次のタグが付いている話題の回答:

4

Googleアカウントで二段階認証を有効にされていますか? その場合、安全性の低いアプリからの Google アカウントへのアクセスを許可する必要があります。 ご自身のGmailにGoogleから「不審なアクティビティがあり遮断した」ような内容のメールが届いていると推測されます。(take88さんもコメントで指摘)


3

1日2000通/試用期間は500通、というのはG Suiteでのメール送信の一般的な制限です。 Google Apps Scriptにはこれとは別の制限があり、宛先ベースで1日1500です。これを見ただけでは試用期間中の制限は自明ではありませんが、Google Apps無償版の制限と最初のリンクの試用期間中の値を見比べてみると制限が同じですので、Google Apps Scriptにおいても試用期間中においてはGoogle Apps無償版と同等の制限になっていることが想像されます。 手元で試してみた結果では、MailApp.getRemainingDailyQuota()は無償版で100、有償版で1500を返します。


3

ruby-gmail gem をベースに開発されている gmail gem を使います。 以下のコードを実行すると "cat"ラベルが付いた最新メールの件名と本文が出力されます。 require 'gmail' username = 'PUT YOUR USERNAME' # Gmailのユーザ名 password = 'PUT YOUR PASSWORD' # Gmailのパスワード label_name = 'cat' # 対象のラベル名 Gmail.connect(username, password) do |gmail| email = gmail.label(label_name).emails.first puts 'subject: ' + email.subject ...


2

「送信済みメール」にメールがある場合は、宛先のメールアドレスが間違っているか、宛先のサーバで迷惑メール扱いされていることが考えられます。 「送信済みメール」にメールがない場合は、GmailApp.sendEmailが実行されるまでにスクリプトでエラーが発生して中断してしまっているのではないでしょうか。スクリプトエディタの「表示」-「実行トランスクリプト」の内容や、スクリプトにLogger.log()を追加して「表示」-「ログ」を確認するなどして原因を調べそれを取り除いてください。


2

下記にて本文文字列をタイトルで指定されたエンコード方式にてデコードしているようですが msg = email.message_from_string(raw_email.decode(msg_encoding)) テストメール2の CjHooYznm67jgIIKMuihjOebruOAggo= はUTF-8文字列をBase64エンコードされているように見えますので、 まずBase64デコードが必要です。 ※蛇足: 昔のメールサーバーは7bitコードしか処理できないという制約があり、 7bitコードで扱えるように出てきたのがBase64であり、QuotedPrintableであり、ISO-2022-JPです。 ISO-2022-...


2

Gmail APIの制限は制限はAPI呼び出し回数の他に Mail Sending Limits Bandwidth Limits Concurrent Requests があります。リファレンス このうち、上2つが超過時にUser-rate limit exceededとなることになっています。 送信はほとんど無いと言うことなので、Bandwidth Limitsではないでしょうか。 「1日分だと316,436回」だとすると1回あたり8KBぐらいが限界という計算になります。


1

March 10, 2016付けの記事 Change to Mail Service in Apps Script に、 Starting on September 13, 2016, [中略] Google Apps customer who doesn’t use Gmail, but uses Apps Script instead, can send emails through MailApp but not GmailApp. [直訳] 2016/09/13以降、Google Appsの利用者でGmailを利用せず、代わりにApps Scriptを利用している方は、emailをMailAppを介して送る事が出来ますが、GmailAppを介しては出来ません。 との記述があります。 ...


1

SPFレコードは、DNSへ設定しましす。 DNSへの設定例 hoge.jp. IN TXT v=spf1 include:_spf.google.com ~all メールアドレスのなりすましなどを防ぐ為に、そのドメインからの送信が許可されているサーバから送信されているのかどうかを判断に使用されます。


1

さらっと見て気づいた点ですが,, - もし転送先アドレスを設定したいのならメソッドはPOSTではないでしょうか? - もう1点,エンドポイント(URL)が正しく設定されていないのではないでしょうか?下記の"メールアドレス"となっている部分は"userId"であるべきです。 https://www.googleapis.com/gmail/v1/users/メールアドレス/settings/forwardingAddresses リファレンス : https://developers.google.com/gmail/api/v1/reference/users/settings/forwardingAddresses/create


1

$mail->CharSet = 'UTF-8';  を加えたら直りました。


1

ここのサイトのチュートリアルでは不十分ですか? http://docs.monaca.mobi/cur/ja/reference/monaca_api/cloud/mailer/


1

Labs閉鎖に伴ってコードが無くなったらしいですね。 検索したらいっぱい出てきましたが、 http://qiita.com/daisy1754/items/788cf32d9379746bba14 のサイトがご希望のものに近いかと思います。


1

自己解決いたしましたのでご報告します。 改行コードを(ios)%0D%0A から(android)\x0D\x0Aに変えたら文字化けしなくなりました。 みなさま、ありがとうございました。


1

Postfix 2.7 以降の場合 Postfix 2.7 以降であれば、smtp(8) の smtp_reply_filter で Gmail からの応答を書き換えるフィルターを設定するといいかもしれません。 Gmail (*@gmail.com) 宛のメールにだけ適用するため、master.cf で Gmail 宛専用のトランスポートを定義し、transport(5) でそれを指定するといいでしょう。 /etc/postfix/master.cf で Gmail 宛専用のトランスポート smtp-gmail とそのコマンドラインを設定します。ここで smtp_reply_filter を使用するようにします: smtp-gmail unix - - - ...


1

直接の回答ではありません。 Gmailへの送信をしないという観点であれば、gmail.com などのアドレスへの送信を無条件で拒否するという手があります。 main.cf: smtpd_recipient_restrictions = ... check_recipient_access hash:/usr/local/etc/postfix/reject_recipients ... check_recipient_access は permit_mynetworks などの許可設定よりも前に入れてください。(たいていの場合には先頭に入れてしまっても良いと思います。) /usr/local/etc/postfix/reject_recipients: gmail.com ...


1

単純に再送をやめるのであれば、main.cfにて、maximal_queue_lifetimeとbounce_queue_lifetimeを0にすればよさそうです。 ただ、いろいろ弊害はあるのでご注意を。 インターネット上では確実に配送される保証はありませんので、再配送を完全に止めてしまうと本来送るべきメールが送れなくなる可能性があります。 http://q.hatena.ne.jp/1225177875 より (ケータイのキャリアメール向けのサービスで、MTA側では再送間隔を調整しておいて、別の処理でqueueをさらって再送扱いのメールをお掃除するようなことをやりました。が、最終的にはキャリアさんにたのんで第8層で解決した記憶があります、gmailもそうなるんでしょうかねぇ。。)


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります