次のタグが付いている話題の回答:

4

サーバーの設定に関係なく、ユーザーが https://example.com にアクセスした時点で https://example.com の正しい証明書が存在しないようなので、ユーザーから見ればそれは「安全ではない接続」になります。 SNI などを使い証明書が example.com に対して有効である状態にしない限り、安全にリダイレクトさせることは SSL の仕組み上できません。


1

fuel1.6以降セキュリティの懸念からHTTP_X_系のヘッダーの利用は allow_x_headers を trueに設定することで利用できるようになっています。 デフォルトはfalseです。 そのためreal_ipの結果にHTTP_X_FORWARDED_FORに書き換えたいのであれば allow_x_headers を trueにしてください。 HTTP_Xヘッダーは偽装できてしまいますので、きちんとロードバランサ以下のところからしかアクセスできないなどのネットワーク側の設定をした上で利用してくださいね 参考サイト http://fuelphp.jp/docs/1.7/general/configuration.html http://developer.wonderpla.net/entry/...


1

Application Load Balancer(ALB) で ホストベースのルーティングを行えば可能だと思います。各サーバー毎にターゲットグループを作成し、ALBでリスナー ルールで ホスト条件 とターゲットへの転送を設定します。 ターゲットグループの例: targetA : ターゲット = サーバーA targetB : ターゲット = サーバーB targetC : ターゲット = サーバーC ルールの例: IF Host header is A.com THEN Forward to targetA IF Host header is B.jp THEN Forward to targetB IF Host header is C.work THEN Forward to targetC


1

Elastic Beanstalkには設置先のVPCを後から変更する機能は無かったと思います。 ですので、新しく環境(Enviroment)を作成してそこに移行する事になると思います。 アプリケーション自体はデプロイしなおすだけなので簡単かと思います。 Elatic BeanstalkでRDSも管理されていて、停止時間が許容されるなら、RDSのスナップショットを取得しておき新しい環境を作成時にそのスナップショットを指定すればよいかと思います。


1

ELBのProxyプロトコルを有効にし、サーバ側でもProxyプロトコルに対応させて実現することも不可能では無いかもしれませんが、かなり特殊な方法になります。 一般的には、  Webアプリから元のIPを知る:HTTPヘッダの X-Forwarded を確認する  ログに元のIPを残す:WebサーバのログではなくELBのログを利用する or Webサーバのログ設定を変更してHTTPヘッダの X-Forwarded を追加する というのが簡単です。 また、sshをELBを使って振り分けさせるのは適切ではないため、sshは各EC2インスタンスそれぞれに直接アクセスするのが良いかと思います。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります