次のタグが付いている話題の回答:

3

build.rsに println!("cargo:rustc-link-lib=crypto"); が必要です。cmakeでは静的ライブラリlibfoo.a作成していますが、共有ライブラリと違ってこれだけではlibcrypto.so見つけられません。Rustから使うには再度libcrypto.soをリンクする必要があります(というかlibfoo.aにリンクする必要はありません)


2

ようやくわかりました。 これはただPATH設定が少なかっただけでした。 ffmpegをbiludするとpkg-configが動作するのでそこで作成されるファイルを 改めてPKG_CONFIG_PATHとして追加してやるとOpenCVのCMAKEがパッケージとして認識してくれました。 お手を煩わせて申し訳有りません。


2

cmakeのコマンドを実行後、メッセージに以下のようなPythonのサポート情報が表示されるので、それを見ると問題がどこにあるかわかると思います。 -- Python 3: -- Interpreter: /usr/bin/python3 (ver 3.5.2) -- Libraries: /usr/lib/x86_64-linux-gnu/libpython3.5m.so (ver 3.5.2) -- numpy: /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.11.0) -- packages ...


1

ファイル名に#があるとエラーを吐くというところまでは分かりました。ファイル名を変更せずにこのエラーを解決するにはどうすればよいのでしょうか。 makeのマニュアルによると、#をコメントではなく、リテラルとして使用したい場合は、.\#main.cのように、バックスラッシュ(\)でエスケープするとあります。 そのため、Makefile内の.#mainを.\#mainに置換すれば、該当エラーは解決するはずです。


1

インストール先の指定自体はcmake実行時に以下の変数で指定しています。 CMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local ↓ /usr/local/lib/python2.7/dist-packages/cv2.so ~~~~~~~~~~ ただしこのパスの中で.../lib/python<VER>/dist-packages/cv2.soの部分はシステムデフォルト、標準PATHで見つかったPythonインタプリタのバージョンに対応したライブラリを生成して(区別が付くよう)バージョンに対応したディレクトリにインストールされているものと思います。 Python3.x向けにライブラリを作成・インストールしたいのであれば、Yasuhiro Nijiさんの回答にもある通り、...


1

エラーではなく警告ですので、特に問題が起きなければ無視しても問題ありません。 ちなみに警告の意味は「CMakeというツールを使ってビルドするプログラムをインストールする場合、CMake側の問題で期待しているのとは違うライブラリが使われる(リンク)ことがあるので、そのような場合は一時的に問題のフレームワーク(/Library/Frameworks/libcurl.framework)を別のフォルダに移動してださい」です。 意味がわからなければ、問題になった時にまた聞くことをお勧めします。


1

自己解決されたようですが、clang に PATH を通して CC=clang cmake . という方法もあるようです。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります