次のタグが付いている話題の回答:

19

IPv4上の 127.0.0.1 と同様、::1 はIPv6上でlocalhostを表すループバックアドレスです。 IPv6アドレスは128ビットを8つに分けて16進数で表記されるので 0000:0000:0000:0000:0000:0000:0000:0001 ですが、各ブロック先頭の0を省略できる、連続した0のブロックは::で省略できるという決まりがあるため、 ::1 と表記できます。 IPv4アドレスと異なり、IPv6アドレスの区切り文字であるコロンは、URLにおいてはホスト名とポート番号の区切りにも使われています。そのため、URLに書く際は [] で囲むルールになっています。 よって、 http://[::1]/ と入力すればブラウザでもアクセスできるかと思います。 参考 IPv6アドレス - ...


16

TCP/IPというのはTCPとIPの組合せのみを指している言葉ではなく、TCP及びIPを含むプロトコル群の総称です。 1974年にはTCP/IPの最初の仕様であるRFC675が制定されましたが、その当時はUDPというプロトコルは存在しませんでした。 UDPは1980年にRFC786が制定されTCP/IPに含まれることになりました。 歴史的な経緯で「TCP/IP」という表現になっていますがその中にはUDPも含まれているということです。 また、総称的な意味であれば「Internet Protocol Suite」という表現をする方が適切だとされることもあるので質問者さんと同じことを思っている人はそれなりに居るのではないでしょうか。


12

レイヤーの上から順に socket関係のシステムコール(アプリ) TCP IP Ethernet NICハードウェア となりますが、書き込み読み込みの作法ということなので、アプリによる読み書きが関係ありそうな範囲に絞って書きます。 socket読み書きの工夫 ここで工夫できるのは、システムコールを呼ぶ回数を減らすことです。シンプルに無駄なsend/recv呼び出しを減らすことの他に、複数のread/writeをまとめるための、scatter/gather I/Oまたはvectored I/Oと呼ばれる機構が存在します。 readに対してはreadv、writeに対してはwritev。sendとrecvにも対応するものがありますが、send系では、Linuxではsendmsg()、...


11

TCPの場合、大きなデータを適切な小断片(MSS:最大セグメントサイズ)へ分割する仕事は、TCP層が行ってくれます。もし20MB送りたければ、20MB渡してしまってよいです。アプリケーションレベルで小分けに送信呼び出しをすると、システムコール呼び出しがそこそこに時間を要するために、性能上のデメリットだけがあります。 UDPの場合は分割機能を持ちませんので、性能が大事なケースではアプリケーションで考えて分割送信する意味はあります。もし経路上で転送可能なサイズ(MTU)より大きいサイズの送信要求を出した場合、下層がIPであればIP層で分割・結合が行われるのですが、これは断片の一つでも失われたら全て廃棄するルールなので、大変よろしくないです。(IPフラグメンテーション) 余談ですが、具体的な分割後サイズは、...


10

1.はその通りです。172.から始まるIPは日本国内には割り当ていなかったと思いますが、米国などでは普通に割り当てられています。組織内からある海外のサイトにだけアクセスできないから調べてくれという話で調べたら、172.0.0.0/8の範囲をプライベートアドレスとして使っていたという事例を聞いたことがあります。 2.はちょっと質問の意味がわかりません。RFC1918範囲外をプライベートアドレス扱いにする問題は1.に書いたとおりです。 3.についてはちょっと歴史的な経緯を理解する必要があります。詳しく書きます。 TCP/IPは現在におけるインターネット、つまり、これまで組織毎に独立して作れていたネットワーク間を結ぶために作られたプロトコルです。IPアドレス全体は0.0.0.0~255.255.255....


9

UNIX/Linux で MySQLの場合は localhost は特別な意味を持っています。mysqlコマンドの --host で指定する localhost は 127.0.0.1 や ::1 のことではありません。 TCP/IPではなくUNIXソケット(/tmp/mysql.sock等)を使用してローカルホストのmysqldに接続することを意味します。 https://dev.mysql.com/doc/refman/5.6/ja/connecting.html Unix では、MySQL プログラムはホスト名 localhost を、ほかのネットワークベースのプログラムと比較して想定されるのとはおそらく異なる、特別な方法で扱います。localhost への接続で、MySQL プログラムは ...


9

三つほどあります。 DNSキャッシュポイズニングの成功確率が上がる。 DNSキャッシュポイズニングとはDNSの応答に割り込んで偽情報を送り込んでしまう攻撃です。DNSキャッシュポイズニングが成功した場合、全く別のサーバーへアクセスさせることが可能になります。具体的に言うと、ja.stackoverflow.comのAレコードについてスタック・オーバーフローとは全く関係無いサーバーのIPアドレスにしてしまうと言うことです。この状態でブラウザでスタック・オーバーフローを見ようとすると、全くの偽サイトが表示させるという事になり、ログイン情報が盗まれたり、ウィルスに感染させられたりする可能性があります。被害を受けるのはサーバー側では無く、サーバーにアクセスする側、つまり、利用者側であると言うことに注意してください。 ...


8

存在しないと思います……ネットワークのデバイスレベルの仕組みに詳しくなくて恐縮ですが、以下に理由を挙げます。 基本的にプログラマに出来ることは、可能な限り大きなデータをRecv や Send 関数に渡し、OSが用意したプロトコルスタックが判断した送受信可能なバイト数(Recv/Sendの返り値)に従って処理を続けるプログラムを書く事だけです。 通信に使用するバッファの取り方も、プロトコルスタックが判断します。 1つの接続に対して、少しずつバッファを配分するような設定になっていると、プログラム側でスレッドを作り、沢山接続を作ることで性能が向上します……しかしこれはもう、ソフトウェアの工夫というよりは、プロトコルスタックの実装がそうなっているから、というだけです。


8

ロードバランサの実装方法や利用方法(ロードバランス手法)によって異なるので、一般論として言える「限界値」はありません。 性能パラメータとしては スループット 保持可能セッション数 SSLの場合暗号化スループット なんかがあります。 上位機種であれば仕様上10Gbps超に対応できたりしますが、そこまで行くまえに普通は回線スループットやアプリケーションなどいろんなところに限界が来るので、CDNを使ってトラフィックを逃がすとか、アプリケーションレベルで接続先を分散するとかし始めます。するとロードバランサの負担は下がっていきます。


8

送信間隔100msでゆっくりと送信して450kB/sで送信しているつもりかもしれませんが、実態としては1500kB/sで送信した後に33msのディレイを入れているに過ぎません。1500kB/sで送信したときに受信側のドライバの処理が追いつかなければ、容易にパケットをロストしてしまうでしょう。 1msのディレイを4msに変更して、33msのディレイを無くせば随分と安定するはずです。


7

その際にソケットで単純にRecv()してSend()していますが、ネットワークカードに対して効率の良い書き込みや読み込みの作法はあるのでしょうか? @Lightenさんの回答にもありますが、「可能な限りデータを一括してRecv/Sendする」が原則です。アプリ側で確保するユーザランドのメモリ領域と、ネットワークドライバ側のメモリ領域との間でのメモリ転送は、一般にコスト高となるため極力避けるべきです。 また、直接の回答ではありませんが、下記資料も参考になるかと思います。 10GbE時代のネットワークI/O高速化 Ethernetの受信処理 マルチコアとネットワークスタックの高速化技法


7

静止画の質問だと思ったので回答しませんでしたが、動画であれば次のようになっています。仕組みは幾つかあるのですがAppleが提唱して標準化されたHTTP Live Stream (HLS)方式について書きます。 プレーヤは動画を再生する前にマニフェストファイル(例:.m3u8の拡張子)を読み込みます。このファイルには、動画のビットレート、エンコード方式、画面のサイズなどの組み合わせで決定される複数のURLが含まれています。通常ビットレートで高中低の3つくらいを含めます。 #EXTM3U #EXT-X-STREAM-INF:PROGRAM-ID=1,BANDWIDTH=1280000,CODECS="vp8,vorbis",RESOLUTION=240x135 http://example.com/low....


7

telnetとは関係なく、HTTP/1.0以降のリクエスト行として正しくないのが問題です。 HTTP/1.0 以降のリクエスト行には Method、Request-URI の他に HTTP-Version も必要です。例えば GET /index.html HTTP/1.0 といった形式になります。 今回の場合バージョンを省略したために HTTP/0.9、もしくはRFC1945で言うところのSimple-Requestとして扱われたものと思います。HTTP/0.9のリクエストはリクエスト行だけで構成され、ヘッダ群はありませんから、一行目を送っただけで直ちにレスポンスが返ってきたのでしょう。 Windowsのtelnetコマンドで試したところ、 GET /index.html ...


7

世界中で固有のMACアドレスが振られているのだから、IPアドレスの必要性が疑問になるというのは確かにそのとおりですね。ただ、それは「ものを識別する」という観点では正しいものの、情報を届けるということを実現するために、そうはなっていません。 IPアドレスは送信元/最終的な宛先、MACアドレスは次に転送する隣の機械を識別するため、というのがよくある説明です。 L2(データリンク層)とL3(ネットワーク層)の2つの層の違いを知る必要があります。 L3のIPアドレスは組織が割り振りをある程度自由に設計することができ、ネットワークのサイズ・隣のネットワーク・上流のネットワークのような設計を決めることができます。組織の規模や使い方、送り先との契約であったり大人の事情を盛り込むことができるわけです。 ...


7

簡易 TCP サーバーとして使える nc コマンドで待ち受けておくのはいかがでしょうか。 nc -l 〈ポート番号〉 改造例: nc コマンドで簡易HTTPサーバ あるいは Python のワンライナーで HTTP サーバーを立ててしまうのも OK そうです。 # Python 3 python -m http.server 〈ポート番号〉 他言語でもワンライナーでサーバーを立てられる場合があります: ワンライナーWebサーバを集めてみた


6

このようなログインが必要なWi-fiスポットは、ログインしていない状態で適当なウェブサイト(例えばapple.comとか)にアクセスすると、そのリクエストを傍受して強制的にログイン画面にリダイレクトさせるような設定になっています。 この挙動を利用してiOSはアクセスポイントに接続したときに、Appleのサーバーにテスト用のHTTPリクエストを送ることで、ログインが必要なWi-fiスポットかどうかを自動的に判断しています。 つまり、Appleのサーバーのデータが期待通りに返ってきた場合は認証が不要と判断して何もしませんが、リダイレクトによって違うデータが返ってきた場合はログイン画面と判断してそのページをポップアップするようになっています。 参考: http://arubanetworks.com/wp-...


6

----+---------------------+------- | | : : routerA routerB |192.168.1.253 |192.168.1.254 ----+--+-------+------+---+-------- | | | 機器A 機器B 機器C (GWはrouterA) (GWはrouterB) ってことですね。 問題ありません。 ただし、機器A,Bが必ずRouterAを経由する、機器Cが必ずRouterBを経由することは保証されていません。 ...


6

UDPの場合、フロー制御はアプリケーション側で行う必要があります。 //取得したデータから画像を復元 復元処理に1ms以上要していれば当然バッファが溢れますが、その点はどうでしょうか?


6

ネットワーク越しのメソッド呼び出しのことを「RPC」、それをオブジェクト指向にしたものを「分散オブジェクト」といいます。古くはCORBA、WindowsならDCOM、JavaならJavaRMIなどがあります。それ以上のことは私は詳しくありません。「分散オブジェクト {言語名}」等で検索してみるといいでしょう。 私見ですが、最近そういうのはあまり流行っていないような気がします。なんでもHTTPリクエストのAPIで片付けてしまうような。 その手のライブラリは、登場しては消えていく、を繰り返していて、これと言って定着しているものが、ほとんど無いような印象です。


6

「ループバックアドレス」と「ホスト名」について理解するとわかってくると思います。 ループバックアドレスは 「自分自身を表す仮想的なアドレス」です。 IPv4では「127.0.0.1」、IPv6においては「::1」(0:0:0:0:0:0:0:1)が使われます。 ホスト名は、IPアドレスに紐付けられた 任意の名前です。IPネットワークでは、各ホスト(ノードと言ったりします)のネットワークインターフェースには、固有のIPアドレスが設定されます。IPアドレスは人間には覚えにくいので 人間にわかりやすい ホスト名をつけます。ホスト名とIPアドレスの変換はOSが暗黙のうちに行うので、両方を覚える必用はありません。 慣習的に「127.0.0.1」のホスト名は「localhost」とつけられます。 (...


6

まず、HTTPS を proxy する方法は2種類あります。 proxy が通信内容を傍受できない方法 proxy が CONNECT を受け取った時、HTTPS サーバへ接続し、クライアントへ 200 OK を返します。あとは、クライアント - HTTPS サーバ間の TLS ハンドシェイクも含めて、両者間を橋渡しするだけです。 通信内容は暗号化されているため、proxy は傍受することはできません。 proxy が通信内容を傍受できる方法 proxy が CONNECT を受け取った時、そのまま 200 OK を返します。その後、クライアント - proxy 間で TLS のハンドシェイクが始まります。(proxy - HTTPS サーバ間でも始まります) この時、proxy は本来の HTTPS ...


6

nekketsuuuさんが提案されているようにnc -lがベストだと思います。その上で参考までに… 歴史的にはinetdがその機能を提供しています。inetd.confにポート番号に対して応答を行う実行ファイル名を記述すれば、inetdが通信処理を引き受けます。更に受信したデータをオウム返しするechoプロトコル程度であればinetdが組み込み提供してくれる場合もあります。 詳しくはご利用のディストリビューションで提供されるinetdを確認ください。


5

前置き アクティビティモニタ プリインストールされているものでいえば、ユーティリティフォルダの「アクティビティモニタ」が使えます。 起動して、通信状況を確認したいアプリケーションの名称をダブルクリック(または ⌘-I)し、表示されるウィンドウで「開いているファイルとポート」タブを選択して暫く待つと、アプリケーションが開いているファイルのリスト、そして末尾の方にポート及び通信先IPアドレスなどが表示されます。 See What Files & Ports an Application is Using with Activity Monitor ただし。 非常に読みづらいです。 ネットワークユーティリティ 通信と言えば Netstat 。ユーティリティフォルダには以前 Netstat を含む「...


5

低レイヤでの操作の話が出ていますが、それとは逆の話を。 最近のネットワークカードはオフロード処理に対応しています。IPヘッダのチェックサムだけでなく、TCPのセグメント化までしてくれるものも普及しています。 ですので、あまり低レイヤのことは意識せず、ユーザーランドからは可能な限り書き込んでおいて、OS及びNICに任せるのもひとつの手かと思います。 他に出てきていない話題として、Windows SocketのWSASend()はscatter/gather I/Oだけでなく、Overlapped I/Oもサポートします。これは先行するI/Oの完了を待つことなく次のI/Oを発行することができます。


5

ロードバランサーといっても、規模の大小(値段だと40万円~数千万円)がありますから、個々の装置のカタログで確認するしかありません。 例えば、 F5社(Big-IPというロードバランサ等を作っている)の製品レポート のようなものです。 製品の上限よりも、少し低いところに限界値を設定しておき、限界を超えた時には別のサイトに転送したり、「ただいま込み合っています」というようなお断りのページを表示したりといった対応をするように設定されているのが普通です。  各サイトは常時アクセス状況をモニタしておいて、その数倍のアクセスがあっても大丈夫なような装置を用意するなどの対策を取っていますが、ロードバランサ装置が複数故障するといった事故や、DDoS攻撃を受けるといった事態が生じた場合には、...


5

文脈によって用法にぶれがあるので、サブドメインと言う用語に本来の意味とか厳密な正解はありません。 例えば「ドメイン」=「希望して取得できる単位」(example.com、example.co.jp、などのレベル)というニュアンスが強い文脈だと、そのドメインに対してそれ以下の階層すべてひっくるめて「サブドメイン」というとらえ方も出来ます。出来ることは出来るのですが、だからといってmeta.jaがstackoverflow.comのサブドメイン、という言い方はあまりしないかな、と思います。 metaがja.stackoverflow.comのサブドメイン(ja.stackoverflow.comのmetaサブドメイン)とは一般的に言いますので、「ある階層から見たときの直下の1階層」...


5

api.example.comというホスト名api・ドメイン名example.comの組み合わせをDNSで名前解決することによって、IPアドレスが得られ通信できる仕組みです。IPアドレスのドットが多いではなく、根本的な理解の問題です。 解決方法として簡単に挙げられるのは以下の二つです。 http://IPアドレス:3000のままアクセスする http://api.example.com:3000などで名前解決できるようにローカルネットワークを構成する


5

法律(電波法)で定められたルールによる制限です。 5GHz帯を使用する場合、5.2GHz、5.3GHz帯域の電波の屋外での使用は電波法により禁じられています。 5GHz帯にもいくつか種類があり、屋外向けの帯域もあるようですが、屋内の定義は以下になるようです。 屋内とは四方が壁に囲われた建造物の内部の空間をいい、駅のホームや自動車や電車など乗り物の中は屋外の扱いとなります 参考: 5GHz帯で利用する | Aterm ユーザーズマニュアル 無線LANの5.2GHz帯(W52)、屋外利用を可能に、電波法施行規則を改正へ


5

172.217.161.238が割り当てられているサーバー上の設定を直接確認する、172.217.161.238のサーバーが接続されたネットワークの設定を確認する、つまり、自分自身がGoogleのサーバーやネットワーク管理者である、と言ったことがない限り、実際にそのサーバーが所属するネットワークについてネットマスクがいくつなのか、そのIPのネットワーク部とホスト部がどれなのかはわかりません。 外部からわかる情報は172.217.0.0/16という範囲でGoogleにIPアドレスが割り当てられていると言うことだけです。Googleが/16をそのまま/16として使用しているとは限りません。172.217.0.0/24, 172.217.1.0/24, ..と/24で区切っている使っている可能性もあれば、...


5

グローバルIPアドレスが自分の管理下にない場合には、通信に使われているアドレスが何かを確実に把握する信頼できる方法はありません。 自分の管理下というのは、自分の管理下の機器にグローバルIPアドレスが直接付与されている場合のほかに、契約によりグローバルIPアドレスが特定できる場合などです。 何らかの相手にTCP/IPで通信を行い相手方で接続元のアドレスを確認する方法は簡易的には使用できますが、確実な方法ではありません。 例えばキャリア側でNATされているような場合、通信の都度NATされた後のアドレスが変わる可能性があります。また、トランスペアレントなプロキシがいる場合など、プロトコルによって通信経路が異なる場合もあります。 ですので、「接続元のアドレスを表示してくれる何か」を、...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります