次のタグが付いている話題の回答:

9

接続先毎に公開鍵秘密鍵ペアを作る必要はありません。 通常は接続元毎に公開鍵秘密鍵ペアを作ります。作った秘密鍵は接続元に置いておき、公開鍵を接続先に配布します。 また例外的に、接続先毎に秘密鍵を変えたい場合には、 ~/.ssh ディレクトリ内に (デフォルトの id_rsa とは異なる) 別名で保存しておき、ssh 接続のたびに -i オプションで秘密鍵のファイルを指定するか、~/.ssh/config で接続先毎に利用する秘密鍵を指定します。 余談ではありますが、1つの秘密鍵を複数の接続元へ配布して再利用する、という使い方はセキュリティ上あまり褒められませんので、可能ならば避けたほうが良いでしょう。


8

SSHで通信することの恩恵は、暗号化だけでなく認証の側面もあります。 例えば、GitHubにSSH接続する際には、登録されている公開鍵を用いて、接続主が誰であるかということがチェックされます。これにより、自分に成りすました誰か別の人がGitHubに接続して勝手に自分のリポジトリを操作するようなことを防ぐことができるのです。


7

SSHではなくHTTPSでクローンしていませんか?remoteを確認してみてください。 remoteの確認 remoteの確認: $ cat .git/config 例えば、.git/configのurlがhttpsから始まっているのであればHTTPSでクローンしています。 [remote "origin"] fetch = +refs/heads/*:refs/remotes/origin/* url = https://user@bitbucket.org/USERNAME/therepo.git HTTPSでクローンしている場合は以下の画像のようにHTTPSからSSHに変更してクローンをするためのURLを取得してください。 remoteの変更方法 $ git remote ...


7

PuTTYで設定可能か オリジナルのPuTTYではおそらく出来ないと思われます。しかし派生版の中には独自機能としてキー定義が追加されている物があります。 例えばICE IV版GDI PuTTYやD2D/DW PuTTYではプライベートキー定義で設定が可能です。 Ice IV版PuTTY設定例 ICE IV版PuTTYでは、以下の設定を追加するとEmacsでC-.およびC->を認識するようになります。(TERM環境変数はxtermにして下さい) Vkey190=.,>,\033[27;5;46~,\033[27;6;62~,\033.,\033>,\033[27;7;46~,\033[27;8;62 他のキーでの対応も考えるならば、このxterm風キー定義を追加するのが楽でしょう。 他の手段 ...


7

SSHクライアントの脆弱性を突くように仕込まれたパケットを送信されて、クライアント側で任意のコードを実行されるなどで、OSごと乗っ取られる可能性があります。 過去に、OpenSSHやPuTTY、TeraTerm等のメジャーなSSHクライアントで、任意のコードを実行できるような脆弱性が存在したことがあります。脆弱性が修正されたバージョンを使用していなければ、大変危険です。また、 未知の脆弱性を利用された場合、防ぐことはほぼ不可能になります。 隔離された仮想環境で行う等の方法で可能な限りリスクを低減すべきでしょう。


7

その認識でよいです。 公式のヘルプにもそのフィンガープリントがありました。 https://help.github.com/articles/what-are-github-s-ssh-key-fingerprints/


6

SSH サーバー sshd(8) がユーザーのシェルの存在を確認し、存在しないときには拒否するからです。Debian なら認証動作については /var/log/auth.log を確認しましょう。次のようなログがあると思います。 Apr 30 19:07:17 sugar sshd[13663]: User fumiyas not allowed because shell /sbin/nologin does not exist sshd はファイルが存在して所有者か所有グループかそのほかの実行権限が付いているかどうかだけ確認しているので、例えば次のようにすると SSH ポート転送が許可されます。 # touch /sbin/nologin # chmod 0100 /sbin/nologin ...


6

SSH/OpenSSH/Keys - Community Help Wiki デフォルトではSSHの公開鍵はホームディレクトリに置かれていますが、ホームディレクトリを暗号化した場合、何らかの方法でそのユーザーがログインするまでホームディレクトリ(に入った公開鍵)にアクセスできないため、SSHの公開鍵認証に失敗します。 なのでSSHの公開鍵をホームディレクトリ以外の場所、例えば /etc/ssh/<username>/ に移動することで、問題を回避できるようです。ただそれでも、ホームディレクトリが自動でマウントされないという話もあるようですが・・・。 Ubuntuでホームディレクトリを暗号化するのを止めた · hnakamur's blog at github


6

vim -X で起動してみてください。 ログの内容はクリップボード利用のために X Server へ繋ごうとして時間がかかっていることを示しています。 -X オプションは X Server へ接続しないオプションです。 11148.633 11147.468: setup clipboard これで改善するようであれば .vimrc に set clipboard=exclude:.* を追加すれば、永続化できます。 参考: vimの起動速度を改善する


5

nc (または netcat) コマンドはどうでしょうか。 -zオプションを追加することでポートスキャンモードとして動作します。 以下にman ncから動作例を抜粋します。ポート番号の複数スキャンも可能です。 $ nc -z host.example.com 20-30 Connection to host.example.com 22 port [tcp/ssh] succeeded! Connection to host.example.com 25 port [tcp/smtp] succeeded!


4

Macだと標準でpbcopyが使えます。 ssh user@example.com 'cat hello.txt' | pbcopy


4

リモートホストの指紋(fingerprint)が以前に接続した時のそれと異なっているため、安全のため接続がはじかれている状態です。OSを再インストールしたり、サーバの公開鍵を変更したりするとこうなることが多いです。 念のため、接続先が間違っていないか確認しましょう。 クライアント側で以下のコマンドを実行して、ホスト情報をリセットしてから改めて接続してみてください。 ssh-keygen -R ホスト名 補足すると、 Offending ECDSA key in /home/hasegawaryo/.ssh/known_hosts:1 エラー表示によると ~/.ssh/known_hosts の1行目のホスト情報が不一致であることが分かります。 このファイルをsedコマンドで編集したいのであれば ...


4

fumiyas さんもおっしゃっていますが、 sed と ssh 組み合わせてやろうとすると、いくつか制御文字が使われた場合などで、バグが発生しています。まず具体例から。 質問者さんがやりたいことは、 world -> hello であるならば、ひとまず以下で達成できます。 : ${SSH_TO:=host} TARGET_FILE=/home/ec2-user/test.txt FROM_STRING=world TO_STRING=hello ssh "$SSH_TO" sed -e "s/${FROM_STRING}/${TO_STRING}/g" $TARGET_FILE しかしこれは、変数に sed の制御文字が入ってきた時点で正しく動作しなくなってしまいます。 : ${SSH_TO:=...


4

sshでリモート側にローカルの環境変数を渡すためには双方に設定が必要です。 ローカル側 .ssh/config(または/etc/sshd/ssh_config)に環境変数を送信する設定 SendEnv string リモート側 /etc/ssh/sshd_configにローカル側が送ってきた環境変数を受け入れる設定 AcceptEnv string また、現状のスクリプトではstringはexportされてないので子プロセスからは参照されません。 export string="hello" として環境変数として設定してください。


4

公開鍵認証のメリットは、公開鍵は秘匿しておく必要が無いということです。安全な経路でなくてもよいので、すでにSSHログイン可能なパソコンAで受け取れさえすれば何でもよいです。 自分宛にメールで送る 共有フォルダ オンラインストレージ(Dropbox、Google Drive、etc) ドキュメント共有(Onenote、Google Docs、etc) 自分にとって一番簡単な方法でやってください。 さて、パソコンAは単に公開鍵を中継しているに過ぎません。サーバが直接アクセス可能な経路があれば、そちらを経由しても問題ありません。例えば、 % curl 'オンラインストレージの共有機能で取得したURL' >> .ssh/authorized_keys ということもできます。 新しい鍵だけではなく、...


3

自己解決しました。 確かに現在のvagrantはゲストOSの初回起動時にホストOS側の鍵情報を自動で変更し、ゲストOSと暗号の再調整を行っています。 ただし、その置換後に使う秘密鍵ファイルの場所はvagrant ssh-configというコマンドを使わないと分からないようになっていました。 $ vagrant up ... ... (ゲストOS起動中) ... (ゲストOS起動後に以下を実行) $ vagrant ssh-config HostName 127.0.0.1 User vagrant Port 2222 UserKnownHostsFile /dev/null StrictHostKeyChecking no PasswordAuthentication no IdentityFile /...


3

すみません、タイトルをちゃんと見ていませんでした。CentOS7なのですね。 だとするとiptablesではなくてfirewalldを使います。 firewalldでも10022番ポートがフィルタリングされている状況は同じです。/usr/lib/firewalld/services/ssh.xmlに以下のようにポート10022の設定を追加して、firewalldをリロードしてみてください。 <port protocol="tcp" port="22"/> <port protocol="tcp" port="10022"/> <== 追加 以下のコマンドでリロード # firewall-cmd --reload


3

-y オプションを利用してください。 ssh-keygen -y -f test man ssh-keygen より: -y This option will read a private OpenSSH format file and print an OpenSSH public key to stdout.


3

manで確認したところ以下の記載がありました。 -F configfile Specifies an alternative per-user configuration file. If a configuration file is given on the command line, the system-wide configuration file (/etc/ssh/ssh_config) will be ignored. The default for the per-user configuration file is ~/.ssh/config. コマンドラインからユーザごとの設定を指定するのであれば-Fオプションで可能です。


3

もしWindowsのgit bashを使用している場合、NTFS/FAT32等のファイルシステム上ではchmodでアクセス権を変更することはできません。 (一見chmod -cで変更されたように表示されるのは確かに紛らわしいですね) また、参考にされたページの手順で実行している「秘密鍵のパーミッション変更」ですが、こちらはシステム上の他のユーザから不用意にファイルを参照されないようにするためのものです。 Windowsでchmodは実行できないと書きましたが、元々Windowsでは他のユーザアカウントのデータは(管理者権限が無い限り)見えないようアクセス制御されていますので、「秘密鍵のパーミッション変更」は実行しないままで大丈夫です。


3

特定の単一リポジトリへのRead権、あるいはRead / Write権を持つSSH鍵を作るのであればリポジトリの設定から Deploy keys を設定できます。名前の通りデプロイ用鍵ですが、そのような使い方もできなくもないです。 ただし、これはあくまでも1つのSSH鍵を単一のリポジトリにしか利用できません。もし複数のリポジトリにアクセスする権限が必要なのであれば別途アカウントを用意するなどの手段を取る必要があります。


3

英語版に同じような質問があります。 Keep Jupyter notebook running after closing browser tab それによると、ブラウザーを閉じても計算は続けるけど、出力先が無くなってしまうので結果が出力されないためだそうです。 最も簡単な解決方法は、%%captureというセルマジックを使って、stdout, stderr, IPython のdisplay() callsをキャプチャーすることだそうです。 %%capture output # 以下に時間のかかるコードを書く そうすると出力はすべてoutputという変数に保存されるので、再接続後に次のコマンドですべての出力が表示できるそうです。 output.show()


3

「正常に接続できるインスタンス」にアタッチしたということですが、「正常に接続できるインスタンス」に「問題のあるボリューム」をマウントしてみてください。 マウントができれば、必要なファイルを「正常に接続できるインスタンス」にコピーできるので、それを使って「正常に接続できるインスタンス」の方で復旧できます。(マウントできれば、「問題のあるボリューム」のファイルを修復することも可能ですが、それよりも必要なものだけコピーした方が早いと思います。) この不具合は、SSHサーバーに関連するファイルが壊れたためだと思います。インスタンスの方は立ち上がっていると思うので、AWS側のマシンの不具合とはいえないので、再起動等いろいろ試していますがそれでは復旧できないと思われます。


3

Raspbianのセキュリティのため、キーボードやモニターが接続されていないとWiFiが使えないことがわかりました。 下記の手順にてキーボード、モニタの接続なしでもWiFi接続ができるようにサービスを登録しました。 # cp /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant-wlan0.conf # systemctl disable wpa_supplicant.service # systemctl enable wpa_supplicant@wlan0.service # systemctl list-unit-files | grep wpa_supplicant ...


2

プログラミングとは関係ない話題のような気がしますが…… 手順5の最後、 :w authorized_key として保存。 この通りだとすればファイル名を間違えていますよ。 authorized_key ではなく、 authorized_keys です (末尾のs)。また、手順に保存を実行した時のユーザーやファイルパスが示されていないのですが、 VPS 上のユーザー hoge で ホームディレクトリ/.ssh/authorized_keys に保存されている (ここで、ホームディレクトリ は /home/hoge (~ や ~hoge という記法もあり)。) 必要がありますが、そこは大丈夫ですか? 続く 6・転送が終わったらサーバー側にてパーミッションを調整 chmod 700 ~/....


2

ミスがいくつかありそうなのと、参照先が若干不親切なので、 さくらVPSの初期設定とCentOSによるWEBサーバー環境構築まとめ を参照した方が分かりやすいかと思います。  余談ですが、IPアドレスの例示には「192.0.2.x」(xは1~254)のような例示専用のものがあるので、そちらを使った方がよいでしょう。(参照)


2

セキュリティ上、別PCの鍵ペアの共有はどうかは置いといて、 鍵ペアを再作成しなくても、秘密鍵を買い替えたmac(PC)に置けば、SSHはできるはずです よくある繋がらない原因は ・パーミッションの問題 解決策は↓(mac側) chmod 600 [秘密鍵のファイル名] パーミッションを一度確認してみてください。


2

OpenSSHのsshは-iや.ssh/configのIdentityFileで鍵を指定しても先にssh-agentに登録されてる鍵での認証を試行します。.ssh/configでIdentitiesOnlyをyesにすることで、指定した鍵での認証を強制する事ができます。 鍵を指定したらそれを先に使うのが素直な動きに見えるんですが、なんでこういう挙動になっているのかはよくわかりません。 余談ですが、接続先毎に違う鍵を使うのはセキュリティ的にはあまり意味がありません。秘密鍵が1つ漏れたのなら、同じ場所にある他の秘密鍵もすべて漏れたと想定すべきです。その場合の鍵の無効化の事まで考えると、漏れが出やすい分かえって有害かもしれません。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります