We changed our privacy policy. Read more.

次のタグが付いている話題の回答:

3

これは何故でしょうか? TestModelが参照型であるためです。 SwiftUIでは、@Publishedなプロパティの値(またはその一部)が参照型である場合、参照されているオブジェクト内のプロパティが変更されても「値の変化」とはみなしません。 (これはSwift言語の「値の変化」に基づいて決定されている仕様です。) 内側の参照型をObservableObjectに適合させて@Publishedを付けても全く効果はありません。 特に理由がなければ、プロパティの値が変化した時にUIを更新させたい、と言う場合にはstructを使うべきです。 import SwiftUI struct TestView: View { @StateObject var testViewModel = ...


2

解法、アルゴリズムはひとつだけではありません。ここに示すのは、いくつもあるアイデアのうちのひとつだと理解したうえで、お読みください。 二つの変数をカウントアップ、と考えるとむずかしい問題に思えますが、二つの変数を結合してしまって、ひとつの変数に置き換えれば、ごく普通のカウントアップのプログラムとして書くことができます。 0: Inhale, 0 1: Inhale, 1 2: Inhale, 2 3: Inhale, 3 4: Exhale, 0 5: Exhale, 1 6: Exhale, 2 7: Exhale, 3 ... 下に示すサンプルコードでは、個々のカウントに新しくインデックスを付加するのに、配列(Array)を利用しています。Playgroundで実行できるように書いてありますので、...


2

2つ大きな問題点があります。 FileManager.default.urls(for: .applicationDirectory, in: .userDomainMask)で返されるのはApplicationディレクトリであり、ApplicationSurpportディレクトリではありません。 Sandbox保護されたアプリ用のファイル領域には、限られた少数のディレクトリ(Documentsのみ?)しか存在せず、それ以外のディレクトリは、ディレクトリ作成の命令を実行しない限り存在しません。 今回はあまり大きな問題ではないかもしれませんが、せっかくdo-try-catchで受け取れるエラー情報を黙って無視してしまうのはやめた方が良いでしょう。 以下のようなコードを試してみてください。 func ...


1

startRecording(withMicrophoneEnabled:handler:)は、すでにiOS10でdeprecatedとなっているので使用しない方がいいでしょう。 startRecording(withMicrophoneEnabled:handler:) startRecording(handler:)のドキュメントにおいて、handler:は、 that is called when the request completes. とされているので、録画終了後?とも取れたのですが、試してみる限り、リクエスト完了時というのはユーザが許可ダイアログを選択した時点のようです。 それを利用すると、こんな感じにできます。 var isRecordingAvailable = true ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります