次のタグが付いている話題の回答:

3

これを0から999のiに対して繰り返すとなると、iが増えるにつれて、アドレスを得るのにかかる時間も増えるとおもいます。 オイラの思いつく限りのすべての処理系において lightness[i] の計算時間は O(1) つまり処理時間は i の値に関係なく一定です。一定にならないハードウエア・ソフトウエア実装が想像できないです。 &lightness[i][j] がすでにあるとき &lightness[i][j+1] を求めるに要するコストと &lightness[i+1][j] を求めるに要するコストとでは 確かに違いがありますが、アセンブラ命令にして数命令、誤差の範囲です。ポインタ値の計算ののちにアクセスを開始する際のキャッシュのヒットミスペナルティのほうが圧倒的に大っす。


2

最近の C/C++ 規格改定で size_t の機能にハードウエアに関係する文言が追加されているでしょうか? そのような改定は行われてないはずです。(少なくともC++2aドラフト、C2xドラフトでは。) C++2a [support.types.layout]/p3 The type size_­t is an implementation-defined unsigned integer type that is large enough to contain the size in bytes of any object ([expr.sizeof]). C2x §7.19 Common definitions <stddef.h>/p1 size_t which is the ...


1

支障なく警告を解消したい と言うよりも ソースコードの可読性を良くする方が先の気がします。 *(unsigned long*)char_array1 = long_val & *(unsigned long*)char_array2 の部分の処理は x86 系と 68000 系の CPU では実行結果が異なります。 long を メモリーに 格納する順番が違うためです。 また、char の配列は 8文字 (8バイト) 確保しているのに *(unsigned long*) の コピーでは 領域の先頭の 4 バイトしか コピーしません。 char 型を 無理やり long にキャストする場合には 非常に危険で 注意が行為であることを 教えてくれているので、そこを 設計として明確にしたうえで、...


1

どういう目的でその処理が必要なのかちょっと場面の想像がつかないのですが、昔制御系のプログラムでフラグを扱ったりする際に、共用体を使っていたのを思い出しました。外していたらすみません。 共用体を使って書くと、 typedef union { unsigned long long_val; unsigned char char_array[8]; } MYDATA; : MYDATA data1 = { 0 }; MYDATA data2 = { 0 }; unsigned long long_val = 0; : (なんかの処理) : data1.long_val = long_val & data2.long_val; こんな感じです。QACかけるとどうなるかはちょっとわかりませんが、...


1

%lf の代わりに %.1lf と書けば小数点第1位までの表示に揃えられます。 printf("Your grade is F, Average is %.1lf.\n", Ave);


1

1回のリクエストでレスポンスを全部受信できたかどうかを判断する良い方法はあるのでしょうか。 ソケットの方ではこれを判定するのは不可能です。 長いデータは分割して読まれ、短いデータは一緒くたに読まれ、コンフリクトが起きれば遅れて読まれます。 ソケットに流すデータのフォーマットとしてデータ長を含めておいて、その分のデータが受信されたか否かで判断する必要があります


1

ブロックされて困るのであれば、 int val = 1; ioctl(sock, FIONBIO, &val); でノンブロッキングソケットとすることです。この場合、recvは受信済みバッファに受信済みのデータのみが読み出せることになり、待つことはありません。もし受信バッファが空の場合、何も読み出せないためrecvはエラーを返すことになるため、適切に対処する必要があります。 それと当然ですが、recvは待たなくなるためタイムアウトの設定は意味を成さなくなり、ご自身で時間管理する必要があります。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります