次のタグが付いている話題の回答:

9

OWASPというWebアプリケーションのセキュリティに関するガイドラインを公開している団体があります。その指針によれば The login page and all subsequent authenticated pages must be exclusively accessed over TLS. The initial login page, referred to as the "login landing page", must be served over TLS. Failure to utilize TLS for the login landing page allows an attacker to modify the login form action, ...


6

Google Chrome で以下のような表示になっている、と仮定してお答えします。 質問に書かれたメッセージに、安全でないリソースが含まれていると書かれていますよね。これは ページ自体は HTTPS で読み込まれているのに、一部のリソースがHTTP で読み込まれている、という意味です。URL が http:// で始まる画像やスクリプトを読み込んでいないか、確認してみてください。 HTTP で読み込まれるリソースについては暗号化も接続先の検証も行われないため、ヘッダ情報を通してアクセス元のURLやアクセス先のURLが盗聴されたり、あるいは読み込んでいるリソースが改ざんされる恐れがあります。サイトは HTTPS で安全だと謳っているにもかかわらず、です。このため、ブラウザ側でそのことを示しているのです。 ...


6

たとえば暗号に対する中間一致攻撃と言うのがあります。 平文→(1段目の暗号化)→1段目の暗号文→(2段目の暗号化)→暗号文、暗号文→(2段目の暗号化の復号)→1段目の暗号分→(1段目の暗号化の復号)→平文、という処理をしてるとして、暗号と復号のプロセスから 平文→(1段目の暗号化)→1段目の暗号文 暗号文→(2段目の暗号化の復号)→1段目の暗号文 を取り出します。これを全てのパターンの鍵で試行して、「1段目の暗号文」が一致すればその鍵が正解です。素直に全件探索すると「1段目の試行×2段目の試行」の回数がいるところ、「1段目+2段目」の回数で済むことになります。 ともに128bit鍵だとすると、256bit分の強度になるかと思いきや129bit分にしかならない、と言う話です。 また、...


4

だいたいあってると思います。一言でまとめると規制は暗号としての使用のみで署名では問題なかった、です。 A1. FREAK攻撃はSSLプロトコルの脆弱性と不適格なクライアント実装を使用します。認証局に署名されているのは強い鍵だけで、輸出規制にかかったクライアントにより弱い鍵が要求された場合は一時的に作った弱い鍵を提供(FREAK攻撃では中間者に弱い鍵を要求する様書き換えられる)。 A2. 弱い鍵は認証局に署名されている強い秘密鍵で署名されます。この署名は強い公開鍵で確認できます。 A3. 輸出規制は高ビットRSAの暗号としての使用のみで署名は含まれないので、暗号用であれば規制に引っかかるサイズのビットの鍵で署名しても確認はできました(ソースはリンク先の § 2(d) Cryptographic ...


4

curl の作者は POODLE のために特別なことをする必要はないということを述べています (curl is no POODLE)。 CURLOPT_SSLVERSION で TLS 通信に限定することができますが、curl_setopt のマニュアルによるとデフォルトに任せるのが最適と書かれています。 curl_setopt_array($ch, [ CURLOPT_SSLVERSION => CURL_SSLVERSION_TLSv1 ]); 通信先のサーバーへの対応のために CURLOPT_SSL_CIPHER_LIST で指定できる暗号スイートの選択肢を増やしたいのであれば、OpenSSL のバージョンを上げる必要があります。最新の OpenSSL を導入するのであれば、...


4

残念ながらS3ではできないですね。 S3の手前にCloudFrontを利用してはどうでしょうか?CloudFrontは独自ドメイン名の証明書を割り当てる仕組みもあります。 この場合の注意点は、CloudFrontのデフォルトキャッシュ期間は24時間のため、そのままですと24時間以内の変更が反映されない場合が出てきます。S3に保管したファイルにキャッシュヘッダを指定すればCloudFrontがキャッシュする時間も指定することができます。 補足として CloudFrontのSSLは、「専用 IP 独自 SSL」の場合 月額 600USドル 掛かります。 「SNI 独自 SSL」の場合は、別途費用は掛かりませんが、古いブラウザはサポートしていません。


4

※2015/2/13:内容に誤りがあったため、また「globalsignの証明書‌​を使ってるサイトが一部のAndroid端末だと証明書のエラーになりiPhoneやPCではならなかったので原因を知りたく調べていた」とのことなので、回答を全面的に書き直しました。 GlobalSignの証明書を使っているサイトが一部Android端末でエラーになる 具体的にどのサイトをどの端末で見たのか不明なので、考えられるケースを挙げることしかできませんが・・・ SHA256の証明書が使われているが、端末がAndroid2.3未満(Android2.3より対応) Android2.2で修正された脆弱性に由来する問題(https://jp.globalsign.com/support/faq/518.html) ...


4

TCPの問題はそのまま残り、意味のあるTCP層チューニングの余地も残ります。コネクションの数・データ転送量等は変化しますが、単に解決すべきパラメーターが変わってくるだけで。 トランスポート層近辺の問題、TCP・TLS層に残された課題を解決しようとしているのはHTTP/2ではなく、QUICやWebRTCのデータチャネルなどがありますね。(後者はHTTP/2を上に載せるわけではないですが)


4

サーバーの設定に関係なく、ユーザーが https://example.com にアクセスした時点で https://example.com の正しい証明書が存在しないようなので、ユーザーから見ればそれは「安全ではない接続」になります。 SNI などを使い証明書が example.com に対して有効である状態にしない限り、安全にリダイレクトさせることは SSL の仕組み上できません。


3

自己解決しました。 WebBrowserコントロールの「ScriptErrorsSuppressed」プロパティをTrueにしていたのが原因のようです。 このプロパティをFalseにすると、WindowsServer2012R2+IE11でも無事動作しました(ちなみにプロパティに関係なくHTTPプロトコルの通常のWebページはアクセスできました)。 しかしながら、この「ScriptErrorsSuppressed」プロパティがTrueの場合に Windows7+IE11環境では通常のWebページおよびSSLクライアント認証必須ページ両方とも正常にアクセスできる。 WindowsServer2012R2+IE11環境では通常のWebページは正常にアクセスできるが、...


3

一応、LenovoがSuperfishのアンインストールツールを公開しています。 Superfishのアンインストール方法(Lenovo公式) 影響範囲や問題点については下記ブログでまとめられていました。 簡易チェックサイトや対応についても記載されています。 経緯や影響範囲、対応等 Lenovo製品にプリインストールされているアドウェアSuperfishに関連する情報をまとめてみた。 対応等はほぼ全文引用になってしまうので避けますが、関連事象(とくにその2)が気になったので、ここだけ引用させていただきます。 関連事象 その1 KomodiaのWebサイトがDoS攻撃を受けダウン メディアの注意喚起後にDoS攻撃を受けWebサイトがオフラインになっているとアナウンスされている。 ...


3

回答の原文: https://security.stackexchange.com/a/82065 あなたのマシンが脆弱であるかはこのサイトをブラウザで開いてみればチェックすることができます: https://filippo.io/Badfish/ サイトから引用すると (もしブラウザがあなたに「確認しろ」とか「信用するか」とか「受け入れるか」といったことをポップアップで尋ねてきたら、脆弱ではありません。 そしてそれらのポップに対して「はい/Yes」と答えることは危険で、安全なネット接続を自らあきらめることになります ) (訳注:この時ブラウザはポップアップで「危険かもしれないけど続行しますか?」といった質問をしています。) 皆は、Windows ...


3

コメントで指摘されていますが、sslStreamへ書き込み / 読み込みを行わなければSSL通信されません。コードにすると次のようになります。 サーバー部分 var listener = TcpListener.Create(1300); listener.Start(); using (var client = listener.AcceptTcpClient()) using (var sslStream = new SslStream(client.GetStream())) { using (var certificate = new X509Certificate("自己署名証明書のパス", "自己署名証明書のパスワード")) sslStream....


3

ネットワークプロトコルスタックと言う言葉があります。ネットワーク的に下の層をそっくり入れ替えても、ネットワーク的に上の層はそのまま動かすことができる、といった意味ですね。 TLS はトランスポート層とアプリケーション層の中間に当たるレイヤにいます。一方で我々、一般的開発者が作るのはアプリケーション層です。 TLS はアプリケーションが平文を転送しようが暗号文を転送しようが気にしませんから、その意味で暗号ロジックは独立していると考えてよいでしょう。なので「故意に TLS を阻害する」ようなことをしない限り保護レベルが低下することは無いとオイラは考えます。 #証明書が不完全です、の警告を無視して継続させるような運用をするとか・・・ 効果があるかは別問題ってことで。攻撃者がいるとして、 - ...


3

WiresharkでSSL通信をデコードするには 秘密鍵を入手する セッション鍵を入手する のどちらかが必要ですが、今回の要件では難しそうです。 HTTP Proxyをサポートしているアプリケーションなのであれば、Fiddlerのようなデバッグ用のプロキシを使う方法があります。証明書の偽装が行えるので、SSLの通信も拾えます。ただし、アプリケーション側で証明書の偽装対策が行われているとだめです。 proxyのような明示的な形ではなくSSLの通信に割り込んで同様に証明書の偽装を行うことも技術的には可能なのですが、これを簡単にできるアプリケーションがあったかどうか思い浮かびません。


3

cerbot.timer は systemd のタイマー (Unitの一種) です。 Cron (cronie) の場合はCrontab に書かれたスケジュールにしたがってジョブを起動しますが、systemd の場合は タイマーの設定に従って起動します。 systemd のタイマーには、Cronと同等にカレンダーに合わせて起動させたり、一定間隔で起動、一定間隔でありながらランダムに遅延させたり、ブート後の指定した時間が経過した後に実行などができます。 systemd に統合されているので、起動するジョブを .service として、また、タイマーは .timer というUnit として管理(有効/無効、開始/停止)します。 cgroups の管理下に入れたり、journal ...


2

メッセージを見る限り、中間CA証明書の検証でエラーが出ているようです。英語の翻訳に自信がないですが、ルート証明書が古いかない場合のエラーのようです。(もしかしたら、中間CA証明書がない場合のエラーかもしれませんが。)  ここの--ca-certificateオプションの説明によると、wgetはシステムの証明書を使うようなので、そこに足りない証明書を追加する(例えば、Ubuntuならこの辺りを参照)か、前記オプションなどで別途取得した足りない証明書を指定する必要があると思います。  なお、同様なエラーが出る環境が手元にないため、上記方法でうまくいくかは未確認です。  また、エラーがでた証明書を調べたり取得する方法は、Firefoxでは以下の通りです。 https://jp.globalsign.com/ ...


2

SSL 経由で入手されていないコンテンツ内にログインフォームが見えている場合、そのログインフォームは既に攻撃者の手によって丸々取り替えられている可能性があり、さらに、それを検証する簡単な方法がありません。途中で聞き耳をたてて通信を傍受されるなどよりも直接的な方法によって情報が盗まれ得ますから、質問で示されたような懸念は存在していると言えます。 SSL を使用することによるにするデメリットは主に、ハンドシェイク時の負荷と遅延、そして費用です。しかしながら、専用回線だけを通さずインターネットも介して情報を交換するサイトにおいては、それらのデメリットがセキュリティを犠牲にする理由にはなるとは考えにくいことです。 質問で上げられたような構造になっているサイトの意図はわかりません。SSL ...


2

まず、 HTTPS でアクセスしたサイトから HTTP のリソースを読み込めない技術的な理由はありません。 しかし「HTTPS のサイトでは全ての通信が HTTPS で行われるだろう」とユーザーは期待しますから、それに反して安全でない通信が行われるという理由で、ブラウザが警告を表示したりブロックしたりします。 よって、全てのリソースを HTTPS で読み込むことがポイントになります。 具体的にはその外部リソースに HTTPS でアクセスできるようにするか、 HTTPS でアクセスできる場所( HTML と同じ場所など)に移動させるか、どちらかでしょう。


2

外から原因を判別する手段はないので経験からくる推測ですが、 他でURLを広報してしまって取り返しがつかないのはよくあるパターンですね。 広報関係者がURL表記に強いとは限らないので。 出版物もそうですが、外部メディアやユーザーのブックマークに 長期間残ると考えると簡単にはNot Foundに出来ません。 下手に対応すると「嘘URLを広報した」や「ログイン出来ない」的なクレームが入ります。 ユーザーの少ない個人系や小規模なサイトならともかく、企業サイト等の規模になると いくらフォローしても外部のリンクを見捨てるような対応が簡単にはできなくなります。 (特にディレクトリ部分の綴りミスはよく泣きつかれます。) 昔はプロトコル(https)部分のミスで、ステルスにリダイレクト出来るようになるまで ...


2

「オレオレ証明書を回避せず」という表現がちょっと良く分かりませんが、正しいか評価しないという設定はしたくないと言う意味ですよね。 http://qiita.com/harmegiddo/items/b72ca4f430292251c8a6 上記と同じことをしているわけですよね。 おっしゃる通り、のことをすれば良いと思いますので、指定されているコードに問題があるというよりは、試験環境の問題があるのではないでしょうか。 証明書が本当に正しくルートから辿れ、認証されていて、有効期限ないのものか 比較しているハッシュ値は正しいものか 確認している端末に適切なCA証明書が入っているか などは確認済みでしょうか? ちなみに、オレオレ証明書を正しいとして処理するのは大変で、...


2

chrome のアドレスバーの左端のアイコンはサーバー証明書と chrome のポリシーによって変わります。 今日付けの chrome のバージョンは 47.0.2526.80m ですが、このバージョンについていえば - http つまり非暗号化のとき、紙アイコン - サーバ証明書が sha1 署名のとき、紙アイコン(もはや安全ではないよ、と主張しています) - サーバ証明書が sha2 署名のとき 緑の錠前アイコン - EV SSL 証明書のとき、緑の錠前+企業名 - http/https 混在のとき、黄色の△つき錠前アイコン紙アイコン - 明らかに危険なとき、赤の×つき錠前アイコン(証明書の運用が間違っている、真に詐欺サイトなど) ※鍵と錠前は区別してください。 古い chrome の場合 sha1 ...


2

残念ながら ロリポップ以外の証明機関からEV SSL 証明書を取得する必要があると思います。 アドレスバーが緑になるのは EV SSL 証明書の場合のみで その他の証明書の種類だと緑にはなりません。 ロリポップの独自SSL を見ると次のように書いてあり「GMOグローバルサインのクイック認証SSL」という証明書のようです。 「ロリポップ!で提供する独自SSLは、GMOグローバルサイン株式会社のクイック認証SSLを利用しています。」 GMOグローバルサインのSSLサーバ証明書の種類 をみると「ドメイン認証」であって「EV SSL 証明」ではない事がわかります。


2

openssl pkcs12 コマンドのオプションに -chain が必要なのではないでしょうか。 openssl pkcs12 -inkey server.key -in server+chain.crt -export -out super.pkcs12 -name myserver -CAfile aaa.crt -caname root -chain keytool -importkeystore -srckeystore super.pkcs12 -srcstoretype PKCS12 -srcalias myserver -destkeystore keystore -deststoretype JKS 訂正、まとめ すみません、読み違えました。aaa.crt がサーバー証明書なのですね。 ...


2

例えば暗号文を復号するための情報として、固定のヘッダ、あるいは容易に予測できる内容のヘッダを儲けてしまったとする。その固定のヘッダのおかげで既知平文攻撃が可能になるって事はあるかもしれない。


2

Windows上が前提とのことなので。 Internet ExplorerやWindows Updateなどは内部に通信ライブラリを持っており、それぞれWindows Internet (WinINET)とWindows HTTP Services (WinHTTP)として公開されています。 プロプライエタリなアプリケーションが独自にSSLを扱うことは滅多になく、上記ライブラリを使用するかOpenSSL等のライブラリを使用していることが想定されます。運よく上記ライブラリを使用している場合、APIが公開されていますので、API呼び出しをフックすることで、アプリケーションに返されるSSL復号後の平文データを見ることも可能です。OpenSSLでもDLLに動的リンクしている場合は同様に可能とは思いますが、...


2

自己解決しました。PHPのOPEN_SSL関係のため、PHP.INIの[openssl]にopenssl.cafileとopenssl.capathを、[curl]のopenssl.cafileを追加したところ、エラーが出なくなりました。


2

TLSは各バージョンで使用できる暗号スイートが定義されています。 例えばIPAのSSL/TLS暗号設定ガイドラインでは「高セキュリティ型」「推奨セキュリティ型」「セキュリティ例外型」を定義していますが、この中の「高セキュリティ型」では 高セキュリティ型の暗号スイート設定では、TLS1.2 でのサポートが必須と指定されている暗 号スイート AES128-SHA を利用した通信が接続不可となることに留意されたい とTLS 1.2のみならず、TLS 1.2で必須と定められている暗号スイートすら使用しないことを推奨しています。 逆の例で、Windows XP / Vista上のInternet Explorerは一定の設定を行うとTLS 1.2まで有効化させることができます。ただし、...


2

HTTPSはSSL(TLS)上にHTTPを乗せたものですので、TLSについて説明します。 TLSではまずクライアントからサーバーへClient Helloと呼ばれるパケットを送信します。その中にはCipher Suitesと呼ばれるクライアントで使用可能なアルゴリズム一覧が含まれています。その応答としてサーバーからクライアントへServer Helloというパケットが送信されます。その中にはClient Helloで送られてきたアルゴリズム一覧の中から1つ選択決定したCipher Suiteが含まれています。 WebブラウザーでQualys SSL LabsのTest your browserを開くと、そのWebブラウザーが送信したCipher Suitesを確認することができます。Webブラウザー毎(IE、...


1

はじめまして。 ぼくも似たようなケースでacme-challengeができなかったのですが、解決した経緯があったので、可能性としてお伝えしてみます。 ルーター内からスクリプトを走らせると名前解決ができない例に該当するようなので、hostsにドメイン名とローカルipを設定すると自分の場合は成功しました。 あ、ポートフォーワードされていることは前提となります。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります