次のタグが付いている話題の回答:

2

割とマジで Bluetooth 仕様書 仕様書が読めないなら解説書 大前提として BLE は Bluetooth Low Energy の意味で、通信速度より消費電力削減を優先しています。なのでファイル共有のような大量データのやりとりには全く向きません。 BLE は非対称ネットワークであって Peripheral と Central に役割が分かれます。仕様上 Peripheral と Central 間にて一定フォーマットの小さなデータを定期的にやりとりするのは得意ですが Central 同士 Peripheral 同士で通信することはできません。 スマホは通常 Central で使います。なのでスマホ同士で通信させることはできません。複数のスマホを Peripheral にして Central ...


2

うーんこの辺「正しく」解説するとなると専門用語が必要です。逆に専門用語なしだと不正確な説明がわかったつもりになるだけだったりします。なのできっちり専門書を入手して読んでほしいのですが・・・ 設問が複数ありますが理解すべきは論理接続の仕様だけで 前提知識: bluetooth 末端機器には2種類あり データを一方向に送り付けるだけの装置(マウス、心拍計、自転車の速度計ケイデンス計など) 相互通信する装置(表示を伴う装置、キーボード等) ヘッドホンなどはデータを一方向にもらうだけの装置に見えますが、コネクションの都合で相互通信機器に分類できます 一方向機器は (bluetooth 仕様書の専門用語で言う)コネクションが不要でパソコンやスマホはただ受信するだけです。実用上は、...


1

バックグラウンドサービスってことだと例えば IP 電話ソフトなんかは典型的待ち受け daemon です。なので電源投入直後に起動し、24時間ずっと待機しているなんてのは普通にできます。 (が、予期せぬタイミングで強制終了させられいるとかありがち) フォアグラウンドアプリを起動し続けるってのは想像がつかないんですが bitcoin の miner でも作るんですか? (ビットコインマイナーは Google が禁止しちゃいましたけど) フォアグラウンドアプリを起動しても、ユーザーがタッチ・タップせず放置プレイしているとスマホ自体が省電力モードに入るのでソフトは停止するでしょうし、 動かせ続けることができたとしても、  = スマホ本体過熱で停止させられるかもしれない  = ...


1

Android Modeのバージョンにもよりますが、最新(おそらく4以降)のAndroid Modeでは、PROCESSINGの標準エディタにSDK Managerのメニューは表示されません。「本来でるはずの」と書かれていますが、参照されたサイトの情報はかなり古いもので、最新版のAndroid Modeには当てはまりません。Android Mode4以降を標準エディタで利用する場合、DEBUG用の仮想端末は自動作成(もしくはインストール時にダウンロード)されます。また該当端末のOSバージョンはOreo固定となり、変更不可です。Oreo以外のOSバージョンで試したい場合は、標準エディタではなくAndroid StudioなどでPROCESSINGのAndroid Modeを利用されることを推奨します。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります