次のタグが付いている話題の回答:

5

systemd.service(5) の ExecStart (など) はシェルスクリプトを利用せずに直接起動 (exec(2)) されます。なのでシェルの構文 (シェルスクリプト) を書きたい場合は ExecStart=/bin/sh -c '<シェルスクリプト>' のような書き方をする必要があります。サービスプロセス向けに環境変数を設定したいだけであれば、sh を利用せずに Environment="HOME=/home/ec2-user" を追加するだけで充分かと。


5

systemctlコマンドはsystemdの制御に、serviceコマンドは旧来のinitシステムなどでサービスの操作に使うコマンドなので、それらのシステムと一緒にインストールされるものです。よってコマンドだけ単独でインストールすることはありませんし、入れても正しく動かないでしょう。 これらのコマンドが存在していなければ、そのコマンドを使わない構成*1になっているか、システムが正しくインストールされていないかのどちらかだと思います。 *1: 例えば旧来のinitを使うシステムにsystemctlは存在しません。initもsystemdも使わないコンテナイメージではどちらのコマンドも存在しません。 もちろん後からsystemdに切り替えることも可能でしょうが、システム全体に関わるプログラムですから、...


5

Dockerfileはコンテナ(プロセス)を起動するためのものではありません。 コンテナイメージを作成するためのものです。 コンテナイメージとは、ざっくり言ってファイル群とDockerのメタ情報をまとめたもので、コンテナを起動する起点です。 要するに、コンテナで実行したいプロセスに必要なファイル群を集めるのがDockerfileの主な役目です。 つまり、RUN systemctl start nginxのように、プロセスの起動を目的としたコマンドをDockerfileに書いても意味がありません。 Dockerfileで作ったコンテナイメージをdocker-compose upしたときにsystemctl start nginxを実行したいのであれば、docker-compose....


2

/lib/systemd/system/td-agent.service 上記ファイルのUserとGroupをrootにしたら解決しました。 参考 https://qiita.com/comefigo/items/faf6983dbc405791c070


2

以下でいかがでしょうか? [Service] Type=forking WorkingDirectory=/path/to/dir ExecStart=/bin/bash -c 'for x in *; do ./$x & done' Type=forking は、昔からあるデーモンのように、 fork して 親プロセスは終了する というプログラムのためのものです。 一方 Type=simple は、fork しない単純なプログラムのためのものです。 Type=forking の場合は、systemd は実行したプロセスが子プロセスを残して終了することを期待するのに対して、 Type=simple の場合は、systemd は実行したプロセスが終了しないことを期待します。 今回の場合、...


2

(コメントより) Understanding Systemd Units and Unit Files によると、ExecStartPre の場合は they can be preceded by "-" to indicate that the failure of the command will be tolerated. との事です。 EnvironmentFile については systemd.exec(5) に、optionally prefixed with "-", which indicates that if the file does not exist, it will not be read and no error or warning message is logged. ...


1

sudo を使う方法だと systemctl コマンドすべてを実行できてしまうので "特定サービスの操作だけ" 許可したい場合に不都合だから使いたくない…なんだろうと理解しました。 "systemctl user service" で検索すればやりたいことに該当しそうなページがいくつかヒットしますが、そのうちの一つとして、/etc/systemd/ 以下ではなく、実行させたいユーザーのホームディレクトリ以下にユニットファイルを~/.config/systemd/user/*.service の形式で配置する方法があるようです。 参考: systemdでユーザー固有のunitを動かす systemdは~/.config/systemd/...


1

#!/bin/bash source /home/ec2-user/.bash_profile supervisord -n -c /etc/supervisord.conf という起動スクリプトファイルを /home/ec2-user/bin/start_supervisord.sh において ExecStart に bash /home/ec2-user/bin/start_supervisord.sh と書いたところ起動したので妥協しようと思ってますが サービスファイルがあるのにさらに起動スクリプトまで別に用意するのは冗長なので サービスファイルだけで起動できるようにしたいです このファイルを直接実行するのと中身の2行を ; でつないだコマンドを実行するのと なぜ差が生まれるのかも不明なのですが…


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります