次のタグが付いている話題の回答:

4

https://docs.aws.amazon.com/lambda/latest/dg/vpc.html https://docs.aws.amazon.com/AmazonVPC/latest/UserGuide/VPC_Internet_Gateway.html 上記ドキュメントより: 普通の ec2 インスタンスが、 InternetGateway で直にインターネットに接続できるのは、以下の条件を見たすとき。 EIP を持っている。 (Private IP <-> EIP の NAT 変換を行うのは Internet Gateway.) VPC の Lambda は、対象のサブネットに ENI を作って、 Private IP アドレスのみを持つ。 なので、 EIP を持たず、 ...


3

AWSに限らずHTTPSでは通信内容は暗号化されています。


3

"replyToken": "\"" + jsonTest[0].replyToken + "\"", この部分がおかしいです。 "replyToken": jsonTest[0].replyToken とダブルクオーテーションでくくってやらなくてもJSON.stringifyがうまくやってくれます。 エスケープしたダブルクオーテーションを含めてしまうと、余計なものがついてしまい無効なtokenが生成されてしまいます。 var replyToken = "aaabbbccc" var request_body = JSON.stringify({ "replyToken": "\"" + replyToken + "\"", "messages":[ { ...


2

emulambda があります。 Amazon の物ではなく、Fugue 社が作っている物のようです。 Google Cloud Functions だと公式で Google Cloud Functions Emulatorがあります。 (あ、似た物という事で出しましたが、これは Python ではなかったですね。さらに離れますが、Google App Engine もローカル環境が公式に提供されています)


2

CloudWatch Logs に記録されていませんでしょうか? ログ記録 (Python) AWS Lambda の Amazon CloudWatch ログへのアクセス


2

(コメント転記) 自己解決しました。 zipに圧縮する前にunixマシン等でパーミッションを設定しておけば実行できました。


2

JSON をペイロードとして curl でリクエストを送る場合、Content-Typeヘッダーでそれを明示してやる必要があります。 curl https://example.com -d -d '{"user_id":"test"}' -H 'Content-Type: application/json' なお、API Gatewayでは構成の設定次第でJSON(デフォルト)以外にもXMLなども選べるようですが、とりあえずデフォルトはJSONの模様。ところで $input.body だと文字列のままで $input.json('$') であるべきだったのでは等と思ったり…… (ref) コメントで一応解決しているようですが回答として投稿。


1

SNS で Lambda を実行するということではないでしょうか? SNS の送り先はメールだけじゃないです。 https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/sns/latest/dg/welcome.html


1

チラホラと述べられていますが、CloudFormation のテンプレートのデフォルトパラメータは、 Stack 作成時に、明示的に指定がない場合、その値でもって引数パラメータとして環境の初期化を行うための仕組みの様子です。 一度初期化した後には、デフォルトからコピーされた値が CloudFormation 上で管理されることになり、その値がデフォルト利用なのかユーザーが明示的に指定したものなのかの管理は、 CloudFormation では行われない様子です。 ですので、デフォルトパラメータを更新した際に、それを既存の Stack に適用するためには明示的に Stack のパラメータ更新を行う必要がある様子です。 参考: @maya2250 さんのリンク https://stackoverflow....


1

SAMとaws cloudformation packageを使うのが良いと思います。 例えば、下記のtemplate.yamlのCodeUriのようにファイルのパスを指定します。 $ grep Uri template.yaml CodeUri: LambdaFunctionOverHttps.py $ ls LambdaFunctionOverHttps.py LambdaFunctionOverHttps.py $ aws cloudformation packageでtemplate.yamlとS3バケットを指定すると、 lambda関数をS3バケットにアップロード template....


1

原因はわかりませんが・・・ 実行するコマンドをshutdownにしてみてはどうでしょうか? もしくはssmでコマンド実行を行なった後に別途ssmからterminateしてみるとか。


1

AWS Lambdaの環境変数の設定は、各Lambda Function毎に指定するものなので、複数のLambda関数で同じ環境変数値を使いたい場合、それぞれの関数ごとに環境変数を指定する必要があります。 http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/lambda/latest/dg/env_variables.html 動的に変わる値を複数のLambda関数で共有したい、といった場合であれば、Lambda実行時のパラメータで渡す、DynamoDB等外部ソースに値を格納するといったことも案としてあるのではないかと思います。


1

自己解決致しました。 LINEにはstatusCode:200を返却する必要があるようなので、処理終了時に下記を追加しました。 callback(null, {statusCode:200}); LINE developersからVerifyボタンを押下すると、successになりました。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります