次のタグが付いている話題の回答:

7

まずは、現在起動中のシェルは終了しない方がよいです。 (もし終了してしまった場合は、シングルユーザーモードに入り、以下のような作業をすることになります。少し手順が増えて面倒かと思います) busybox コマンドが存在するならば、起動中のシェルで busybox sh を実行し、libc に依存しないシェルが起動できます。 busybox にはいくつかの基本的なコマンドが内蔵されていますので、これでリカバリー作業を行います。 例えばDebianであれば dpkg も内蔵されていると思いますので、libc6のパッケージを dpkg でインストールできます。 Debianのパッケージは公式サイトで検索して wget でダウンロードできますし、もしかしたらキャッシュが(/var/cache/apt/ あたりに?)...


6

サービスの自動起動を止める OSはDebian 9 systemdでサービスが管理されているはずなので、 sudo systemctl stop uv4l.service sudo systemctl disable uv4l.service でいかがでしょうか。 サービスの起動シーケンスを調べる systemdのユニットファイルが格納されているパスの一覧は、以下のコマンドにより表示することができます。 systemctl show --property=UnitPath 表示されるパスのいずれかにuv4l.serviceというファイルが含まれているはずですので、そちらの中身からサービスの起動シーケンスについて調べられます。


5

パッケージのファイルに電子署名がなされます。 参考:Debian 管理者ハンドブック 6.5. パッケージ信頼性の確認


4

GUI なしでビルドされているのではないでしょうか。SDL または GTK が必要です。qemu --help (qemu -h) を実行すると The default display is equivalent to 行の次にデフォルトのディスプレイオプションが表示されます。 $ qemu-system-x86_64 -h |sed -n '/^Display options:/,$p' |head Display options: -display sdl[,frame=on|off][,alt_grab=on|off][,ctrl_grab=on|off] [,window_close=on|off][,gl=on|off]|curses|none| -display gtk[,...


4

1. testing を使う方法 WSL の Debian でも、通常の Debian と同様の方法で testing からインストールすることができます。ただし実装の差などの問題から、インストール後に何かしら警告やエラーが出る可能性はあります。 testing からインストールする方法は、Debian Wiki のページ DebianTesting に解説があります。インストール手法だけでなく testing とは何かから解説がありますので、ご一読ください。また、紹介だけですが日本語での短い解説もこちらにあります。 インストール手法だけ抜粋・日本語訳すると、以下のような流れになります ("How to upgrade to Debian (next-stable) Testing" ...


4

WindowsからTeraTermなどのエミュレータでゲストに接続する方法もあると思います。


3

Unix 系の OS では通常クリップボード機能は X が提供します。CUI のみの場合は、クリップボードと言う概念は OS にはないはずです。 lemonade と言うソフトウェアを使うと、そういった環境でも外部とクリップボードのやりとりをすることができます。 リンク先を参考にしてみてください。 lemonade 配布元 https://github.com/pocke/lemonade 作者による紹介記事 http://pocke.hatenablog.com/entry/2015/07/04/235118 http://pocke.hatenablog.com/entry/2015/08/23/221543 手前味噌ですが、私による紹介記事 https://thinca.hatenablog.com/...


3

libcは、ほぼすべてのプログラムの核となるライブラリのため、アンインストールするとほとんどのプログラムが動作しなくなります。 Debianのインストールからやり直した方が良いと思います。


3

昨今のアプリケーションであれば、大抵は自分でMakefileを書かずに、autotoolsやcmakeなどのビルドツールを使っていると思います。 それらの場合、ビルド時にインストール先を決定し(例えば「./configure --prefix=/usr」や、「cmake -DCMAKE_INSTAL_PREFIX=/usr」などのように)、その指定に従ってインストール先をコンパイルオプションや設定ヘッダファイルで定義してビルドします。 例えば、以下はcmakeを使ったプロジェクト例です。 main.c // main.c #include <stdio.h> #include "config.h" int main() { printf("Hello, world!\n"); ...


2

あなたのアカウントのパスワードを入力しましょう。実際になんというパスワードかは、あなたしか知りません。 chageや/etc/shadowでは見れないみたいなのでやっぱりpasswdで変更するしかありません。


2

deb-s3はいかがでしょうか? https://github.com/krobertson/deb-s3 以下のようにpackage uploadを実行することで必要であれば自動でrepositoryが作成され、利用を開始できます $ deb-s3 upload --bucket my-bucket my-deb-package-1.0.0_amd64.deb deb-s3はrepositoryのhostingにAmazon S3を利用するもので、サーバーの管理や冗長性の確保などについてS3に任せることができます


2

reboot を回避するということで、質問のなかに既に書かれている、source /etc/environment をされるのがダメということであれば、環境変数の有効範囲を限定してはどうでしょうか。 コマンド実行単位だと、以下のようになります。 $ LC_ALL=en_US.UTF-8 apt-get install foo その後、コマンド実行単位ではなく、「必要なサービスが特定のロケールを必要としている」という必要が生まれてたなら : サービス起動スクリプト毎に上記のような変更をする 専用ユーザを作り、必要なロケールを設定したうえで、サービスはそのユーザが実行する のどちらかで対処できるはずです。 (複数サービスが起動する環境で、1つのサービスがシステム全体のロケールの変更を求める状態は、...


2

解決いたしました。お騒がせいたしました。 # cat /etc/network/interfaces # This file describes the network interfaces available on your system # and how to activate them. For more information, see interfaces(5). source /etc/network/interfaces.d/* # The loopback network interface auto lo iface lo inet loopback allow-hotplug enp0s3 auto enp0s3 iface ...


2

testingを使うのは安定性の問題から通常は勧められません。安定版にインストールするのが基本です。 Pythonをインストールする話になると、日本ではまずpyenvが出てくるのですが、pyenvは、データサイエンスをしたい場合やWebアプリ等のアプリケーションを作りたい場合には向いていません。アプリケーションの開発中はPythonのバージョン等環境を固定するのが一般的なので、環境分離ツールには公式のvenv(virtualenv)又は最近開発されたpipenvを利用した方がベターです。パッケージの作成者以外ではpyenvを使ったらいいというケースはあまりないと思います。 まず、初心者やデータサイエンスをしたい場合は、Anacondaが最適です。データサイエンスの場合、Anacondaを使うと楽ができます。...


2

/etc/apt/sources.list.d/fingerprint-ubuntu-fingerprint-gui-focal.list を削除しましたら、 $ sudo apt update を実行してもエラーが出なくなりました。 補遺 /etc/apt/sources.list.d/ 以下に置かれているファイルには APT リポジトリに関する情報が記載されていますが、通常、これらのファイルは add-apt-repository コマンドを利用して追加・削除します。 今回の fingerprint-gui パッケージの場合は Fingerprint GUI の Installation に記載がありますが、以下の様にします(root 権限で実行)。 ## 追加 $ sudo add-apt-...


2

自己回答です。コメントでいただいた内容を踏まえてまとめます。 Ubuntu18ではOpenSSL1.0が標準で、libssl1.0.0というパッケージ名。 Ubuntu19ではOpenSSL1.1が標準で、libssl1.1というパッケージ名。 依存関係を解決したいだけなら、メタパッケージのopensslをインストールすれば、ディストロ毎の標準OpenSSLがインストールされる。 OpenSSL1.0とOpenSSL1.1では、APIが異なり、バイナリ互換性がなく、shared library を差し替えただけでは、恐らく動作しない。 ディストロ毎のパッケージリポジトリを分けることができるなら、Depends: opensslとして、Ubuntuのバージョン毎に別のdebファイルを作成すると良い。 ...


2

WARNING: This is a development server. Do not use it in a production deployment. Use a production WSGI server instead. 動かすだけなら、ワーニングは無視していいと思います。 試してませんが、ワーニングを消すには gunicorn などの WSGI サーバーを使えばいいと思います。 Python に組み込まれた Web サーバー機能は、機能的に貧弱で、セキュリティ対策も行われてないので、本番環境で使うのは非推奨です。HTTPサーバ & WSGI & Python アプリ というのが一般的な構成になります。


2

質問者さんの別の質問において次のような操作をされていますが、これのせいで既存の PATH がすべて喪失していそうです。 export PATH=$aw-server:/home/yusuke/.local/bin export PATH=$aw-watcher-afk:/home/yusuke/.local/bin export PATH=$aw-watcher-window:/home/yusuke/.local/bin つまり、既存の PATH を含めた形で export PATH="/path/to/new/directory:$PATH" のように書く必要があるところ、そうなっていないので PATH の内容がほとんど無くなってしまい、実行可能ファイルが見つからなくなってしまっています。 ~/....


1

PATH云々は警告なので 気にしなくてよいです。インストール先が /home/yusuke/.local/bin なので 必要に応じて、PATHに含めて使ってねと言うくらいのニュアンスだと思います。 ビルドエラーの内容は pyrcc5: Command not found です。 pyrcc5 -o aw_qt/resources.py aw_qt/resources.qrc make[1]: pyrcc5: Command not found ドキュメントの通りやると git clone --recursive https://github.com/ActivityWatch/activitywatch.git cd activitywatch/ python3 -m venv venv ...


1

https://launchpad.net/~fingerprint/+archive/ubuntu/fingerprint-gui という PPA は Ubuntu 向けに作られているので、Debian で無理矢理使おうとしてエラーに繋がっていそうです。 https://wiki.debian.org/DontBreakDebian より引用: Repositories that can create a FrankenDebian if used with Debian Stable: Debian testing release (currently bullseye) Debian unstable release (also known as sid) Ubuntu, ...


1

git clone した後、activitywatch ディレクトリに移動してから make を実行してください。 $ git clone --recursive https://github.com/ActivityWatch/activitywatch.git $ ls ## activitywatch ディレクトリがあるか確認 $ cd activitywatch $ make build DEV=true 表示されているエラーは "build という(makeの)ルールが見つからない" という内容ですが これは Makefile に記述されているので、該当の Makefile が存在するディレクトリに移動してから make コマンドを実行する必要があります。


1

stretchは現在 安定版 (stable) ですが、gcc-7は buster (testing) か sid (unstable) 以降で提供されているようです。 Debian パッケージ検索結果 -- gcc-7 そのままではstableにインストール出来ないので、testing/unstableのミラーサーバをsources.listに追加し、指定パッケージの優先度を設定することで該当のパッケージのみを借りてくることができるようです。 参考: Debian: 任意のtesting/unstableパッケージのみをinstallする方法 (システム全体はstableを維持)


1

とあるディレクトリ に読み取り権限はあるものの実行権限が無いのが原因かと考えられます。 chmod a+x そのディレクトリ など(必要に応じて sudo を付けつつ)してみてください。


1

dpkg -lと実行するとシステムにインストールされているパッケージの一覧が表示されるので、cudnnをキーワードにgrepをかけてみましょう。一覧の中にパッケージのバージョンも一緒に表示されるはずです。 $ dpkg -l | grep "cudnn" インストールされているパッケージ名を確認できたら、今度はdpkg -L <Package Name>でパッケージによってインストールされたファイルの一覧を確認できます。 $ dpkg -L <Package Name>


1

mount -t vboxsf 共有フォルダ名 マウント先ディレクトリ名 を試してみてください。


1

いくつかの前置き VirtualBox VirtualBoxのゲストOSとしてLinuxを使用している場合、Guest AdditionsをインストールするにはゲストOSで使用中のカーネルバージョンに対応したヘッダーファイル(=パッケージ)が必要になります。 ディストリビューションによってパッケージ名が異なりますが、Debian系だと "linux-image" がカーネルイメージ、"linux-headers" がカーネルヘッダになります。 (参考までに、RHEL/CentOSなどは "kernel-headers" がカーネルヘッダのパッケージ名) Kali Linux Kali Linuxに関してはローリングリリースを採用しており、パッケージの更新頻度が頻繁に行われるため、...


1

自己解決 :!globalをしてみたところ、本来gen_tags.vimで読み込まれるであろう~/.cache/tags_dir/{hoge}の中身がありませんとの表示 この時点でgen_tags.vimがglobalに何らかの細工をしていることは明白になったので、gen_tags.vimのプラグインを読み込まないように設定 そして.globalrcを共有せずにインストールしたgtagsのgtags.confを持ってくる 以上でmacOS,debian共に期待通り動いた 原因は不明


1

Essentialパッケージ一覧を私のところで表示してみました。 $ dpkg-query -Wf '${Package} ${Essential}\n' | sed -n '/ yes$/s///p' base-files base-passwd bash bsdutils coreutils dash debianutils diffutils dpkg e2fsprogs findutils grep gzip hostname init libc-bin login mount ncurses-base ncurses-bin perl-base sed tar util-linux


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります