次のタグが付いている話題の回答:

5

インテルx86/x64アーキテクチャのCPUには(一部の命令/データ以外では)個々のメモリアクセスでのアライメント制約は無いですよ。 x86 - データ構造アライメント - Wikipedia x86アーキテクチャは本来、アライメントされたメモリアクセスを必要とせず、またそれなしでは動作するが、x86 CPUのSSE2命令の中には、データを128ビット(16バイト)にアライメントさせる必要があるものがあり、これらのアーキテクチャでアライメントされたデータを使用することにより、パフォーマンス上の大きな利点が得られる。ただし、MOVDQUなどのアラインされていないアクセスのための命令もある。さらに、ロードとストアの操作は、通常、正しくアラインされていればアトミックである。 3.1 アラインメントに寛容な CPU ...


4

既に解決済みなので、参考までに CLFLUSH - Flush Cache Line を使って CPU cache(L1/L2/L3) を flush してみます。 実行環境 $ LC_ALL=C lscpu | grep -E '(^(Architecture|Model name)|cache:)' Architecture: x86_64 Model name: Intel(R) Core(TM) i5-8500T CPU @ 2.10GHz L1d cache: 192 KiB L1i cache: 192 KiB L2 cache: 1.5 MiB L3 cache: ...


4

K&R 2nd の 2.2 Data Types and Sizes に Whether plain chars are signed or unsigned is machine-dependent, but printable charactoers are always positive. と定義されています。つまり、charは符号付きの可能性もあるし、符号なしの可能性もある曖昧な型です。文字として扱うのであれば問題ありませんが、数値として扱うのは危険であり、それが警告されています。 INT07-C. 数値には符号の有無を明示した char 型のみを使用するで説明されていますが、具体例として char c = 200; int i = 1000; printf("i/c = %d\n&...


3

man 2 writeには以下の様に書いてありましたが macOS 10.15 のマニュアルにはそのような記述は見つけられませんでした。 カーネルのソースコード(xnu の bsd/kern/sys_generic.c 内 dofilewrite())を見ると、INT_MAX を超えると EINVAL となるコードがあります。ですので、macOS においてはこの挙動が期待される動作のようです。


2

これは意図したとおりの検証になっているのでしょうか?([rdi]がキャッシュされていて正しく検証できていないなど・・・) アセンブリコードに関しては、その(疑問の)通り(で、検証になっていない)でしょうね。 同一アドレスのメモリを読み取っているだけなのでキャッシュに収まったままでしょうし、もっと言えば変化が無い同一の処理が並んでいるので実行がスキップされている可能性も考えられます。 例えばrdiは順次インクリメントして、mov raxではなくadd raxにする必要があるのでは? アライメント制約がなくても実行速度上はアラインされていた方がいいのだろうと思っていましたが、もしかしてx86ではアライメントを気にする必要はほぼないのでしょうか? 原理的にはアクセス回数の増加は発生していますが、...


1

Clangのドキュメントはこれでしょう。 -Wchar-subscripts - Diagnostic flags in Clang Diagnostic text: lower bound warning: array section ------------- is of type 'char' length warning: array subscript is of type 'char' 他のエラーも含めてソースコードからの機械抽出らしいので、あまり内容は期待できませんね。 Clang警告オプションとメッセージ一覧 LLVM/Clangコンパイラの警告オプション(-Wxxx)...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります