次のタグが付いている話題の回答:

5

これですね。 Unable to set hostname in 12.04 · Issue #5934 · mitchellh/vagrant Ubuntu 13.04 から hostnamectl コマンドを使ってホスト名を設定するようになり、15.04 で旧来の hostname サービスによる設定が使えなくなりました。 Vagrant でも 1.7.3 から新しい設定方法に対応したものの、 Ubuntu のバージョンを見て設定方法を切り替えるコードにバグがあったようです。 前述の Issue は既に修正が行われており、 Vagrant 1.7.4 でリリースされる予定です。 1.7.4 を待つ 1.7.3 にダウングレードする とりあえずパッチを手動で適用してしまう(return を書き足すだけ)...


5

Docker ベースの WordPress 開発環境 Wocker の作者です。そして VCCW のコントリビューターの一人でもあります。 まず、VCCW について。 VCCW の利点 豊富な初期設定オプション WordPress のバージョン、言語、プラグイン、テーマ、サブディレクトリへのインストールなどを予め指定した状態で環境を構築することができます。 テストツール PHPUnit というテストツールを利用することができます。 また、テーマテスト、プラグインテストも、初期設定のオプションが用意されていたり、テスト用のプラグインを予めインストールするよう設定することができます。 WordMove 本番を開発環境に同期させることができるデプロイツール WordMove を利用できます。 VCCW の欠点 ...


5

Vagrantの実装を詳細まで知っている訳ではありませんが、概念的には Virtualboxのイメージ名 Vagrantでプロジェクト毎のマシン名の定義(マルチマシン定義) これらのどちらか(もしくは両方)を変更することでそれぞれ独立したVMとして構築出来ます。 1. Virtualboxのイメージ名の変更 Vagrantfileでプロバイダを"virtualbox"に設定しているとのことですので、以下のように変更してみてください。 Project-AのVagrantfile Vagrant.configure("2") do |config| config.vm.box = "bento/ubuntu-16.04" config.vm.provider "virtualbox" ...


4

/etc/init.d/rsyncdファイルにchkconfigの構成用のコメントが付いていないのが原因ではないでしょうか。 たとえば/etc/init.d/postfixには# chkconfig: 2345 80 30と書いた行があります。これ、シェルスクリプトの構文としてはコメントですが、chkconfigはここをみてどうやって登録するか決めます。 とりあえず動けばいいなら同じ内容を記述してchkconfig --add rsyncdすればたぶん動きます。 起動と停止の優先順位はそれなりに意味があるのですが、それはお使いのシステムの構成次第なので提示されている情報ではこれが最適というのは出せないです。が、postfixと同じでそれほど問題無いように思われます。


4

Vagrantの共有フォルダ設定が行われていれば、ホスト側でcomposer installしてもゲスト(Virtualbox)側で行っても結果は変わりません。 ホスト側で実行するのであれば、composer.phar自体もディレクトリ内に存在する必要はありません。 ただし、共有フォルダ設定がrsyncタイプの場合は、ホスト側でcomposer install後に、vagrant rsyncでファイルを同期する必要があります。


3

自己解決しました。やはりsshの鍵設定を誤っていました。 解決方法はいたって簡単で、自作box側のvagrantユーザー操作により cd ~/.ssh curl -O https://raw.github.com/mitchellh/vagrant/master/keys/vagrant curl -O https://raw.github.com/mitchellh/vagrant/master/keys/vagrant.pub mv vagrant.pub authorized_keys chmod 600 とするだけでした。 これらのファイルはvagrantの作者が公開している、vagrantボックスを自作するのに使える共通の公開鍵情報です。 秘密鍵に対応する vagrant ...


3

自己解決しました。 確かに現在のvagrantはゲストOSの初回起動時にホストOS側の鍵情報を自動で変更し、ゲストOSと暗号の再調整を行っています。 ただし、その置換後に使う秘密鍵ファイルの場所はvagrant ssh-configというコマンドを使わないと分からないようになっていました。 $ vagrant up ... ... (ゲストOS起動中) ... (ゲストOS起動後に以下を実行) $ vagrant ssh-config HostName 127.0.0.1 User vagrant Port 2222 UserKnownHostsFile /dev/null StrictHostKeyChecking no PasswordAuthentication no IdentityFile /...


3

追記して頂いたログを見るに、 rsync は成功しているのに、終了コードが 0 ではない、と判定してしまっているように見えます。 例えば、rsync の終了コード では、処理中に転送元の変更を検知した時に出る 24 Partial transfer due to vanished source files とかで悩んだ経験があるので、、 (目隠し状態で書いているので、バグがあるかもしれません、ごめんなさい。。) diff -Nur a/knife-solo-0.4.2/lib/knife-solo/tools.rb b/knife-solo-0.4.2/lib/knife-solo/tools.rb --- a/knife-solo-0.4.2/lib/knife-solo/tools.rb 2014-...


3

https://github.com/mitchellh/vagrant/issues/7869 で enhancement, milestone 1.9 になったので、たぶん現状ではできないんだと思います。


3

config.vm.box の部分でまさに OS を指定しています。 Ubuntu にはコードネームといって、各リリースに対してバージョン番号とは別に名前が振り分けられています。Ubuntu Trusty Tahr とは Ubuntu 14.04 LTS のことです。Wikipedia の Ubuntu のページなどに一覧が載っています。 config.vm.box には、既にインストールされている box の名前か、Vagrant Cloud にアップロードされている box の名前を指定します(ドキュメントにそう書いてあります)。今回の場合 config.vm.box = ubuntu/trusty32 なので、Vagrant Cloud にアップロードされている https://app....


2

DEBUG: ver stdout: bash: ver: command not found という行が見えますので、設定でどこかに不用意な ver という記述が無いでしょうか?


2

結局、1.のディレクトリ移動だけで済みました。(Vagrantfileのsynced_folderで設定しているパスの調整はしましたが。) virtualbox/synced_folders ファイルは起動時にVagrantが自動生成するので、ノータッチでよいようです。 vagrant halt ディレクトリ移動 Vagrantfileをマージ vagrant up


2

メールアドレスがvagrant@vagrant.vagrant となっているからです。多分これが原因でドメインの名前解決ができなかったんだろうと思いました。 デフォルトで有効な append_dot_mydomain によって、ドメイン部分のないメールアドレスに $mydomain が追加されたからだと思われます。 「vagrant@mail.vagrant」と変更すると、メールサーバーのローカルユーザー'vagrant'には、前回とは異なりメールが届きました。 .vagrant がドメイン部分だと見なされて、append_dot_mydomain による $mydomain の追加が行われないためです。


2

自己解決したので報告します。 CoreOSのVagrantfileに書いてあるファイル共有設定では、プロトコルとしてNFSが使用されます。(この場合はMacOSXのnfsdを使用) NFSを使ったファイル共有では、クライアント側からはchownできません。 そのため、どうしてもchownが必要な場合、次の2つのアプローチのいずれかをとる必要があるようです。 NFSサーバ側で、dockerコンテナ側のUID/GIDに合わせてあらかじめオーナーを変更しておく dockerコンテナ側のUID/GIDを、NFSサーバ側のオーナーに合わせて構成しておく 既存のdockerコンテナの構成をいじるのは面倒なので、前者のアプローチを採用しました。 公式のmysqlコンテナの場合、普通に起動すると/var/lib/...


2

----- こちらに該当する場合は、難しいかもしれません ----- ・Nested Virtualizationをやろうとしている ・ゲストで64bitOSを起動しようとしている VirtualBoxはハードウェア仮想化支援機能が正常に働かないため、 64bitのNested Virtualizationはできないと思います(ゲストOSが32bitなら多分いけます)。 VirtualBoxでのNested Virtualizationは無理だったという話 余談ですが、さくらのVPSもvmx・svmはサポートしていないそうです。 ----- 上記に該当しないのであれば、こちらで解決するかもしれません ----- Vagrant で CentOS64bit に ssh 接続出来なかったのを解消 ...


2

rsyncd についてあまり情報が見つからず、また chkconfig の標準 サポートがなされていない原因は、ssh 経由で使うことがほとんど だからではないでしょうか。 ssh を経由すれば通信路も暗号化されるし、認証も ssh に任せられます。 私も職場で rsync は普通に使っていますが、サービスとしては動かして いません。


2

Vagrantを実行(起動)するにはvagrant upというコマンドを使います。 エラー文に関しては、vagrant initの実行によってVagrantfileというファイルが作成されますが、Vagrantfileが既に作成されているということはおそらくvagrant initも既に実行されているということです。 最後に実行されたvi Vagrantfileはviというテキストエディタを起動してVagrantfileの内容を表示します。


2

単一の仮想マシン (VM) 内に Rails と PHP を同居させることは可能です。 それは vagrant を使っているか否かには関係ありません。 具体的なディレクトリ構成やプロジェクト構成が書かれていないので一般論として回答すると以下のようになります。 PHPの環境を構築すると、Railsの環境が壊れないでしょうか? PHP と Rails は独立しています。Rails を導入済みの環境に一般的な方法で PHP を導入したとしても、それだけで既存の Rails 環境が壊れることはありません。 vagrantを用いてvirtualbox内にRailsとPHPの2つの開発環境を構築することは可能なのでしょうか? vagrant それ自体は単純に VM ...


2

手元に実行端末がないので、半分あてずっぽうですが、 - name: install yum: name: "{{ item }}" state: latest with_items: - gcc - make - git - openssl-devel - bzip2-devel - zlib-devel - readline-devel - sqlite-devel - patch ではないでしょうか。 変更点: with_items は yum につくのではなく、 task 自体に紐付ける。 $item -> "{{ item }}"


2

localhost にこだわらない場合 # Create a private network, which allows host-only access to the machine # using a specific IP. config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.11" 既に host-only ネットワークでホストとゲストがつながっていますので、 そのままブラウザから http://192.168.33.11:9000/ につながります。 localhost にしたい場合 ポートフォワーディングの設定を追加します。 # Create a forwarded port mapping which allows access to ...


2

config.vm.network ...の部分はコマンドで実行するのではなく、設定ファイルに記述する内容になります。 vargrant initを実行した後、コマンドを実行したフォルダにVagrantfileが作成されるようなので、そちらを任意のエディタ等で開いて(参照したページの手順に添って)必要箇所を書き換えてみてください。 参考: Vagrantfile - Vagrant by HashiCorp よく使うVagrantfileの設定のまとめ


2

解決しました! おそらく原因は通信速度が遅いことによるタイムアウトか、 Macがスリープになってしまったことによる通信断でした。


2

ユーザ "ubuntu" にはパスワードは設定されていないようです。 vagrant@vagrant-ubuntu-trusty-64:~$ sudo grep ubuntu /etc/shadow ubuntu:!:18153:0:99999:7::: vagrant ssh コマンド実行時にパスワードを聞かれたのであれば、それは "vagrant" ユーザとログインしようとしています。つまり("ubuntu" ユーザでなく) "vagrant" ユーザのパスワードが必要です。 デフォルトのパスワードは "vagrant" でした(参考)。 "vagrant" ユーザでログインした後、sudo passwd ubuntu コマンドを実行することで "ubuntu" ユーザにパスワードを設定できます。


1

/home/vagrant/.heroku/error.logも見た方が確実ですがブラウザが見つけられないようですね。 (同じ環境が手元に無いため、以下はすべて推測になります) herokuコマンドが使うブラウザは環境変数BROWSERで変更できるらしいので、例えばFirefoxを使うならば、 BROWSER=firefox heroku open と実行するか、あらかじめ export BROWSER=firefox のように設定しておけばよいはずです。 しかし、開発用の仮想環境にはGUIのブラウザなどインストールしていないかもしれません。 その場合w3m, lynx, wget, curlなどのツールを利用する手もありますが、あきらめてホスト側で閲覧するのが快適でしょう。 ...


1

Apache httpdのドキュメントルートがCakePHPのwebrootに設定されていないことが原因と考えられます。 apacheの設定として、 DocumentRoot /home/vagrant/【appName】/App/webroot <Directory "/home/vagrant/【appName】/App/webroot"> Options FollowSymLinks AllowOverride All Order allow,deny Allow from all </Directory> と設定しましょう。 また、/home/vagrantのパーミッションが0700になっていれば0755へ変更してください。 なお、...


1

composerのことは良くわからないので直接的な回答にはなりませんが、 vagrantに関して言うと、Vagrantfileに config.vm.synced_folder <ホストOS側のディレクトリ>, '/vagrant' という記述を加えると、指定したホストOS側のディレクトリをゲストOS側の/vagrant と共有させることができます。 この記述がないと単にvagrant upコマンドを実行したディレクトリ(端的に言うとVagrantfileのあるディレクトリ)が/vagrantとして割り当てられます。 ゲストOS側をウェブサーバーとして扱い、ウェブブラウザでゲストOSにアクセスするやり方でWebページ等の開発をする場合、ホストOS上でソースコード編集をするのなら、...


1

似たような症状になったことがあります。 私の環境では一度 vagrant halt で仮想環境を落とし、その後vagrant up すると正常起動しましたので一度試してみてください。


1

普段は問題なかったのに、突然上手く行かなくなったというときの意外な線での可能性では、例えば無線LAN子機等の外部ネットワーク接続デバイスを使っていて同様のことが起きることがあります。 もしそういうものが接続されていたら、一度外してからvagrant up してみると上手く行くかもしれません。 原因としてはゲストOS側のsshdがクライアントの名前解決を行おうとしていることがあり得ます。 vagrantの本家サイトにも同様の記述があります。 In order to keep SSH speedy even when your machine or the Vagrant machine is not connected to the internet, set the UseDNS ...


1

出力を見る限りVCCWのバージョンが古いかVCCWではありません。 VCCWは最新版を使ってください。 VirtualBoxとVagrantも最新版がいいです。 さらにいえばVagrantのボックスも以下のコマンドでアップデートしてください。 vagrant box update たぶん原因はVagrant 1.7での仕様変更によるものじゃないかと思われます。 https://twitter.com/mitchellh/status/525704126647128064 こういうツールはサードパーティのツールとの依存関係のかたまりなので、なるべく新しいものを使うのがコツだと思います。


1

/etc/init.d/rsyncd については他の方がご指摘のとおり、"# chkconfig: ..." 行が無いためと思います。 rsync をソースからコンパイル、インストール済みのようですが、CentOS 6.x で提供されている rsync パッケージを利用する方法もあります。xinetd から起動する設定ファイル /etc/xinetd.d/rsync も含まれています。xinetd がインストールされていなければ、インストール、起動する必要があります。 # yum install rsync xinetd # service xinetd start # chkconfig rsync on # ss -tln (TCP 873 番ポートが LISTEN していることを確認)


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります