次のタグが付いている話題の回答:

3

難しく考えず、シンプルに 正常終了、異常終了 と表現するのが一般的だと思います。 正常終了 | 用語検索 - ZDNet Japan 正常終了とは、実行したプログラムやジョブ、またはシステムの終了時に、障害が発生することなく、意図したとおりに終了することである。 正常終了に対して、不具合の発生などを原因として通常どおりに終了できないことは、異常終了と呼ばれる。 余談 質問中で例として挙げられている「通る」は『テストを通る (=パスする)』、「走る」はエラー等を考慮せず単にプログラムが『実行される』だと思うので、想定している場面で使うのは不適当です。


1

愚直な方法です。 a = [ [2, 3, 3, 5], [2, 3, 3, 5], [2, 3, 3, 5], [2, 3, 3, 5], [2, 3, 3, 5], ] c = {} for i, row in enumerate(a): for j, element in enumerate(row): c[(i + 1, j + 1)] = element print(c) {(1, 1): 2, (1, 2): 3, (1, 3): 3, (1, 4): 5, (2, 1): 2, (2, 2): 3, (2, 3): 3, (2, 4): 5, (3, 1): 2, (3, 2): 3, (3, 3)...


1

return textの戻り値をprintすることでclean_htmlの結果が表示されるのではないでしょうか。 ご質問のコードではタイトルも取得していたので、サンプルコードでは下記の回答を参考にbodyのみを抽出する例を追加しています。 BeautifulSoup Grab Visible Webpage Text サンプルコード import base64 from bs4 import BeautifulSoup from bs4.element import Comment maintext = "...


1

型ヒントとして使う場合は, 次のように指定可能だけど >>> from __future__ import annotations >>> vct: list[float] 代入で使う (Vector = list[float]) 場合は Python 3.9 以降の機能の様なので どうしても使いたい場合は, こんな風にするとか? if sys.version_info[0:2] == (3,8): from typing import List as list Vector = list[float] # 他のなにか if sys.version_info[0:2] == (3,8): del list # これ以降は普通の list


1

質問タイトルに対する答えとしては、おそらく以下のようなことでpandas.read_csvのparsing engineの処理を行うか否かで変わってくると推測されます。 dictからDataFrameを生成した場合 元となる dict あるいはその中の list を作成した時点で、各要素のデータ型が決まっている。 DataFrameを作る際に、特に指定しなければそのデータ型がそのまま(あるいは対応するpandasやnumpyのデータ型で?)使われる。 質問記事の場合、DataFrameのパラメータにしたこの時点で1.1はfloat、--はstringになっているでしょう。 {"x": [1.1, "--"]} なので@metropolisさんの回答とは逆の方向で、...


1

自分は下記を参考して、 https://stackoverflow.com/questions/34968112/how-to-give-jupyter-cell-standard-input-in-python inputのあとにprintを入れて実行できました。そちらのコードは全然問題なかった。 import random comp = random.randint(0,2) n = int(input("手を選んでください")) print(n) # ここ一旦Cell切り分け


1

ありがとうございます。 「ate_range の頻度?を細かくして補間し, そこから求める頻度でリサンプリングする方法」 多分理解できました。解決できたと思います。 1.アップサンプルは、reindex+interpolate(もしくはresample)を利用する。  interpolateで指定した単位より、細かい日時のレコードは線形補間の対象外となるので注意。 2.ダウンサンプルは、asfreqを利用する。  asfreqはあくまで抽出なので、少なくとも等間隔のレコードが含まれている必要がある。 3.時系列のインデックスは、等間隔なインデックスに統一したほうが処理しやすい  ある不揃いな(等間隔ではない)データの、インデックスに合わせるより、日ごと、時間ごとなどの等間隔なインデックスに変換(統一)...


1

ありがとうございます。 インデックスのTimestampにミリ秒以下の値が含まれていると、線形補間の対象外となることが分かりました。 上段に期待結果、下段にreindexを利用したときの結果を添付いたします。 reindex便利そうですね。 値なしのSeriesオブジェクトを作成しconcatしたところがスマートではないですね。 使いこなせるようもう少し調べてみます。 ファイル添付できないようなので、参考情報として、以下にin_data.csvの一部を記載いたします。 ,value 2021-02-03 00:00:00+09:00,10000 2021-02-11 04:32:25.945945946+09:00,10330 2021-02-19 09:04:51.891891892+09:00,10660 ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります