職場でチーム専用のQ&Aサイト「Stack Overflow for Teams」を使い、プライベートかつ安全な環境で回答を見つけてください!ユーザー数10名までは無料でご利用いただけます。 登録

次のタグが付いている話題の回答:

21

ドメインレベルでの対策を行っていない場合 「出力時にエスケープ」 1択です。他の選択肢は考えられません。著者の思いつきではなく、ここ数年万人によって当たり前のように言われ続けていることです。 【ユーザからの入力時】にサニタイズしてしまうと、HTML出力以外でサニタイズ前の文字列が必要になった際にhtmlspecialchars_decode()等で元に戻す必要があるため、やはり【HTMLへの出力時】がベストなのでしょうか? その通りですね。他にも エスケープ忘れ や 多重エスケープ といったミスを防ぐ意図もあります。「格納時にエスケープ」という手段を採用している某日本の大手Q&Aサイトは、...


17

まず重要なポイントとして、擬似乱数のシードとなる真の乱数 (質問の場合は円周率のほうではN, 漸化式の方ではM) は十分に広い空間からランダムに選ばれなくてはなりません。 どんな擬似乱数生成器を使っていたとしてもシードが高々1億程度では総当たりで(比較的)簡単にシードがみつかってしまい生成される乱数が再現できてしまいます。 円周率の先頭100万桁のどこかから選ぶなどは問題外です。 シードはRSA/DSAなどの鍵長に合わせて 1000 bit 程度 (10進数で300桁程度) は欲しいかと思います。 質問にある円周率を擬似乱数として使う方法ですが、円周率の N桁目からの数列がある長さ与えられた時に N 自体を逆算したり, 次の出力を推測する高速な (Nのビット数の多項式時間で実行可能な) ...


16

プロセスアカウンティング用に広く利用できる物として "Process Accounting Utility" があります。環境によって、パッケージの名前が、 psacct もしくは acct になっているものです。 $ # インストール (ubuntu) $ apt-get install acct 用意されているコマンド lastcomm: 実行されたコマンドの表示 ac : ユーザの接続時間の表示 sa: 過去に実行されたコマンドの集計/フィルタ ※ 質問の要件を満たすために、一般ユーザーからはこれらのコマンドが実行できないようにしてください。 アカウンティングサービスの実行 $ # サービスの開始 $ /etc/init.d/acct start $ # サービスの停止 $ /etc/...


13

(suzukisさんの回答への補足です) パスワードハッシュにSHA256などのメッセージダイジェストハッシュを使うことは推奨されません。 パスワードハッシュ用のアルゴリズムが開発されているので、それを使いましょう。 まずは結論から 現時点でベストとされているのはArgon2です。パスワードハッシュアルゴリズムの優劣を競うコンペで2015年に最良と判断されました。ただ、比較的新しいので、もしお使いのシステムでライブラリやバインディングがすぐに使えない事情がある場合、とりあえずの代替としてはbcrypt, scryptもしくはPBKDF2というアルゴリズムもあります。これらは出てしばらく経つので様々なシステムや言語処理系で使えるはずです。 なお、Argon2やbcryptではハッシュ値の文字列表現の先頭に、...


13

典型的なMitMとしては、ISPが広告を挿入するという事例が複数あって問題になっています(例[1],[2])。無料をうたうISPが契約にこっそりそういう条項を入れていたりすることもあるので「攻撃」に分類されるとは限りませんが、倫理的にどうなのよ、という議論はあります。 実際の攻撃に使う場合、重要な情報はhttpsで流れるのがほとんどなので、ただネット上にMitMサーバを置いて不特定多数の被害者を待ち受けるのは有効ではないでしょう。けれども対象を絞った攻撃の1ステップとして使われる事例はあります。例えばマルウェアがLAN内にproxyを作って偽のWindows Updateを注入したり[3]、ルータの脆弱性を突いてDNS設定を改竄し金融機関へのアクセスを横取りしたり[4]等。


11

ハッシュアルゴリズムを切り替える方法 DBのユーザー情報を保存しているテーブルにハッシュアルゴリズムを保存するカラムを追加します。すべてのユーザーに旧アルゴリズムを表す値を入れておくか、NULであれば旧アルゴリズムと見なす、とします。 ユーザー認証時は、このカラムの値を見てアルゴリズムを選択します。 パスワード変更時は新アルゴリズムを用いてハッシュ値を計算し、ハッシュ値をDBに保存するのと同時にアルゴリズム示す値も更新します。 ハッシュアルゴリズムの更新を強制したい場合は、「旧アルゴリズムになっているユーザーはログイン後パスワードを強制する」という動作にすればよいでしょう。 このユーザー毎にハッシュアルゴリズムを記録しておく、というのは古くから行われているオーソドックスな方法です。 ...


9

OWASPというWebアプリケーションのセキュリティに関するガイドラインを公開している団体があります。その指針によれば The login page and all subsequent authenticated pages must be exclusively accessed over TLS. The initial login page, referred to as the "login landing page", must be served over TLS. Failure to utilize TLS for the login landing page allows an attacker to modify the login form action, ...


9

前提 まず、SQL インジェクション対策を含め、脆弱性対策の前提としてなるべく新しい安定版の PHP を利用するようにしてください。 バージョンアップにより脆弱性が解消したり、より安全になっています。 なお、以下の方法は PHP 5.3.7 以上で対応しています。(PHP 5.3.6 でも対応していますが、Windowsの実装が不完全です) ただし、PHP 5.3 系は 2014/8/14 でセキュリティサポートが終了しています。 PDO + 静的プレースホルダを用いた SQL 文発行 PDO を利用する場合、以下のポイントを押さえることで安全に利用出来ます。 1.文字エンコーディングを指定する 2.静的プレースホルダを用いる 3.バインド時に型を指定する それぞれについて、...


9

PGPの公開鍵の正当性の確認には、信頼の網(web of trust)という方法を用います。 入手手段(経路)としては、以下の2つが考えられます。 本人から直接手渡しで入手する。 既に信頼している人が署名した公開鍵を入手する。 そして、入手した公開鍵(a)に署名し、信頼度を設定します。 別の公開鍵(b)を入手した場合、その公開鍵(b)に署名している公開鍵(a)の信頼度が 「常に信頼する(Fully trusted)」であれば、それ一つで公開鍵(b)も信頼します。 「部分的に信頼する(Marginally trusted)」であれば、それ一つでは信頼しませんが、複数(個数は設定による)の部分的に信頼する公開鍵(a)で署名されていれば、公開鍵(b)も信頼します。 「信頼しない(Never trust ...


9

こんにちは。 回答1 普通に変数にしたら出来たのですが、これは普通のやり方でしょうか? 普通ではありません。$areaは引用符で囲っていないということは、数値でしょうか。その場合、例えば以下のようにします。数値の場合は、バインドする値をintなどにキャストするほうがいいです。 $ps=$db->prepare("SELECT id, name, time FROM user WHERE user = :area ORDER BY $order $desc"); $ps->bindValue(':area', (int)$area, PDO::PARAM_INT); $ps->execute(); 回答2 $area, $order, $descをGET送信で受け取る場合、...


9

接続先毎に公開鍵秘密鍵ペアを作る必要はありません。 通常は接続元毎に公開鍵秘密鍵ペアを作ります。作った秘密鍵は接続元に置いておき、公開鍵を接続先に配布します。 また例外的に、接続先毎に秘密鍵を変えたい場合には、 ~/.ssh ディレクトリ内に (デフォルトの id_rsa とは異なる) 別名で保存しておき、ssh 接続のたびに -i オプションで秘密鍵のファイルを指定するか、~/.ssh/config で接続先毎に利用する秘密鍵を指定します。 余談ではありますが、1つの秘密鍵を複数の接続元へ配布して再利用する、という使い方はセキュリティ上あまり褒められませんので、可能ならば避けたほうが良いでしょう。


8

たとえば、puts は、 str = "};::Kernel.puts 'hello';{" とやれば働きますし、同様に外部コマンドも次のようにして実行できちゃいます。 str = "};::Kernel.system 'ls';{" また、定数を触れるということは、クラスも触れるということなので、クラスに対してなんでもできると思った方がいいと思います。


8

POSIX仕様です。%4$xは可変引数の4番目の引数を参照することを指示します。 これでスタックの先の方も覗けるし、何番目の書式指定文字か気にする必要が無くなる。 は脆弱な環境での話で、POSIX仕様上は When numbered argument specifications are used, specifying the Nth argument requires that all the leading arguments, from the first to the (N-1)th, are specified in the format string. と指摘されています。そもそもC言語の可変引数では各引数が何バイトになるか不明なため、(N-1)...


7

Bash限定になりますが、端末への出力以外は全て実現可能です。 ref: http://tiswww.case.edu/php/chet/bash/NEWS l. There is a new configuration option (in config-top.h) that forces bash to forward all history entries to syslog. UID(ユーザ名) ユーザが入力したコマンド タイムスタンプ 詳細はこちらに記載がありますので参照下さい。 http://d.hatena.ne.jp/tatac1/20120724/1343106093 ログを残す際には、ホストの時刻同期、操作される端末と別のホストにSyslogを転送する、...


7

クレジットカード情報は、漏洩した場合直ちに悪用され、金銭被害に直結しますが、銀行口座情報は仮に漏洩しても金銭被害に直接つながるわけではないので、そこまで神経質にならなくてもよいように思います。もちろん、心理的には被害甚大というところはあるでしょうが。 普通に考えれば、暗号化してデータベースに保存というのが落とし所ですが、銀行口座情報をサイトから閲覧できなくて良いのであれば、バックオフィスのサーバーに転送してしまうという方法も考えられます。例えば、銀行名と支店名はオンライン参照を許すが、口座番号までは閲覧できないようにして、変更の場合は口座番号は入力しなおしてもらう方法が考えられます。 ただし、ウェブサーバーとバックオフィスサーバーの通信時に漏洩する可能性もあるので、転送時の漏洩対策はしっかり行う必要があります。


6

ありません。いかなる対策も、改竄をしようとするユーザが解読打破できます。 質問内容からクライアント側がPCであるとします。その環境では、ユーザから隠される情報、ユーザが変更のできない情報はありません。あなたが心血を注ぐことで、ユーザーによるプログラム改竄コストを上げることはできますが、本質的な部分であなたの目的は達成不可能です。 効果的な対策があるとすれは、それはサーバサイドで、クライアントの挙動をチェックをすることでしょう。怪しい挙動・リクエストのパターンを定義し、そのパターンを検知した場合に認証トークンの無効化、もしくは一定時間の ban とします。


6

SSHクライアントの脆弱性を突くように仕込まれたパケットを送信されて、クライアント側で任意のコードを実行されるなどで、OSごと乗っ取られる可能性があります。 過去に、OpenSSHやPuTTY、TeraTerm等のメジャーなSSHクライアントで、任意のコードを実行できるような脆弱性が存在したことがあります。脆弱性が修正されたバージョンを使用していなければ、大変危険です。また、 未知の脆弱性を利用された場合、防ぐことはほぼ不可能になります。 隔離された仮想環境で行う等の方法で可能な限りリスクを低減すべきでしょう。


6

たとえば暗号に対する中間一致攻撃と言うのがあります。 平文→(1段目の暗号化)→1段目の暗号文→(2段目の暗号化)→暗号文、暗号文→(2段目の暗号化の復号)→1段目の暗号分→(1段目の暗号化の復号)→平文、という処理をしてるとして、暗号と復号のプロセスから 平文→(1段目の暗号化)→1段目の暗号文 暗号文→(2段目の暗号化の復号)→1段目の暗号文 を取り出します。これを全てのパターンの鍵で試行して、「1段目の暗号文」が一致すればその鍵が正解です。素直に全件探索すると「1段目の試行×2段目の試行」の回数がいるところ、「1段目+2段目」の回数で済むことになります。 ともに128bit鍵だとすると、256bit分の強度になるかと思いきや129bit分にしかならない、と言う話です。 また、...


5

ログインシェルをttyrecなどでラップしたシェルにすれば取れます(取っていました)。


5

出力時にエスケープが妥当な判断だと思います。 ただしXSS対策を行う場合、ただ単にhtmlspecialcharsだけでは防げない場合があるので注意が必要です。 例えば ユーザーからの入力としてhttp://someware.com/のURLを受け取り、あるページでそのURLを以下の様にプログラムが出力した場合 <a href="http://someware.com/"> http://someware.com/ を javascript:alert(0); とすると < > " / ' は含まれてないので <a href="javascript:alert(0);">test</a> なりますが、XSSが発動します。 質問では ...


5

そもそもウェブサイトのサーバーサイドのソースコードを公開することは一般的にはあるんでしょうか? あります。複数人でそのウェブサイトを開発し運用していく上で、ソースコードを共有することは重要になります。その共有場所としてソースコードがオープンな状況になってしまう場所を選択することも多いです。GithubのPublicリポジトリが代表例ですね。また、WordPressなどのインストールして使うようなソフトウェアも同様です。 サーバーサイドのソースコードを公開して全世界からのアクセスを許可した場合、どのような危険が考えられるのでしょうか? 結局のところ、「守りたいことは何か?」という点に尽きます。危険性の排除を最大限優先するのであれば、全て隠せば良いし、危険性が全くないのであれば、...


5

あくまで推測ですが、「技術的には可能だが、攻撃者にとってコストや労力に見合った対価が得られない」 というのが、あまり改竄事例が見つからない要因なのではないでしょうか。 不特定多数のHTTP通信を中継・傍受するためのサーバとなると、ISPやIXクラスのものが必要になります。自前で用意するにしても他社のをクラックするにしても高コストなのは明らかです。 また、改竄用の中継サーバを用意、あるいはサーバ乗っ取りができたところで、HTTP通信では攻撃者が欲しがるような個人情報は平文では流れてきません。フィッシングサイトを用意して、そこへ誘導するような改竄をすることも一応考えられます。ただ、それならばHTTP通信の改竄なんて面倒なことをしなくとも、...


5

公開鍵のサーバーがあるので、そこから取得できます。これはhttpsではありませんが、それ以前に単に「アップロードされた公開鍵を保存している」だけですから、その公開鍵が正規の発行元のものかどうかはわかりません。 ですから、その公開鍵が信用できるかどうかは自分で判断することになります。 鍵の持ち主のサイトなどに載っている鍵指紋と比較することが多いと思いますが、これは確かに改竄されている可能性があります。それでもInternetArchiveなどのサイトで最近不自然に変更されていないか確認したり、別回線からアクセスしてみたり、その人が署名した別の信頼できるコンテンツを探してみたりすることで、ある程度調査をすることは可能です。 また公開鍵そのものと併せて「ある公開鍵に対して第三者が行った署名」...


5

可能な限り秘匿するのであればPDFをウェブから切り離してPHPからアクセスできるところにおいてPHP側でPDFを出力するという方法があります。 <?php //ここにログイン制御やアクセス制御を追加する if ($Auth == false) { //認証がNGの場合は404を表示する header("HTTP/1.0 404 Not Found"); exit(); } //認証がOKであればPDFを出力する //ファイルはWebからアクセス出来ないけどPHPからアクセスできるところに置く $file = '/do/not/access/from/web/test.pdf'; //ファイル名を取得 $filename = pathinfo($file)['basename']; //...


5

Siegさんも指摘されているようにXY問題に陥っているかもしれません。 とりあえず、今どきのWebブラウザーには Internet Explorer 8 以降のSmartScreen Googleのセーフ ブラウジング などが組み込まれているため、質問者さんがブラックリストを入手するよりも早くこれらに登録され、Webブラウザーは問題のサイトを自動的にブロックします。 またネットワークを切断しようにも暗号化の問題があります。例えば https://ja.stackoverflow.com https://japanese.stackexchange.com は別のサイトですが、どちらも 151.101.1.69:443 でつながります。通信内容は暗号化されているため、...


4

「Linuxに触れてまだ日が浅い」と書かれてますので、知識を拡げる為のリソースを提示したほうが、役に立てるかもしれませんね。お門違いであればすみません…。 LPI-Japan Linuxセキュリティ標準教科書 (PDFは無料) Linuxサーバーセキュリティ徹底入門 オープンソースによるサーバー防衛の基本 (書籍)


4

2015/05/27 追記 以下の電子署名に関する記載は、公開鍵暗号の種類であるRSA暗号に限った話になります。 公開鍵暗号全般に適用できませんのでご注意ください。 追記ここまで 公開鍵暗号は、公開している公開鍵と自分だけが持っている秘密鍵の2種類の鍵を使い暗号化と復号を行います。 そして、公開鍵の特徴として、公開鍵を使って暗号化したデータはその一方向性から公開鍵を使って復号することができず、自分だけが持っている秘密鍵を使わなければ復号できません。 ただ、公開鍵暗号の本質は公開されている鍵を使い特定の相手への送信を暗号化することなので、本来的になりすましを防ぐことは考慮されていませんし、又その能力もありません。 逆になりすましを防ぐのは電子署名という技術になり、...


4

うろ覚えですが「このデータはこれで送信しないとエラー扱いになる」というような 厳密な規定の仕様は無かったような気がします… metaタグや平文のjavascriptはそれぞれデータの持ち方に大きな違いが有ります。 「javascriptの変数だから」という切り分け方よりも その受け渡したい「データがどういった属性や性質等を持つか」によって 適合しやすい方法へ切り分けるべきかと思います。 平文のjavascriptへの埋め込みはjavascriptでしか使わないデータや 数式とかjavascriptの関数を埋め込むような使い方に向いています。 認証IDやトークン等は文字長が比較的少なく クライアント側javascript以外にサーバー側アプリケーションや ネットワーク間の機器(キャッシュサーバー等)...


4

MongoDBバージョン2.6.8以前及び3.0.0でCVE-2014-8964でのReDOS脆弱性があるPCREライブラリーバージョン8.30が使用されていました。MongoDBをそれ以降のバージョンにアップデートすればこのPCRE脆弱性がなくなります。 参照 (英語のみ) SERVER-17252 及び、ご覧になったポストの右側にバージョンが記載されています。 https://www.mongodb.com/alerts/ 。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります