次のタグが付いている話題の回答:

3

自己解決しました。 KinesisのようにArnのサポートがない場合は下記のようにFn::JoinでArnの文字列を生成することでResourceの指定ができました。 "Resource":[{ "Fn::Join": [":", [ "arn:aws:kinesis", { "Ref" : "AWS::Region" }, { "Ref" : "AWS::AccountId" }, { "Fn::Join": [ "/", ["stream", { "Ref": "LambdaSqsConsumerStream" } ] ] } ]] }] SQSのようにArnのサポートがある場合は下記のようにFn::GetAttでResourceに指定ができます。 "...


1

チラホラと述べられていますが、CloudFormation のテンプレートのデフォルトパラメータは、 Stack 作成時に、明示的に指定がない場合、その値でもって引数パラメータとして環境の初期化を行うための仕組みの様子です。 一度初期化した後には、デフォルトからコピーされた値が CloudFormation 上で管理されることになり、その値がデフォルト利用なのかユーザーが明示的に指定したものなのかの管理は、 CloudFormation では行われない様子です。 ですので、デフォルトパラメータを更新した際に、それを既存の Stack に適用するためには明示的に Stack のパラメータ更新を行う必要がある様子です。 参考: @maya2250 さんのリンク https://stackoverflow....


1

そのものズバリのツールなどは確認できませんが、アイデアとしては構成可視化ツールを使って CloudFormation のデザイナーと比較するという方法が考えられるかと思います。 Cloudcraft – Draw AWS diagrams https://cloudcraft.co/ duo-labs/cloudmapper: CloudMapper helps you analyze your Amazon Web Services (AWS) environments. https://github.com/duo-labs/cloudmapper AWS CloudFormation デザイナー とは - AWS CloudFormation https://docs.aws.amazon.com/...


1

CloudFormationのFn::Join関数を用いると可能かと思われます。 Fn::Join - AWS CloudFormation cfn-iam-group.yml AWSTemplateFormatVersion: "2010-09-09" Description: A sample template Parameters: IAMUserArn: Type: String Default: arn:aws:iam::1234567890:user/user-name Resources: IAMGroup: Type: "AWS::IAM::Group" Properties: GroupName: "Users" ...


1

SAMとaws cloudformation packageを使うのが良いと思います。 例えば、下記のtemplate.yamlのCodeUriのようにファイルのパスを指定します。 $ grep Uri template.yaml CodeUri: LambdaFunctionOverHttps.py $ ls LambdaFunctionOverHttps.py LambdaFunctionOverHttps.py $ aws cloudformation packageでtemplate.yamlとS3バケットを指定すると、 lambda関数をS3バケットにアップロード template....


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります