次のタグが付いている話題の回答:

3

解決済みですが、補足も兼ねて。 ssh-keygenコマンドのヘルプを表示するためには? ソースコードを見る限り、-?オプションもしくは不正なオプションでヘルプが表示されます。(どのみちunknown optionと言われますが…。) ともあれ、コマンドライン引数だけではわからないでしょうから、素直に公式のオンラインヘルプを参照するべきです。ssh-keygen 下記を試したら、unknown option と表示されました $ ssh-keygen --help ssh-keygen: unknown option -- - マイナスを二つ重ねる形式のオプションはGNU形式です。対してsshはOpenBSDが開発したものですので、--helpを試す方が間違っています。 省略されている(...


3

manで確認したところ以下の記載がありました。 -F configfile Specifies an alternative per-user configuration file. If a configuration file is given on the command line, the system-wide configuration file (/etc/ssh/ssh_config) will be ignored. The default for the per-user configuration file is ~/.ssh/config. コマンドラインからユーザごとの設定を指定するのであれば-Fオプションで可能です。


3

-y オプションを利用してください。 ssh-keygen -y -f test man ssh-keygen より: -y This option will read a private OpenSSH format file and print an OpenSSH public key to stdout.


2

邪道ですが、Git for Windowsをインストールすると、gitのついでに sshもインストールされます。


2

Cygwin で openssh パッケージをインストールすれば Windows7 で SSH が使えますよ。


2

Q1. ssh-keygen コマンドのヘルプを表示するためには? Git Bash にインストールされているバージョンに限らず、ssh-keygen にはヘルプを表示するオプションが存在しないので、コマンドにヘルプを表示させる確実な方法は存在しないはずです。 Q2. ssh-keygen コマンドをキャンセルするためには? 通常の Bash と同じく、Ctrl-C で SIGINT を送れます。 Q3. Git Bash で man コマンドが使用できない理由は? man コマンドがインストールされていないからです。man ファイルもインストールされていないので、Git Bash のデフォルト設定のままマニュアルを参照することはできません。


2

OpenSSH-7.3p1 日本語マニュアルページ -i identityファイル 公開鍵認証の際にidentity (秘密鍵) を読むファイルを指定します。デフォルトは、プロトコル 1 の場合ユーザのホームディレクトリにある~/.ssh/identity、プロトコル 2 の場合は~/.ssh/id_dsa ,~/.ssh/id_ecdsa ,~/.ssh/id_ed25519および~/.ssh/id_rsaになっています。 identity ファイルは設定ファイルによって、ホストごとに指定することもできます。複数の-i オプションを指定することも可能です。(設定ファイルで複数の鍵を指定することもできます。)証明書がCertificateFile設定項目で明示的に指定されていない場合、ssh ...


2

OpenSSH 7.3以降であれば、そのものずばりIncludeというキーワードで所望の通り分割を行うことができるようです。 ssh_configの分割にはIncludeキーワードが使えます Includeキーワードは2016-08-01リリースのOpenSSH 7.3から導入されています 参考: Includeキーワードでssh_configを分割できるようになった件 - Qiita


1

恐らく Windows のアカウント名に日本語が含まれているのが原因ではないかと思われます。 鍵ファイルは後からエクスプローラの操作でも名前を変更できるので、ssh-keygen 実行時に鍵ファイル名は指定せずにデフォルトのまま作成できるかを試してみてください。 もしくは ssh-keygen 実行時に -f オプションで作成する鍵ファイルを指定できるので、日本語を含まない (かつアクセスが許可された) フォルダ以下を代わりに指定する方法もあります。 ssh-keygen -t rsa -f /c/TEMP/id_rsa


1

特に実行環境に制約は無さそうに思われますが、sayuriさんの回答にあるGit for Windowsを利用する方法では何が問題なんでしょうか? あきらめて コマンドプロンプトからSSH接続したい こちらの方法を試してみて chicoさんの環境ではこれがpath上に存在しており、諸々の問題はここからきているようです。 PowerShell/コマンドプロンプトで利用したいのでなければアンインストールします。 これがpathに入っているせいで、MSYS上でもこれを利用しようとし、"Pseudo-terminal will not be allocated..." というエラーが出ています。 これを利用したいのでパーミッションに関するエラーを解消したい、という場合、...


1

結局どの方法も windows 環境で .ssh 以下のファイルのパーミション閉じる方法がわからなかったので VirtualBox を入れました せっかく回答いただいたのにすみません


1

サーバ側がUNIX系OSであると仮定しますが、サーバ上にある md5sum や sha256sum といったチェックサムを計算してくれるコマンドをsshで実行して結果のテキストを受け取ればよいかと思います。 import paramiko ssh = paramiko.SSHClient() ssh.set_missing_host_key_policy(paramiko.AutoAddPolicy()) ssh.connect("hoge.example.com", username="test", password="testpass") stdin, stdout, stderr = ssh.exec_command('md5sum .bashrc') for line in stdout: ...


1

mac から vagrant ssh していたのですが、 mac の ssh が SendEnv LANG LC_* する設定になっていて、そのためにローカルの LC_* 系の環境変数が送られてしまい、 ubuntu のシステムに入っていないロケールの値が指定され、おかしくなっていました。 mac の /etc/ssh/ssh_config にて、上記設定行をコメントアウトすることで、解決しました。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります