次のタグが付いている話題の回答:

9

簡易 TCP サーバーとして使える nc コマンドで待ち受けておくのはいかがでしょうか。 nc -l 〈ポート番号〉 改造例: nc コマンドで簡易HTTPサーバ あるいは Python のワンライナーで HTTP サーバーを立ててしまうのも OK そうです。 # Python 3 python -m http.server 〈ポート番号〉 他言語でもワンライナーでサーバーを立てられる場合があります: ワンライナーWebサーバを集めてみた


8

doskeyコマンドじゃダメですか? doskey bs=browser-sync start --server --files *.html,*.css,*.js って感じで行けると思います。 あとは、pathの通ったところにbatファイル作って、batの中に処理を書くとか。 ただ、doskeyだとコマンドプロンプトを開く度に設定してやらんといかんので、コマンドプロンプトのショートカットに起動オプション/k doskey /macrofie=c:\wk\alias.txtとかって付けてあげて、alias.txtに設定したいaliasを羅列しといてやる必要があります。 当然、ショートカットにオプションを指定していないとaliasが有効になりません。 なので、...


6

元々実行権限を設定したファイルを Git リポジトリに入れた時点でファイルのアクセス許可が変わってしまったのが原因だと思います。 ファイルの実行権限を明示的に指定するには git update-index コマンドで --chmod=+x オプションを指定します。 $ git update-index--chmod=+x filename 逆に実行権限を外す場合は --chmod=-x を指定します。 $ git update-index--chmod=-x filename


6

nekketsuuuさんが提案されているようにnc -lがベストだと思います。その上で参考までに… 歴史的にはinetdがその機能を提供しています。inetd.confにポート番号に対して応答を行う実行ファイル名を記述すれば、inetdが通信処理を引き受けます。更に受信したデータをオウム返しするechoプロトコル程度であればinetdが組み込み提供してくれる場合もあります。 詳しくはご利用のディストリビューションで提供されるinetdを確認ください。


4

私の環境(Windows7)では、結果は" c.txt"になりました。 お望みの結果を得るには、遅延環境変数を使います。 @echo off setlocal enabledelayedexpansion set STR= for /F %%A in ('dir /B') do ( set STR=!STR! %%A ) echo "%STR%" endlocal 詳しいことは、以下のページが参考になると思います。 バッチファイル。IF文やFOR文の中で複数コマンドを書く時の注意点 - Windowsのコマンドプロンプト(bat,cmd) - to_dk notebook


4

そのままの例がSETコマンドのヘルプ(set /?)に書いてありました。 まず、遅延環境変数の展開をONにしておく(cmd /V:ON) そうすると以下の様に書けます。 @echo off set STR= for /F %%A in ('dir /B') do set STR=!STR! %%A echo "%STR%" また、FORの部分は単にfor %%A in (*) do set STR=!STR! %%A で良いと思います。 でも、このためにcmd /V:ONをするとコマンドシェルをネストしてしまいますし、 JScript または、VBScriptを使用するのがいいのではないかと思います。


4

ドキュメント variable $-d 例外を捕捉しているかどうかに関係なく、 例外が発生した時点で $stderr にそれが出力されます。 スクリプトの処理は続行されます。 rubygems.rbを見ると表示されている2件のLoadErrorは捕捉して無視されているのですが-dのせいで表示されてしまっています。 表示されているだけで害はないので現状は無視するしかないのではないでしょうか。 # 該当のrequire 2件を消すとか、呼ばれているファイルを空で作ってしまうか、とも考えましたが副作用があるかもしれないので具体的な方法は書きません。


4

最近のLinuxであればdateコマンドの--dateオプションにて未来、または過去の日時を (文字列で)指定して結果を取得できます。 manマニュアルのオプションから抜粋 -d, --date=STRING 「現在」ではなく、STRING で指定された時刻を表示する 例: > date --date '1 day' # 1日後 > date --date 'tomorrow' # 1日後(単語で指定) > date --date '2 days ago' # 2日前 2 days agoじゃなく2 day agoでも動きます。また、@metropolis さんがコメントしたようにマイナス指定でもいけるようです。表示形式は通常通り、...


3

「特別な変形」とは具体的に、どのようなことを指しているのでしょうか? Gitのbranchコマンドを例にすると、 -dは「ブランチの削除」で、予めマージをしていないと削除ができません。 -Dは「ブランチの強制削除」で、マージをしていなくても削除が出来ます (-d --force相当)。 通常の小文字オプションなら警告などが表示されるけど、大文字の入力で手間をかけさせる分その警告を無視させるようなイメージです。


3

execでいいんじゃない?と思いますが、ちゃんと実装するならばimportlibモジュールを使いたいところです。(何を持って「ちゃんと実装」なのか、と突っ込まれると辛いところですが) そんなわけで興味があったので、調べました。 調べた、と言っても、リファレンスマニュアルを眺めていたらそのまんまのサンプルがあっただけなんですが。 # coding: utf-8 # hoge.py import sys, importlib.util, os if __name__ == '__main__': if len(sys.argv) <= 1: sys.stderr.write('%s <script>\n' % sys.argv[0]) sys....


3

ps で、man から呼び出されているコマンドを確認すると良いかと思います。 ps コマンドが f オプションをサポートする場合 $ ps f PID TTY STAT TIME COMMAND 15172 pts/1 Ss 0:00 -tcsh 15177 pts/1 S+ 0:00 \_ man ls 15186 pts/1 S+ 0:00 \_ pager -s 一発で出てきました。 ps コマンドが f オプションをサポートしていない場合 (OSXとか) PPID (親プロセスのPID) を引っかけて地道に確認していきます。 % ps auxlww | grep man root 19868 0....


3

wc コマンドは ファイル の情報を取得するコマンドです。 find . で実行すると、ファイルと ディレクトリ の一覧が表示されます。 今回の場合であれば、以下の様に find で ファイルのみ を検索するようオプション指定するのが一つの方法かと思います。 find . -type f | xargs wc -c > file.txt


3

man errno にも書かれていますが errno は「変更可能な左辺値」ですので「変更することは問題ない」です。マニュアルには 0 にするとよい状況が書かれています。かつ、エラーコード値は正の整数値であるとされています。説明がそれだけということはつまり、具体的なエラーコード値が何であるかは POSIX では規定していません。実際、ウチの hpux11.11 と cygwin でエラー値は異なります。 cygwin では #define ENOTEMPTY 90 hpux11.11 では #define ENOTEMPTY 247 ということで、あなたが新しい EHOGEPIYO なるエラーコードを採用しようとしたとして、それに割り振るエラー値は既にシステムが用意している値とカブルかもしれません。...


2

そのコマンドが--helpというオプションを定義しているなら、指示されたオプション(ヘルプを表示する)を正しく実行したということで0にすべきだし、—-helpというオプションを定義しているわけではなくて、不正オプションが指示された場合helpメッセージを表示する仕様にしているなら、 指示が誤っているということで2にすればよいと思います。 全てを調べたわけではありませんが、例えばpecoコマンドは--helpオプションがあることが説明されていますし、jvgrepコマンドは--helpオプションがあるとは書かれていません。


2

find(1) は様々な条件で対象ファイルを絞りこむことが可能ですので、一通りマニュアルをご覧になることをお勧めします。条件のほかに条件の AND (-a オプション。省略可能)、OR (-o オプション)、グループ化 (( と ) で括る。シェルから実行する場合は \( のように要エスケープ) も可能です。 「ディレクトリ名に app が含まれる *.rb ファイルのうち HogeHoge にマッチする行を含むファイルのパス名と該当行を表示する」という要件であれば、find や grep の実装に依存しない (GNU などに依存しない) コマンドラインの例は次のようになります。 $ find . -type f -path "*app*/*" -name "*.rb" -exec grep "...


2

Batch files - How To ... Display and Redirect Output には以下のように書かれています。 When we use > to redirect Standard Output, CMD.EXE interprets this as 1>, as can be seen by writing and running ... この投稿は @metropolis さんのコメントなどを元に編集し、コミュニティWikiとして投稿しました。


2

Jenkins の場合に、node のある場所に PATH が通っていないのでしょう。 node を full path で書くと Jenkins からでも動きませんか?


2

コメントで`rsyncのexcludeオプション、と書かれていますが、includeの書き間違いだと思います。ということで、rsyncにはコピーする対象をincludeオプションで絞り込むことができます。ただ、ディレクトリを再帰的にコピーする時には若干ややこしく、 rsync -a --include='*/' --include='*.x' --exclude='*' src/ dst こんな感じで指定する必要があります。 tarでxargs使うのもいいですが、--files-fromオプションを使うと対象にするパスのリストをファイルで指定できます。 cd source_dir/ find . -name "*.x" | tar cf - --files-from - | tar xf - -C ...


2

特定条件のファイルを相対パスを維持してコピーをしたい場合、find(1) でコピー対象のファイル名を抽出して cpio(1) でアーカイブ化、cpio(1) で展開するのがよいです。 例: $ ( cd /path/to/src/dir && find . -type f -name '*.x' -print0 |cpio -o0 ) \ |( cd /path/to/dst/dir && cpio -id )


2

原因 bash や zsh などのシェルには組み込みコマンドがあります。bashのベースとなった Bourne Shellにもありました。組み込みコマンドは, 当然? /usr/bin など参照しません。/usr が使えなくなっても利用可能です。(シェルが動いてる状態ならば) 組み込みコマンド 組み込みコマンドの一覧は help コマンドにて調べることができます。 また, type コマンドで組み込みか外部コマンドかを調べることもできます $ type cd cd はシェル組み込み関数です $ type man man は /usr/bin/man です $ help GNU bash, バージョン 5.0.17(1)-release (x86_64-pc-linux-gnu) ...


2

この話題の場合「プロンプト」というよりは「対話的シェル」のほうが用語として適切なのでそう読み替えるとして プロンプト上で、"#(シャープ)"をコメントとして扱えない原因 csh および tcsh の仕様だからではダメですか? 仕様の根拠として @metropolis 氏のリンク先では対話的シェルでコメントを入力する必要はないからと推定されています。 プロンプト上でコメント化する方法 bourne-shell 系に乗り換えましょう!絶対に手早くて将来的に混乱が無いです。 どうしてもなにがなんでも csh でなきゃならないのなら、指摘の通り : を使うのが手早そうです。 : コロンと true はどちらも、全部の引数を無視して終了コード 0 つまり成功を返すコマンドです(...


2

「複数のファイル(および文字列)を、個別の形式を指定しつつ読み取る」ようなインターフェースを持つコマンドとして、例に挙げられているcurlや、ffmpeg/ffplay、ImageMagickなどがよく知られているように思います。 もちろん、これらのコマンドでの、複数形式の文字列・ファイルの同時指定の方法が最良のインターフェースであるとは限りませんが、とりあえずはこれらのオプション体系を参考にするのが、もっとも無難なやり方だと思われます。 curlでは、-dまたは--dataというオプションの引数について、その先頭が@である場合に、続く文字列をファイル名だとして処理します。ただしこのような実装の場合、「先頭に@があるが、文字列として扱う」ことを実現するために、適宜対応しなくてはなりません。curlでは、--...


1

GNU install コマンドはどうでしょうか。cp コマンドと似ていますが、-D オプションを指定することで移動元のディレクトリ階層を自動的に作成してくれます。 $ find source_dir -name \*.x | xargs -I '{}' install -vD '{}' 'destnation_dir/{}' 上記コマンド例ではファイル属性(更新日、アクセス権など)のコピーは考慮していません。適宜オプションを追加してください


1

アンチ(ベター)パターンがあるのか分かりませんが、Linuxでよく使われるオプション名などは 「linux command long option」などで検索すると参考になるかもしれません。 以下はあくまで個人的な意見として アンダースコア区切り?ハイフン区切り? 複数の値を受け取ることができる(1個でもOK)オプション名は単数形?複数形? 少しでもキーボードのタイプ数を減らしたいので、(Shiftキーを押しながらの)アンダースコアよりハイフン区切り、複数の値を取りうる場合も単数形を使いたいです。 ただし後者は「1個または複数」の値を取りうる場合で、「常に複数」の値を取るなら複数形でもいいのかもしれません。 使わない方が良い(競合しやすい)オプション名(-h?) ...


1

あくまで私の環境(ThinkPad X280)での解決法なので参考程度に 解決に至った次第ですが、ラップトップ(ThinkPad X280)のBIOSのブート起動に関する設定をこちらのQiitaの記事を元に変更。その後Fedora29のISOイメージを公式サイトからダウンロードし、イメージを「DD for Windows」でUSBメモリーに書き込み、ラップトップでブートしライブ起動。 外付けHDDをUSB3.0対応のポートに差し込み、ターミナルよりdf -hでマウントされていことを確認("Sotozuke HDD"等分かりやすいドライブ名を指定すると確認が楽になる)。 確認後ターミナルよりshred -n 2 -z /dev/XXXで目的のデバイスを指定し上書き作業を開始。 ...


1

WMIが使える環境なら wmic /node:"取得したいサーバー名" /user:Administrator権限をもつユーザー名 /password:パスワード logicaldisk where deviceid="C:" list brief でCドライブの空き容量等が取得出来るかと思います。


1

mariaDBはMySQL(のソースコード)を元にしたデータベースです。細かな違いはありますが、基本的にはMySQLとコマンドや設定ファイルが同じです。 単にmysqlと打っても「コマンドが見つからない」となるのはPATHが通っていないからで、以下のコマンドを実行してからmysqlコマンドを試してください。 $ export PATH=$PATH:/Applications/XAMPP/xamppfiles/bin なお、上記の設定は一時的なものなので、実際には.bashrcに設定を追加することになります。 参考: PATHを通すために環境変数の設定を理解する (Mac OS X) もちろんMySQLをインストールすることもできますが、...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります