次のタグが付いている話題の回答:

3

ダブるかもしれませんが。 OLEオートメーション日付の仕様はこちらに書いてあるように、年月日は基準日からの差分ですが、時分秒(の絶対値)は当日時刻を表すのですね。 ' (1) x = 0.42372685185 ' #10:10:10# MsgBox CStr(CDate(x + x)) ' 20:20:20 ' (2) x = -1.00001157407 ' #1899-12-29 00:00:01# y = 0.00001157407 ' #1899-12-30 00:00:01# ' #00:00:01#と同じ MsgBox CStr(CDate(x + y)) ' 1899/12/29 MsgBox CStr(CDate(y + x)) ' 同上 ' (3) x = -1....


3

当方 VBS にはあまり詳しくないので細かい用語は間違っているかもしれませんが… これは Date を CDbl を通して内部表現を見ればわかります。 WScript.Echo CDbl(#1899-12-29 00:00:00#) WScript.Echo CDbl(#1899-12-29 12:00:00#) WScript.Echo CDbl(#1899-12-30 00:00:00#) WScript.Echo CDbl(#1899-12-30 12:00:00#) WScript.Echo CDbl(#1899-12-31 00:00:00#) 基準時の周りを 12 時間間隔で double に変換して表示します。結果は: -1 -1.5 0 0.5 1 です。 #1899-12-29 12:...


3

TargetPath プロパティには このプロパティに設定できるのはショートカットのリンク先パスのみです。ショートカットへの引数は Argument プロパティに設定します。 と説明されています。cmd.exe /c "C:\Path\to\bat.bat"を実行したいのであれば sc.TargetPath = "cmd.exe" sc.Arguments = "/c ""C:\Users\joe\Desktop\copy_mail.bat""" が実行されるようにスクリプトを記述する必要があります。


1

Excel本体で提供される条件付き書式を使用することをお勧めします。条件付き書式では自身のセルだけでなく別のセルの値に応じて書式を付けることができます。 Excel本体の機能のため、いちいちVBA / VBS / Python等で変更毎に書式を再設定する必要がなくなります。


1

Windowsには32bitと64bitがあります。作成したDLLは32bitですか 64bitですか それともAnyCPUですか? 使用したRegAsmコマンドは32bitですか 64bitですか? VBAすなわちExcelなどのアプリケーションは32bitですか 64bitですか? これらが適切に一致しなければ使用できません。 VBSは問題の一端ですが、根本的には開発者が動作環境を正しく理解する必要があります。そして正しく理解したあかつきにはそもそもVBSを使用せずとも自身でRegAsm.exeコマンドを操作できるでしょう。


1

Windows 7以降に標準でインストールされているPowerShellをお勧めします。 foreach ($f in Get-ChildItem . -Include *.txt -Recurse) { @(Get-Content $f) -replace ".*AAA:.*", "" | Set-Content $f }


1

文字コードが決まっているならばPowershellで行けそうです。 下記のコードではC:\target以下の*.txtファイルのAAA:から始まる行を全て削除して、UTF-8で保存します。 $root = "C:\target" #置換対象フォルダ ls $root -Recurse -Include *.txt | %{ $f = $_.FullName; $(Get-Content $f) -replace "^AAA:.*$", "" | Set-Content -Encoding UTF8 $f } 上記スクリプトを実行すると、下記テキストの1行目から3 行目が空白行に変換されます。 aaa: AAA: AAA:B AAB:


1

.batファイル内では%は引数のプレースホルダーとして評価されるため、文字%を表したい場合は%%とエスケープする必要があります。


1

ここに書かれているとおりです。 https://stackoverflow.com/questions/30624989/how-to-get-target-path-of-a-junction foldername = "C:\the Junction\test" Set sh = CreateObject("WScript.Shell") Set fsutil = sh.Exec("fsutil reparsepoint query """ & foldername & """") Do While fsutil.Status = 0 WScript.Sleep 100 Loop If fsutil.ExitCode <> 0 Then WScript.Echo "...


1

ASP.NET(.aspx)は初回(厳密にはアプリケーションプールのライフサイクル内での初回…だったはず)リクエスト時に自動的にコンパイルされます。(初回のレスポンスが遅いのはこのためです) 2回目以降はコンパイル済みのもので処理されるのですべてが読み込まれている必要があります。 ロジックで読み込むものを切り替える場合は、sample1.aspx, sample2.aspx,… として条件によりServer.Transfer()する事もできます。(こちらの方が各ページの管理・編集が楽かも)


1

「VBSでのDate同士の加算の仕様を教えてください」の回答にあるように、内部表現によって大小が比較されるからです。 OKが表示される例は、内部表現が0.0になる日付(1899/12/30)以降のため、内部表現の大小と日付の大小が一致します。 しかし、NGが表示される例は、内部表現が0.0になる日付より前の日付のため、内部表現の大小と日付の大小が一致しなくなります。 そのため、直観に反した挙動を示すことになります。


1

正式な仕様はこちら http://msdn.microsoft.com/en-us/library/9e7a57cf(v=vs.84).aspx 所詮はAutomationのVariant型だろと思えばこちら http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/windows/desktop/ms221627(v=vs.85).aspx 後者側にあるように、仕様として1900年1月1日を"2.0"とし、これを基準として整数部を日付、小数点以下が時刻以下をDoubleで表す仕様なので、この基準に従って書かれているように計算の仕方が変わっていると思います。


1

直接の仕様は見つけれなかったのですがVBScriptの日付型はOLE Automationの日付型だと思われます。 以下のリンクでのVT_DATEに該当します。 http://blogs.msdn.com/b/joshpoley/archive/2007/12/19/date-time-formats-and-conversions.aspx それで計算の結果についてはcamlspotterさんの指摘の通りになるのだと思います。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります