次のタグが付いている話題の回答:

7

こちらの記事が参考になるのではないでしょうか。 Opencvを使ってパノラマ写真を作る この記事のソースコードでは、以下の様な変換を行っています。 2枚の写真のSIFT特徴量を抽出し、 特徴量のマッチングを行い 画像間のホモグラフィ行列を求め 写真2を写真1平面に透視変換した画像(写真3とする)を作成 写真3に写真1を貼り付ける 上記のステップうち、5.のステップを端折れば良いかと。 記事に掲載されているソースコードの最後の部分を以下のように改変します。 Mat homo = cv::findHomography(points1, points2, CV_RANSAC); cv::warpPerspective(src[0], result, homo, Size(src[0].cols, src[0]...


6

App Storeの画像を見ただけですが、シミの除去は「バイラテラルフィルター」だと思われます。また赤ら顔を抑えるための色調補正もかかっていますが、色空間やトーンカーブのパラメーターは分かりません。 追記・バイラテラルフィルターの仕組み コメントに関連してバイラテラルフィルター他のぼかし処理ついて記しておきます。 まず一番単純なぼかしフィルターとしては3×3平滑化が挙げられます。これは 画像のすべての画素の色をその画素の周囲9ピクセルの平均値で置き換える。 というアルゴリズムです。ここでの「平均値」は「1/9を掛けた値の合計」と言い換えられますが、この「1/9」をピクセルごとに別の値に変えたり、あるいは範囲を5×5や7×7に拡張すると別のフィルターが作れるわけです。このような処理を「畳み込み」と呼び、...


6

画像の読み込み => scipy.misc.imread : RGB (赤緑青) 画像の書き出し => cv2.imwrite : BGR(青緑赤) とモジュールごとに色素空間の扱いが異なることから、opencvがBとRを逆にして画像を保存していることが原因です。 RGBからBGRに画像を変換してから保存すると大丈夫です。 if cat_count == 1: img = cv2.cvtColor(img, cv2.COLOR_RGB2BGR) # RGBからBGRに変換する cv2.imwrite('./Cat/''cat'+str(i)+'.jpg', img) 参考: http://lang.sist.chukyo-u.ac.jp/classes/OpenCV/...


5

「濃さが同じ・太さが同じ」という設定が難しいですね。 日本語が分かる人なら、「ノイズ線」がノイズで、取り消し線つまり「埼玉県 浦和区 高砂 3-15-1」ではないと認識できます(なぜなら、そういう住所はありえないので)。 しかしながら、日本語が分からない人にとっては、ノイズなのか取り消し線なのか分からないので、本質的には、高レベルの認識が必要になると思います。 高レベルの認識を諦めれば、色々とアプローチはあると思いますが、二通りの方法を考えたので書いておきます。どちらも満足の行く結果にはなりませんが。 方法1 文字の領域を探して、それ以外の場所を背景画素値で埋めてしまう。 具体的には、2値化してy軸方向に文字領域を足し、その頻度が少ない領域を背景にしてしまいます。 ご覧の通り、...


4

ラオ文字については後述します。 まず文字認識といえばTesseract OCRと思ったのでググるとOpenCV3.0から使える文字認識のもこれっぽいですね。 http://whoopsidaisies.hatenablog.com/entry/2014/11/12/003100 http://independence-sys.net/main/?p=1831 この辺が参考になるでしょうか。 なお、OpenCVは前処理にしか使われていませんが、androidの文字認識アプリの参考として以下とかどうでしょう? http://www.slideshare.net/youheiyamaguchi/ss-12902286 さらにアルゴリズム的な所は以下とか。 http://www.slideshare.net/...


4

idはShared名前空間のInData型である必要がありますが,グローバル名前空間のInData型になってしまっています.なので, InData id; を Shared::InData id; にするととりあえずこのコンパイルエラーは直ります. ただ,このままgccでコンパイルするとerror: could not convert ‘<brace-enclosed initializer list>()’ from ‘<brace-enclosed initializer list>’ to ‘boost::interprocess::allocator<char, boost::interprocess::segment_manager<char, boost::...


4

卒業研究でまさにそういうことをやっていました。 プログラミングのQ&Aサイトである stackoverflow にはふさわしくない回答ですが、プログラミングで解決することに拘らないことです。 画像処理とは実世界のものを扱う工学ですから、ソフトウェアだけではなく、ハードウェアなど実世界についての知識のほうがより重要になります。 一般的な回答は難しいのですが、 例えば、カメラと対象物の配置の仕方、カメラとレンズの選び方、照明の当て方など、撮影技術の基礎知識。 さらに魚を観察するなら、対象の魚の習性や飼育の知識も重要になります。 今回のような話なら、照明の当て方や水槽の形状を工夫することが正攻法だと思います。


4

OpenCVでは、配列(ndarray)の添字の順番は(x,y(,c))ではなく、(y,x(,c))になっています。 これは恐らく、メモリの連続性を考えた時に、普通画像はx方向にメモリを連続に確保するためにyが先になっています。 ご質問のコードは添字のxとyが逆になっているために、画像の範囲外へのアクセスになり、エラーになっているので、添字の順番を変えて、 print(imgray[39][60]) とすればいいかと。 参考文献: https://stackoverflow.com/questions/19098104/python-opencv2-cv2-wrapper-get-image-size numpyはC言語と同じ順番でメモリにデータが格納されているので、array[i,j]...


4

main関数の書き方が間違っています。 まずmain関数を void main() { try { KinectSample kinect; kinect.initialize(); kinect.run(); } catch (std::exception& ex) { std::cout << ex.what() << std::endl; } } のように書き換えてください。 青玉を認識するコードをrun()関数の中に記述します。処理の流れは 入力画像をHSV形式に変換する 画像の青い部分を抽出する 抽出した画像の連結成分を取り出す という感じです。...


3

自己解決したので、後でご覧になる方のために残しておきます。 問題は入力画像のデータ型がCV_8UC1だったからで、CV_32FC1に変更したら正常に動作しました。 // データ型の変換: CV_8UC1 -> CV_32FC1 cv::Mat src_uchar = cv::imread("image.png"); // 入力画像(CV_8UC1) cv::Mat src_image; src_uchar.convertTo(src_image, CV_32FC1); // 型変換(-> CV_32FC1) また、ホモグラフィー変換後の画像dst_imageに対してメモリを確保しておく必要がありました。 サイズに関しては疑問が残りますが、これで正常に動作しています。 // ...


3

ここでは、文字に対応する画素を「前景画素」と呼称して、一案を回答します。 ハフ変換で検出できる「直線」とは、簡単にいえば「直線的な前景画素の並び」です。 一方で、質問者さんがおっしゃる「太い線で書かれた文字」は、 人間にとっては「太い線」かもしれませんが、 画像上の画素の並び方でいえば、直線的な並びにはなっていないはずです。 ですから、今回の問題の解法としてハフ変換は適していないと思います。 対象画像がどのようなものかわからないのでなんとも言えませんが、 代わりに「前景画素が密集している」ことが文字領域の特徴になり得ませんか? コメントを見ますと漢字が比較的多いとのことですので、 文字以外の図形がスカスカの疎な線で描かれているのであれば、 前景画素の局所的な密度が使えそうな気がします。 ...


3

std::vector<float> と指定されていますが、デフォルトテンプレート引数により正確には std::vector< float, std::allocator<float> > となっています。 これの意味するところは、vectorの管理領域(size情報など)は共有メモリに確保されますが実データ(float配列)はstd::allocatorから確保されるため共有メモリとはなりません。 Boost.Interprocessが提供するAllocatorを指定する必要があります。boost/interprocess/containers/vector.hppを使ってはいますが、Creating vectors in shared ...


3

ライブラリに差がでてるように見えますので、とりあえず。。 $ sudo apt-get update $ sudo apt-get upgrade $ sudo rpi-update $ sudo reboot と実行してみて、再実行するのはのどうでしょう。(しばらく時間がかかります。) 手元では Using OpenCV with gcc and CMake は大丈夫でした。 ちなみに glibc のバージョンは以下のようになっています。 $ /lib/arm-linux-gnueabihf/libc.so.6 GNU C Library (Debian EGLIBC 2.13-38+rpi2+deb7u6) stable release version 2.13, by Roland McGrath ...


3

1)物体の大きさや向きが判っている場合  例えば、サッカーの公式球(5号球)なら直径22cmと判っていますから物体の画角と直径から距離を求めることができます。 2)ピントを変えて複数の画像を取得できる場合  後からピントを変えられるデジカメが販売されていますが、あれはピント位置を変えながら複数の画像を撮影しておいて、後でその中から選べるようになっています。  同じように、ピント位置を変えながら複数の画像を撮影し、対称物体にピントがあっているかどうかを評価することで最良のピント位置(物体の位置)を推測することができます。 3)関連研究 単一画像から3次元空間(各物体との距離を推定した空間)を抽出する研究の論文はいろいろあります。 Aは比較的短い論文なので、先に読むと良いとおもいます。 ...


3

古いCMake(v3.9)を使っていて同じ現象に遭遇したことがあります。質問回答時点で最新のCMake v3.10.2を使うと問題が改善されました。


3

frame = cv::imdecode(tmp, cv::IMREAD_COLOR); この行でcv::Mat::operator=()が呼ばれます。 Before assigning new data, the old data is de-referenced via Mat::release. と説明されている通り、frameの保持していたデータは解放されます。別スレッドでframe.clone()により読み出していればエラーになるのも当然です。 排他処理を挿入することで解決できますが、ロック範囲をどうするか、またframe変数以外にも排他すべき項目がないか、検討することをお勧めします。 <画像を取得しているスレッド> cv::Mat frame; cv::Mutex mutex; ...


3

質問をするときは最低限のマナーとして、まず環境に関する情報を詳しく書くようにしてください。 OS、デバイスドライバー、IDE、SDK、ライブラリなどのバージョン、ハードウェアの型番など、提示すべき情報は多岐に渡ります。 技術系メーリングリストで質問するときのパターン・ランゲージ また、現象を再現することのできる実際のコードを可能な限り提示するべきです。回答者はエスパーではありません。 OpenCVのCascade Classifierは、CPUバージョンは改良・改善が続けられているものの、GPUバージョン(CUDA実装)は同等のメンテがなされずに実装が乖離しているらしいです。おそらく現時点での最新版OpenCV 3.4.1でも状況は同じものと思われます。 Different results of ...


2

OpenCV3では名前空間が整理されてcv2.cv.CV_BGR2GRAYはcv2.COLOR_BGR2GRAYになりました。他のcv2.cv.CV_...もこんな感じで移行されています。それで見つからない場合はマニュアルを検索してください。


2

Mat クラス用のnativeメソッドの実体がロードできていないようです。 原因はいろいろ考えられますが、 nativeライブラリ(拡張子が.soのファイル)が適切にapkに含まれているか ビルドで生成された.soファイルのABIが適切なもの(ARMで実行できるもの)になっているかるか nativeライブラリを適切にSystem.loadLibrary()しているか 等を確認してみてください。


2

再インストールしましょう。 brew update brew reinstall opencv3 --HEAD --with-python3 2016/10/18現在、macOS Sierraでは--HEADなしではエラーになります。おそらくQTが引退になりAVFoundationに移行した関係。


2

im_maskのshapeは(height,width)ですがmaskのshapeはRGB画像であれば(height,width,3)となるのでshapeがあっていないというエラーです。im_maskにチャンネル次元をもつように修正します。例えば以下のような感じです hight = im_bg.shape[0] width = im_bg.shape[1] channel = im_bg.shape[2] # 背景画像と同じサイズの配列生成 im_mask = np.zeros((hight, width, channel), np.uint8)


2

「フリーズ」とは違いますが、すぐに終了してしまっているだけかも知れません。 その場合は waitKey などを入れる事で解決します。 #!/usr/bin/python2 import numpy as np import cv2 img = cv2.imread('./test.png', 0) cv2.imshow('image',img) cv2.waitKey(0) cv2.destroyAllWindows()


2

縦と横それぞれでループする例です。 #!/usr/bin/python3 import cv2 def main(): img = cv2.imread("test.png") height, width, channels = img.shape height_split = 2 width_split = 3 new_img_height = int(height / height_split) new_img_width = int(width / width_split) for h in range(height_split): height_start = h * new_img_height ...


2

countNonZero() の引数は "single-channel array" との事です。 imread で読み込んだ場合、デフォルトでは三色(BGR)のチャンネルを持つようです。 シングルチャンネルの array を得るには、例えば以下のような方法が考えられます。 (リンク先は OpenCV のドキュメントですが Python 向けの記述は無いですね。引数の順番などは少し違う場合があります) imread で画像を読み込む際にImreadModes を指定する img = cv2.imread("test.png", cv2.IMREAD_GRAYSCALE) w_num = cv2.countNonZero(img) cvtColorで変換する img = cv2.imread("test....


2

本家 Stack Overflow の "Can't install OpenCV3 on Anaconda3 python3.6 on macOS" で報告されている問題と同一だと思います。この conflict は、Anaconda によってインストールされている Python 3.6 が新しいバージョンであり、既存のパッケージが追従できていないために発生しています。 Nehal J Wani さんの回答などを参考にまとめると、ひとまず3つの対応策があります。 自分で OpenCV をビルドし、パッケージを作る。 https://github.com/conda-forge/opencv-feedstock Python 3.5 の conda envirionment を作り、その中で menpo/...


2

注意: この回答は、ご質問に直接は答えていません。 2018 年現在の OpenCV はカメラ画像の処理に FFmpeg や DirectShow など多くのバックエンドが使えるようになっており、そのどれかで認識できれば後は cv::VideoCapture として抽象化して利用できるようになっています (参考: Video I/O with OpenCV Overview)。 このため、バックエンド側で認識できる多くのカメラは OpenCV でも同様に使えることが期待されています。実際 OpenCV は多くの環境で動作したことが報告されており、それらを全列挙することは現実的でないように思います。 一応、2013 年時点の古い OpenCV Wiki には、OpenCV ...


2

手元のpython3.6環境で緑丸の外周の深緑を抽出(※1)してHoughCirclesを使ったところ、円の座標を抽出(※2)できました。 緑丸の画像は数値の有無でマッチングが難しいので、1..5の数値が入った緑丸の画像を用意する方法が最も確実だと思いますが、下記のような対応も検討してみてはいかがでしょうか。 import cv2 import numpy as np img = cv2.imread(r'[フルパス]\wqraN.jpg') # HSVに変換 hsv = cv2.cvtColor(img, cv2.COLOR_BGR2HSV) # 緑のHSV範囲(閾値を変えたい場合は下記の範囲を変更すること) lower = np.array([0x29,0xa3,0x70]) upper = np....


2

質問にあるエラーは、numpyが使用する数値演算ライブラリーがインストールされていないため発生しているように思われます。numpyをpipでインストールしたのであれば、libblas3, liblapack3, libc6をインストールしてみてください。 sudo apt-get install libblas3 liblapack3 libc6 もし、それでも同じエラーが出るのであれば、仮想環境を作成してインストールしてみてください。 sudo apt-get install python3.4-venv python3 -m venv env source env/bin/activate pip install numpy opencv-python


2

CV_WINDOW_AUTOSIZEはC言語向けのC APIです。C++言語ではcv::WINDOW_AUTOSIZEを使う必要があります。


2

cmakeコマンドを実行しているカレントディレクトリが/home/piなのに対して、コマンドの引数に指定した ../opencv/ = /home/opencv/が存在しないというエラーです。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります