次のタグが付いている新しい回答:

0

impdpにはQUERYオプションがあります。 使用例をリンク先から抜粋: impdp oracle/oracle \ DIRECTORY=DMPDIR \ TABLES=TEST \ TABLE_EXISTS_ACTION=append \ QUERY=\"WHERE ID \>= 10\" \ CONTENT=data_only \ DUMPFILE=TEST.dmp \ LOGFILE=TEST_IMP.log パラメータファイルを使わないと記号のエスケープが必要になる点や、表別名としてKU$を用いるTipsを意識しないと思わぬ結果になりかねない点にご注意ください。 また、...


1

質問文中のクエリは左辺、右辺ともレコードを参照しないと値がわからないので、フルスキャンになるのは妥当かと思います。 仮想列でdate1とdate2が同値かどうかを判断できるようにして、この仮想列にindexを張ればインデクスを用いたスキャンにはなると思います。 alter table table1 add ( same_date number(1) generated always as ( case when date1 = date2 then 1 else 0 end ) virtual ); create bitmap index idx_same_date on table1(same_date); select * from table1 ...


0

どのようにすれば、このような状況でTable Full Scan を防げるでしょう? 場当たり的な(しかし有効と予想される)対応ですが、INDEXヒントでオプティマイザにインデックスの使用を強制することができます。 select /*+ INDEX(TABLE1 TABLE1_IDX) */ * from table1 where date1 = date2; 他の対応としてはレコードの更新時に動作するトリガーを仕込んでおいて、更新レコードのdate1とdate2が同じかを判別してフラグを立てる方法や別テーブルに更新レコードのキーを追加/削除する方法が考えられます。 クエリ処理前に更新日が一定以上のレコードに対して上記処理を行う方法も運用によっては有用かもしれません。 ...


上位 50 件の最近の回答が含まれています