次のタグが付いている話題の回答:

8

私が知っているものとして、コマンドラインリファレンスがあります。 コマンド ライン リファレンス https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc778084(v=ws.10).aspx このページに各種解説へのリンクがあり、例えば下記のようなページへ芋づる式にたどっていけます。 コマンド シェルの概要 https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc737438(v=ws.10).aspx バッチ ファイルを使用する https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc758944(v=ws.10).aspx バッチ パラメータを使用する https://msdn.microsoft.com/...


6

方法1 %*ですべての引数を参照できますので、これをループで回します。 コマンドプロンプトでは()を抜けるまでsetした環境変数が適用されないため、setlocal enabledelayedexpansionして遅延環境変数の展開を有効にします。 この際()内で環境変数を参照する場合は、環境変数名の両端に!を付けます。(%ではなく) 参考リンク 豚吐露@wiki - Windows/bat/tips/for内でsetした値がforを抜けるまで反映されない set COMMAND=%%~aは、コマンドとなる最初の引数が"で括られていても対応できるように~で両端の"を除去しています。 @echo off setlocal enabledelayedexpansion set ARGS= set POS=...


5

SET DIR=%~dp0 ECHO %DIR:~0,-1% 一旦、環境変数に格納するとその値を編集することができます。 %DIR:~0,-1%で%DIR%の末尾の位置文字を削った文字列を得ることができます。


5

@echo off set /P dummy=%1, <NUL >>parameter.log cd C:Program Files (x86)¥hogehoge¥hoge.exe hoge.exe getparameter >> parameter.log のようにすればいいかと思います。 バッチファイルの引数は%1で取得できますが、 単にecho %1, のようにすると改行されてしまうので、 こちらのブログの方法(set /Pを使う)を使わせて貰いました。


4

私の環境(Windows7)では、結果は" c.txt"になりました。 お望みの結果を得るには、遅延環境変数を使います。 @echo off setlocal enabledelayedexpansion set STR= for /F %%A in ('dir /B') do ( set STR=!STR! %%A ) echo "%STR%" endlocal 詳しいことは、以下のページが参考になると思います。 バッチファイル。IF文やFOR文の中で複数コマンドを書く時の注意点 - Windowsのコマンドプロンプト(bat,cmd) - to_dk notebook


4

そのままの例がSETコマンドのヘルプ(set /?)に書いてありました。 まず、遅延環境変数の展開をONにしておく(cmd /V:ON) そうすると以下の様に書けます。 @echo off set STR= for /F %%A in ('dir /B') do set STR=!STR! %%A echo "%STR%" また、FORの部分は単にfor %%A in (*) do set STR=!STR! %%A で良いと思います。 でも、このためにcmd /V:ONをするとコマンドシェルをネストしてしまいますし、 JScript または、VBScriptを使用するのがいいのではないかと思います。


4

cmd.exeを立ち上げておいてその中で提示されたbatを実行すると、pauseに至る前に下記のコードで=!==x!str1! の使い方が誤っています。というエラーを吐いて終了します。 pauseに至る前に終了しているので、エラーを吐いてすぐにコマンド入力画面が消えます。 if x!str1:hoge=!==x!str1! ( 単純にファイル名に特定の文字を含まないファイルを削除するだけなら、下記のコードで実現できそうですがいかがでしょうか。 rem ファイル名に"fuga"を含まないものをすべて削除する for /f "delims=" %%a in ('dir /B *.mp3 ^| find /V "fuga"') do del %%a ...


4

UAC; ユーザーアカウント制御はオンになっているのでしょうか? またオンであってもアカウントが Administrator の場合は管理者権限で実行されますので他のアカウントを使用する必要があります。


4

UNIX系OSとWindowsとではプロセスの管理方法が異なります。WindowsではサインインするとWindow StationとDesktopが作成され、各プロセスはWindow Stationに属します。ユーザー切り替えやリモートデスクトップで複数ユーザーが操作しても影響を受けないのは、このWindow Station単位で管理されているためです。 そのため、GNU Screenのようにいわゆるセッションを切り離してプロセスを継続実行させようとしても、サインアウト時にはWindow Stationに属するプロセスは全て停止させられてしまいます。サービスプロセスのように異なるWindow Stationでプロセスを起動することもできますが、あまり想定されていない操作になるため、...


3

「送る」を使う方法があります。 エクスプローラーで shell:sendto を開いて、プログラムのショートカットを作成してください。.bat ファイル を右クリック→送る→作成したショートカット を選べばプログラムから開くことが出来ます。


3

shift でパラメータを一つずらす(若くする)ことができますから コード例サンプルは次のように書くことができます。 (第2引数以降をループして環境変数に一つずつ結合します。) @echo off set COMMAND=\path\to\%1 shift set TARG= :check if "%1"=="" goto final set TARG=%TARG% %1 shift goto check :final %COMMAND% %TARG% set TARG=


3

テクニックの問題として、1ではなく100など大きな数値で計算を行い、下2桁を参照することで簡単に0補完できます。 @ECHO OFF SET NUM=100 :Loop SET /A NUM+=1 echo %NUM:~-2% IF NOT "%NUM:~-2%"=="00" GOTO Loop EXIT /B ちなみに008の次が1となる原因ですが、たぶん数値が0から始まっているため8進数と解釈されたためと思われます。8進数で有効な数字は0~7なので8や9は非数値として無視され00として扱われています。 数値保存用の変数と文字列用の変数を分けるべきです。 なお、GOTOを用いたループについての質問を受けたため、GOTOを用いたループで回答しました。その回答に対してFOR /...


2

Windows上で完結するという点で言えば、Windows自体に機能として備わっているマイクロソフトメッセージキュー(MSMQ)を使用されてはいかがでしょうか。Windows7であれば標準で搭載されている機能です。ただし、通常有効化はされていませんので、「コントロールパネル」-「プログラム」-「Windowsの機能の有効化または無効化」のメニューからメッセージキューサーバを有効化する必要があります。 COMベース、および.NETベースのインターフェース経由でキューに情報を載せる&取り出す必要があるため、それなりのプログラミングが必要となりますので、簡便に、という点では条件に合わないかもしれません。


2

こんな感じ? @echo off set FILE_PATH_TXT=%1 setlocal ENABLEDELAYEDEXPANSION for /f %%a in (%FILE_PATH_TXT%) do ( call :startWithSrcPkgDir %%a echo !result! ) endlocal :startWithSrcPkgDir echo %1 | findstr /b "foo\\bar" > nul IF %ERRORLEVEL% == 0 (set result=1) ELSE (set result=0) exit /b


2

findstrって...文字列渡せるんですかね? ヘルプを見る限りだと、ファイルパスやディレクトリパスを渡す仕様に見えます。 なので、もし、任意のファイルを1行ずつ判断したければ... 1行取り出す → 一時ファイルに出力する → 一時ファイルをfindstrで評価する → 結果を出力する を繰り返さないとダメなんではないでしょうか? これでどうでしょ~? @echo off set FILE_PATH_TXT=%1 setlocal ENABLEDELAYEDEXPANSION for /f %%a in (%FILE_PATH_TXT%) do ( call :startWithSrcPkgDir %%a echo !result! ) endlocal :...


2

explorerはsymbolic linkの実体を起動しているようです。 なのでバッチファイル内で解決する方法は無さそうです。 [TOF c:\temp\original.cmd] echo off echo %CMDCMDLINE% pause [EOF] mklink c:\test\symlink.cmd c:\temp\original.cmd explorer c:\test\symlink.cmd C:\windows\system32\cmd.exe /c ""c:\temp\original.cmd" " 続行するには何かキーを押してください . . . もう一段batchファイルをかますとかトリッキーな事をやると何とかなるかもしれませんが綺麗じゃないですねぇ


2

送るなどに入れても実現できますが、右クリック~送る~Atomと選択するよりも、右クリック~Atomとできた方がワンクッション少なくて良いかな?と思うのでレジストリをいじる方法を提案します。 レジストリを開く Windows + rを押してregeditを入力、レジストリエディタを起動します。 \HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\*\に移動します。 *の並びにズラッと並んでるのは拡張子です。 今回は.batだけを対象にしようとしたんですが、どうにもできなかったので*でやります。 *以下に設定すると全てのファイルが対象になるので、bat以外のファイルのメニューにも増えてしまいますが... atom用のキーを作る *を右クリックして[新規]-[キー]を選択。...


2

エラーの通り/COPYALLオプションにより監査情報がコピー対象に含まれるのが原因ですので、該当オプションを削除すればよいのでは。 なおRobocopyのコピー対象の項目は ファイルデータ(D) ファイル属性(A) タイムスタンプ (T) ファイルのACL (S) オーナー (O) 監査情報 (U) の6種類で、オプションを指定しない場合は/COPY:DATが既定値となります。また/COPY:DATSと等価な/SECオプションも利用できます。


2

バッチファイルを検索して @echo off が抜けている場合は先頭に追記する: for /f %%f in ('grep -iL "@echo off" *.bat') do ( sed -i.bak "1i @echo off" %%f ) #!/bin/sh を #!/bin/bash に置き換えて保存する: $ sed -i.bak 's/#!\/bin\/sh/#!\/bin\/bash/' /path/to/*.sh ※ GNU sed を想定。念のため -i[SUFFIX] オプションで上書き保存時に FILENAME.bak というバックアップを残すようにしています。 また Windows には grep sed コマンドがないため、事前に Git for Windows や ...


2

ftpcopy_面談.bat ftp -s:ftp_bat.txt このコマンドですと、カレントディレクトリにあるftp_bat.txtを検索します。 エクスプローラー上でftpcopy_面談.batをダブルクリックして実行した場合、ftpcopy_面談.batが置かれているディレクトリがカレントディレクトリに設定されるためftp_bat.txt見つけることができます。 しかし、Accessマクロの「アプリケーションの実行」ではカレントディレクトリが明示されていないためftp_bat.txtを見つけられていない可能性があります。 %~dp0でバッチファイルの存在するディレクトリを表すことができるため ftp -s:%~dp0ftp_bat.txt と変更して試してみてください。 「...


2

耳慣れない言葉ですが、ヘッドレスブラウザなら可能だと思います。 Node.jsならWindows内のフォルダへファイル出力できます。 Puppeteerでヘッドレスブラウザを試してみてはいかがでしょうか。


1

バッチファイルの中身は単に以下のような記述ではだめでしょうか。 dirtree.bat dir tree バッチファイルは実行させたいコマンドを列挙しておけば順に実行してくれますので、今回の例であればわざわざcmdの引数に渡す必要は無いと思います。 追記 作成したバッチファイルをダブルクリックで実行した場合は、処理が終了するとウインドウも閉じてしまいます。もしウインドウを開いたまま(結果を確認したい)場合には、バッチファイルの最後にpauseコマンドの行を追記してください。一連の処理が完了後、「続行するには何かキーを押してください...」と表示され、入力待ちの状態になります。 dir tree pause


1

Windows 7以降に標準でインストールされているPowerShellをお勧めします。 foreach ($f in Get-ChildItem . -Include *.txt -Recurse) { @(Get-Content $f) -replace ".*AAA:.*", "" | Set-Content $f }


1

文字コードが決まっているならばPowershellで行けそうです。 下記のコードではC:\target以下の*.txtファイルのAAA:から始まる行を全て削除して、UTF-8で保存します。 $root = "C:\target" #置換対象フォルダ ls $root -Recurse -Include *.txt | %{ $f = $_.FullName; $(Get-Content $f) -replace "^AAA:.*$", "" | Set-Content -Encoding UTF8 $f } 上記スクリプトを実行すると、下記テキストの1行目から3 行目が空白行に変換されます。 aaa: AAA: AAA:B AAB:


1

ROBOCOPYでしょうか。 C:> dir /b target dist C:> ROBOCOPY target dist test.txt /S ...


1

.batファイル内では%は引数のプレースホルダーとして評価されるため、文字%を表したい場合は%%とエスケープする必要があります。


1

バッチファイル呼び出し時の第一引数に記述したファイル名に更新日時を追加するサンプルは下記のようになります。 下記のコードをrename.batとしてShift-JIS(改行コードはCRLF)で保存して、コマンドプロンプトにて保存したbatファイルの存在するフォルダにcdで移動したうえでrename.bat hoge.txtのようにコマンドを実行してください。 @echo off rem 引数のファイル存在チェック if exist "%1" (goto :RENAME) else goto :NO_FILE :RENAME rem 日付時刻文字列整形(2017/02/26 15:56→20170226_1556) set upd=%~t1 set upd=%upd:/=% set upd=%upd: =_%...


1

回答として製品やツールを列挙して欲しいという趣旨であれば、いくらでも回答が考えられるので好ましくないタイプの質問です。 ジョブ管理システムやバッチ管理システムなどと言われる商用製品、オープンソース製品は多数ありますし、Job queueを実装するライブラリは最近の言語にはたいていあるはずです。アドホックなスクリプトでもそれなりに対応できるでしょう。 選択肢はいろいろあるので、上に書いたようなキーワードで検索してみてください。 ツールを使おうとしているとか自分でスクリプトを作ろうとしていてその段階で具体的に困っているのであれば、その点を明確にして質問すれば回答が得られるかもしれません。 全く実現方法がわからない、方法すら思い浮かばない、ということであれば、...


1

ユーザーアカウント制御はONの状態が望ましいとは思いますが、 runasを使うのはどうでしょう? /userで一般ユーザーを指定して/savecredでパスワードを保存すれば今までの環境で一般ユーザーでの起動ができると思います。 http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/0606/17/news015.html


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります