次のタグが付いている話題の回答:

3

私の主観ではありますが、Ruby on Railsに限らず、Javaのコードであっても、それこそどんな言語やフレームワークであっても、StackOverflowやQiitaに直接書かれているコードはコメントが少ない傾向にあると思います。私自身もそういった所で載せるコードを作る場合は、積極的にコメントを書こうとすることはありません。これには妥当な理由があります。 まず、これらの所で書かれるコードは、問題の再現するためや説明するためのコードであって、なんらかの完成したプロダクトではなく、その断片の場合が多いです。優れた質問では、さらに最低限再現できるところまで落とし込んで書いてしまっていますので、あるがままでしかないコードとして、特にコメントを入れる必要性が無くなると思います。回答の方は、...


2

hash = {a: 2.4, b: 3.5, c: 4.3, d: 5.0, e: 2.2} result = hash.each_cons(2).map do |kv1, kv2| value_diff = (kv1[1] - kv2[1]).abs [[kv1[0], kv2[0]], value_diff] end.max_by { |_, v| v } p result[0] 上記を実行すると、 [:d, :e] を得られるはずです。


2

https://docs.aws.amazon.com/sdk-for-ruby/v3/developer-guide/setup-config.html#aws-ruby-sdk-credentials-environment 上記に記述がありますが、 AWS_ACCESS_KEY_ID 環境変数と AWS_SECRET_ACCESS_KEY 環境変数を、それぞれ設定したならば、 S3 クライアントのセットアップは、特に何も行う必要がなく、すなわち、引数なしでただただ new をすれば良いと思います。


2

空白がいわゆる半角スペースと全角スペースの2種類であれば /\A[\x20\u3000]+\z/.match(str) #または str.match(/\A[\x20\u3000]+\z/) #または str =~ /\A[\x20\u3000]+\z/ これで判定できます。\x20は半角空白、\u3000は全角空白です。スペース1文字ならともかく、今回の場合は[  ]と書かないようにしましょう。 \Aは文字列の先頭、\zは文字列の末尾にマッチします。似たものに^ $がありますがこれは行頭行末にマッチします。「文字列全体」を検査したいときは\A \zを使いましょう。^ $を使うとバグのもとです。 /^[\x20\u3000]+$/.match("abc\n \ndef") # => #<...


2

to_f → to_s することで、存在しない文字列 "103.4" (文字列としての "103.400" と "103.4" は異なる) を探すことになってしまっていますね。 hash.max_by {|k,v| v.to_f} で、値が最大であるキーとその値のペアが配列として返りますので、その1要素目が望みの値となります。


2

これでどうでしょう [5, 8, 1, 3, 4, 7, 9, 6].each_with_index.sort # => [[1, 2], [3, 3], [4, 4], [5, 0], [6, 7], [7, 5], [8, 1], [9, 6]] Hashが良ければto_hで [5, 8, 1, 3, 4, 7, 9, 6].each_with_index.sort.to_h # => {1=>2, 3=>3, 4=>4, 5=>0, 6=>7, 7=>5, 8=>1, 9=>6}


2

rubyのタグもついているので、まずRuby on Railsならの話を。  もしRailsを利用していたら、Articleはモデルになるパターンと思われます。その場合、クラスメソッドでArticleのArrayを返すように実装するのが普通で、それだけで足りる場合も多かったりするので、このパターンで悩むことはなかったりします。また、Article自体が基本的なDB操作も実装したクラスのサブクラスになっているので、 # 記事全部 all = Article.all # writerのidを指定 articles = Article.find_by(writer: id) # 未読だけ unreads = Article.unread # unreadはArticleクラスでwhere(unread: ...


1

delimiterオプションに/を指定してはどうでしょうか?


1

Ruby配列での解答は皆さんすでに書かれています。 NArrayでやるとこうなります。 require 'numo/narray' a = Numo::Int8[5, 8, 1, 3, 4, 7, 9, 6] b = Numo::Int8[17, 15, 13, 10, 19, 12, 14, 18] b[a.sort_index] => Numo::Int8(view)#shape=[8] [13, 10, 19, 17, 18, 12, 15, 14] Int8が対応できる範囲は狭いので、必要に応じてInt64やDFloatなどをお使いください。


1

スタック・オーバーフローえようこそ! let(:post)を書いたら、Rspecのpostが上書きしちゃった。letで他のヴァリアブルを使うとできる。


1

arr = [5, 8, 1, 3, 4, 7, 9, 6] => [5, 8, 1, 3, 4, 7, 9, 6] arr.each_with_index.sort_by { |n, _i| n } => [[1, 2], [3, 3], [4, 4], [5, 0], [6, 7], [7, 5], [8, 1], [9, 6]] arr.each_with_index.sort_by { |n, _i| n }.to_h => {1=>2, 3=>3, 4=>4, 5=>0, 6=>7, 7=>5, 8=>1, 9=>6} でしょうか。


1

hash = {"1"=>"53.0", "3"=>"50.30", "5"=>"1.600", "7"=>"63.0", "9"=>"103.400"} p hash1 = hash.values.map(&:to_f) p a = hash1.max p hash.find{|k,v| v.to_f === a } そのコードで["9", "103.400"]が出力しています。keyが出力したいなら、以下のコードを使ってください。 hash = {"1"=>"53.0", "3"=>"50.30", "5"=>"1.600", "7"=>"63.0", "9"=>"103.400"} p hash1 = hash.values.map(&...


1

TL; DR Railsの設定で、 config.i18n.fallbacks = true となっている部分を config.i18n.fallbacks = [I18n.default_locale] に変更してください。 解説 参照先のURLに書いてある内容を翻訳すると、以下の通りになります。 破壊的変更:フォールバック フォールバックはデフォルトの言語を除外するようになりました。(#415 、 #413 と #338 を修正するかもしれない) あなたのRailsアプリケーションの次の行を確認してください: config.i18n.fallbacks = true この設定は最新版のI18n(1.1.x以降)では誤りになります。代わりに、次のようにしてください: ...


1

Ruby/NArrayのファンです。 NArrayに興味を持ってくれる人がいてとても嬉しいのです。 高速計算をしたいのですね。NArrayにはうってつけの課題ではないでしょうか。 ただNArrayがRubyのArrayとは全然違うのも事実なので、ちょっとずつ変更していく必要があるでしょう。 # Rubyの配列 → NArray na = Numo::DFloat.cast(array) # NArray → Rubyの配列 ruby_array = na.to_a と書けば相互変換できますので、少しずつ置き換えていきましょう。 個人的な経験では、Rubyの配列とNArrayの相互変換はそれほど時間がかからず、 計算の高速化の効果の方が高いです。 numo-linalg numo-gsl numo-...


1

Numo::NArrayは高速なArrayではありません。したがって機械的な置き換えもできません。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります