職場でチーム専用のQ&Aサイト「Stack Overflow for Teams」を使い、プライベートかつ安全な環境で回答を見つけてください!ユーザー数10名までは無料でご利用いただけます。 登録

次のタグが付いている話題の回答:

8

送信間隔100msでゆっくりと送信して450kB/sで送信しているつもりかもしれませんが、実態としては1500kB/sで送信した後に33msのディレイを入れているに過ぎません。1500kB/sで送信したときに受信側のドライバの処理が追いつかなければ、容易にパケットをロストしてしまうでしょう。 1msのディレイを4msに変更して、33msのディレイを無くせば随分と安定するはずです。


6

UDPの場合、フロー制御はアプリケーション側で行う必要があります。 //取得したデータから画像を復元 復元処理に1ms以上要していれば当然バッファが溢れますが、その点はどうでしょうか?


4

idはShared名前空間のInData型である必要がありますが,グローバル名前空間のInData型になってしまっています.なので, InData id; を Shared::InData id; にするととりあえずこのコンパイルエラーは直ります. ただ,このままgccでコンパイルするとerror: could not convert ‘<brace-enclosed initializer list>()’ from ‘<brace-enclosed initializer list>’ to ‘boost::interprocess::allocator<char, boost::interprocess::segment_manager<char, boost::...


3

std::vector<float> と指定されていますが、デフォルトテンプレート引数により正確には std::vector< float, std::allocator<float> > となっています。 これの意味するところは、vectorの管理領域(size情報など)は共有メモリに確保されますが実データ(float配列)はstd::allocatorから確保されるため共有メモリとはなりません。 Boost.Interprocessが提供するAllocatorを指定する必要があります。boost/interprocess/containers/vector.hppを使ってはいますが、Creating vectors in shared ...


2

状態遷移図は有向グラフですから、"一つ前の状態"に戻るには逆向きの状態遷移が定義されている必要があります。逆遷移が定義されない場合は、そもそも状態遷移のルールに反します。 Boost.Statechartは状態遷移を表現する汎用フレームワークですから、それ自身は例外的機能を提供しないと思います。


2

コメントと同じものですが、ここに書かさせていただきます。 std::shared_ptrを使用していたものをboost::optionalに変更した時に起きたので、Tの型のサイズが決定できなくなってしまったことが問題で‌​した。ありがとうございました。


2

外しているかもしれませんが、OpenSSLのビルドオプションがスタティックリンクになっていないのではないでしょうか。 また、OpenSSLをビルドした環境と、現在開発をされている環境でコンパイラのバージョンが違うということはないでしょうか? 上記のような条件でバージョンが違うライブラリを参照した場合、未解決エラーが出ることがあります。 一度OpenSSLを現在の開発環境でビルドしなおしてみてはいかがでしょう。


2

本質的でないuniform_realとvariate_generatorを取り除いて説明します。 void test1() { printf("%s\n", __func__); std::mt19937 gen{ 123 }; #pragma omp parallel for private(gen) for (int i = 0; i < 16; ++i) { unsigned int x = gen(); printf("%u in thread:%d\n", x, omp_get_thread_num()); } } メルセンヌ・ツイスターに限らず全ての疑似乱数生成器は ある状態で得られる乱数は決まっている ...


1

コードのこの部分を落ち着いてよく見てみてください. MatToBytes(mat, &pBuf ); std::string sName; ... sName(pBuf) ... sNameは関数ではなくstd::string型のオブジェクトです.エラーメッセージの言うようにstd::stringクラスにはoperator()(uchar*)が定義されていないのでsName(pBuf)という風に関数呼び出しのような形で用いることはできません. 子プロセスのイテレータの問題についても落ち着いてよく見てみてください, cv::Mat mat; ... std::memcpy(mat, pBuf, it->size()); ... エラーメッセージの言うようにstd::...


1

Placeholder Expressionに対して、typeを使うと、placeholderにplaceholderの番号を代入してメタ式を評価してしまいます。 また、lambdaの中にメタ式をネストしてplaceholderを使う場合、placeholderには、一番近いlambdaのメタ引数が束縛されてしまいます。その結果、lambdaの中のplus式にメタ値が代入されてしまって、これはもはや式ではないので、accumulateの評価の際に、第三メタ引数にメタ式ではなくメタ値があるのでエラーになるのだと思います。 これを防ぐためには、plusを別のlambdaで囲んで、外側のlambdaのメタ引数が束縛されないようにします。 以上を考慮すると以下の様にコードを修正すれば良いです。 #include &...


1

経験的に一つのポートに対して複数のスレッドからread/writeしたり、readとwriteを別スレッドに分けるのは、実装が複雑になって上手くいきません。 このような場合には一つのスレッドを作って(仮にスレッドhoge)ポートへのread/writeをスレッドhogeから全て行うようにします。他のスレッドからポートへのread/writeを行いたい場合にはqueue等を使ってスレッドAに対して要求を送り、実際のポートへのread/write操作はスレッドhoge内に記述することで排他制御や状態遷移の実装が容易になります。


1

boost::statechart ライブラリは使ったことがありませんので、より詳しい方が現れるまでのつなぎとしてご覧いただければと思います。 Boost::statechart Tutorial 上記、英語になりますが情報としては新しいです。 Boost ライブラリの FSM チュートリアル 日本語版 上記 PDF は日本語訳が結構適当ですが…。 チュートリアルのソースコード上は FSM なので名前が変わる前…もう10年程前です。 ただ、英語に不慣れな方でも感じはつかめると思いますのでリンクは残しておきます。 チュートリアル資料に、History または 履歴 といった項目がありました。 例えば simple_state の宣言は以下の通りとなっています。 template< class ...


1

(ライブラリの生成方法の参考情報ということで、) Undefined symbols for architecture XXX: といっているので、iOS/Simulator 用のライブラリが無いのが原因だと思われます。 ライブラリの作成方法はいろいろありそうですが gist.github.com/faithfracture/boost.sh を参考にしてライブラリを生成すると、一気に Framework にしてくれるのでラクです。 リンクは 1.56.0 なので fork にある、こことかを使うと、1.57.0 になりそうなので、例えば、、 $ cd /tmp $ curl https://gist.githubusercontent.com/pintaric/48c6772e6b0949ae9d06/...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります