますが、この際にはhttpsが適用されると思うので、...


1

『1.access_token、id_token、one-time codeはどういうもので、それぞれはどう違うのか?』についてわかる範囲(+調べた範囲)で回答させて頂きます。 access_token OAuth2.0認証後にGoogleのAPIを叩くときに利用します。 Google APIを叩くときにヘッダーにaccess_tokenを入れておかないとunauthorized errorが発生します。 id_token JWT(Json Web Token)と呼ばれるデータ形式で、ユーザのユニークな識別子が入っています。 これは各種サービス間でのID連携するときに利用します。 例えば、GREEにログインするときにYahoo!アカウントを使ってログインした場合に、ユーザの基本情報(名前やメールアドレス)...


1

コントローラーとモデルで使っているauthと request の環境変数の情報が不足していたのが原因だったので spec/requests/authentication_spec.rb before do # ~ Rails.application.env_config["omniauth.params"] = {'user_type' => 'host'} # ~ end spec/support/omniauth.rb OmniAuth.config.add_mock(:facebook, {'uid' => '123545', 'name' ...


1

dev.twitter.comでアプリタイプはブラウザにしてください。 ソース: https://twittercommunity.com/t/set-application-type-to-browser/235 https://groups.google.com/forum/#!topic/twitter-development-talk/D3RP6D_Z75A


1

Labs閉鎖に伴ってコードが無くなったらしいですね。 検索したらいっぱい出てきましたが、 http://qiita.com/daisy1754/items/788cf32d9379746bba14 のサイトがご希望のものに近いかと思います。


1

しかし、Facebook ユーザでログインできませんでした。 ここが、Django側でユーザーが作成されているかで違ってくると思います。 ので、 is_staff を無理やり True にしようと この部分についてのみ回答します。以下、CutomUserの改善コードです。 class CustomUser(User): class Meta: verbose_name = u'カスタムユーザ' verbose_name_plural = verbose_name def __init__(self, *args, **kwargs): super(User, self).__init__(*args, **kwargs) ...


1

生成したトークンで投稿できるウォールはFacebookの設定に準じます。 ユーザーAでログインしたトークンであればそのユーザーのウォール、またはそのユーザーの投稿が許可されているウォールへの投稿しかできません。 /meからユーザーのIDを取得した上で/{user-id}/feedへ投稿するというのが最もベーシックな例かと思います。もしくは/me/feedは常に自分自身のウォールへのショートカットになっています。下記にサンプルもあります。 https://developers.facebook.com/docs/graph-api/reference/v2.2/user/feed /* make the API call */ new Request( session, "/me/feed"...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります