次のタグが付いている話題の回答:

7

解説 $PATH というのは、シェルの環境変数の1つです。 シェルから実行可能ファイルを実行する際、そのファイルがどこにあるのかを探すために使われるのが $PATH です。コマンドサーチパスとも呼ばれます。 具体例 たとえば、dot コマンドを実行するときを考えてみます。 私の環境では、このコマンドは /home/nek/anaconda3/bin/dot にあります。 $ type dot dot は /home/nek/anaconda3/bin/dot です シェルで $ dot -V と実行させようとしたとき、その dot というファイルがどこにあるのかを探さなければいけません。このときシェルは、$PATH に含まれているファイルパスを順番に探していくことになっています。私の環境では $...


7

pvは> /dev/nullのときにnullデバイスにwriteしていません。 > /dev/nullと>> /dev/nullの差はこれが理由です。 調査に使用したpvのバージョンは以下です。 pv 1.6.6 - Copyright 2015 Andrew Wood andrew.wood@ivarch.com この現象の差は> /dev/nullと>> /dev/nullの性能差ではなさそうです。 pvの代わりにcatにを使ってtimeとstraceを実行してみましたが、有意な差は見受けられませんでした。 > /dev/nullと>> /dev/nullのわずかな差がpvで拡大しているように見えます。 Q....


6

commコマンドというソートされた2つのファイルに対してそれぞれのファイルだけに存在する行と共通の行に分類するコマンドがあります。(diffコマンドを使うことにこだわりがなければ…。) commコマンドは行がソートされたファイルを与える必要があります。(質問の文面から推察するとソートしても構わないファイルのように思えますが、実際そうであるかは確認する必要があります。) まず次のコマンドで、A.txtのみに存在する部分、B.txtのみに存在する部分、共通部分に 分けることができますので、確認してみてください。 comm <(sort A.txt) <(sort B.txt) オプションを指定して3つの部分のうち必要なものだけを出力することができます。A.txtのみに存在する部分だけを出力するには「...


6

~ とは、シェル (bash/sh/zsh) に対する引数において、ホームディレクトリとして展開してくれ、という指示を表す省略記号のようなものです。正式名称は Tilde Expansion です。プロンプトで表示される root@localhost ~ は、逆にシェルが、「今 root で localhost にログインしていて、カレントディレクトリは ~ (つまりホームディレクトリ) だよ」ということを伝えてきています。 一般的な linux ディストリビューションにおいては、 root ユーザーのホームディレクトリは /root に設定されています。なので、 ~ から cd ..: カレントディレクトリがルートディレクトリ(/) になる。 cd ~: cd /root と等価。 bin や dev ...


5

set var=の左辺をダブルクオートでくくることで解消すると思います。 例 set var="`cat SJIS.txt`" #SJIS.txtの内容依存の挙動と思います。具体的には、バイトデータ中に"}"が含まれている と予想します。(あるいはロケールがShift_JISでない何か)


5

cat がどういうコマンドかと言うと 標準入力から入力された内容を標準出力にそのまま出力する (標準入力の代わりに) 指定されたファイルの内容を (結合して) 標準出力に出力する 今回の動作例では cat コマンドをファイル名を指定せずに起動していますので、動作は前者。 リダイレクトもしていないので標準入力はキーボード、標準出力は画面。 ということで「キーボードから入力した内容をそのまま画面に出力する」動作をしています。 キーボードから EOF を与えるには Linux の場合は ctrl-D Windows の場合は ctrl-Z 今回 ctrl-C を与えているので通常終了ではなくて強制停止させています。


4

Cシェルそのものにサーバ間でのファイル転送機能はないので、やりたいことを実現するには rsync や scp コマンドが良いのかなと思います。 参考: rsync コマンド - ファイルやディレクトリを同期する scp コマンド - リモートマシンとの間でファイルをコピーする これらを cron のジョブとして登録すれば日次実行が可能です。


4

いったんこの~/.zshrcが評価されると、3つの実行可能なpyenvが存在します。 .pyenv/bin かどこかにある実行可能ファイル pyenv init - の出力を評価して定義されるシェル関数 pyenv ~/.zshrc で定義した alias pyenv この2つ目のシェル関数を定義するときに、すでに alias pyenv が存在する場合だけ5行目の「pyenv() {」がalias展開されて文法エラーになります。 alias pyenvの名前を変えるか、evalの行の前にunalias pyenvしておけば問題なくなるかと思います。


4

bashですよね。シンプルに source に引数を渡したらどうでしょうか。 start.sh #!/bin/bash CURRENT_DIR=$(cd "$(dirname "$0")" && pwd -P) source "${CURRENT_DIR:?}/config.sh" "$1" echo command -p1 "$PARAM1" -p2 "$PARAM2" config.sh #!/bin/bash case $1 in option1) PARAM1=abc PARAM2=123 ;; option2) PARAM1=def PARAM2=456 ;; esac 実行するとこんな感じ: $ bash start....


4

以下は awk を使う方法の一例ですが、RS(Record Separator) を HTTP response header と response body の区切り文字列(\r\n\r\n) に設定しています。 $ curl -s -i https://example.com/ | awk -vRS='\r\n\r\n' 'NR==1{first=$0}NR>1;END{print first}' <!doctype html> <html> <head> <title>Example Domain</title> : </body> </html> HTTP/2 200 ...


3

config.ini のフォーマットが質問欄にある通りだとして、sed を使って以下の様に書く事もできるでしょう。テストの意味で最後のコマンドの実行部分は echo の引数にしてあります。 start.sh #!/bin/bash eval $( sed -En ' /^\['"$1"']/,/^$/{ s/^[ \t]*([^:]+)[ \t]*:[ \t]*(.+)[ \t]*$/\1="\2"/p } ' < config.ini ) echo command ${PARAM1:+-p1} "${PARAM1}" ${PARAM2:+-p2} "${PARAM2}" config.ini [option1] PARAM1: abc PARAM2: ...


3

sleep コマンドと組み合わせてみてはどうでしょうか? 例: 10秒後にshutdown # sleep 10; shutdown -h


3

セカンダリプロンプトが表示されてると思います。 コマンド入力が完了しておらず 入力待ちの状態です。 Ctrl-C (Ctrlを押しながらC)を押すことで 入力がキャンセルされて元の状態に戻ると思います。 クォートを閉じ忘れると そういう状態になるので 入力した コマンドに間違いがないか 確認してみてください 例) $ echo "hello world ← クォートを閉じ忘れたままEnterを押した状態 > ← クォートが閉じてないので 入力まちの状態 > > " ← クォートを閉じるとコマンドが実行される hello world


3

String [] args = command.split(" "); この行を次のように変更してみて下さい。 String[] args = {"/bin/sh", "-c", command}; パイプを使用するには、シェルを起動してからそのシェル内でコマンドを実行する必要があります。


3

私ならawkを使います。if(NR % 2)の数字を変えれば任意の列数で改行されます。 $ awk '{ if(NR % 2) { printf "%s ", $1 } else { printf "%s\n", $1 } }' test.csv


3

zsh では setopt share_history すると、複数起動したシェル間で履歴を共有します。


3

単に~を入力した場合は自分自身が現在ログインしているユーザーのホームディレクトリを指しますが、 ~USERのようにチルダに続けてユーザー名を入力すると指定したユーザのホームディレクトリを指すこともできます。 rootユーザーのみホームが/rootに設定されていますが、一般ユーザーは/home/の下にサブディレクトリとしてホームが設定されることが多いので、例えばtaroというユーザーが存在した場合は以下いずれかの形で参照することができます。 /home/taro ~taro


2

catコマンドは引数に指定したテキストファイルの内容を連結して出力するコマンドです。 基本的には1つ以上の既に存在するファイルを引数に指定して実行する事が多いです。 $ cat FILE1.txt $ cat FILE1.txt FILE2.txt 実行された例では引数に何もファイルを指定していないので入力待ちの状態になっており ユーザ自身がタイプした文字がそのまま画面に表示されています。


2

バグといいますか、コードを見る限り、goenv や ndenv は fish に対応していないです。 想定しているのはbash、ksh、zshです。 https://github.com/kaneshin/goenv/blob/master/libexec/goenv-init#L56 https://github.com/riywo/ndenv/blob/master/libexec/ndenv-init#L59 pyenv と rbenvは対応しているようです。 https://github.com/pyenv/pyenv/blob/master/libexec/pyenv-init#L46 https://github.com/rbenv/rbenv/blob/master/libexec/rbenv-...


2

比較ってこんな感じのことなのかなぁ…。 cat a.txt | while read LINE_A do cat 1.txt | while read LINE_1 do printf “${LINE_A} と ${LINE_1} を” printf “比較したら ” if [ “${LINE_A}” = “${LINE_1}” ] then printf “同じもの” else printf “違うもの” fi echo “でした” done done


2

僕も通常であれば xargs を利用しますが、別解で上げておきます。 $ cat test.csv| column -c 16 a c b d 2カラム表示に加えて整形してくれます。


2

sed での別解を書いておきます。 sed 'N; s/\n/ /' test.csv


2

pv プロセスの stdin と stdout に対して、read(2) も write(2) も呼び出されていません。 $ lsb_release -ir Distributor ID: Ubuntu Release: 20.04 $ uname -srm Linux 5.4.0-37-generic x86_64 $ pv --version pv 1.6.6 - Copyright 2015 Andrew Wood <andrew.wood@ivarch.com> $ cat /dev/urandom | pv -rf -t -i 2 >/dev/null 2>output & strace -p $! -e read,write : ...


2

Docker のイメージにはユーザー空間向けのファイルやデータしか含まれません。カーネルイメージ (/boot/vmlinuz*) に相当するものは含まれません。コンテナ内のカーネルサービスはホスト OS 環境が提供するものを利用します。 コンテナとはホスト OS の各種リソース (プロセス ID、ファイルシステム、ネットワークなど) を分離してコンテナ専用の OS 環境を用意するものです。コンテナ内には OS のサービスとしてユーザー空間もカーネル空間は存在するし、当然どちらも利用できます。 docker exec ... すると Docker はコンテナを作成しますが、それはそのコンテナ用の名前空間 (namespaces(7)) を作成して隔離された OS 環境一式を作成し、その中で指定のコマンド (...


2

一番シンプルな方法は ページャ の more や less を使えばよいのかなと思います。 (対象のディレクトリにテキストとして表示できるファイルのみが存在すると仮定した場合) $ more *.txt or $ less *.txt more はファイルの終端に来たら自動で次のファイルに移動します。 less の場合は :n で次のファイルへ移動します。


1

よくあるのは、bash 形式の特定のファイルを読み込む方法だと思います。 ex) .bashrc if [ -f /etc/bashrc ]; then . /etc/bashrc fi なので、引数を元にするなら以下のような感じでしょうか start.sh #!/bin/bash if [ -f "${1}.conf" ]; then . "${1}.conf" fi command -p1 $PARAM1 -p2 $PARAM2 ${1}.conf は、通常の bash 形式なので option1.conf PARAM1=abc PARAM2=123 option2.conf PARAM1=def PARAM2=456 と、言う形になります。 # ...


1

source(または.)コマンドを利用すれば シンプルにシェルスクリプト内でシェルスクリプトを即時実行できます。 呼び出したシェルスクリプトの変数はそのまま使えます。 config.sh #!/bin/bash $PARAM1=abc $PARAM2=123 cmd.sh #!/bin/bash source ./config.sh echo $PARAM1 echo $PARAM2 実行結果はこんな形です。 $ ./cmd.sh abc 123 あとは引数で切り分けで呼び出すオプション用のシェルを切り替えてはいかがでしょうか? 追記 sourceか.かはbashかそうじゃないかが大事になってきます。 適切な方を利用してみてください (参考) https://takuya-1st....


1

シェルを問わず、Linux コマンドが使えるのであれば scp コマンドや rsync コマンドが使えます。 scp 〈送るファイルのパス〉 serverB:〈送る先のパス〉 rsync -chavzP 〈送るファイルのパス〉 serverB:〈送る先のパス〉


1

cat test.csv | paste - - や printf "%s %s\n" $(cat test.csv) はいかがでしょうか?


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります