質問の投稿者にリワードを付与するため信用度が再計算されています。 続きを読む

次のタグが付いている話題の回答:

11

TCPの場合、大きなデータを適切な小断片(MSS:最大セグメントサイズ)へ分割する仕事は、TCP層が行ってくれます。もし20MB送りたければ、20MB渡してしまってよいです。アプリケーションレベルで小分けに送信呼び出しをすると、システムコール呼び出しがそこそこに時間を要するために、性能上のデメリットだけがあります。 UDPの場合は分割機能を持ちませんので、性能が大事なケースではアプリケーションで考えて分割送信する意味はあります。もし経路上で転送可能なサイズ(MTU)より大きいサイズの送信要求を出した場合、下層がIPであればIP層で分割・結合が行われるのですが、これは断片の一つでも失われたら全て廃棄するルールなので、大変よろしくないです。(IPフラグメンテーション) 余談ですが、具体的な分割後サイズは、...


9

ソケットの通信の効率化をネットワークカードレベルで考える の回答にある、 scatter/gather I/Oまたはvectored I/Oと呼ばれる機構 これがまさにその、まとめて実行するものです。 Linuxのstruct iovec や、Winsockの WSABuf は 簡単に言えば (*buf, len) の構造体で、sendmsgやWSASendではその配列を含む引数を渡すことにより、複数の(*buf, len)を一度に処理します。 性能が変わるかどうかはアプリケーションによるので、実測比較してくださいとしか言えません。


5

socketはOSで管理されていて、正常完了 または 失敗(タイムアウト) まで裏で頑張ります。仮に一時的電波不良があっても、再送の繰り返すうちに成功すれば、データは無事届くことでしょう。繋がらない状態が続き、再送がタイムアウト設定時間以内に成功しなければ、失敗です。 そのため、「電波不良や地理的に遠い通信相手を考慮して、○秒待ってからcloseしよう」などとアプリケーションが考える必要はありません。 余談として、この挙動を変えたいとき、すなわちclose()から指定時間後に結果にかかわらず接続を殺してしまいたいときには、SO_LINGER という、一般的には推奨されないオプションが一応あります。


5

サーバ側でforkする意図ですが、一般的には非同期を実現する為に使います。 HTTPサーバを処理する場合 listenして acceptして acceptしたソケットからヘッダを読み取り bodyを読み取る となりますが3以降は並列で動いて欲しい物です。そこでacceptしたらすぐにforkもしくはスレッドを起動してそちらに処理を預けます。そうする事で直ぐに次のacceptを処理する事が出来ます。 これをしないと3や4をしている間、他のリクエストを処理出来なくなりパフォーマンスが悪くなります。 ただしforkはリソースを多く必要とする(デメリット)為、スレッドを使ったり予めforkさせておいたプロセスにソケットを渡す事でオーバヘッドを減らす方法(prefork)もあります。...


4

TCP/IPの通信の効率化を考える場合には、 送信データサイズについて  1.「遅延(Delayed)ACK (RFC1122)」  2.「Nagleアルゴリズム (RFC896)」 を考慮すべきだと考えられます。 おおざっぱにいうと、どちらも小さなサイズのパケットが 多数発生することを抑えるための仕組みといえます。 従って、送信時には概ね1500Byteより大きなパケットで送った方が良い結果が得られます。 大きすぎるデータ送信は他に迷惑がかかりますが、閉じたネットワークならば 大きな問題にはならないかもしれません。


4

既にコメントついていますが、一般的に 「サーバソフト」と呼ばれるものは fork するように作られている 「クライアントソフト」と呼ばれるものは fork しないで作られている ものが多いと(個人的に)思います。 daemon として動作させる前提のソフトは fork することが必須です。 fork するメリット プロセスが独立します。親だけでなく同じプロセスを親に持つ兄弟たちとも独立します。 プロセスは OS レベルで保護されるのでサーバソフト自分自身のバグなどがあっても ・異常終了するのは自分だけで兄弟たちを巻き込みません(サービスが安定します) ・兄弟たちに自分の情報を漏らしにくくなります(セキュリティ保護が向上します) ということでサーバソフト的には fork することにメリットがあります。 ...


3

def run(self): try: while True: self.text = c.recv(1024) print self.text c.send(self.text) except: print "error" c.close() cにしてしまうと c,address = s.accept() こちらの部分の随時上書きされていく最後のソケットを参照してしまうので、self.cでアクセスする必要があるのでは?


3

本家SOでも同じような質問がありますね。 .net - Best way to specify the local endpoint for HTTP request? - Stack Overflow HttpClientでは難しいということで、HttpWebRequestクラスを使った方法が回答されています。 例えばサーバーAにアクセスするならこのようになるでしょうか。 var req = HttpWebRequest.CreateHttp("http://192.168.1.2/"); req.ServicePoint.BindIPEndPointDelegate = (s, ep, retries) => new IPEndPoint(IPAddress.Parse("...


3

close()を実行したほうが良い時というのはどのような時なのでしょうか? このコードにおいては、意味はありません。 しかし、一般的には、socketなどのファイルディスクリプタは、使い終わったらcloseするべきです。


2

適切なサイズというのは環境に依存するので回答は難しいと思います。 一般的に言って、バッファサイズに余裕があるなら、まとまった量のデータをわざわざ小分けにして送るメリットはありません。適切なセグメントサイズへの分割は自動で行われますし、Nagleアルゴリズムが有効な場合は小分けにしてもまとめて送信されます。


2

WebRequestではなくSocketを使っていることから、HTTP以外のプロトコルかな?という気もしますが、仮にHTTPであれば、BIG-IPがアドレスを付け替えた際に、HTTPヘッダにX-Forwarded-Forヘッダを付けます。 http://ja.wikipedia.org/wiki/X-Forwarded-For で、HTTPヘッダに情報が乗っていればWebRequest.Headersプロパティから取得できると思います。(試してませんが・・・)


2

考えられるのは .NETのバグ プログラムのバグ クライアントのアドレスがNATされている 実際にロードバランサとサーバが通信している と言うところでしょうか(順不同)。 英語版にも同様の質問がありましたが、proxyじゃないのか、という回答がついてます。 Socket.RemoteEndPoint returns gateway address コメントと重複するところもありますが、一般論として確認する項目や方法を列挙しておきます。 トレース情報の出力 トレース情報の出力を有効にすることで、Socketのトレースがとれます。 System.Net.Sockets Information: 0 : [4292] Socket#45653674 - 192.168.1.2:58849 から 192....


2

13.Server 改行改行改行・・・・・ ←無限に改行を繰り返す についてですが、サーバ側でコネクションの切断を検知してループを脱出する必要があるのでは? socket.recv()はコネクションが切断されると0バイトを返す=空の文字列を返すので、例えば次のように書くのはどうでしょうか。 (sayuriさんの回答を踏まえてselfを付加してあります。) def run(self): try: while True: text = self.c.recv(1024) if len(text) == 0: return print text self.c.send(text) ...


2

仕様上は明記されてませんが、実際の実装ではSTREAMと同じように信頼でき、データ欠如などは無いものと考えてよいのだと思います。 UNIX ドメインデータグラムサービスは信頼できます。メッセージを紛失したり異なった順序で配送することはありません。 —— 書籍『詳解UNIXプログラミング 第3版』の「17.2 UNIX ドメインソケット」より ほとんどの UNIX の実装では、 UNIX ドメインデータグラムソケットは常に信頼でき、 データグラムの並び替えは行わない —— Linux Programmer's Manual 「UNIX」 より


1

一般的にソケットは同期IOです。つまり def worker(self): #文字列を受け取る messages, address = self.s.recvfrom(8192) print(messages) は受信できるまで待ち続けます。そしてこれを起動する def schedule(self,interval, f, wait=True): base_time = time.time() next_time = 0 while not self.stop_flag:#接続を切るボタンが押されるまでループ self.thread2 = threading.Thread(...


1

from socket import socket これは、socketモジュールにあるsocketオブジェクト(この場合は関数オブジェクト)を現在の名前空間に取り込んでいます。 以下と同義です import socket socket = socket.socket socket.gethostbyname() は socketモジュールにある gethostbyname 関数オブジェクトを呼び出すことを意図したコードです。このため、 from socket import socket と書いてしまうと、現在の名前空間にあるのは socketモジュールではなく、socket関数オブジェクトのため、「socket関数オブジェクトにgethostbyname属性がない」というエラーになります。 ...


1

Socketを2つ作る必要はありません。 Socketは双方向に通信できるので、それぞれで socket.getOutputStream() socket.getInputStream() すれば、1つのソケットで送受信できます。


1

Windowsでの開発環境はいくつかあります。 Visual Studio Windows標準の開発環境です。TCPを含むネットワーク周りはWindows Sockets 2(winsock)が提供されています。winsock用のコードを記述する必要があります。Getting Started with Winsockでサンプルを交えて説明されています。 Cygwin UNIXライクな環境を提供する互換レイヤーで、UNIX環境上のツール群をWindows上に再コンパイルのみで移植することを可能にしています。cygwinであれば質問のコードもほぼそのままコンパイルできると思います。 MinGW Cygwinからのforkです。UNIXライクな環境を提供しますが、性能を重視するため、...


1

Winsockのドキュメントには A socket handle can optionally be a file handle in Windows Sockets 2. とあるようにHANDLE(ファイルハンドル)として使用可能であり、_open_osfhandle()を使用してint(ファイルディスクリプタ)および_fdopen()を使うことでFILEとして使うことはできます。 読み書き用の変数を一つにまとめた書き方にすると入出力の挙動がおかしくなってしまいました。 原因は別のところにあります。ソケットに対するrecv()、send()は指定されたデータをすべて送受信可能とは保証されておらず、読み込み出来た範囲、もしくは書き込み出来た範囲でしか扱いません。 今回のコードを引用すると ...


1

TCP Keep Aliveは名前の通り接続を持続させるものとしてよく知られています。実はそれだけでなく、切断検出にも使えます。 C#であればSocket.SetSocketOptionメソッドで設定できます。 再接続時のサーバー再起動も避けたいです。 これはサーバーの実装次第であり、クライアントでは制御できません。 Keep Aliveは、Linuxにも実装されていますでしょうか? Linuxに限らずほぼ全ての通信機器で実装されています。(そうでないと応答も受け取れないためKeep Aliveを有効にした瞬間、無応答で切断扱いされてしまいます。)


1

そのページで「愚かな解法」と書いてあるのは、ノンブロッキングについてでなく、ビジーループについてです。 質問のコードで、soc.setblocking(0) の後にどのようなコードが続くのか判りませんが、 そこで、データの到着をループを繰り返す以外の方法(select 等)で待っているなら、 それはビジーループではありません。 soc からデータが読み出せるまで何度も何度も何度も何度も soc.recv() を繰り返すのがビジーループです。何度も何度も何度も何度も繰り返すので、当然 CPU 負荷は高くなります。 CPU 負荷が低いならビジーループになっていないのでしょうから、問題ありません。 (ただし、ビジーループのはずなのに CPU 負荷が低いということなら、...


1

エラーの通りでbind()で指定するaddress : portのペアはシステム内で一意の必要があります。fork()でうまくいったのはよくわかりません。 またlisten()は sockfd が参照するソケットを接続待ちソケット (passive socket) として印をつける。 だけです。実際に待ち受けるにはaccept()を使います。つまり、socket()、bind()、listen()までの処理はスレッドを作成する前に完了させておく必要があります。その上で各スレッドでaccept()を実行すればよいでしょう。


1

socketオブジェクトのタイムアウトは、接続時、読み書き時に適用されるもので、gethostbyaddrのような「名前解決」時には適用されないと思います。 gethostbyaddrのタイムアウトはDNSルックアップのタイムアウトに依存しているからですが、これをpythonアプリケーションから制御するのは無理かと思います。 #本家StackOverflowで近しい質問と回答があります。(この質問は直接gethostbyaddrに対し質問しているわけではないですが、名前解決の問題、ということで類似と判断しました) (この質問の回答では、スレッド起こして独自にタイムアウト監視するか、/etc/resolv.confをチューニングすれば可能、と回答しているようです) Pass timeout to ...


1

NetworkStream.DataAvailableプロパティを使用します。


1

応答がなかった時にプログラムが止まってしまわないように、socketにsetSoTimeoutメソッドを使ってタイムアウト時間を設定します。 socket.setSoTimeout(2000); というような感じで。(タイムアウト時間はミリ秒単位で指定しますので、上の例では2秒以内に受信できなかったらSocketTimeoutExceptionが発生します) Socketのタイムアウトのデフォールトは0(無限)になっているので、タイムアウト時間の設定を習慣にしたほうが"プログラムが止まってるみたいだけど、、、"というトラブルを減らせます。


1

import socket original_socket = socket.socket ... socks.setdefaultproxy(...) socket.socket = socks.socksocket ... socket.socket = original_socket urllib2.a_function() socket.socket = socks.socksocket 元の socket.socket を保存しておき、必要に応じてセットし直せばいいだけです。プログラムの作りによっては、try ~ finally で囲って、例外が発生しても確実に切り替わるようにした方がいいかもしれません。


1

2行目と5行目が間違っていると思います。 まず、5行目は不要で、いきなり - (NSUInteger) read:(nonnull uint8_t *)buffer maxLength:(NSUInteger)length; メソッドでデータを読み出します。その際にlenのポインターを渡しているのでlenのアドレスである途轍もなく大きいバイト数まで読み出そうとしているのが原因では無いかと思います。 以下は実際に動いている、セパレーターキャラクターが来るまで1バイトずつ読み出すコードです。 uint8_t oneByte; NSInteger actuallyRead = 0; BOOL repeat = YES; do { // read from stream actuallyRead = ...


1

(ソケットをcloseしていない、などプログラムとして不適切な点はここでは置いておいて、)doInBackgroundメソッドに書かれている処理でエラー無く送信できるはずです。 AndroidManifest.xmlでパーミッションを与えておかないとErrnoException(をラップしたSocketException)例外が発生しますが、行えているでしょうか。 <uses-permission android:name="android.permission.INTERNET"/> BindException については、DatagramSocketコンストラクタにポート番号を指定している場合に、ボタンを2回(以上)押すと発生していたのではないでしょうか。 ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります