次のタグが付いている話題の回答:

2

次のように書くしかないと思われます。 @@patterns = [ [Regexp.compile("hoge", true), lambda{|x|x}], [Regexp.compile("piyo", true), Proc.new{|x| x.downcase}], [Regexp.compile("huga", true), lambda{|x|"#{self.hash(x)}-hashed"}], ] まず、次のことを理解しておく必要があります。 Procやlambdaは作成された場所のコンテキスト(binding)を保持しており、呼び出されたときはそのコンテキストで動作します。つまり、class直下で作成されれば、...


2

/lib/systemd/system/td-agent.service 上記ファイルのUserとGroupをrootにしたら解決しました。 参考 https://qiita.com/comefigo/items/faf6983dbc405791c070


1

$1 ~ $n($~) を lambda や Proc の local variable として設定するという方法もあります。 def filter(text) @@patterns.each do |p, r| text = text.gsub(p) { r.binding.tap do |b| b.local_variable_set(:_, $~) b.eval("$~=_") end r.($~) } end return text end


1

コメントにあります通りアップデートしたら改善されました。 td-agent-gem update fluentd


1

ファイル名を /etc/fluentd/plugin/api_log.rb から /etc/fluentd/plugin/formatter_api_log.rb に変更してみてください。


1

LinuxライクなOSであれば、yesコマンドを使う方法があります。 $ yes | fluent-gem update --no-ri --no-rdoc yesコマンドは実行するとyと標準出力に表示し続けるので、パイプで任意のコマンドの入力として渡せばすべてにy(yes)と答えたことになります。 参考: How to default the [Yn] responses for the Ruby “gem clean” command? - StackOverflow の回答


1

<filter access.nginx.**> @type grep exclude1 hoge ^hoge </filter> fluent-plugin-grepを使ってhogeに「hoge」が含まれている場合は除外するようにしました。紹介していただいたfluent-plugin-ignore-filterは標準ではないのでちょっと懸念があり今回は断念しました。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります