次のタグが付いている話題の回答:

3

多くのユーザーの皆様より、Slack メッセージ内で Markdown を使いたいとのコメントをいただいていますが、現時点では Markdown への対応は予定していません。 だそうです。 メッセージの書式に関してはこちらから確認できます。(上記のメッセージもリンク先からコピーしました。)


3

質問者さんの想定する動作を実現する方法はないかと思われます。 登録した単語を含む文章であっても、該当単語と他単語の間にスペースや特定の文字(例えば「?」「!」等)での区切りがない場合は認識されないようです。 上図のように登録した状態で「where is smoking area?」と発言するとレスポンスは返ってくるので「?」等の記号は区切り文字として認識されるようです。 (スペース・記号に関しては全角半角関係なし)


3

おすすめの手段としては、 slack-cleaner というpython製のアプリケーションがあるので、こちらを使うことです。 インストール後に slack-cleaner --token <SlackのTOKEN> --message --channel <チャンネル名> --user <BOTのアカウント名> のように利用します。


2

記載されたコードをGASのスクリプトエディタに貼り付けて保存すると、エラーメッセージが再現しました。 (ファイル名はSlack.gsですかね。) 実行すると次のようなエラーが表示されます。 こちらは「保存すると」という事でよろしいでしょうか? 上記であっているとして、回答いたします。 GASは関数を実行するので、関数化する事で対応が可能です。 具体的には以下のようにすればよいかと思います。 function hoge(){ // 日付取得、フォーマット整形 var currentDate = new Date(); // 以下略 } 尚、記載されているコードは一部抜粋のようで、唐突にcatch句が出ているためそこで構文エラーとなります。 動作させるためにはその辺りの修正が必要ですが、...


1

コメント書けないのでこちらで確認したいんですが、8 行目は以下の処理ですね。 if (weekday == 0 || weekday == 6) { return; ←←←←ここ } GAS は詳しくないんですが、何も返さない return は仕様として許容されているのでしょうか?


1

botのトークンを作成したユーザがメンバー権限で管理者権限を持っていないと、他人のファイルは削除できません。 Slack APIのテストページで削除を試した際に下記のレスポンスが出る場合は権限を昇格してください。 { "ok": false, "error": "cant_delete_file" } もし手動では削除できてbotでは削除できない場合は、トークンなどの隠すべき情報を除いたpythonのコードや設定方法などの詳細な情報を追加すると回答が付きやすいかもしれません。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります