次のタグが付いている話題の回答:

5

slice(1, 3) のようにコールすると、第一引数のインデックスから第二引数の文字数の部分文字列を返します。 つまり、 1, 3 の場合は2(0始まりなので1+1)文字目から3文字を取り出すことになります。 https://docs.ruby-lang.org/ja/latest/class/Array.html#I_SLICE slice!(1, 3) のようにコールすると、第一引数のインデックスから第二引数の文字数の部分文字列をレシーバーから削除します。 そして、戻り値は slice と違ってレシーバー(削除済みの配列)ではなく、削除した要素が返されます。 https://docs.ruby-lang.org/ja/latest/class/Array.html#I_SLICE--21 つまり、...


3

エスケープ文字は\とは限らず言語ごとに異なります。 一例としてWindowsのバッチファイルの場合、 <、>、|、&、!などの記号は^でエスケープします。^自身も^でエスケープします。 変数を表す%は%%と重ねることでエスケープされます。


3

異なります。 Javaに関しては、ここの「Escape Sequences」のセクションに記載されています。 The Java™ Tutorials - Characters 「"Escape Sequences" ruby」のようなキーワードでググってみれば、他の言語についても分かると思います。


2

エスケープ文字およびエスケープシーケンスは、各種言語において「文字」あるいは「文字列」の中で、ソースコードの見た目と違う機能を引き出す処理と考えていいでしょう。 んで c も java も python あるいは ruby も、エスケープ文字として逆斜線文字を採用し、エスケープシーケンスも似通っています(同一でないので要注意:各言語の仕様書なり解説書なり参照のこと)何か理由なり根拠なりありそうです。 これは妄想ですが、各種言語は、古くからある c 言語のユーザーを自分の陣営に取り込みやすくするため、移行中の c ユーザーが混乱しないよう c 言語に似せたエスケープ文字(エスケープシーケンス)を採用したと個人的には思います。なので、エスケープ文字として「決まった文字」があるわけではないけれど、...


1

自分はずっと、 pry-byebug を利用していたのですが、これと、 pry-stack_explorer は非互換だそうです。 https://github.com/deivid-rodriguez/pry-byebug#alternatives gem ファイルの依存関係に、 pry-byebug と pry-stack_explorer の両方をいれていると、どうやら、 up/down の挙動がおかしくなる模様です。 pry-stack_explorer を削除した結果、動作は安定するようになりました。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります