次のタグが付いている話題の回答:

2

状態遷移図は有向グラフですから、"一つ前の状態"に戻るには逆向きの状態遷移が定義されている必要があります。逆遷移が定義されない場合は、そもそも状態遷移のルールに反します。 Boost.Statechartは状態遷移を表現する汎用フレームワークですから、それ自身は例外的機能を提供しないと思います。


1

boost::statechart ライブラリは使ったことがありませんので、より詳しい方が現れるまでのつなぎとしてご覧いただければと思います。 Boost::statechart Tutorial 上記、英語になりますが情報としては新しいです。 Boost ライブラリの FSM チュートリアル 日本語版 上記 PDF は日本語訳が結構適当ですが…。 チュートリアルのソースコード上は FSM なので名前が変わる前…もう10年程前です。 ただ、英語に不慣れな方でも感じはつかめると思いますのでリンクは残しておきます。 チュートリアル資料に、History または 履歴 といった項目がありました。 例えば simple_state の宣言は以下の通りとなっています。 template< class ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります