次のタグが付いている話題の回答:

2

自分自身ソース2みたいな書き方ができたっけ?とか思ってしまったのですが、こちらですね。 Swift 5 Release Notes for Xcode 10.2 Resolved Issues Protocols can now constrain their conforming types to those that subclass a given class. Two equivalent forms are supported: protocol MyView: UIView { /*...*/ } protocol MyView where Self: UIView { /*...*/ } Swift 4.2 accepted the second form, ...


2

Firebaseのログイン機能を使うと、WEB上で閲覧できるFirebaseコンソールのAuthenticationのところに ログインしたユーザーが保管されていきます。 そこで出る情報(メールアドレス等)で事足りる場合は、それ上での管理で問題ないと思いますが ユーザー名や他の情報も管理したい場合だと、FireStoreや別DBなどで管理するのがいいと思います。 Firebasenoアカウントをどちらで管理するかどうかは、契約や、請求がどちらでするかなどもあるので 当事者で決めて頂くしかないかと…


2

... var timer : Timer? var startDate : Date? var restartDate : Data? ... restartDateの型アノテーションがData(Dat"a")になっているからですね。 Date型の引数をとるメソッドにData型の変数を与えているので、型が合わないというエラーメッセージです。 そこを直すと今度は ... func restartCount() { restartDate = Data() ... の部分が同様のエラーになると思いますので、右辺のData()(Dat"a"())をDateのイニシャライザに直しましょう。


1

肝心の「自作したclass」に対する回答になっていなかったので、加筆修正しました。 (Thanks to nagonsoftware さん。) Hashableのキモ(同様の機構を備える他の言語でも共通の考え方です)は、 hashValueを使って、等しくなる可能性があるかどうかチェックする hashValueが等しくなければ、絶対に==にはならない hashValueが等しい場合には、実際に等しいかどうか==を使って確認する と言う使い方をするものだと言うことです。 現在のSwiftの場合Hashableは以下のように定義されています。 public protocol Hashable : Equatable { var hashValue: Int { get } func ...


1

まずは、あなたの過去のご質問も踏まえて、現時点での「やってはいけない」をまとめておきましょう。 view controllerのインスタンスをViewController()と言う構文でインスタンス化してはいけない 画面表示に関わっていない別インスタンスを作っていることになる。別インスタンスはインスタンスプロパティも全部別々に持っているので、たとえプロパティにアクセスできるようにしても、所望の中身は入っていない。 TimerManager以外からTimerを操作してはいけない Timerのことは全てTimerManagerに任せる。それでは機能が足りないならTimerManagerに機能を追加して、その機能を呼び出す。 TimerManagerに画面の操作をさせない ...


1

キーボードの表示される位置を変えることはできません。 iOSにおいてキーボードのコントロールはかなり制限されていて、表示された・非表示になったタイミング、あるいはキーボードの大きさくらいが知ることができるもので、動作に干渉するようなことはほとんどできません。


1

おそらく、以前のご質問に対する回答なども参考にされた上で、工夫されたのでしょうが、残念ながらviewやview controllerはシングルトンとして使いまわすのには向いていません。 1番のポイントは、「iOSは画面表示・画面遷移が必要になると、どんどん新しいview controllerのインスタンスを作っちゃう」という点です。あなたのアプリがViewControllerクラスの画面を表示している時、その表示を実際に担当しているのはiOSが作成したインスタンスであって、あなたがshareの中に保存したインスタンスではありません。 またViewController()のようなSwiftのイニシャライザ構文でインスタンス化された場合、iOSは「storyboardを参照してIBOutletを接続する」...


1

最初にちょっとお断りしておくと、画面遷移関連で動作がうまくいかない、と言った事象についてご質問を書かれる場合、 遷移元のview controllerのコード (最低でも画面遷移に関わるコード全部) 遷移先のview controllerのコード (最低でも画面遷移に関わるコード全部) 両画面間の関係(navigation controllerに埋め込まれているかどうかとか) 画面遷移にセグエを使用している場合には、どのように設定したかの詳細な情報 辺りをご質問中に含めるようにして下さい。以下の回答本体は、よほど変なコード・設定になっていない限り解決策になるはずですが、逆に言えば変なことをやっていれば、役に立たない無駄なものになってしまいます。 Swift 画面遷移しても継続してカウントダウンして欲しい。 ...


1

プロビジョニングプロファイルがうまくアカウントにダウンロードされていなかったようです。 XCodeを再起動し、GeneralのSigningでAutomatically manage singingにチェックしたら利用できるようになりました。


1

keyboardFrameBeginUserInfoKeyのドキュメントにはこう書いてあります。 The key for an NSValue object containing a CGRect that identifies the starting frame rectangle of the keyboard in screen coordinates. The frame rectangle reflects the current orientation of the device. 似たようなキーで、keyboardFrameEndUserInfoKeyの方はこんな風: The key for an NSValue object containing a CGRect ...


1

まず大前提として、このタイプのセグエは、 UISplitViewControllerを陽に使っている (Master-Detailプロジェクトのように)デバイスによってUISplitViewControllerが使われたり、使われなかったりする と言うことを想定しているので、掲載のように、全くUISplitViewControllerが使用されていない場面では使う意味がありません。 しかし、上記の2つ目の場合にうまく動くようにその動作が定義されているので、UISplitViewControllerが存在しない場合にもそれっぽい動作をするようになっています。 View Controller Programming Guide for iOS (すでにArchive入りしちゃってますが、...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります