次のタグが付いている話題の回答:

4

だいたいあってると思います。一言でまとめると規制は暗号としての使用のみで署名では問題なかった、です。 A1. FREAK攻撃はSSLプロトコルの脆弱性と不適格なクライアント実装を使用します。認証局に署名されているのは強い鍵だけで、輸出規制にかかったクライアントにより弱い鍵が要求された場合は一時的に作った弱い鍵を提供(FREAK攻撃では中間者に弱い鍵を要求する様書き換えられる)。 A2. 弱い鍵は認証局に署名されている強い秘密鍵で署名されます。この署名は強い公開鍵で確認できます。 A3. 輸出規制は高ビットRSAの暗号としての使用のみで署名は含まれないので、暗号用であれば規制に引っかかるサイズのビットの鍵で署名しても確認はできました(ソースはリンク先の § 2(d) Cryptographic ...


4

※2015/2/13:内容に誤りがあったため、また「globalsignの証明書‌​を使ってるサイトが一部のAndroid端末だと証明書のエラーになりiPhoneやPCではならなかったので原因を知りたく調べていた」とのことなので、回答を全面的に書き直しました。 GlobalSignの証明書を使っているサイトが一部Android端末でエラーになる 具体的にどのサイトをどの端末で見たのか不明なので、考えられるケースを挙げることしかできませんが・・・ SHA256の証明書が使われているが、端末がAndroid2.3未満(Android2.3より対応) Android2.2で修正された脆弱性に由来する問題(https://jp.globalsign.com/support/faq/518.html) ...


2

openssl(1) には smime(1) サブコマンドがあります。そのオプションの -sign で署名、-verify で署名の確認を行なえます。 昔、OpenSSL smime(1) をラップする Perl モジュールを作成しました。 POD に記載したように、smime(1) に渡す/返されるデータは RFC 2822 の e-mail 形式のテキストです。ご参考まで。 https://github.com/fumiyas/openssl-hack/blob/master/lib/perl5/smime.pm


2

設定ファイルがutf8なのにlatinとして受け取っているので、そのlatinをまたutf8にするパターンの文字化けでした。 5年も前なので解決済みでしょうが、私もはまってしまいました。 で、 asn1 と ASN1_generate_nconf とにらめっこの末、以下の記述で解決しました。 FORMAT:UTF8,UTF8:男性 ただ、設定ファイルの書き方によって、FORMATより前に色々書く必要があります。 私は以下の記述で解決しました。 otherName.1=1.1.1.5;FORMAT:UTF8,UTF8:男性


2

コードを見ていないため、不明点(SSL_write()とSSL_read()が成功してデータが受信できているというあたり)もありますが、参考までに、SSL_ERROR_WANT_X509_LOOKUP エラーに関する回答です。 SSL_ERROR_WANT_X509_LOOKUP は、OpenSSL のマニュアルにも記載されている通り、SSL_CTX_set_client_cert_cb() で設定したコールバック関数が負の値を返してハンドシェイクを中断したために発生するエラーです。 https://www.openssl.org/docs/ssl/SSL_get_error.html SSL_ERROR_WANT_X509_LOOKUP The operation did not ...


2

C++だと勝手が違うかもしれませんが、Cなら普通に SSL_set_fd() に渡すファイルディスクリプタを、 ioctl() か fcntl() で ノンブロッキングに設定するだけです。 // fd = accept(soc, null, null); int opt = 1; ioctl(fd, FIONBIO, &opt); // SSL_set_fd(ssl, fd); // SSL_accept(ssl);


2

メッセージを見る限り、中間CA証明書の検証でエラーが出ているようです。英語の翻訳に自信がないですが、ルート証明書が古いかない場合のエラーのようです。(もしかしたら、中間CA証明書がない場合のエラーかもしれませんが。)  ここの--ca-certificateオプションの説明によると、wgetはシステムの証明書を使うようなので、そこに足りない証明書を追加する(例えば、Ubuntuならこの辺りを参照)か、前記オプションなどで別途取得した足りない証明書を指定する必要があると思います。  なお、同様なエラーが出る環境が手元にないため、上記方法でうまくいくかは未確認です。  また、エラーがでた証明書を調べたり取得する方法は、Firefoxでは以下の通りです。 https://jp.globalsign.com/ ...


2

外しているかもしれませんが、OpenSSLのビルドオプションがスタティックリンクになっていないのではないでしょうか。 また、OpenSSLをビルドした環境と、現在開発をされている環境でコンパイラのバージョンが違うということはないでしょうか? 上記のような条件でバージョンが違うライブラリを参照した場合、未解決エラーが出ることがあります。 一度OpenSSLを現在の開発環境でビルドしなおしてみてはいかがでしょう。


2

解決しました! おそらく原因は通信速度が遅いことによるタイムアウトか、 Macがスリープになってしまったことによる通信断でした。


2

自己回答です。コメントでいただいた内容を踏まえてまとめます。 Ubuntu18ではOpenSSL1.0が標準で、libssl1.0.0というパッケージ名。 Ubuntu19ではOpenSSL1.1が標準で、libssl1.1というパッケージ名。 依存関係を解決したいだけなら、メタパッケージのopensslをインストールすれば、ディストロ毎の標準OpenSSLがインストールされる。 OpenSSL1.0とOpenSSL1.1では、APIが異なり、バイナリ互換性がなく、shared library を差し替えただけでは、恐らく動作しない。 ディストロ毎のパッケージリポジトリを分けることができるなら、Depends: opensslとして、Ubuntuのバージョン毎に別のdebファイルを作成すると良い。 ...


2

この後調べていった結果、 OpenSSL の RSA で用いられる秘密鍵は、RFC3447で定義されているものがそのまま利用されているようだな、と思っています。それぞれ、 modulus: n == p * q publicExponent: e == 65537 (==0x10001) privateExponent: d == e^-1 mod LCM(p-1, q-1) ※ prime1: p prime2: q exponent1: d mod (p-1) exponent2: d mod (q-1) coefficient: q^(-1) mod p の様子です。 ※: LCM は最小公倍数関数。これは、つまり、 ...


2

自己レスです。 本家の issue に同じものがありました。 using ADH on new openssl · Issue #8408 · openssl/openssl openssl s_client -cipher 'ADH:@SECLEVEL=0' -tls1 -connect 10.xxx.xxx.xxx:8729 OpenSSL 1.1.0 implements "security levels". The default security level is 1. ADH ciphersuites are in security level 0 and so are blocked by default. ということで、クライアントは API 呼び出しに @...


1

ソースコード(genrsa.c、ca.c)をあたってみましたが、どうやらもとのコードの時点ですべて標準エラーに出力しているようで、分ける方法は存在しないようでした。 どうしても出力を削りたければ、あとから何らかのプログラムで必要でないテキストを削るようにする必要があると思います。


1

自己解決しました。 x86ビルド後のゴミファイルが残った状態でビルドしていたためx86オブジェクトのリンクでエラーが発生していました。 OpenSSLのtgzを再展開後ビルドで成功しました。


1

(この回答が直接今回のエラーに関与している訳ではないと思うのですが、質問者さんの環境ではこれで問題が解決したとのことですので、回答として投稿します。) vagrant up を実行するカレント・ディレクトリを間違っているのかもしれません。vagrant init によって Vagrantfile を作ったディレクトリに cd してから vagrant up してください。ドットインストールの動画通りなら、MyCentOS という名前のはずです。 また、errno が異なる類似のエラーに関しては、検索すると「rm ~/.vagrant.d/tmp/* する」「何回か vagrant up してみる」「インターネット接続を確認する」「OpenSSLをバージョンアップする」などで解決したという記事が見つかります。...


1

mod_http2 は Available in version 2.4.17 and later となっており 2.4.6 では使用できないと思います。 ご覧になっているページと同じ httpd-2.4.23 で試すと /usr/local/apache2/modules/mod_http2.so にモジュールがインストールされました。


1

Address 0x0 is not stack'd, malloc'd or (recently) free'd なのでnullptrから値を読み込もうとしています。OpenSSL側のバグの可能性もありますが、たぶん不正な値を渡したのでしょう。 挙げられたコードを手直しして実行してみましたが特に問題なく動作しました。 なお、enclen declenはsize_t*とする必要はありませんし、 *decdata = (unsigned char *)realloc(*decdata, sizeof(unsigned char *) * *declen); では要求されたメモリ量の8倍のメモリ確保をしています。


1

コンパイルのオプションに「-lcrypto」が必要ではないでしょうか。


1

PKCS7 のデータ構造は、 http://www.itu.int/ITU-T/formal-language/itu-t/x/x420/1999/PKCS7.html に定義があります。ASN.1 になじみがないとデコードした結果とつきあわせるのは難しいかもしれません。


1

コメント欄で教えていただいた情報に沿って、ターミナルから以下のコマンドを打つことで解決できました。 参考にしたページ: SVN: SSL disabled due to library version mismatch $ sudo port upgrade neon この投稿は @kitcon さんのコメント の内容を元に コミュニティwiki として投稿しました。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります