次のタグが付いている話題の回答:

6

まず、HTTPS を proxy する方法は2種類あります。 proxy が通信内容を傍受できない方法 proxy が CONNECT を受け取った時、HTTPS サーバへ接続し、クライアントへ 200 OK を返します。あとは、クライアント - HTTPS サーバ間の TLS ハンドシェイクも含めて、両者間を橋渡しするだけです。 通信内容は暗号化されているため、proxy は傍受することはできません。 proxy が通信内容を傍受できる方法 proxy が CONNECT を受け取った時、そのまま 200 OK を返します。その後、クライアント - proxy 間で TLS のハンドシェイクが始まります。(proxy - HTTPS サーバ間でも始まります) この時、proxy は本来の HTTPS ...


6

Google Chrome で以下のような表示になっている、と仮定してお答えします。 質問に書かれたメッセージに、安全でないリソースが含まれていると書かれていますよね。これは ページ自体は HTTPS で読み込まれているのに、一部のリソースがHTTP で読み込まれている、という意味です。URL が http:// で始まる画像やスクリプトを読み込んでいないか、確認してみてください。 HTTP で読み込まれるリソースについては暗号化も接続先の検証も行われないため、ヘッダ情報を通してアクセス元のURLやアクセス先のURLが盗聴されたり、あるいは読み込んでいるリソースが改ざんされる恐れがあります。サイトは HTTPS で安全だと謳っているにもかかわらず、です。このため、ブラウザ側でそのことを示しているのです。 ...


4

残念ながらS3ではできないですね。 S3の手前にCloudFrontを利用してはどうでしょうか?CloudFrontは独自ドメイン名の証明書を割り当てる仕組みもあります。 この場合の注意点は、CloudFrontのデフォルトキャッシュ期間は24時間のため、そのままですと24時間以内の変更が反映されない場合が出てきます。S3に保管したファイルにキャッシュヘッダを指定すればCloudFrontがキャッシュする時間も指定することができます。 補足として CloudFrontのSSLは、「専用 IP 独自 SSL」の場合 月額 600USドル 掛かります。 「SNI 独自 SSL」の場合は、別途費用は掛かりませんが、古いブラウザはサポートしていません。


4

サーバーの設定に関係なく、ユーザーが https://example.com にアクセスした時点で https://example.com の正しい証明書が存在しないようなので、ユーザーから見ればそれは「安全ではない接続」になります。 SNI などを使い証明書が example.com に対して有効である状態にしない限り、安全にリダイレクトさせることは SSL の仕組み上できません。


4

この辺りの環境変数に明確な規定はなく、プログラム毎に独自の解釈がされています。大文字のHTTP_PROXYなのか小文字のhttp_proxyなのか両方ならどちらが優先されるのか、HTTPS_PROXYを参照するのかHTTP_PROXYだけなのかフォールバックはあるのか、NO_PROXYの書式はどうなっているか、点でバラバラなのがUNIXの特色とも言えます。 その上でおおよそ、HTTP_PROXYは接続先がhttp://target...の際に使用するproxyを指定し、HTTPS_PROXYは接続先がhttps://target...の際に使用するproxyを指定するようです。 またHTTP_PROXYやHTTPS_PROXYに設定する値ですが、http://proxy......


3

ページが https で読み込まれているのに対して、favicon などのその他のリソースの一部が http で読み込まれているため混合コンテンツとなり、http で読み込まれているリソースはブロックの対象になります。おそらく、Ajax によって読み込まれているリソースにも http のものがあるのだと予想します。 https://example.com/1/はページのHTMLで、https://example.com/2/(おそらく実際は http でしょうが、)はブロックされているリソースです。仮に favicon を https で読み込もうとして見つからない場合は 404 の表示が行われると思うので、favicon ファイルの有無を確認をする前に通信自体をブロックしているのだと思われます。...


3

これをhttpsにすると、指定したデータは暗号化される…ということなのでしょうか? HTTPS は HTTP over SSL/TLS の略で、SSLまたはTLSで暗号化した通信経路の上で、HTTPによる通信を行うプロトコルです。暗号化されるのはフォームの値だけではなく、HTTPプロトコルで送受信される 通信内容がすべて暗号化される感じになります。 サーバー側には何の指定もいらないのでしょうか? サーバー側には、SSL/TLSサーバー証明書をインストールして、Webサーバー(ApacheやNginxなど)で 有効化する必要があります。また、https 通信は TCP:443 ポートを使用しますので Firewallなどでポートを遮断している場合は、明示的に通信を許可する必要があると思います。 SSL/...


3

通信のエンドポイントがJavaScriptかローカルHTTPサーバーか読み取れなかったので両方について書きます。 まずブラウザ上のJavaScriptからAPIサーバーと通信しているのであればページのオリジンに関わらずすべての通信がユーザーに筒抜けです。この場合は絶対に管理者パスワードなどを含めるべきではありません。 またローカルで動作するHTTPサーバーからAPIサーバーと通信する場合は一般のアプリケーションと同様に中間者攻撃の危険があります。またファイルシステムやメモリ上に平文でパスワードを保存した場合、比較的容易に抜き出すことができます。 程度の差はあれどちらもそれほど安全ではありません。管理権限を持たないユーザーにも配布するのであれば、...


3

結論から申し上げると「オレオレ証明書を用いたサイトを不特定多数に公開するくらいなら非暗号化のままのがマシ」といったところになるかと思います。 最近のSEOは疎いのですが、オレオレ証明書の場合、下記サイトにあるように警告画面が表示されるか、そもそもサイトが表示されません。 http://qiita.com/Sheile/items/dc91128e8918fc823562 Googleクローラの挙動はわかりませんが、Googleクローラ等に代表されるBOTはオレオレ証明書かどうかの判断ができない(悪意ある第三者が発行した証明書か判断できない)ために、おそらくクロール自体を行わないのはないかと想像します。 かといって証明書を取るにも費用がかかり、個人ユースでは手軽に導入できないため、...


2

まず、「あるコンテンツ」が大雑把に言って「仕事」なのか「趣味」なのかで大きく変わってくると思います。  また、レンタルサーバー会社でTLSやSSL設定サービスを行っているかも関係します。  以下に、私ならこうするというのを、簡単に場合分けしてみました。 とにかくさっさとhttpsでアクセスするようにしたい場合は、まずはレンタルサーバーの紹介ページで確認したり、管理会社に相談するのが一番いいと思います。 自分で設定しなければいけない場合で「仕事」なら、有料のサイト証明書を購入する必要が出てくると思います。何故かなどは、証明書の意味や仕組みを意識して勉強してください。この場合、Webサーバー構築の参考書を本屋や図書館で探すのが早いと思います。 「趣味」なら、OpenSSLなどで生成する、いわゆる「オレオレ証明書」...


2

レンタルサーバの提供形態次第なので、なにが「通常」「最善」なのかもそれ次第です。 まずはレンタルサーバの提供会社のサポート窓口に相談してみてください。


2

gnu-tlsライブラリ含めるオプションを付けずにビルドしたffmpegを使っているのではないですか? ffmpeg --versionの結果ををみるとわかりますよ。 http://d.hatena.ne.jp/riocampos+tech/20130731/p1


2

残念ながら ロリポップ以外の証明機関からEV SSL 証明書を取得する必要があると思います。 アドレスバーが緑になるのは EV SSL 証明書の場合のみで その他の証明書の種類だと緑にはなりません。 ロリポップの独自SSL を見ると次のように書いてあり「GMOグローバルサインのクイック認証SSL」という証明書のようです。 「ロリポップ!で提供する独自SSLは、GMOグローバルサイン株式会社のクイック認証SSLを利用しています。」 GMOグローバルサインのSSLサーバ証明書の種類 をみると「ドメイン認証」であって「EV SSL 証明」ではない事がわかります。


2

chrome のアドレスバーの左端のアイコンはサーバー証明書と chrome のポリシーによって変わります。 今日付けの chrome のバージョンは 47.0.2526.80m ですが、このバージョンについていえば - http つまり非暗号化のとき、紙アイコン - サーバ証明書が sha1 署名のとき、紙アイコン(もはや安全ではないよ、と主張しています) - サーバ証明書が sha2 署名のとき 緑の錠前アイコン - EV SSL 証明書のとき、緑の錠前+企業名 - http/https 混在のとき、黄色の△つき錠前アイコン紙アイコン - 明らかに危険なとき、赤の×つき錠前アイコン(証明書の運用が間違っている、真に詐欺サイトなど) ※鍵と錠前は区別してください。 古い chrome の場合 sha1 ...


2

今までの暗号化方式ではセキュアではなくなると思います。 WiFiでいうWEPは危険なのでWPA2を使いましょう、と同じ問題ではないでしょうか(WPA2にも脆弱性があったようですが…)。 最近NICTが新しい暗号方式を発表していましたので、こういった量子コンピュータでも解読されないような暗号化方式が主流になっていくのだと思います。 https://www.nict.go.jp/press/2018/01/11-1.html


2

そもそも量子コンピュータが実用化(個人が所有できる程度)される技術水準になれば、量子通信も完成しているはずです。このため、量子コンピュータによって暗号化が破られたとしても、量子通信によって通信の完全性/機密性が保たれると思います。部分的な通信データはタップされると思いますけどね。


2

HTTPSはSSL(TLS)上にHTTPを乗せたものですので、TLSについて説明します。 TLSではまずクライアントからサーバーへClient Helloと呼ばれるパケットを送信します。その中にはCipher Suitesと呼ばれるクライアントで使用可能なアルゴリズム一覧が含まれています。その応答としてサーバーからクライアントへServer Helloというパケットが送信されます。その中にはClient Helloで送られてきたアルゴリズム一覧の中から1つ選択決定したCipher Suiteが含まれています。 WebブラウザーでQualys SSL LabsのTest your browserを開くと、そのWebブラウザーが送信したCipher Suitesを確認することができます。Webブラウザー毎(IE、...


1

nslookup xml.irpocket.comをしたところIPアドレスが3つ返ってきました。 3台にたいしてopenssl s_client -connect <address>:443で確認したところ、 ある1台 depth=3 C = SE, O = AddTrust AB, OU = AddTrust External TTP Network, CN = AddTrust External CA Root verify return:1 depth=2 C = US, ST = New Jersey, L = Jersey City, O = The USERTRUST Network, CN = USERTrust RSA Certification Authority verify ...


1

リダイレクトについて HTTP は「サーバー&クライアント方式」のシステムで、クライアントがサーバーに要求を行い、サーバーが応答を返します。この方式の性質上、クライアントがどのような要求を行うかは、サーバーからは制御出来ません。 今回の例でいうと、クライントである Webブラウザが http:// ではなく https:// でアクセスしてほしいワケですが、どっちにアクセスするかはブラウザ側の自由なので、サーバーから制御することは不可能なのです。 これでは困るので、HTTPでは、リダイレクトという仕組みが用意されています。これは、サーバーが応答を返す際、次にアクセスするべきURL をブラウザに伝えます。続いてブラウザは指定されたURLにアクセスします。 今回の例でいうと、http:// ...


1

質問者さんがどういう立場なのかで知りたい内容は変わると思います。 - サーバー管理者 - 普通のユーザー - MITM 攻撃を試みている中間者 普通のユーザーとして興味があるから確認したいってことだと仮定して、例えばオイラのユーザーエージェント Chrome x64 69.0.3497.100 であるなら - 確認したい https なページを開いておいて - F12 で開発者ツール画面を開く - 開発者ツール画面のメニューバーから Security を開く(メニューバーの右側にあるので、》アイコンからスクロールする必要があるかもしれません) - Connection のところに接続状態の解説がある 参考ページということならたとえば http://tkengo.github.io/blog/2015/12/...


1

リクエストにヘッダが足りないのではないでしょうか。接続先がバーチャルホストのようですので、 Host: ヘッダを要求しているのだと思います。 $ telnet www.httpbin.org 80 Trying 52.44.174.39... Connected to www.httpbin.org.herokudns.com. Escape character is '^]'. GET /ip HTTP/1.1 Host: www.httpbin.org Accept: */* HTTP/1.1 200 OK Connection: keep-alive Server: gunicorn/19.9.0 Date: Sun, 19 Aug 2018 10:28:07 GMT Content-Type: ...


1

「SSLサーバ証明書を更新したため、ルート証明書を追加してください」という依頼がきたということですが、ルート証明書を追加する必要があるというのは、いわゆる「オレオレ証明書」ということになります。通常の運営者であればセキュリティ的に問題があって手間もかかる「オレオレ証明書」を使うことはないと思います。もう一度依頼内容を確認して、それでも「ルート証明書を追加する必要がある」となっているのであれば運営者に問い合わせをした方がいいと思います。もし偽メールだったら何が入っているかわからないし。 1)node.jsでは、質問にあるように、組み込まれているcaのリストが使われていると思われます。信頼される認証局のルート証明書(組み込まれているcaのリスト)...


1

原因が解るわけではないのですが、気になる点もありますので、回答としてまとめておきます。 SSL_connect returned=1 errno=0 state=SSLv3 read server certificate B: certificate verify failed CA 証明書(つまり cacert.pem)が見つからない場合に発生することが多いようです。 以下の https.ca_file = "./cacert.pem" の項目を確認してください。 https = Net::HTTP.new('ホスト', 443) 'ホスト' と書かれているので判りにくいのですが、ここに IP アドレスは指定できません。必ずホスト名を指定してください。...


1

コードが合っているかは不明ですが、模索するうちに自己解決いたしました。 もっとスマートな方法があるかもしれませんが、希望の挙動をしたコードは以下です。 RewriteEngine On #contactページにhttpでアクセスした場合 RewriteCond %{REQUEST_URI} ^/contact/$ RewriteCond %{HTTP:X-Sakura-Forwarded-For} ^$ RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [L,R=301] #トップページ以外にhttpsでアクセスした場合 RewriteCond %{REQUEST_URI} !^/contact/$ RewriteCond %{HTTP:X-...


1

http://cse.google.com/coop/cse/brand これは古いコードのようですが、どこかのサイトを参考にされたのでしょうか? 新しい公式のヘルプに従って設定しなおすことをお勧めします。ちなみに最新のコードではhttp/httpsも自動判定されます。 サイトへのカスタム検索の追加 - カスタム検索 ヘルプ ErrorDocument 404 /example/general/404.html これはエラー発生時にどのページを表示するかという指定ですから、「全ページに挿入される」といった動きはしません。この指定が影響しているとすれば、そのページ内で読み込んでいる画像やiframeのURLが誤っていることになります。 まずはカスタム検索のコードを修正してみてください。


1

SSL の存在理由の一つに「コンテンツを安全なサーバから入手したものかを検証できる」ことがあります。 安全でないと判断されると、 Chrome は、net::ERR_INSECURE_RESPONSE エラーなどの報告とともに、コンテンツ入手を厳しくブロックします。 今回の場合は、 SSL の証明書に問題のあるサーバからのコンテンツがブロック対象となったのでしょう。 次に試される場合に、Chrome の 開発ツール を開き、 Network タブを見ながらページを読み込ませてみてください。質問にある分析と異なる見解が得られると思います。少なくとも コンテンツ1(ServerA with HTTP) -> コンテンツ2 (ServerB with insecure HTTPS) ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります