次のタグが付いている話題の回答:

8

doskeyコマンドじゃダメですか? doskey bs=browser-sync start --server --files *.html,*.css,*.js って感じで行けると思います。 あとは、pathの通ったところにbatファイル作って、batの中に処理を書くとか。 ただ、doskeyだとコマンドプロンプトを開く度に設定してやらんといかんので、コマンドプロンプトのショートカットに起動オプション/k doskey /macrofie=c:\wk\alias.txtとかって付けてあげて、alias.txtに設定したいaliasを羅列しといてやる必要があります。 当然、ショートカットにオプションを指定していないとaliasが有効になりません。 なので、...


8

簡易 TCP サーバーとして使える nc コマンドで待ち受けておくのはいかがでしょうか。 nc -l 〈ポート番号〉 改造例: nc コマンドで簡易HTTPサーバ あるいは Python のワンライナーで HTTP サーバーを立ててしまうのも OK そうです。 # Python 3 python -m http.server 〈ポート番号〉 他言語でもワンライナーでサーバーを立てられる場合があります: ワンライナーWebサーバを集めてみた


6

元々実行権限を設定したファイルを Git リポジトリに入れた時点でファイルのアクセス許可が変わってしまったのが原因だと思います。 ファイルの実行権限を明示的に指定するには git update-index コマンドで --chmod=+x オプションを指定します。 $ git update-index--chmod=+x filename 逆に実行権限を外す場合は --chmod=-x を指定します。 $ git update-index--chmod=-x filename


6

nekketsuuuさんが提案されているようにnc -lがベストだと思います。その上で参考までに… 歴史的にはinetdがその機能を提供しています。inetd.confにポート番号に対して応答を行う実行ファイル名を記述すれば、inetdが通信処理を引き受けます。更に受信したデータをオウム返しするechoプロトコル程度であればinetdが組み込み提供してくれる場合もあります。 詳しくはご利用のディストリビューションで提供されるinetdを確認ください。


4

私の環境(Windows7)では、結果は" c.txt"になりました。 お望みの結果を得るには、遅延環境変数を使います。 @echo off setlocal enabledelayedexpansion set STR= for /F %%A in ('dir /B') do ( set STR=!STR! %%A ) echo "%STR%" endlocal 詳しいことは、以下のページが参考になると思います。 バッチファイル。IF文やFOR文の中で複数コマンドを書く時の注意点 - Windowsのコマンドプロンプト(bat,cmd) - to_dk notebook


4

そのままの例がSETコマンドのヘルプ(set /?)に書いてありました。 まず、遅延環境変数の展開をONにしておく(cmd /V:ON) そうすると以下の様に書けます。 @echo off set STR= for /F %%A in ('dir /B') do set STR=!STR! %%A echo "%STR%" また、FORの部分は単にfor %%A in (*) do set STR=!STR! %%A で良いと思います。 でも、このためにcmd /V:ONをするとコマンドシェルをネストしてしまいますし、 JScript または、VBScriptを使用するのがいいのではないかと思います。


4

ドキュメント variable $-d 例外を捕捉しているかどうかに関係なく、 例外が発生した時点で $stderr にそれが出力されます。 スクリプトの処理は続行されます。 rubygems.rbを見ると表示されている2件のLoadErrorは捕捉して無視されているのですが-dのせいで表示されてしまっています。 表示されているだけで害はないので現状は無視するしかないのではないでしょうか。 # 該当のrequire 2件を消すとか、呼ばれているファイルを空で作ってしまうか、とも考えましたが副作用があるかもしれないので具体的な方法は書きません。


4

最近のLinuxであればdateコマンドの--dateオプションにて未来、または過去の日時を (文字列で)指定して結果を取得できます。 manマニュアルのオプションから抜粋 -d, --date=STRING 「現在」ではなく、STRING で指定された時刻を表示する 例: > date --date '1 day' # 1日後 > date --date 'tomorrow' # 1日後(単語で指定) > date --date '2 days ago' # 2日前 2 days agoじゃなく2 day agoでも動きます。また、@metropolis さんがコメントしたようにマイナス指定でもいけるようです。表示形式は通常通り、...


3

「特別な変形」とは具体的に、どのようなことを指しているのでしょうか? Gitのbranchコマンドを例にすると、 -dは「ブランチの削除」で、予めマージをしていないと削除ができません。 -Dは「ブランチの強制削除」で、マージをしていなくても削除が出来ます (-d --force相当)。 通常の小文字オプションなら警告などが表示されるけど、大文字の入力で手間をかけさせる分その警告を無視させるようなイメージです。


3

execでいいんじゃない?と思いますが、ちゃんと実装するならばimportlibモジュールを使いたいところです。(何を持って「ちゃんと実装」なのか、と突っ込まれると辛いところですが) そんなわけで興味があったので、調べました。 調べた、と言っても、リファレンスマニュアルを眺めていたらそのまんまのサンプルがあっただけなんですが。 # coding: utf-8 # hoge.py import sys, importlib.util, os if __name__ == '__main__': if len(sys.argv) <= 1: sys.stderr.write('%s <script>\n' % sys.argv[0]) sys....


3

ps で、man から呼び出されているコマンドを確認すると良いかと思います。 ps コマンドが f オプションをサポートする場合 $ ps f PID TTY STAT TIME COMMAND 15172 pts/1 Ss 0:00 -tcsh 15177 pts/1 S+ 0:00 \_ man ls 15186 pts/1 S+ 0:00 \_ pager -s 一発で出てきました。 ps コマンドが f オプションをサポートしていない場合 (OSXとか) PPID (親プロセスのPID) を引っかけて地道に確認していきます。 % ps auxlww | grep man root 19868 0....


2

find(1) は様々な条件で対象ファイルを絞りこむことが可能ですので、一通りマニュアルをご覧になることをお勧めします。条件のほかに条件の AND (-a オプション。省略可能)、OR (-o オプション)、グループ化 (( と ) で括る。シェルから実行する場合は \( のように要エスケープ) も可能です。 「ディレクトリ名に app が含まれる *.rb ファイルのうち HogeHoge にマッチする行を含むファイルのパス名と該当行を表示する」という要件であれば、find や grep の実装に依存しない (GNU などに依存しない) コマンドラインの例は次のようになります。 $ find . -type f -path "*app*/*" -name "*.rb" -exec grep "...


2

コメントで`rsyncのexcludeオプション、と書かれていますが、includeの書き間違いだと思います。ということで、rsyncにはコピーする対象をincludeオプションで絞り込むことができます。ただ、ディレクトリを再帰的にコピーする時には若干ややこしく、 rsync -a --include='*/' --include='*.x' --exclude='*' src/ dst こんな感じで指定する必要があります。 tarでxargs使うのもいいですが、--files-fromオプションを使うと対象にするパスのリストをファイルで指定できます。 cd source_dir/ find . -name "*.x" | tar cf - --files-from - | tar xf - -C ...


2

特定条件のファイルを相対パスを維持してコピーをしたい場合、find(1) でコピー対象のファイル名を抽出して cpio(1) でアーカイブ化、cpio(1) で展開するのがよいです。 例: $ ( cd /path/to/src/dir && find . -type f -name '*.x' -print0 |cpio -o0 ) \ |( cd /path/to/dst/dir && cpio -id )


2

Jenkins の場合に、node のある場所に PATH が通っていないのでしょう。 node を full path で書くと Jenkins からでも動きませんか?


1

すべての打ち間違いを網羅することは難しいと思うので、あらかじめ把握しているいくつかのコマンドで注意を促す方法を考えてみます。 cmd.exeではdoskeyでマクロ、Linuxでのaliasのようなものを定義できます。 C:\> doskey ls=echo * Linuxじゃないよ! 必要なマクロを一通り設定した後、いったんテキストファイルに書き出しておき、cmd.exe起動時にそのファイルを読み込ませることで常に有効となるようにします。 C:\> doskey /macros > %USERPROFILE%\macros.txt C:\> doskey /macrofile=%USERPROFILE%\macros.txt cmd....


1

質問の意図とちょっとずれるかもしれませんが、良く打ち間違うコマンド名のバッチファイルを作っておいて、間違っても意図した動作になるようにする、というのが一つの手ではないでしょうか。 ls.batの内容 @echo off dir とか(コマンドラインオプションも必要応じて追加してもいいと思います)。


1

アンチ(ベター)パターンがあるのか分かりませんが、Linuxでよく使われるオプション名などは 「linux command long option」などで検索すると参考になるかもしれません。 以下はあくまで個人的な意見として アンダースコア区切り?ハイフン区切り? 複数の値を受け取ることができる(1個でもOK)オプション名は単数形?複数形? 少しでもキーボードのタイプ数を減らしたいので、(Shiftキーを押しながらの)アンダースコアよりハイフン区切り、複数の値を取りうる場合も単数形を使いたいです。 ただし後者は「1個または複数」の値を取りうる場合で、「常に複数」の値を取るなら複数形でもいいのかもしれません。 使わない方が良い(競合しやすい)オプション名(-h?) ...


1

あくまで私の環境(ThinkPad X280)での解決法なので参考程度に 解決に至った次第ですが、ラップトップ(ThinkPad X280)のBIOSのブート起動に関する設定をこちらのQiitaの記事を元に変更。その後Fedora29のISOイメージを公式サイトからダウンロードし、イメージを「DD for Windows」でUSBメモリーに書き込み、ラップトップでブートしライブ起動。 外付けHDDをUSB3.0対応のポートに差し込み、ターミナルよりdf -hでマウントされていことを確認("Sotozuke HDD"等分かりやすいドライブ名を指定すると確認が楽になる)。 確認後ターミナルよりshred -n 2 -z /dev/XXXで目的のデバイスを指定し上書き作業を開始。 ...


1

WMIが使える環境なら wmic /node:"取得したいサーバー名" /user:Administrator権限をもつユーザー名 /password:パスワード logicaldisk where deviceid="C:" list brief でCドライブの空き容量等が取得出来るかと思います。


1

mariaDBはMySQL(のソースコード)を元にしたデータベースです。細かな違いはありますが、基本的にはMySQLとコマンドや設定ファイルが同じです。 単にmysqlと打っても「コマンドが見つからない」となるのはPATHが通っていないからで、以下のコマンドを実行してからmysqlコマンドを試してください。 $ export PATH=$PATH:/Applications/XAMPP/xamppfiles/bin なお、上記の設定は一時的なものなので、実際には.bashrcに設定を追加することになります。 参考: PATHを通すために環境変数の設定を理解する (Mac OS X) もちろんMySQLをインストールすることもできますが、...


1

XAMPPはデフォルトでMariaDBってだけの話なんですね。sqlを別でインストールします。


1

echo "aaa bbb foo_app_bar ccc ddd" | sed "s/.*[[:space:]]\([^[:space:]]\+_app_[^[:space:]]\+\).*/\1/" GNU sedでは上記のようにすれば"_foo_app_bar"を取り出せました。 以下はmetropolisさんからのコメントを元にしています。 BSD由来のsedの場合、\s や [:space:] などの正規表現が利用できない様ですね。例えば echo"aaa bbb foo_app_bar ccc ddd" | sed 's/.*[ \t]\(.*_app_[^ \t]*\)[ \t].*/\1/' とか。


1

bash-3.2$ ls -ld /usr/local/bin/atom ls: /usr/local/bin/atom: Not a directory となる状況を意図的に作ってみました。 bash-3.2$ ls -ld / drwxr-xr-x 30 root wheel 1088 12 9 14:45 / bash-3.2$ ls -ld /usr drwxr-xr-x@ 12 root wheel 408 12 9 12:28 /usr bash-3.2$ ls -ld /usr/local drwxr-xr-x 14 root wheel 476 2 18 20:35 /usr/local bash-3.2$ ls -ld /usr/local/bin -rw-r--r--...


1

FORおよびDIRコマンドをC#で代替して1ファイルずつffprobe.exeを実行すればよいのでは。 // var dirName = Environment.CurrentDirectory; foreach (var fileName in Directory.GetFiles(dirName, "*.mp4")) { string コマンド = "ffprobe -v error -show_entries format=duration -of default=noprint_wrappers=1:nokey=1 \"" + fileName + "\""; System.Diagnostics.Process p = new System.Diagnostics.Process()...


1

browser-sync start --server --files '../**/*' とすれば、親ディレクトリ以下の全てのファイルの変更を監視します。 --files に渡すパスは確かglobモジュールによって解釈されます。 パターンには数種の記法が使えますが、この場合は ** を使えばよいです。 これで、サブディレクトリ以下も再帰的にマッチします。 本題とずれますが、殆どの用途では browser-sync で提供しないファイルを監視する必要は無い、という事を申し添えておきます。 つまり、上記のようなことが必要になったならば、何か間違えている可能性が高いです。 追記: あまり詳しくないですが、Windows のシェルだとシングルクォーテーションではなく、...


1

コマンド列は空白で区切られる 基本的なコマンド列は、コマンドと、それに与える「コマンドライン引数」からなります。 コマンドライン引数は必要ない事もあり、複数指定できる事もあります。 これらは、空白で区切ります。 コマンド 引数1 引数2 引数3 例えば、cdコマンドは「cd」がコマンド名です。そして、移動先のディレクトリを引数で受け取ります。 「Python_Scripts」というディレクトリに移るのでしたら、以下のようになります。 cd Python_Scripts ここで問題になるのは、引数であるディレクトリ名が空白を含んでいる場合です。 「Python Scripts」に移動しようとして、以下のように実行したとします。 cd Python Scripts これは空白で区切られますから、...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります