次のタグが付いている話題の回答:

16

基本的に、Optimizing Docker Imagesこのページでまとめられているのが有力なものです。 以下では、これに加えて私がイメージを作る際に周囲からもらったアドバイスや試してみたことなども含めて書いてみます。 可能な限り、必要最小限のサイズのイメージからスタートする 上記ページにも記載があるように、例えばUbuntuよりもDebianを使います。私の場合は趣味的にはUbuntuが好きなのですが、配布用のDockerイメージはDebianのwheezyベースなどで作っています。上記ページにもあるように、これだけで100MBぐらい違ったりします。 RUNでのコマンドをチェーンさせてステージ数を減らす torusさんの回答にあるものです。...


9

小さいDockerイメージを作る最良の方法は、Alpine LinuxやBusyBox等の小さいベースイメージに必要最小限の変更を加えたイメージをビルドしなおすことです。 けど多分これはやりたいことではないでしょうから、別の方法を挙げます。 Dockerイメージのサイズが大きくなる原因はレイヤー数の増加です。 test/i386-ubuntu:1.1.4は1.1.1からレイヤーを重ねているためサイズが大きくなっています。 このイメージの上で何をしようともサイズが小さくなることはありません。 サイズを小さくするには、レイヤーをまとめて一階層にした新しいイメージを作るしかないと思います。 レイヤーをまとめる機能はまだDockerにはありません。 PR #13929やPR #4232で提案されましたが、...


7

OSの仕様上、デフォルトではIPv6のソケットはIPv4の接続も受け付けることができます。 IPv4のアドレスは自動的にIPv6の「IPv4射影アドレス」に変換されます。 http://man7.org/linux/man-pages/man7/ipv6.7.html IPv4 and IPv6 share the local port space. When you get an IPv4 connection or packet to a IPv6 socket, its source address will be mapped to v6 and it will be mapped to v6.


5

1台のサーバ内でWebサーバ用コンテナを複数稼働しても負荷分散にはならず、むしろコンテナを稼働するオーバーヘッドが加算されて負加増になるかと思います。


5

Docker ベースの WordPress 開発環境 Wocker の作者です。そして VCCW のコントリビューターの一人でもあります。 まず、VCCW について。 VCCW の利点 豊富な初期設定オプション WordPress のバージョン、言語、プラグイン、テーマ、サブディレクトリへのインストールなどを予め指定した状態で環境を構築することができます。 テストツール PHPUnit というテストツールを利用することができます。 また、テーマテスト、プラグインテストも、初期設定のオプションが用意されていたり、テスト用のプラグインを予めインストールするよう設定することができます。 WordMove 本番を開発環境に同期させることができるデプロイツール WordMove を利用できます。 VCCW の欠点 ...


5

Dockerfileはコンテナ(プロセス)を起動するためのものではありません。 コンテナイメージを作成するためのものです。 コンテナイメージとは、ざっくり言ってファイル群とDockerのメタ情報をまとめたもので、コンテナを起動する起点です。 要するに、コンテナで実行したいプロセスに必要なファイル群を集めるのがDockerfileの主な役目です。 つまり、RUN systemctl start nginxのように、プロセスの起動を目的としたコマンドをDockerfileに書いても意味がありません。 Dockerfileで作ったコンテナイメージをdocker-compose upしたときにsystemctl start nginxを実行したいのであれば、docker-compose....


4

MAX_N=500 docker pull ubuntu docker tag ubuntu test_ubuntu_img for ((i=0;i<${MAX_N};i++)); do docker run --name=test_ubuntu test_ubuntu_img /bin/bash -c \ "echo $i > ${i}.txt" docker commit test_ubuntu test_ubuntu_img docker rm -v test_ubuntu done docker rmi test_ubuntu_img 上記のようなスクリプトを実行して、実証的に layer 数を判定することはできました。 (上限である ...


4

オフィシャルイメージをそのまま使っているなら、そのCMDが["/bin/bash"]に設定されていて--loginオプションがついていないことが原因と思われます。 今のコンテナを削除してdocker run -it --name centos7 centos:7 /bin/bash --loginからやり直すか、 docker commit centos7 NEWIMAGE docker run -it --name NEWCONTAINER NEWIMAGE /bin/bash --login のように一旦コミットしてからコマンドを指定してrunし直してみてください。 一応、コミットせずに無理やりコマンドを変える方法も無いことはないようですが……。


4

Dockerのリポジトリには複数のイメージが登録でき、それらをタグで区別しています。 ……という風に区別しているようです(少なくとも、Docker Hub上のリポジトリについてのドキュメントを読む限りは)。 たとえばこのドキュメントには、 You can add multiple images to a repository, by adding a specific :<tag> to it (for example docs/base:testing). (拙約) 適当な:<tag>をつけることで、リコードをここに入力ポジトリには複数のイメージが追加できます(例: docs/base:testing)。 などと書かれています。 更にややこしいことに、「...


4

本家ドキュメントのKnown issues に載っている問題です。 NTPサーバに接続できない場合、休止状態から戻った時に時刻が同期されないとのことです。 解決策として2つ挙げられていて、 1. 休止状態から復帰した時に docker run --rm --privileged alpine hwclock -s を実行して手動で同期させる 2. 低優先度のNTPサーバとしてlocalclockを参照させる 一時的に使用する分には1.の方法で十分かもですが、常時Dockerを動作させる場合は2.の方がいいかと思います。


4

docker logsの-fオプション(「follow log output」)ではいかがでしょうか?


4

最後の部分ではPersistent volume(esdata1)の設定をしています。 ローカルのディレクトリをマウントする(flask-appディレクトリ)ならばこれはいりませんが、Persistent volumeを使う場合はこのように別途利用するVolumeを宣言する必要があります。


4

コマンドの前に書かれた >&2 も標準エラー出力にリダイレクトするという意味です。シェルスクリプトのログをエラー出力に流すために使われています。 Bash のマニュアル 3.6 Redirections に次のとおり書かれています。 The following redirection operators may precede or appear anywhere within a simple command or may follow a command. (和訳) リダイレクト用の以下の演算子は、単純なコマンドの前に置いたり途中に置いたり、後に置いたりします。 今回のような使い方をすると、echo の出力のみをエラー出力に流すことになります。つまり、...


4

(コメントより) alias は interactive mode でしか利用できませんので、例えば sudo を関数化してしまう方法が考えられます。function sudo { "$@"; }


4

コンテナの中でPATHを通すときはbash profileなどを使うのではなくDockerfileの中でENV命令を使います。 ENV RBENV_ROOT="/usr/local/rbenv" PATH="${RBENV_ROOT}/bin:${PATH}"' といった具合でやってみると良さそうです。 ちなみに、CentOS上で動かしたいという明確な理由がない限りは、Rubyを動かすだけであれば公式のイメージでもよさそうですね!


3

「💪」のような絵文字はだいたい4バイト文字です。MySQL の utf8 は3バイト文字までしか扱えないので、utf8mb4 を指定する必要があります。 upons テーブルは utf8mb4 になっているので問題ないのですが、接続の charset が utf8 になっています。 1行目の gorm.Open の引数の charset=utf8 を charset=utf8mb4 にすればいいと思います。


3

Microsoft のトラブルシューティングに載っている以下のコマンドを実行すると直りました。 Invoke-WebRequest https://aka.ms/Debug-ContainerHost.ps1 -UseBasicParsing | Invoke-Expression ユーザ名は伏字にしていますが、スクリプトの実行結果を載せておきます。 PS C:\Users\*****> Invoke-WebRequest https://aka.ms/Debug-ContainerHost.ps1 -UseBasicParsing | Invoke-Expression Checking for common problems Describing Windows Version and ...


3

ホストOSがWindowsでDockerコンテナ上でLinuxを動かす場合に、Windowsのカーネルを使ってLinuxを動かすということになります。 「ホストOSがWindowsでDockerコンテナ上でLinuxを動かす場合」というのがDocker for Windowsを指すものと解釈して回答します。 Docker for Windowsはいまのところ、WindowsのHyper-VのVM上でLinuxを動かして、その中でLinuxのコンテナを動かすものです。Windowsのカーネルを使ってLinuxを動かすわけではありません。


3

解決法 pip install の前に以下を実行してください。 apk add build-base libffi-dev 解説 cffi はその名の通り C への FFI (Foreign Function Interface) を提供するものなので、動かすには C の処理系が必要です。そして python:alpine には GCC などの C コンパイラが含まれていません。したがって自前で GCC をインストールする必要があります。 また StackDestroyer さんの Dockerfile には既に含まれていますが、公式のインストール手順によると GCC の他に libffi-dev も必要です。


3

Dockerコンテナの実行時に-tオプションをつけていないのが原因でした。 docker run -it ubuntu_test こんな感じで大丈夫でした


3

今回のエラーの原因は、ローカルエリアネットワークに接続したPC上のDockerコンテナから外部のインターネット上のコンテンツや資源にアクセスする場合に、適切なDNSサーバーにアクセスできないことであった。  DNSサーバーにアクセスする一つの方法として、dockerコンテナ起動時のrunコマンドのオプション (書式 --dns=DNSサーバーのIPアドレス)でアドレスを指定することであると、あるサイト情報に記載されていた。これに従い、今回の場合はPCの接続先であるルータ上にローカルなDNSサーバーが設定されていたので、そのルータのIPアドレスを指定することで解決した。


3

最終的に以下のようにするとbuildできました。 ref: https://github.com/puma/puma/issues/1136 Dockerfile以下のように修正 23行目: curl libssl-dev \ -> curl libssl1.0-dev \ Dockerfile FROM phusion/passenger-ruby23 # set some rails env vars ENV RAILS_ENV production ENV BUNDLE_PATH /bundle # set the app directory var ENV APP_HOME /home/app WORKDIR $APP_HOME # Enable nginx/passenger RUN ...


3

Docker は「ふたつのコンテナイメージを足す」ことはできません。「あるコンテナイメージを元に追記していく」という直感の方が合っています。 Jupyter Notebook は前提として Python がインストールされていないと動きません。このため、設計としては: Python 2 イメージの上に Jupyter Notebook をインストールしたイメージ Python 3 イメージの上に Jupyter Notebook をインストールしたイメージ のふたつを用意して使い分ける形が素朴に思いつきます。 また、Jupyter Notebook は Python 2 kernel と Python 3 kernel を同居させることもできるので、用意したい環境がさほど複雑でないなら、 Python ...


3

すみません、自己解決しました。 pumaのport 3000とbind 'tcp://0.0.0.0:3000'を2重に記述していた為でした。 申し訳ありませんでした。


3

すいません、以下の記事にある方法で解決しました。 https://qiita.com/masaoops/items/e79157ec89cd991ef8d2 実行中のコンテナをすべて停止して以下のコマンドをたたいてOS再起動しました。 docker system prune -f 古いコンテナやらネットワークやらがportをつかみっぱなしにしていたとかですかね... [追記] 結局、再発しました。 2.1.0.0から2.0.0.3に戻しました。


3

Description タブを開くと "Supported tags and respective Dockerfile links" にタグの一覧があり、 それぞれが Dockerfile にリンクされています。 latest については 現時点では Debian 10 (buster) となるようです。


3

タイトルにのみ反応 通常 UN*X 系 OS では shell glob 文字 * をシェル (bash/dash) が展開した後に各種コマンドが実行されます。 $ cp * targetdir # は $ cp file1 file2 file3 file4 targetdir # として実行される そのため、次のような場合に操作員が期待していない意外な動作をすることがあります。 * にマッチしないファイルは対象外 (.bashrc 等ドットで始まるファイル) ハイフン文字で始まるファイル名があるとコマンドラインオプションとみなされる 例 : ファイル名 -e また .bashrc があるとき $ ls -a -e . .. .bashrc abc $ mkdir ../backup; ...


3

複数のバージョンの ruby を使いわける必要がないのなら、 rbenv は不要で ruby-build だけを使うのがオススメです。 RUN git clone --depth=1 https://github.com/rbenv/ruby-build && PREFIX=/usr/local ./ruby-build/install.sh && rm -rf ruby-build RUN ruby-build 2.7.1 /usr/local のように ruby-build と ruby を /usr/local にインストールしてしまえば PATH を追加する必要もなくなります。


3

rails コンテナ内部から見ると 3000 番ポートで起動していて、ホストの 5000 番ポートからポートフォワードしているのですよね? もし、そうならば、nginx コンテナからは、ホストの 5000 番ポートではなく、rails コンテナの 3000 番ポートに接続するよう、proxy_pass を設定する必要があります。 location / { proxy_pass http://rails:3000; (略) } ただし、nginx コンテナから "rails" で名前解決するには、links で設定するか、networks で両コンテナを同じネットワークに配置するか、どちらかになると思います。


3

bundle installのエラーコード10は、Could not locate Gemfileで、Gemfileが見つからないというエラーのようです。(Gemfileがない場所でbundle installを実行後、echo $?とすると、対応するエラーコードが10であることが確認できます。) また、元記事のDockerfileと比較して見てみると、GemfileとGemfile.lockをdocker内に取り込む、 # ADD ./Gemfile $APP_ROOT/Gemfile # ADD ./Gemfile.lock $APP_ROOT/Gemfile.lock がこのようにコメントアウトされていますので、これが原因と思われます。 ADD ./Gemfile $APP_ROOT/Gemfile ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります